アルコシステムの口コミ・評判!審査や申込方法や流れやおすすめポイント・デメリットを解説

アルコシステムは創業約40年、兵庫県姫路市で長く続いている中小消費者金融です。カードローン方式はとっていませんが、証書貸付の正規の消費者金融です。

大手の消費者金融では借入できなかった場合でも、融資の相談にのってもらって借入ができた例がたくさんみられます。

「今すぐお金を借りたい!」そういう時に頼りになるアルコシステムです。

この記事でわかること
  • アルコシステムは24時間受付のネット申込み
  • アルコシステムは借入・返済が振込キャッシング(返済は来店でも可)
  • アルコシステムは他社の借入・自己破産にも融資の可能性あり
  • アルコシステムは融資限度額が50万円
  • アルコシステムは審査が速くて素早い融資

アルコシステムという消費者金融の概要

アルコシステムは創業1983年の信頼と実積がある、振込キャッシングの老舗です。

申し込みした後、最短でその日の内に今すぐにお金を借りられることができ指定口座に送金される仕組みです。

設立は1983年(昭和58年)12月で、商号は株式会社アルコシステムです。

代表者は松元晃で事業内容は貸金業(消費者金融業)になります。

所在地は兵庫県姫路市立町82番地で、公式ホームページから確認することが可能です。

貸金業の登録について兵庫県中播磨県民センター長(13)第50158号で、指定紛争解決機関は日本貸金業協会(当該手続実施基本契約締結先)になります。

消費者金融社名株式会社アルコシステム
設立1983年
事業内容貸金業(消費者金融業)
貸金業者登録番号兵庫県中播磨県民センター長(13)第50158号
代表者名松元晃
本社住所兵庫県姫路市立町82番地
連絡先WEBフォームのみ
営業時間WEB24時間

融通のきく融資を行っても順調に経営できている秘訣は、申し込みの際の詳細な質問に借入者に答えてもらうことにあります。申し込みはネットのみの会社ですが、その申込書を精査して貸付の検討に入るからです。

申込書の記入から、たとえ他社が貸付を断るようなケースであっても、借入者が今現在誠実な心をもって生活し、今後の返済をしっかり行う力があるかを見極めて貸付に踏み切るのです。

アルコシステムのおすすめポイント

アルコシステムは創業40年近い兵庫県姫路市の地元に根差した老舗の消費者金融で、どうしてもお金に困った人の依頼に親身になって答えて長い間、取引してきました。

アルコシステムは、他の金融会社では審査に通るのが難しい人に対しても親切に話を聞いて融資の相談に乗ってくくれる会社です。例えば、今までに複数の会社から借入があり、返済中である人、自己破産の経歴がある人などの融資の相談にのってくれます。自分がどこの会社に問い合わせても融資してもらえないと自覚している人にとっても期待の持てる会社なのです。

この会社は保証人、担保、保証料は原則的には不要です。しかし審査に通るのが難しい条件を持った借入者が話し合いにより保証料を支払うことによって借入が可能になる場合があります。

店舗は一店舗だけですが、来店なし銀行振込で借入・返済ができるので、全国どこででも取引可能です。そのため申し込み、審査、融資までのスピードが速く、差し迫ったお金の要求に対処できます。

どこの消費者金融でもブラック扱いで融資を断られ、途方に困っている方は、融資を受けられる可能性の高いアルコシステムに相談すると、未来が開けるという評判がしばしば聞かれます。

アルコシステムでお金借りる時の注意点・デメリット

アルコシステムは大手消費者金融に比べて金利は高めです。少額融資の際は特に金利が高くなるので少しでも返済金額を抑えたい人にとっては痛手です。

この会社で融資する金額が9万9千円のケースが多いのは、10万円になると金利が18%になるからだという指摘もあります。金利を少しでも多くかせごうという意図が見え隠れすると考える向きもあります。

また融資額の限度額が50万円です。さらに大きな融資を必要としている人には不向きです。

返済回数が多い場合、銀行振込の手数料は借入者負担となるので合計すると無視できない金額になります。また、口座振替のシステムも採用していないので、返済日ごとに振込する煩雑さもあります。

