カードローンでお金を借りるおすすめはどこ?即日・低金利・審査別、流れやデメリットも解説

給料前や予期しないタイミングでお金が急に必要になった時、どんな方法でお金を工面するといいでしょうか。

最近はコンビニATMでいつでもお金を引き出すことができますが、預金や貯金がない事にはお金を手にすることもできません。

また、親戚や友人からお金を借りることも急な場合はそう簡単にはいきませんし、もしかしてお金を融通してもらうことができても相手の人にかなり気を遣わなければならず、ストレスとなってしまいます。

そんな時に一番便利なのは個人向けの融資サービスであるカードローンです。契約時に設定された借入限度内であれば金額に関係なくいつでも、何度でも借入することができます

カードローンは銀行やクレジット会社、消費者金融などいろいろなところで取り扱っていますが、その会社によって特徴がありますので、解説をしていきます。

よく比較して自分に合ったところを選ぶことが大切です。

カードローンはたくさんの種類があります。それらの条件をよく知って、なるべく返済負担のかからないカードローンを利用し資金を手にしたいものです。

この記事でわかること
  • カードローンは素早い審査で最短即日、早めの借入が魅力
  • カードローンの借入限度額内であれば何度でも借入ができる
  • カードローンの借入は24時間いつでも可能
  • カードローンの申し込み、審査、借入、返済までネットで可能なカード会社もある
  • カードローンは金融会社によって金利やサービスに違いがある

先読み【目次】>>

即日で借りれる大手消費者金融おすすめカードローン

大手消費者金融のカードローンは中小消費者金融に比べて融資までの時間が短いのが利用しやすい点です。

大手ということで全国にATMが多く存在しているので、資金が必要になった時にどこでもいつでも借入できます。

これらの消費者金融には会社ごとの特徴があるので、借入する個人個人が一番使い勝手の良いカードローンを選ぶことが大切です。

消費者金融も大きい会社の方がやはり経営体力があるので、無利息期間が十分設けられてあったり、金利も低めなので審査が通らない場合を除いては、なるべく大きな金融機関での取引を選択するべきです。

プロミスなら最短30分で借入OK

プロミスは三井住友銀行も含まれるSMBCグループの系列でもあり大きな会社なので安心感があります。

それだけではなく審査も早いので、融資貸付までの時間も短く最短30分、9時から21時の間であれば即日融資が可能です。

基本的に担保、保証人も要らないので急にお金が必要になった時にも煩わしさはありません。

またATMも全国たくさんありますし、セブン銀行など提携ATMもたくさんあるのでいつでもどこでも借入返済が簡単にできます。

プロミスには女性専用のレディースキャッシング、レディースコールがあり、女性オペレーターの対応を受けることもできますので女性、専業主婦のかたでも、少しは安心感を持って相談ができるのではないでしょうか。

利用限度額は、借入申込者の年収や勤続年数、家族構成などの条件や他社借入の額などから審査によって決定されます。

アイフルはWEB申し込み後のフリーダイヤルで優先審査

お金が急に必要で、少しでも早く用立ててほしい時にはアイフルが適しています。

インターネット上で申し込み手続きをすれば申し込み完了メールが送信されます。そうしたらフリーダイヤルに電話することによって、審査の順位を優先的に早くしてもらうことが可能です。融資までのスピードはトップクラスです。

その後、審査の結果は メールや電話で素早く通知されます。一番早くお金を手にしたい場合はスマホのアプリを使って、セブン銀行、ローソン銀行のATMを利用すれば即、キャッシングができます。

ただし、フリーダイヤルの受付時間帯は、9時から21時なのでその範囲内の取引に限ります。

アイフルには、おまとめローンや借り換えの商品もあります。

SMBCモビットは電話連絡・郵送物なしで融資までがスピーディ

SMBCモビットは、申し込みがインターネットで完了します。そのため最短30分で審査が終了となります。

特別な場合を除いて、WEB完結なら電話連絡なしです。審査結果はインターネット申し込みの場合はメールで、電話や郵送申し込みの場合は電話でお知らせがあります。またホームページ公式の審査結果照会からも確認できます。

注意しなければならないのは、インターネット申し込みができるのは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を予め持っている人、そして健康保険証のある人という制限があります。

この条件を満たさない人は、カードを発行してからのキャッシングとなります。

低金利で借りれるおすすめ銀行カードローン

銀行系カードローンとは銀行が個人向けに行う融資のことです。

他の金融機関のカードローンに比べて金利は低めです。そのため長期の返済の場合は特に総返済額に違いがでて支払いが楽です。

また、経営が安定した銀行のカードローンということで利用した場合の安心感があります。

しかし、審査も慎重に行われるためカードが手元に届いて融資が行われるまでの時間は長くかかる傾向にあります。いますぐの借入には適していません。

公共料金引き落とし時に普通預金の残高が不足だった場合、融資限度額内であれば不足分を自動融資してくれるなど便利な点があります。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは年利1.8%~14.6%

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、大手銀行のカードローンであるので会社に対する安心感は大きなものがあります。

三菱UFJ銀行に口座がなくてもカードローンの利用は可能です。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは金利が消費者金融に比べて低めです。

また銀行カードローンの中では審査が速いので、即日融資は叶いませんが早めの融資が可能です。

全国にATMがあることも便利な点です。

銀行系のカードローンは指定日の定額返済が多いのですが、臨時返済も可能です。

10万円以下の借入残高の場合の最低返済額は1,000円と低額なので、無理のない返済ができます。

楽天銀行カードローンスーパーローンはネットバンクしかできない低金利

楽天銀行のカードローンは銀行カードローンの中でも低金利です。

楽天アプリから申し込みを完了することができ簡単な手続きで全てが終了します。

また様々のキャンペーンがあって、期間限定の金利半額サービスや楽天ポイントがもらえたり、審査の優遇などもあるので自分に合ったキャンペーンを上手に使うとかなりの特典があります。

スマホやパソコンから登録した口座に振込がいつでもできます。必ずしも楽天口座を開設する必要もありません。現在使っている口座で取引可能です。

みずほ銀行カードローンと住宅ローンの組み合わせで金利マイナス0.5%も可

みずほ銀行カードローンには、基準金利を下げるための他のカードローンにはない方法があります。

カードローンを取引するみずほ銀行の支店で同時に住宅ローン融資を受けているという条件をクリアすると金利が0.5%引き下げるサービスがあります。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っている人は、カードローンの口座を開設すると、そのキャッシュカードでそのままカードローンにも利用できます。さらにカードローンを利用すると、みずほ銀行ATM時間外手数料も無料になります。

ろうきん(全国労働金庫協会)利用も検討する価値あり

ろうきんは銀行ではありませんが、地域に密着した労働者のための福祉金融機関で低金利でお金を借りることができます。

組合員であることが大前提となっており、その上でお金を借りることで安く借りることが可能です。

労働者の味方なので、無職である場合の利用は無理ですが、年収150万円があること、勤続年数が1年以上などが条件にはいっています。

金利や条件など地域によって異なることが多いので、近くのろうきんがどこにあるのかを調べた上で、そこで相談、申込みをすることになります。

審査が不安な人向けの通りやすい・条件が甘いおすすめカードローン

最近は、どこの金融機関も信用情報機関からのデータを必ず入手しているため審査が甘いカードローンがあるとは一概に言えません。

しかし、審査基準は各金融機関によって違います。一つの金融機関の審査に通らなくても、他のところでは審査を通過できる場合もあるのです。

大手消費者金融は、審査をパソコン上のデータを基準に行います。

それに対して、中小消費者金融は、パソコンのデータの検証と同時に書面や直接面接を行って審査する場合があります。その場合、パソコン上には表現されなかった今現在の収入獲得状態、将来を見通した返済能力を参考にして審査する場合もあります。

セントラルは審査を柔軟に行っており、利息0円期間もある

セントラルは、大手消費者金融の審査に通らなかった人でも、借入者の現在の年収の安定性や返済能力を審査してくれるので、通過できる場合があります。

また、中小消費者金融には珍しく融資後1か月の無利子期間があり、その間の利息はかからないというサービスもあります。

セントラルはカードが発行されるので、限度額以内の借入が何度でもできます。お金が必要なたびにその都度使えるこのサービスは中小消費者金融にはあまりなく、大手消費者金融並みのシステムです。

フクホーは金融事故歴アリでも現在の返済能力に応じて審査

フクホ―は50年以上続く大阪本店の中小消費者金融です。

フクホーの審査基準は借入者の現在の返済能力に重きを置いて行われます。過去にいわゆる金融事故があっても、現在順調に返済中であるとか、返済が終了している履歴の場合には融資してもらえる可能性があります。

なので無職である場合には、借入はやはり難しいです。

通常、契約書類は本人に郵送という会社が多いのですが、その書類をフクホーでは、セブンイレブンのマルチコピー機から取り出すというサービスがあります。

必要事項を記入してfaxで送り返せば、どうしても4~5日かかる郵送よりかなり早いので最短即日融資が叶うこともあります。

フタバなら他社借入が4社以内・主婦・73歳以下まで申込みできる

フタバは知名度はあまりありませんが50年近く営業している中小消費者金融です。

審査はコンピューターの判断が主ではなく、借入希望者の返済能力を認めたら、現在の他社からの借入が4社までは受け入れるという方向で融資を行っています。この基準は他の消費者金融にはない基準です。

また借入者の年齢制限も73歳までと他の金融会社より幅広い設定になっています。収入があれば年齢の高い人でも受け入れてくれます。

借入は50万円が限度と低めですが、初めての借入の人に限り30日の無利息期間もあるので、高額ではない借入希望の人にとっては使いやすい消費者金融です。

カードローンでお金を借りる時の流れ

カードローンの申し込みは、各金融会社によって多少違いがありますが、

申し込み

審査

契約

借入

返済という流れは変わりません。

金融会社によって申し込みから返済まで全てweb完結できるシステムもあれば、銀行振込やATMでの取引の方法をとっている場合などもあります。

最近では審査は、信用情報機関の協力を得ている会社がほとんどなので過去の借入履歴など重要視されることが多いのです。

また、申し込みから融資までの速度、勤務先への在籍確認、コンビニATMの利用など各社が工夫して競い合って、借入者の獲得に努めている状態です。

申込み

申し込みは通常

  • 来店窓口
  • 電話
  • ローン契約機
  • インターネット
  • アプリ

などで借入したい金融会社に合わせて行います。

少しでも早く融資に行きつけるよう本人確認書類や収入を証明する書類、借入や返済に使う銀行口座の口座番号など必要書類は事前に手元に用意しておきます。

また、最近では基本的に申し込みが可能か、年令、収入、借入希望金額などについて数個の質問で事前診断ができる会社もあります。利用すると審査の結果が自己判断できて融資までの時間の節約になります。

借入の申し込みをして、実際は借入しなかった場合は手数料がかかったりすることはありませんが、信用情報機関に記録されることはあります。申し込みはよく考えてからするようにして、なるべくなら複数の会社の申し込みはしない方がいいでしょう。

申込みブラックという状態になって審査に影響することが考えられます。

本人確認

申し込み時に送った本人確認書類に虚偽やウソがないかをチェックします。

インターネットで申し込みを行った場合は、メールや電話で本人確認の連絡が入ります。その際に申し込み内容の確認または詳しい質問を受けることもあります。反対に借入希望者もわからない点、融資の希望など問い合わせることも可能です。

本人確認がしっかり行われれば、申し込み内容が明確になったところで、仮審査に進めるので時間の節約にもなります。

仮審査

仮審査とは金融会社によって差はありますが、最初の申し込みに申告された内容を機械で判断したり、借入希望者の個人情報を信用情報機関に問い合わせすることなど初期に行う審査のことを言います。

しかし、この仮審査を通過できても必ずしも融資が受けられるということではありません。仮審査は速やかに結果が出ますし借入希望者にも連絡が行くので、審査に通過できないと判定された場合は、他の方法を早く選択することができます。

本審査

仮審査に通ると本審査に進み、勤務先への在籍確認などが行われます。

仮審査はコンピューターで機械的に判定されますが、本審査では仮審査の内容を細かく吟味したり、過去から現在における他社からの借入状況、特に延滞していることがないかなどの確認が仮審査よりシビアに行われます。

本審査で通過できない一番の理由が、本人情報や借入状況の虚偽報告です。偽りの申し込みをすると、最近はすぐにばれてしまいますし、審査通過の可能性もなくなります。

本審査では融資が可能かを見極めるだけではなく融資額も決定されます。

本人確認書類提出

本人確認書類は必ず必要です。

基本的にはマイナンバーカード、運転免許証、パスポートなどの他、健康保険証、年金手帳などの提出を求められます。顔写真入りの書類の提出が多くなっています。また書類の発行日がだいぶ前のものであると使えないこともあるので、なるべく新しいものを用意します。

それぞれの金融機関によって書類の種類は違っているので少しでも迅速な融資を受けられるよう、申し込み前に準備しておく必要があります。

本人確認書類のコピーや写真で提出・アップロードが可能です。

契約

最終的な審査結果は申込書類に申告したメールか電話へ行われます。また店頭窓口や契約機まで足を運ぶと申し込み時すぐに審査結果がわかる場合もあります。カード会社と借入希望者で同意した場合は契約手続きに進みます。

決定された金利や限度額を注意深く確認し契約書類に記入してカード発行手続きを行います。その後ローン契約機からカードを受け取ることができます。または郵送でカードを受け取ることもできます。

カードを使用しない方法で借入を行う場合は、会員番号その他が記入された書類が借入者本人に届きます。

借入を急ぐ場合、カードが手元に届かなくても指定口座にお金を振り込んでくれる金融会社もあります。

借入れ

ローンカードが発行されて手元に来れば、カードを使ってATMからお金を引き出すことができます。借入スタートです。

その他、指定口座に振り込んでもらったり窓口に行くと直接融資を受け取ることもできます。

限度額内であれば、何度でも必要な分だけ借入することができます。

カードの受取なしでも、パソコンやスマホのインターネット上でも取引ができます。またスマホのアプリでも借入することができます。

契約が完了すればカードが手元に来る前でも、またはカードなしでもお金を融資してくれるので急にお金が必要になった時は迅速で大変便利です。

返済・返済方法

借入がスタートすれば返済も始まります。

多くのカードローンは毎月、登録した指定口座から決定された元金の毎月返済額分と利息分を引き落としで返済していきます。

返済額は翌月まとめて一括で返済する方法毎月一定額を何回かに分けて返済する方法もあります。

その他、ATMを利用して、毎月の返済以外にお金に余裕のある時にまとめた金額の返済を行うこともできます。この方法で最初の返済計画より借入日数は短くなるので総利息金額を抑えることができます。

毎月の返済金額を多く設定すると返済が経済的に負担になることもあるので、この上記2つの方法を上手く利用して無理なく返済することが大切です。反対に毎月の返済額を低くしすぎると返済期間が長くなって大変な場合もあります。

一日でも早い完済を目標にしておくといいです。

カードローンでお金を借りる時の注意点・危険性

カードローンは契約しておけば、、融資限度額まで近くのATMで簡単に何度でもいつでもお金を手にすることができてしまいます。しかし借入する際には利息が必ずついて返済しなければならないという、当然なことをしっかり頭に入れておかなければいけません。

これもわかりきったことのようですが、返せる範囲の借入をするために返済計画を頭に描いて借入を行う必要があります。

総量規制はもちろん必ず守らなければなりませんし、返済のために、また他の金融会社から借りるようなことがあっては信用情報機関の調べにひっかかって、どうしてもお金の入用な時に借りることもできなくなってしまいます。

お金に困ってすぐカードローンを利用してしまう人は、日ごろのお金の使い方から見直す必要がありそうです。

返済期間と返済総額をシミュレーションしてから借りる

カードローンでお金を借りる時、返済総額、利息の年率、返済期間などを具体的に決めるとどのくらいの返済を行うことになるかというシュミレーションできるサービスを多くの金融会社が行っています。その結果を借入希望者が手軽に参考にできるシステムになっていす。

シュミレーションを行い、自分の経済状況、今後の生活設計など先をよく見通してカードローンを利用することが大切です。

今、ちょっとお金が欲しいからという安易な気持ちでカードローンを利用することはその後の生活のことももあり、危険であると自覚しなければいけません。

お金の借り過ぎ、総量規制に気を付け、多重債務者にならない

総量規制があるので借入者の収入によって融資額が制限されます。総量規制は融資をする側の貸し倒れを防ぐ目的だけではなく、借りる人の返済に無理が行かないための規制でもあります。

返済能力を超える借入をした場合、苦労するのはもちろん借入者です。どうしても返済が上手くいかないためにまた他の会社からも借入しなければという考えに辿りつくようなことは避けなければなりません。

多重債務者になれば利子もかさみますまし返済が苦しくなります。多数の金融機関からたくさん借り過ぎてしまえば信用情報機関にマークされて、どうしても必要な時にお金が借りられない状況にも陥ります。

お金をカードローンで借りる人の特徴・傾向とは

カードローンを利用しているのは20代の若い人が多いです。

年齢が上がるにつれて減少傾向です。そして女性より男性が多くなっています。若い人の利用が多いのは、パソコン、ネットでの取引が盛んになり、スマホのアプリ使用など、年配の人に比べて若い男性の方が操作に長けているからとも考えられます。

最近はカードローンを利用すると、とても簡単にお金を手にすることができます。そのため借りることに抵抗感がなくなり借入を繰り返し、最終的には返済できずにどうにもならない状況になる危険があります。

カードローンをやめておいたほうがいい人は、収入以上に人にご馳走したり見栄を張った生活をする人です。また、生活水準を一度上げてしまって下げられない人です。

こういうひとは、無計画にカードローンを利用していつも借金のある状態になるという事例も多く見られます。

カードローンでお金を借りる時のデメリット

カードローンは目的に関わらずお金を借りることができますが、いつでもどこでも便利に借入できる分、金利は高めです。

万が一、再び家計が苦しくなるなどして返済が滞ると、さらに高金利の延滞損害金がついて返済金額も増えて大変になります。

その返済を、他のカードローンで返済しようとすれば、信用情報機関に履歴となって残り、借入さえできない苦しい状況の追い込まれる可能性大です。

そんな危険性をよく理解したうえで、返済可能な金額の借入を行うことがカードローンを利用する際の必須条件です。

金利がかかる

カードローンは手軽に借入することができますが、目的別ローンなどに比べて金利が高い傾向にあります。

手続きも簡単で、迅速に保証人や担保なしでお金が手に入るのですから、カード会社は返済のリスクを利息に含めているとも言えます。

学費、医療費、住宅購入費、自動車購入代金などある程度前から出費がわかっている借入については、最近では目的別ローンの種類も数多くあるので、その利用を検討したほうが返済が楽になることが多いです。

カードローンは本当に急にお金が必要になった場合で基本的には少額の借入に使用することに適したシステムであると言えます。

遅延損害金がかかる

カードローンの返済が滞ると罰則として遅延損害金がかかってしまいます。

その金利は14%から20%と高く定められています。借入金額に年利がかかり、さらには遅延損害金まで請求されると返済金額が上がるだけではなく、返済期間も伸びて、返しても返しても返済が終わらない状態が続きます。

遅延延滞金の支払いも滞ると、契約不履行で裁判手続きにまで持っていかれることがあります。

遅延延滞金が課せられた後はそれを免除してもらう方法はなく、その支払いは必ず何とかして行わなければなりません。カード会社に事情を説明、相談をしながら今後は返済をしっかり行うことの意思表示をするなど、連絡は取る必要はあります。

遅延・未納となれば信用情報に残る

カードローンは申し込みをした時点で、信用情報機関の履歴に残ります。そして返済が遅延したことや未納の事実はある程度の長い期間残ってしまいます。

返済の未納、遅延がある場合は、その後の新規のカードローン、各種ローン、追加融資などの契約ができなくなります。

全ての金融機関の審査においては今後の返済能力があるかどうかということを大きく問題にします。そのため、未納、延滞があるということでその時点でお金に困っていて、これからの返済もできないのではないかと推察されてしまうのです。

カードローンでお金を借りる時のメリット

昨今、カードローンが身近に浸透したのは、コンビニを含めてATMがあちこちに増えたことやインターネットやスマホでも手軽に手続きや取引ができるようになったことに原因があります。

ローンで融資を受けるにはどこの金融機関でも手続きが複雑でカードローンでの取引より手間もかかってしまいます。

カードローンの契約さえ完了すれば借入も返済もカードやアプリで簡単にいつでもどこでも行える便利さはかなりの価値があります。

お金の使用目的やお金が必要な理由を詮索されない

カードローンは使用目的を聞かれない代わり、使用目的を明確にする必要のある目的ローンに比べて金利は高めですが、手続きに時間はかかりません。

カードローンは金利が高いので、返済は大変です。しかし急な冠婚葬祭や病気など不意にできた出費にはとても助けになります。

どんな使い道をするのか詳しく説明する時間がない時、説明してもなかなか他人には状況を理解してもらえない場合など、使用目的を聞かれないカードローンは大変便利です。

突然の待ってくれないどうしてもの出費はどんな人でも人生において必ずあることです。

借入枠内であれば「借りる・返す」が自由

最近では、カード会社のATMやコンビニのATMが日本全国増えたり、アプリ、インターネット上の取引が可能になり、キャッシングも返済も各段に便利になっています。

そのため融資限度額いっぱいに借入してお金を引き出し手元において少しずつ使うという手法は使わなくても便利になりました。

盗難や落とし物の心配なく、その時入用なお金を何度でも引き出せる便利さは大きな魅力です。借りすぎの危険も減りますし、毎日の生活でお金の余裕ができた時に返済することを心がけていれば、返済が滞るリスクも少なくなります。

誰にもバレずに内緒でお金が借りられる

カードローンを使用するのに、保証人や担保は要りません。そのため、親戚や友人に使い道を話すなどして借金を申し込んだりする必要もないのです。

カードローンの取引は、ATMやアプリ、インターネット上で人を介さずに行うことができます。最近ではどのカード会社も在籍確認の電話や書類の郵送なども家族や他人に知られなような工夫をしています。

他の人に知られず、借入から返済まで自分自身の責任で行えるということは、借入時のストレスがかなり解消されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA