イオン銀行カードローンでお金を借りる審査・条件は?金利・返済方法や口コミ・評判

「突然、介護が必要になった」「子どもに習い事をさせてあげたい」「孫が遊びに来てくれる家にリフォームしよう」などライフスタイルが変わったり、予定していたより出費が重なってしまったり、お金のことで困ることが起きるものです。

イオン銀行にも便利なカードローンがあります。今すぐお金が必要な時には、近くでカンタンに申しこみ可能なイオン銀行カードローンに相談をするのもいいかもしれません。

イオンと言えば、近くにある便利なスーパーというイメージが最初にあることでしょう。小さいころから馴染みのある場所だという人も多いことと思います。イオンカードは20周年を迎え、アイドルグループ櫻坂46がキャンペーンでCMをしていたりして目にすることも多いです。

そのイオングループであるイオン銀行にもカードローン。イオン銀行カードローンは、口座開設の必要がなく、使えるATMの数も多く、金利も低めの設定なので使いやすいカードローンだと言えます。

店舗数も多く、全国どこでも使えるという利便性があります。

この記事でわかること
  • イオン銀行カードローンの金利は13.8%と低い
  • イオン銀行のATM数が多く便利
  • イオン銀行カードローンは口座開設不要
  • イオン銀行カードローンには増枠がある

先読み【目次】>>

イオン銀行カードローンのおすすめポイント

イオン銀行でローンを組む場合のおすすめポイントは以下の4つです。

  • 金利が低い
  • 郵送・来店不要
  • 1000円からの返済が可能
  • イオン銀行ATMの数が多い

イオン銀行カードローンは金利が低い

銀行のカードローンの金利は14%前後が多く、イオン銀行カードローンの13.8%は14.0%を切っているので、他の銀行や消費者金融と比較をしても低い部類に入ります。

金利の高さで返済額の総額は大きく変わってきますので、なるべく低い金利で借りられる方が断然お得です。

初めてや女性にも安心のカードローン

今まで借りたことない、融資初心者の方や女性には特におすすめなのが銀行のカードローン。銀行カードローンの中でもイオン銀行カードローンの金利は、始めやすい金利だと言えます。

ネット銀行なので誰とも会わずに申込みや契約ができて、買い物のついでにイオンで返済ができるところもメリットです。

郵送・来店不要で家族バレなしで申込みできる

申込みからお金を借りるところまですべてWEBで完結できるのがイオン銀行カードローンのよいところです。

本人確認などの必要書類をネットでアップロードすることができるため、書類のやり取りで発生する郵送の時間が大幅に短縮できます。

郵送の時間がいらないということは、なるべく早くお金が必要な時には、とても便利です。

自宅へ届く郵便物で家族にキャッシングがバレるという心配もなくなります。

1,000円からの返済が可能

返済額は、基本的に前月末の借入残高に応じて設定がされます。

あまり低い返済額だと期間が延びてしまって、金利だけを払っていて、現金がまったく減らないという事態にもなりかねません。

毎月、無理をして返済をしていると続かなくなってしまうのでバランスが大事です。

借入残高が3万円以下の場合には、1,000円という返済額も可能です。

2,000円からの返済可能な銀行が多いなか、1,000円から返せるのは、安いほうです。

イオン銀行ATMの数が多い

イオンはスーパーやモールなど全国にたくさんあります。それだけイオン銀行ATMを設置されているということは、借りる時も返す時もとても便利だということです。

スーパーや商業施設のイオンが多いのはもちろんですが、他にも、マックスバリュー(MAX VALU)やコーヨー(KOHYO)、BIG、ミニストップ、ダイエー、ピーコック等のATMでもイオン銀行カードローンは使えます。

提携ATMの数が多い

イオン銀行カードローンでおすすめなところは、提携ATM、加えてコンビニエンスストアATMも使えるところです。イーネットATM、ビューアルッテのATM、ローソンATMです。(関連:コンビニでお金借りる)

提携ATMは全国で55,000台もあります。

みずほ銀行ATM、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMも提携しています。

思い立った時に少しでも借金を返して残金を減らせるところが、カードローンを上手に付き合っていけるポイントとなってきます。

イオン銀行カードローンの申込方法

24時間いつでも申込ができるインターネットが一番便利です。

インターネットからだと本人確認書類(運転免許証やパスポート)などをデータとして送れるので、郵送の手間が省けます。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カ-ド(通知カード以外)
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

以上のうち2通が必要です。

有効期限内であること、住所に相違がないことを確認しておきましょう。

カードを受け取るときにもこの本人確認書類が必要になります。

他には、店舗で直接申し込む方法と電話で問い合わせる方法があります。

店舗数が多いことは前述しましたが、近所にあるといのはことも心強いことです。

電話で相談ができるのも、不安な時には、必要かもしれません。時間的に余裕がる場合などには、電話で相談したり、店舗で申し込むのもよいでしょう。

イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル

0120-48-1258 年中無休9:00~18:00

パートやアルバイトの申込みはOK?

イオン銀行カードローンの利用可能な人は、「本人に安定かる継続した収入の見込める方」です。

パートやアルバイトであっても毎月の収入があるということで申込みはOKです。あとは、保証会社の保証が受けれるかどうかという点をクリアしなければいけませんが、いまの状況で、今の年収で申込みをしてみて、どれくらい借りられるのか審査をしてもらいましょう。

使用目的は自由ですので、転職やスキルアップの為に使ってもいいですね。

専業主婦・専業主夫の申込みはOK

収入のない専業主婦・主夫でも申込みはOKです。これは世帯年収を告知することになっています。本人に収入がなければ返済はできませんが、配偶者に返済はできるだろうということです。この場合は、限度額が決まっていて、50万円までしか借りることができません。

「旦那さんには内緒で借りたい」「奥さんにはバレたくないお金だ」こういう隠したいお金で借りようという時には、申込みはできないです。

派遣社員や契約社員の申込みは?

お金を借りられるのは正社員や公務員だけどいうことはありません。派遣社員や契約社員であっても、毎月の収入があるので申込みOKです。

時給が低いとか、年収でみたらたいしたことないとかそういう理由で申込みをあきらめるべきではありません。

希望額に満たない審査結果になるかもしれませんが、一度申込みをしてみるべきです。

派遣社員の場合には、派遣先ではなく派遣元の派遣会社を勤務先として登録します。在籍確認も派遣会社・派遣元となります。(関連:在籍確認なしのカードローンでお金を借りる)

学生・未成年者の申込みは?

学生であれば、申込みはNGです。未成年者にも銀行はお金を貸してくれません。

大学生になればまとまったお金が欲しいなと思う機会も増えると思いますが、銀行に借りてまで利息を払ってまで今しなければいけないことなのか、もう一度考えてみたほうがいいです。どうしてもやりたいこと、欲しいものがあれば、自分で稼ぐという道を選ぶほうがいいです。

未成年で借金があるというのは、将来的にきつくなってしまいます。

高齢者・年金受給者の申込みはできる?

年齢制限は気にしておかなければいけません。イオン銀行カードローンの場合は、65歳未満となっています。収入があることは必要なので、既に退職をしていたり、リタイヤ生活に入っているケースでは、アルバイトかパート等で稼いでいることが条件に入ってきます。年金についての記載はありませんでしたが、住宅ローンの申込み条件では、「年金のみの場合は、申込みできません」とありますので、年金+給与所得、事業所得が必要ということになります。

年齢が上がれば、融資を受けるのも難しいので、前もっての備えが大切となってきます。

ニートや無職の人の申込みは?

ニートだったり無職の人は申込みできません。お金を稼いでいる人しか申込みができません。

今すぐお金を借りたい、借りなければいけない時には銀行カードローンではなく、メルカリやヤフオクなどで自分の持ち物を現金化する方が早いです。

お仕事を始めたとしても、継続した収入なので、ある程度実績を積まないことには、銀行カードローンの申込みをするのは難しいということです。

イオン銀行カードローンの申込から審査結果までの流れ

イオン銀行カードローンの申込から審査までの流れは一般的な方法と同じです。

  1. ネットから申込み
  2. 本人確認書類や収入証明書をアップロード
  3. メールアドレスへ審査結果が届く
  4. 電話での本人確認
  5. 融資額の決定
  6. ローンカードが届く

イオン銀行に口座がすでにあることが前提ではありますが、ローンカードが届くまでに晋んきの場合、1回だけ振込融資をしてもらえます。急いでいるときにはうれしいなサービスです。

審査結果は、登録したメールアドレスにメールで届きます。審査結果が確認できる専用ページのURLが送られてくるので、そこをクリックすることで、審査結果を確認することになります。

イオン銀行カードローンの審査に落ちた理由

イオン銀行カードローンの審査は特に厳しい部類ではありませんが、金利も低いため、しっかりした審査が行われます。

申込条件を確認し、自分に当てはまっているか、今までの金融事故歴はどうか、他に借入がどれくらいあるかを確認できていれば、審査をこわがることはありません。

などの理由で審査に落ちた可能性があります。

これらに当てはまる場合には、銀行でのローンは難しくなる場合が多いです。違う方法での融資を検討してみましょう。

ブラックの人の審査は?

今までに他の銀行で融資を受けていて滞納していたり、消費者金融でのキャッシングで未納を繰り返していた場合、信用情報に履歴として残っています。こういう人達がブラックと呼ばれていますが、ブラックの人は審査に通るのはとても難しいです。特に銀行の審査は通りにくいです。

自己破産や任意整理などのありますが、こういう人にも銀行はお金を貸してくれにくいです。他の方法でのお金の工面をすることになると思います。

保証会社の審査に通らない

イオン銀行カードローンには、保証人や担保がいらないのですが、保証会社には保証をしてもらわないといけません。

イオン銀行カードローンの保証会社は、

  • イオンクレジットサービス株式会社
  • オリックス・クレジット株式会社

のどちらかになります。

この保証会社の審査に通過をしないことには融資は受けられません。

イオン銀行カードローンの審査にかかる時間

イオン銀行カードローンの審査にかかる時間については、はっきりと書かれていませんが、必要書類の提出が早ければ早いほど審査にかかる時間は早まるという回答がありました。

お金が早く手元に欲しいという気持ちもわかります。書類の提出や在籍確認などがスムーズにいけばそれだけ今すぐお金借りることができると言えそうです。

申込みの段階で、準備できるものは準備しておいたほうがいいですね。

ローンカードはいつ届く?

口座がない、口座を作らない場合には、ローン専用のローンカードを送ってもらわなければなりません。このカードは審査完了後、最短5日後くらいに、本人確認書類で記載した住所で受け取ることになります。

イオン銀行カードローンの審査結果がこない時は

審査結果がこない時間というのは、より長く感じるものです。

審査結果は、メールへ届くことになっているので、審査結果がこないと不安になったときには、最初にメールアドレスが間違っていないか、迷惑メールに振り分けられていないか、などこちらのメール設定を確認することも大事です。

そのうえで、時間がかかりすぎているなと思ったらローン専用ダイヤルがありますので、そちらからのお問合せが確実です。

イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル
0120-48-1258 (年中無休;9:00~18:00)

イオン銀行カードローンの申込条件

申込条件 満20歳以上、満65歳未満、日本国内に居住もしくは永住許可がある
金利 3.8%~13.8%
借入限度額 10万円~800万円
申込方法 インターネット、店舗
融資までのスピード 2営業日以上
返済方法 引落(イオン銀行・他金融機関)、ATM
収入証明書の有無 不要
取引手数料

イオン銀行カードローンのデメリット

イオン銀行カードローンのデメリットとして考えられるのは、次の2つです。

  • 事業性資金には使えない
  • 融資までの時間がかかる
  • 返済日は毎月20日の一択
  • 学生は借りられない

事業性資金には使えない

イオン銀行カードローンの使用用途は、原則自由となっていますが、急な出費(冠婚葬祭)や生活費・レジャー費などが想定されていて、事業資金としては使えないことになっています。法人や、個人事業主の方で事業性資金での融資が必要な場合には、法人向け、個人事業主向けのローンを探すことになります。

融資までに時間がかかる

今、必要な資金を借りるということには、向いていません。イオン銀行カードローンでは時間がかかってしまいます。

時間的にも少し余裕がるときに融資をお願いするには向いています。

返済日は毎月20日の一択

融資が始まって、次は返済なので、いつ返していくのかは、きちんとわかっておかなければいけません。

口座引落を選んだ場合、20日には引き落とされるということを覚えておきましょう。この日までには、口座の残高がいくらあるのか、返済額が、残っているのか確認をしておくことが大切です。口座にお金が無く、引き落とせなかったということがないようにしましょう。

学生は借りられない

申込み条件には年齢制限があり20歳以下であれば、カードローンはそもそも無理なのですが、20歳を超えていて、アルバイトなどで収入があったとしても学生での申込みは、イオン銀行カードローンではできないことになっています。

学生でキャッシングをする必要があるほどお金に困ったら、他の方法を検討した方がよさそうです。

イオン銀行のローンの種類

イオン銀行の『カードローン』のほかに『フリーローン(イオンアシストプラン)』という車の購入時、リフォーム資金など金額が大きめの買い物のときに一括で借りられる方法があります。

他にも、用途が細かく分かれている

  • 自動車ローン・マイカーローン
  • 教育ローン
  • イオンメンバーズローン
  • ソーラーローン
  • リフォームローン
  • 住宅ローン
  • ペットローン
  • サブカルローン
  • デンタルローン
  • 自転車ローン

など目的が決まっていれば、よりお得なローンが用意されています。

おまとめローンに使えるフリーローン(イオンアシストプラン)

イオンアシストプランは、金利が年3.8%~13.5%と低く、一括で口座に入金してもらえるおまとめローンに使えるローンです。保証会社はオリックス・クレジット株式会社の1社です。8年以内という長期間で計画的な借入れをする場合には、便利なプランです。

イオン銀行カードローン ログイン方法

イオン銀行カードローンの審査に通過をしたらイオン銀行カードローンMyPageができます。

インターネットバンキングとはまた別です。

その際、店番(支店名)、口座番号、口座名義人、生年月日、ローンカード暗証番号が必要です。

店番(支店名)、口座番号、口座名義人、生年月日は、忘れることはまずないかと思いますが、ローンカード暗証番号は、忘れたり、他の暗証番号とごっちゃごちゃになったりで確実でないことがあるかもしれません。

暗証番号が不安になったときにはローン専用ダイヤルへ問合せることで解決できます。

イオン銀行カードローンでの増額

イオン銀行カードローンで、増額はできます。イオン銀行では、増枠といいます。

再度審査を受けて通過をする必要がありますが、増枠をすることによって借入金額をアップして金利は、下がる場合があります。

カードローンでできた専用マイページからログインをして、申込画面から審査を受けることになります。

この時、暗証番号が必要になります。

増枠するということは、借金が増えるということなので、返せる範囲での借り入れかどうかよく考えてから増額しましょう。

イオン銀行カードローンの返済方法

イオン銀行からカードローンののキャッシングがスタートをしたら、もう来月からは返済も始まってしまいます。借りたお金はきちんと返さないといけませんね。

返す方法は簡単便利な方が忘れることがありません。返済を忘れないということが一番大切になってきますね。

返済方法は3種類あるので自分にあった返済方法を適宜選んでいきます。マイページから変更をすることができます。

  • イオン銀行提携ATMからの返済
  • イオン銀行の普通預金口座からの自動引落(毎月20日)
  • 他の金融機関口座からの引落し(毎月20日)

引落し日は、20日と決まっていて、もし忘れていても自動に引き落としてくれるのは魅力ですが、口座にはちゃんとお金が残っているのかわかっている必要がありますね。自分の口座にいくらあるのか、引落ができる金額なのか把握をしておきます。

返済期間を短くしたほうが、全体的に返すお金の総額が少なくてすみますので、少しでもお金が手元に残っていたら、多く返済をしておくほうがいいです。

一括返済はできる?

イオン銀行カードローンでの借入を一括返済ができるようになったとしたら、しておいた方がいいです。ある程度資金面での余裕ができないとなかなか難しいことではありますが早く返済できるにこしたことはありません。

一括返済時には、イオン銀行コールセンター「ローン専用ダイヤル」へ電話をして「一括返済あをしたいです」との内容で問合せます。

ローン専用ダイヤル

0120-48-1258/年中無休9:00~18:00

イオン銀行カードローンの口コミと評判

イオン銀行カードローンの口コミは、早くて簡単だというものが多く、悪い口コミでは、審査結果が遅い、審査結果が来ない等、審査結果に対するものが多いように見られました。

  • 申込から融資までの時間がとても速かった。
  • イオン銀行の口座があったので、ほぼネットですべて完結し、簡単だった。
  • 借入も返済も近くのイオンのATMでできるので、いつもの買い物のついでに使えて便利だった。
  • イオンはいつもい買い物で利用してるし、金利も低いし使いやすかった。
  • なかなか審査結果が来なくて、こちらから問い合わせて否決だった。
  • 平均収入があるのに審査に通らなかった。
審査に関しては、明確に審査基準がわからないので納得がいかない場合があるかもしれません。
審査結果が遅いなと思った時には、フリーダイヤルもありますので、こちらから問い合わせたほうがいいかもしれません。

イオン銀行の概要

日本だけでなく世界でも多くみられるイオン。イオングループが運営している銀行がこのイオン銀行です。

イオン銀行は、2007年(平成19年)にスタートした比較的新しい銀行です。

社名 株式会社イオン銀行
英語表記 AEON Bank, Ltd.
設立 2007年(平成19年)
金融機関コード 0040
代表者名 新井 直弘
本社住所 〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクエア
連絡先 0120-13-1089
営業時間