アルコシステムは日本貸金業協会に加入していません。日本貸金業協会はこの業界で不正や無理な取立が行われないように金融会社自らを取り締まろうという組織です、この協会に加盟しなくても正当な取引を行うことはもちろんですが、少しでも借入者に便宜を図ろうとする表れともとれます。しかし、加入していないことで若干心配な感もあります。

この金融会社の借入申し込みはネットでできますが、その際には細かな点まで答えなければならない手間があります。また在籍確認も必ず行われます。両方とも返済可能な借入者であるかの審査に大きく関わってくるので致し方ないですが煩わしさはあります。

アルコシステムの条件や申込から審査までの流れ

アルコシステムでお金を借りるには、WEBで申し込みます。

24時間受付可能で、保証人や担保は原則不要です。

申し込み後、最短でその日に指定口座に送金されます。

貸付利率は実質年率で年15.0%から20.0%で、貸付限度額は50万円(ただし、借入総額が年収の3分の1以内の範囲)となっています。

返済期間は最長5年で、返済回数は1回から60回です。

返済方式は一括・元利均等・元金均等・リボルビングとなっています。

申込み条件他

申込条件株式会社アルコシステム
金利年15.0%から20.0%
借入限度額50万円
申込方法WEB
申込から融資実行までのスピード即日
返済方法振込
収入証明書の有無
取引手数料

必要書類

ネットの申し込みフォームに記入するだけではなく、必要書類を予め用意しておきます。提出とはならないまでも申込書の記入にも必要となります。

貸付可能か、どのくらいを貸付できるか、返済能力はどれくらいかなど厳しく審査します。他の会社では貸付できないような人にも貸付を行う決定をするための資料として申し込みの記入内容がとても重要なので、他の会社の申込内容より細部にわたって正確に書き込むようになっています。

申込書類の基本は2点です。本人確認と収入証明書です。

本人確認書類は、運転免許証パスポート、マイナンバーカードなど顔写真のついた証書です。また健康保険に加入していない人は借入できません。そのため本人確認書類としては健康保険証とその他の身分証明書の2つが必須となります。現在、証明書類の住所に居住していない人は、現在の住所を示す公共料金の領収書なども必要となります。

収入証明書としては給与明細や源泉票集票ですが、それに代わるものとして確定申告書、所得証明書、年金通知書等多数あります。必要に応じて各自提出します。申し込み後、再度提示を求められることがあるので、手元に準備しておきます。アルコシステムの申し込みフォームには配偶者の記述も必要なところがあるので、あらかじめその書類も用意しておきます。

申込みから審査までの流れ

アルコシステムでは、全てネットで申し込みを済ませます。申し込みフォームにかなり詳しい質問内容がありますので記入漏れや間違いのないようにていねいに書き込み、送信します。

送信後1時間ほどで借入希望者の携帯に本人確認の電話が入ります。本人確認と同時に借入についての質問もあります。

その後、アルコシステムが申込内容に沿って審査を行い、勤務先に在籍確認の電話をします。その際には、勤務先に金融会社に借入を希望している事実が知られないような様々の配慮を行っています。

審査が終了し、融資が可能と決定されると、本人に電話連絡が行きます。その時に融資額も決まります。必ずしも借入者の希望が満額可能になるとは限りません。また審査に通らない場合はメールで結果が送られます。

その後、指定口座に入金が行われ、アルコシステムが作成した契約書が、借入者に郵送されます。借入者はお金を受け取ったことと必要事項を記入して会社に送り返すことによって、契約が結ばれます。少しでも迅速に融資が行われるよう契約書の締結より先にお金が振り込まれる配慮がされています。

郵送することによって、会社側としては申し込みに書かれた住所に本当に居住しているかの確認を同時に行っています。契約書の郵送は勤務先に郵送してもらうこともできます。

STEP.1
申込み

公式サイトのキャッシング・申込フォームを入力して申込みをします。

STEP.2
審査

本人確認、申し込み内容に対する質問など電話があり審査が行われます。在籍確認も行われます。

STEP.3
審査結果

審査に通過すれば、借入金額を伝える電話があります。審査に落ちた場合にはメールで通知があります。

STEP.4
借入れ

指定口座への入金がり、借入ができます。

STEP.5
契約書送付

契約書が送付されますので、それに必要事項を記入し捺印し返送します。

増額の方法

アルコシステムの貸付は、限度額までカードで必要な時に引き出せるというカードローン形式をとっていません。融資額を全額で受取り、その際に決められた返済額を定期的に支払っていくという方法です。

そのため、どうしても追加でお金が入用になった時はもう一度申し込みをして審査を受け借入する必要があります。

追加融資の限度額は、融資限度額の50万円から返済が完了していない金額を差し引いた金額となります。

追加融資の際はもう一度審査が行われます。現在の借入時と同様の審査があります。それに加えアルコシステムからの借入及び他社からの借入がある人にとってはそれらの借入に対する返済がある程度の期間滞りなく順調に行われているかが審査結果に大きく左右します。

増額融資の申請の際には、総量規制に違反していないかを事前によくチェックすることも大切です。

新規申し込みの時より増額融資の方が審査は厳しくなってきます。すぐに審査結果が出ないこともあります。たとえ審査を通過しても、借入希望額の全額が融資されるとも限りません。増額融資を考える場合は、あらかじめお金の使い道や支払期限などをよく考慮して、増額を目指す必要があります。

アルコシステムのアルコシステムの口コミ・評判・体験談

創業が古く実績もあるアルコシステムですが、聞き馴染みが少なくどんな金融会社だろうかと心配に思うところもあります。

そういう時には実際に利用したことのある人の口コミや評判などが参考になります。

全体的には、他の消費者金融では借りにくい対象の人が「お金を借りれた」という体験談が多くみられ、困った時には頼りにできる会社だというイメージでした。

  • 他の金融会社ではほとんど審査落ちするという状態でした。申し込みが全てネットでできることを知って、期待はせずにアルコシステムに申し込んでみました。すると申込書を送信してから間もなく、アルコシステムより連絡があり、他社からの借入については細かく聞かれましたが、審査の対象となると言われました。その後審査を通り融資を受けることができました。子供にどうしても必要なお金の不足分の借入ができて救われた気がしました。
  • 自己破産後1年も経過していないのに、融資を受けることができました。そのうえ、パート勤務でしたが返済に対して真面目に取り込むという気持ちが通じたのか融資希望額の半分ぐらい借りることができました。まだ、必要なお金は不足してきますが、給料日が近いということで、今回の融資で少し息つくことができました。
  • アルコシステムはあまり聞いたことのない金融会社でしたが、どんな人でも借入がしやすいということで、融資を申し込んでみることにしました。電話でいろいろ質問された後、9万9千円の融資をもらえることになりました。よかったです。しかしもう少し欲を言えば、10万円の融資をいただければ金利が18%になったかと思うと少し残念です。
  • アルコシステムならブラック状態でも借入できる可能性が高いという評判を聞いて、ネット申し込みをしました。申し込みフォームの質問が多く、そろえる書類も多かったのでそこまでにかなりの時間がかかってしまいました。そしてそこまでかなり頑張ったのに審査に落ちてしまい、なんだかむなしい気持ちになりました。

返済に対してしっかり取り込む借入者であると審査されれば、貸付は行われます。

どうしても緊急でお金が必要となっても、貸してくれるところがなければ、ヤミ金に行かざるを得ないような切羽詰まった人もきっといるに違いありません。そんな人を救ってくれるのがアルコシステムです。

アルコシステムは融資金額が他の消費者金融に比べて低く、貸付金利も低い方ではありません。そんな条件を呑んでも借入する人がいて、評判、口コミもあまり悪くないのは、審査を通過させてもらい、本当に自分の窮地を救ってくれたと感謝している人が少なくないからです。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA