ブラックでもお金を借りられる方法!ブラックの意味や消費者金融で借りれない理由・対処法等解説

今月の支払いに間に合わないとヤバい。でも自分はブラックだからどこからも借りる事ができない・・・
この様な悩みを一人で抱え込んでいませんか?
そもそも、あなたは本当に金融ブラックなのでしょうか?

「多重債務があるから、きっと借りれない」

「過去に半年以上滞納したことがある」

「自己破産経験があるから借りれるわけないよね」

ブラックの基準を解らずに、自分はブラックだと「思い込んでしまっている」人って意外と多いのです。
過去に延滞や事故歴があったとしても、状況によって融資の可否は全然違うのです。

ブラックの基準について知識があれば、リスク回避や対策できる事はたくさんあります。
この記事では次の事が学べます。

この記事でわかる事
  • そもそもブラックとは?
  • ブラックにも種類がある
  • 信用情報を自分で確認する方法
  • 消費者金融・街金・ヤミ金(闇金)の違いは?
  • ヤミ金でお金を借りるとどうなる?
  • ヤミ金と正規業者の見分け方
  • 消費者金融、正規業者のリスト
  • 消費者金融以外でお金を調達する方法

等、ブラックに関する基礎知識や信用情報の調査方法等を中心に、ブラックでもお金借りる方法についてまとめました。

自分はブラックだからお金が借りられないと決めつける前に、この記事を読んで回避方法を一緒に探しましょう。

あなたはブラックでは無いかもしれない


あなたは本当にブラックなのでしょうか?

お金の悩みを持っている方の相談に乗っていると「私はブラックだから・・・」と耳にする事があります。
しかし、よくよく話を深堀りしてみると「ブラックだと思いこんでいるだけ」の方が結構いるのです。

過去に滞納した事がある!複数社で審査に落とされた!
正直言って、これだけでブラックだと決めつけるのは早計です。
一言にブラックといっても、種類や程度があり、貸金業者によっては審査に通ります。
信用情報期間に記載されて初めてブラック(ブラックと呼ばれる信用状態)になるのです。
「ブラック」という言葉すらも、正式な用語では無く通称。

思い込みで嘆く前に、自分の信用情報をきちんと調べてから対策をとりましょう。

ブラックでもお金を借りたい!金融ブラックとはどういう状況?


ブラックリストに載っている。とは、どういう状態を指すのでしょうか?
ブラックリスト(金融ブラック)とは、貸金業や銀行からお金を借りて、何かしらの金融事故情報が信用情報機関に記載されている状態の事を指します。

ブラック(事故)情報が掲載されると、次の事ができなくなります。

ブラックになるとできなくなる事
  • クレジットカードの利用
  • キャッシングやローン等の借り入れ
  • 携帯・スマホ等の本体の分割払い
  • ショッピングの分割払い
  • 保証人になる

完全にブラックリストになっていると、お金に関する面で様々な影響が出てしまいます。

ブラックにも種類がある。自分はどのような状態のブラックなのか理解しよう

先に説明した「ブラックになるとできなくなる事」は、完全に金融ブラックになっている状態でできなくなる事です。
金融ブラックと言っても、段階とレベルがあり審査に通る可能性もあります。

※表は横にスクロールできます

審査に通るか?金融ブラックの種類ブラックの解説
期待できる申込みブラック連続して複数社に申込みをしている
金融業者に期待できる滞納ブラック現在滞納している、滞納した事がある
通らない任意整理
個人再生
自己破産
債務整理の経験がある

ブラックでも審査に通る可能性。そもそもあなたは本当にブラック?

先程の表で紹介した通り、「申込みブラック」は審査に通る可能性が高く、「滞納ブラック」の場合も収入の状態によってはおまとめローン等の審査は業者によって通過可能です。

そもそも論になりますが、あなたは本当にブラックなのでしょうか?

一度審査に落ちただけで「自分はブラックだ!」と決めつけてしまっている方が少なくありません。
信用情報機関にブラックとして登録されるまではブラックとは言えませんし、登録されても期間がすぎれば登録情報は削除されます。

申込みブラックとは? 貸金業者が嫌がる多重申込

金融事故を起こしていなくても、ブラック扱いされる場合があります。
それが「申込みブラック」と呼ばれる状態です。

実は信用情報には、申込み情報も残ります。

短期間に複数社に申し込みをする事によって

「この人は、最近連読して複数の会社に申しこんでいる」
「財政的に切迫してい可能性が高いかも」

と判断されてしまうのです。

「申込みブラック」になってしまうと、金融業者から嫌われる事になり、結果として審査に通りにくい状態になってしまいます。

申込みブラックは何社以上でなるの?

では、何社に連続して申込むと申込みブラック扱いになるもでしょう。
目安としては「3社」です。

3社も連続して申込みすると、先に述べた様に「お金で焦っている」人物に見えて印象が良くないのもありますが、金融業社に嫌われる理由は他にもあります。

例えば 年収300万円のAさん 総量規制では借入出来る最高額は 年収の1/3なので100万円までです。
Aさんは3社同時に50万円の申込みをしました。
貸金業社は審査で信用情報の照会を行いますが、タイミングによっては情報が登録されていません。
結果、3社とも50万円の審査が通ってしまうと、Aさんは150万円の借入が出来る事になってしまいます。
貸金業社は確認業務を怠った事になり、違法行為になってしまいます。

多重申込をしている人が避けられるのも、審査が通りにくくなるのも解りますよね。

申込みブラックにならない為に
申込みブラックの目安は連続して3社。
一気に申し込まないで、審査結果が出てから、次の金融業者に申込みしましょう。

メルマガや銀行からの案内等で、カードローンやクレジットカードの案内がよく来ますよね。
いま申し込むと「ポイントが貯まる」「キャッシュバック」「年会費無料」等の甘い言葉に乗せられて
複数申し込んでいると、知らない間に申込みブラックになっている可能性があります。
「魅力的なおまけ」があっても、今必要無い不要なカードは申し込まない様にしておきましょう。

クレジットカード・カードローン・消費者金融が加盟している信用情報機関に「申込み情報」が残る期間は次のとおりです。

申込み情報が残る期間は・・・
6ヶ月間
(JICC・CIC)

※銀行・信用金庫が加盟しているKSCの場合は1年間

信用情報に何がどれぐらいの期間残るのかが理解できれば、問題解決の糸口がつかめますね!
つづいて、信用情報を確認する方法を詳しくみていきましょう。

本当にブラック?信用情報機関を自分で確認する方法


あなたは、自分の信用情報をちゃんと調べた事がありますか?

個人信用情報機関とは、個人の信用情報を管理している機関です。
主に属性・金融業者との契約状況、借入返済などの取引状況、等あなたの情報が登録されています。

金融ブラックは、信用情報機関に登録されている情報によって決まります。
情報を確認しないと自分では判断できないものなのです。

「自分はブラックだ」と思い込んでいると、思わぬ金融詐欺被害にあう事もあります。
自分の状況を把握する為にも、手間はかかりますが自分で申請をしてチェックする事をおすすめします。

個人信用情報機関は3種類あります。開示請求の方法は各サイトに案内されているので、確認しましょう。
消費者金融カードローンでの借り入れの場合は、JICC・CICの2社で開示請求がおすすめです。

債務整理や破産等の過去があったとしても、信用情報に登録期間は決まっています。この期間を過ぎると、信用情報機関に登録されている情報は削除されます。

情報開示をしてブラック情報の登録がなければ、審査に再挑戦しましょう!

登録期間と開示請求の手数料は下記のとおりです。

※表は横にスクロールできます

信用情報機関名加盟業種開示手数料掲載期間
申込み情報
掲載期間
任意整理
掲載期間
個人再生
掲載期間
自己破産
JICC
日本信用情報機構
中小、大手消費者金融
クレジットカード会社
銀行カードローンの保証会社
アプリ/¥1,000
郵送/¥1,000
窓口/¥500
6ヶ月間5年5年5年
CIC
シー・アイ・シー
大手消費者金融
信販会社
クレジットカード会社
銀行カードローンの保証会社
WEB申込み/¥1,000
郵送/¥1,000
窓口/¥500
6ヶ月間5年5年5年
KSC
全国銀行個人信用情報センター
全国の銀行
信用金庫等
郵送/¥1,0001年間5年10年10年

ブラック豆知識┃消費者金融・街金・ヤミ金(闇金)お金を借りる前に違いを理解しよう


貸金業者には「呼び方の違い」や「通称」があるので、消費者金融とヤミ金を混同されている方もいらっしゃいます。
人をダマそうとする業者はどの業界にもいるモノです。正規業者を装う違法貸金業者も街に潜んでいます。
違いを理解する事によって、違法な金融業者と関わってします事を回避しましょう!

消費者金融とは

消費者金融は、個人への小口融資を行う貸金業者の業態の名称です。
正規登録の貸金業者であり安全です。SMBCモビットやプロミスは銀行傘下になりますが、業態は消費者金融になります。

消費者金融の特徴
  • 消費者金融は正規登録の貸金業者
  • CMを流せる大手なら尚安心
  • 大手と中小では審査基準が少し違う
  • 加盟信用情報機関はJICCとCIC
  • まずは大手消費者金融から申込みがおすすめ

街金とは

街金とは消費者金融の通称です。雑居ビル等街中にある金融業者というのが語源ですが、その中でも中小の消費者金融が「街金(まちきん)」と呼ばれる事が多いようです。

大手の様に(スライドリボルビング払い等)返済方法の利便性は高くありませんが、個別の状況によって親身に対応してくれるのが中小消費者金融(街金)の特徴です。大手の審査に落ちたら中小の消費者金融に挑戦してみましょう。

注意点として、ヤミ金(違法業者)が街金と名乗っている事も多いので、必ず「貸金業登録番号」を確認しましょう。

当サイトに掲載している中小消費者金融は正規業者だけです。不安な場合は、当サイトのリストから選ぶのがベストです。

街金の特徴
  • 街金とは消費者金融の通称
  • 中小消費者金融を指す事が多い
  • 大手と違う独自基準の審査がある
  • 但し、違法業者が装っている事も(不安なら当サイトのリストから!)
  • 念の為、貸金業登録番号を確認しよう

ヤミ金(闇金)とは

ヤミ金(闇金)とは、貸金業登録をせず無許可で貸金業を営んでいる違法業者の総称です。
そもそも違法業者ですから金利や手数料等、法律を守る気はさらさらありません。

一度借りてしまうと、追加借入れの強要、短期間で利息の返済、元金返済の拒否、脅迫等、違法な取り立てで追い込まれる事になります。

最悪の場合、犯罪に巻き込まれてしますケースもありますので、ブラックでも絶対に手を出さないで下さい。

ヤミ金(闇金)の特徴
  • 絶対に借りてはダメ!
  • 反社組織が運営してる事が多い
  • 法外な金利を要求される
  • 違法な取り立てや執拗な取立てで追い込まれる
  • 犯罪に巻き込まれる事も

ソフトヤミ金(闇金)とは

ソフトヤミ金とは、「ソフト」と名乗っているだけの、ただの闇金です。

ホームページを作って貸金業の様に運営しているのが特徴で「無理な取り立てはしません!」等の宣言をしていたり「当社は、優良ソフト闇金です」とうたっている業者もありますが、違法なのに優良とか、もう意味がわかりません。

違法業者なので絶対に手を出さないでください。
はじめは優しく親身に接しますが、知らないうちに取り返しのつかない状況に追い込まれていたり、犯罪に巻き込まれたりする可能性が非常に高い業者です。

ソフトヤミ金の特徴
  • 絶対に借りてはダメ!
  • ホームページを作って貸金業の様に運営している。
  • 自分で「ソフト」と名乗っているだけ
  • 違法な取り立てが無い保証はどこにもない
  • 犯罪やトラブルに巻き込まれる事も

個人間融資とは

個人間融資とは、主にTwitter等SNSを使ったソフト闇金です。
名目は「SNSで知り合った友達にお金を借りた」という事にしたい様ですが、完全に違法行為です。
基本は闇金だと考えて、絶対に手を出さないでください。

個人間融資の特徴
  • 絶対に借りてはダメ!
  • 友達の様な気さくな感じで勧誘する
  • 反社組織が普通の人を装っている可能性もある
  • 犯罪やトラブルに巻き込まれる事も

自分はブラックだからと、ヤミ金に手を出すのは絶対にNGです。
今のお金の問題だけではなく、犯罪やトラブルに巻き込まれて人生を台無しにする可能性すらあります。

焦る気持ちは解りますが、一旦落ち着いてヤミ金にだけは手を出さない様に注意しましょう。

あなたは日本に住んでいます。本当にどうしようも無い時には、ヤミ金ではなく、債務整理や政府のセーフティーネットがちゃんと用意されていますので、そちらを活用しましょう。

ブラックの方は要チェック! ヤミ金(闇金)と正規業者の見分けかた


闇金や違法業者の特徴を説明してきましたが、年々見分けるのが難しくなっています。

先に紹介した「個人間融資」というヤミ金が登場したのも、数年前です。ネットが便利になり、仮想通貨やキャッシュレスが進む中で、これからも手口は巧妙になっていく事が予測されます。
罠にハマってしまわない様に、見分け方を覚えておきましょう。

違法業者(ヤミ金)に騙されない方法
  1. 正規業者の金利は最大でも20.0%(それ以上なら違法)
  2. 貸金業協会の広告審査基準で「審査なし、即日融資」は違反(違法業者の可能性)
  3. 「ブラックでも借りられる」表示も貸金業者ではありえない
  4. 貸金業登録番号を確認する
  5. 貸金業協会、金融庁のサイトで本当に登録されているか確認する。
  6. 貸金業登録の住所とHP等に記載されている所在地が同じか確認する。
  7. グーグルストリートビューで事務所の写真を確認する(民家だと怪しい)
  8. それでも心配な場合は、貸金業協会に電話で問合せて確認する

これだけ、確認すれば安心ですね。
お金に困っている時は、気があせって違法業者の甘い言葉に引っかかりやすくなるものです。
緊急の時程、一度冷静になってリスク回避を忘れない様にしましょう。

ブラックじゃ無かった! まずは、大手消費者金融に申し込もう


信用情報などを自分で確かめて、ブラックでは無かった人は、まずは利便性の高い、大手消費者金融から申込みをしましょう。

ブラックでも大手消費者金融で今すぐお金が借りられる方法可能のある方は、次の通りです。

  • 借入の総額が収入の1/3以内
  • 信用情報に事故や延滞等の記載が無い
  • 前回審査に落ちた時から6ヶ月以上経過している
  • 前回の滞納から1年以上経過している
  • 債務整理で全額完済から7年以上経過している
  • 自己破産で免責決定から7年以上経過している

自分で信用情報を開示して、該当している方は大手消費者金融でも審査に通る可能性があります。
やはり大手で契約できる方が、何かと便利!

大手消費者金融のおすすめ
  • プロミス
  • アイフル
  • smbcモビット
  • レイクALSA
  • アコム

これまでに説明してきましたが、申込みブラックになるのを避けるため、一度に複数申し込むのは避けましょう!

大手の審査に落ちたら、中小消費者金融(正規の街金)に申し込もう


もし、大手の審査の落ちてしまったら・・・

中小消費者金融(正規の街金)は、大手とは違う独自の審査基準を持っています。
大手より規模がコンパクトな分、顧客に寄り添って相談にも載ってくれるので、諦めずに挑戦してみましょう。

違法業者が中小消費者金融を装っている事もありますので、中小の消費者金融を申し込む場合は、貸金業登録を必ず確認する様にしましょう。
心配な方や、調べる時間が無いという方は、当サイトが選んだ中小消費者金融で審査を通してみてはいかがでしょうか?全て正規確認業者の確認済みです。

中小消費者金融(正規業者)のおすすめ
  • キャッシングエニー
  • 中央リテール
  • ユニーファイナンス
  • ユーファイナンス
  • プラン
  • キャッシングのフタバ
  • フクホー
  • ハローハッピー
  • ニチデン
  • セントラル
  • スカイオフィス
  • キャレント
  • エース
  • いつも
  • アロー
  • アルコシステム
  • アルク
  • トライフィナンシャルサービス

中小消費者金融で審査する場合も、同じく一度に申込みするのは避けましょう。

ブラックでもOK!カードローン以外でお金を借りる方法


信用情報等を自分で調べて、ブラック情報が記載されている場合は、貸金業法での借入はできません。

総量規制・出資法も鑑みて、無理な融資をした場合、貸金業者は違法行為となる為です。

しかし、カードローン等の借入だけが資金調達の全てではありません!別の資金調達方法を検討しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠が無いか調べて見る

ブラックでも、以前に契約したクレジットカードを持っている場合、付帯している「キャッシング枠」を確認してみてください。
キャッシング枠とは、現金を借りられる機能です。

もし、キャシング枠があるなら、カードローンより少額(一般的なカードで10〜30万円程度)になりますがコンビニATM等提携ATMからすぐに借入ができます。(関連:コンビニATMでお金を借りる)

この場合、クレジットカードの審査時にキャッシング審査も完了していますので、改めて審査の必要はありません。

★注意点★
注意点として、自分の借入総額が年収の1/3を超えていないか確認の上、キャッシングで借り入れる額と合計で超えない様にしてください。無理な返済計画になるだけでなく、カード会社は定期的に信用情報を確認していますので、超えた時点でクレジットカードまで停止される場合があります。

質屋でお金を借りる

ブラックの資金調達の選択肢として「質屋」があります。

質屋とは、品物を担保として預けてお金を借りる方法です。(関連:質屋でお金を借りる)
期間内にお金を返せば、預けた品物は帰ってくるのが「買取サービス」との違いです。
時計やブランド品など価値の高い品物をお持ちの場合は検討の余地あり。

金利は1〜8%位と業者によってまちまちですが、安い金利でその日にお金を借りる事ができます。

品物の査定のみで、個人に対しての審査や信用調査はありませんので、金融ブラックでも借入が可能です。

家族・友人にお金を借りる

数万円の少額であれば、思い切って身内や友人に相談してみましょう。

お金の貸し借りは、信頼関係が崩れる原因にもなりますので、身内や友人であっても、お金を借りる相談をする場合は、借用書等を前もって用意して返済計画を基に真摯にお願いしましょう。

相談するのを躊躇すると思いますが、案外親身に相談にのってくれる事も多いです。どうしようも無くなる前に勇気をもって相談してみましょう。

事業者の場合は、ファクタリングサービスは使える

事業者に限りますが、ファクタリングサービスを利用する事で資金調達が可能です。
ファクタリングとは売掛金を債権として買取ってもらい、資金を調達する事を指します。
事業者ファクタリングの場合は、貸金業法の範囲とは異なりますので、総量規制(年収の1/3までしかお金を借りられない)の借入額を超えていても問題ありません。

個人の給与ファクタリングは要注意
昨年まで、個人向けの給与ファクタリング(給与明細を売掛債権として買い取る)サービスが流行っていましたが、利用しないでください。
令和2年3月に金融庁は給与ファクタリングは貸金業にあたるという見解を発表しました。
貸金業登録をしていない業者はヤミ金扱いとなっています。貸金業法の範囲に入るということは総量規制も適用されますので、現在は使う意味もありません。

事業者の場合は、日本政策金融公庫も検討してみる

日本政策金融公庫の貸付は、日本政策金融公庫法で運用されており、現在の事業の状況が良ければ、相談に乗ってくれる可能性があります。

債務整理、自己破産等で5年以上経過していない場合は難しいかもしれませんが、延滞等のブラックで1年程度経過しているなら、一度相談してみる事をおすすめします。

その他にも、家の不要物をかき集めてリサイクルショップで売却しても数万円〜10万円程度作る事も可能です。

ブラックになってしまっている場合「お金を借りる」から「お金を作る」という視点に変えれば、日払いバイトやウーバーイーツの配達員等、資金の調達方法は色々あります。(関連:アルバイトでもお金借りれる方法)

カードローンの審査が通らなくても、ブラックだからと落ち込んでいる時間はありません。
視点を変えて工夫する事でお金のピンチを切り抜けましょう!

ブラックでもお金借りる方法のまとめ


いかがでしたか?この記事ではブラックでもお金を借りる方法について解説してきました。

ここで学んだ事をまとめると

ブラックでもお金を借りる方法のまとめ
  • ブラックなのかは信用情報機関で調べないと判らない
  • ブラックにも種類と程度がある
  • ブラック情報は期間が過ぎれば消える
  • ヤミ金には絶対に手を出さない
  • お金を借りるなら正規業者で
  • 最終手段は債務整理か行政の仕組みに頼る

お金の悩みは誰にでもあります。

自分はブラックだからと悩んでいるなら、この情報を参考に対策を実践しましょう!

2 COMMENTS

パタリロ

ブラック企業で働いていてもお金を借りれる内容だと思ったがブラックリストに載った人がお金を借りる方法だった。

返信する
クマ太郎

給与ファクタリングはネットで見かけたことがありました。個人向けで便利なサービスだと思ってましたが、違法であると知りました。結構利用している人はいるとではと思います。やはり、正規のルート以外はダメですね。

返信する

クマ太郎 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA