コンビニATMでお金を借りる方法は何がある?今すぐ必要な時は年中無休(24h365日)のセブンイレブンが手っ取り早くておすすめ

どの地域に住んでいる方でも、少し歩いたらコンビニがあるという方も多いのではないでしょうか。

そんなコンビニでお金を借りることが出来たら非常に楽に感じること間違いなしです。

今回は、コンビニでお金を借りる方法に焦点を絞ってまとめていきます。

この記事でわかること
  • コンビニでは大手消費者金融は手数料がかかる。
  • 銀行カードローンは手数料なしでお金を借りることが可能。
  • コンビニでカードローンでお金を借りると言っても事前に審査に通過している必要がある。
  • コンビニであればほぼ24時間お金を借りることが出来る。

先読み【目次】>>

コンビニATMを利用してお金を借りる方法って何があるの?

コンビニで有名なセブンイレブンは、銀行も運営をしておりセブン銀行はカードローンでお金の融資を行っています。最短2営業日でセブン銀行ATM(セブンイレブンに設置)からお金を借りることが出来ます。

コンビニは24時間営業しているのがほとんどですが、お金を下ろすのも24時間可能です。

さて、このセブン銀行でお金を借りる方法は有名ですが、そのほかにコンビニATMを利用する以外で、どのようなお金を借りる方法があるのでしょか?

コンビニATMを利用してお得にお金を借りる方法の詳細についてまとめていきます。

コンビニATMを利用して今すぐお金を借りる方法は大きく分けて3つあります。しかも、手数料がかからない場合が多く、セブン銀行の融資を受けて引き出しするにも手数料は関わりません。

コンビニATMでお金を借りる3つの方法
  • 大手消費者金融
  • 銀行カードローン
  • クレジットカード

まずは大手消費者金融のサービスを利用してコンビニATMでお金を借りる方法について解説していきます。

コンビニで大手消費者金融のカードを利用してお金を借りる!

大手消費者金融のサービスを利用してお金を借りることが可能です。

しかし、コンビニと提携しているという立場になるので、大手消費者金融との契約はすでに完了している必要があります。

コンビニで大手消費者金融の契約の手続きができると勘違いする方も多いですが、契約は電話でのやり取りで必要書類を提出、もしくは店頭や自動契約機での契約が必要です。

コンビニATMでは、大手消費者金融のお金を借りるアプリを利用して今すぐお金を借りることが可能です。

コンビニで銀行カードローンを利用する!

銀行のカードローンと提携している会社であれば、ATMの手数料無料で融資によって借りたお金を引き出すことが可能です。

楽天銀行はコンビニATMのe-netやセブン銀行でのATMの引き出しの手数料が無料となっていますので、、コンビニであれば、ローソンとセブンイレブンであればATM手数料無料でお金を引き出すことが可能です。

また、楽天銀行のホームページでは、e-netは以下のコンビニで対応していると記載がされています。

ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス・スリーエフ・セーブオン・コミュニティストア・ポプラ・生活彩家・デイリーヤマザキ・セイコーマート

https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/atm/

セブンイレブンやサークルKサンクス、セイコーマートなど有名なコンビニエンスストアでは、ATM手数料無料でりようできます。

ゆうちょ銀行などは日曜日は17時でATMが使えくなりますが、24時間営業しているコンビニであれば、いつでも引き出しが可能で。急にお金を引き出さなければならない場面に遭遇したとしても対応が可能です。

銀行カードローンに関しても、事前に審査を通過している必要がありますので、コンビニATMでカードローンを利用したければ申し込みをしておく必要があります。

銀行カードローンの場合は、専業主婦の方やアルバイトの方でも審査を通過することが可能です。(関連:専業主婦でもお金を借りれるカードローンアルバイトでお金借りる)

無職の方であれば厳しいですが、多くの方に可能性がありますので場合によっては消費者金融よりも、お金を借りられる可能性が高くなります。

クレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りる

クレジットカードにはキャッシング枠という機能があります。ご存じの方も多いと思います。

キャッシング枠は大手消費者金融や銀行カードローンと同じで現金を利用できる制度です。クレジットカードのショッピング枠は現金化することはできません。

このクレジットカードのキャッシング枠ですが、コンビニのATMにカードを挿入するだけで、お金を借りることができてしますのです。

大学生はショッピング枠しか付与されないクレジットカードも多いので、利用できない方も多いですが、安定収入がある社会人であれば希望すればキャッシング枠を利用出来る方が非常に多いと思います。

このキャッシング枠についても、事前にクレジットカードの申し込みが必要になります。大手消費者金融からお金を借りることに抵抗がある人にとっては、気楽に利用ができるコンビニATMを利用したお金を借りる方法です。

対応しているクレジットカードについてですが、、JCB・VISA・MasterCardであれば基本的には対応している場合が多いです。

AMEXなど一部のクレジットカードでは利用が出来ない可能性があります。

次にそれぞれのコンビニATMを利用したお金を借りる方法について、さらに詳しく相性や手数料などについてまとめていきます。

セブン銀行のカードローンはコンビニとの相性が抜群?

 

大手消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りる方法で実際にどの方法を用いるのか迷う方も多いと思います。

では、銀行カードローン、大手消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングではどの利用方法が一番お得に利用が出来るのでしょうか?

セブン銀行カードローンの優れている点は?

セブン銀行のカードローンに関しては、最短で2日後からの利用が可能です。大手消費者金融の場合は、即日でのお申し込みが完了出来る場合が多く即金性があるという面ではメリットが非常に大きいです。

クレジットカードのキャッシングに関しても、クレジットカードが届くまでの期間で1週間くらいの日数がかかりますので、銀行カードローンよりも時間がかかります。

楽天銀行やPayPay銀行のカードローンに関しては、最短翌日での利用が可能ですので、カードローンによっては、申し込みの次の日からの利用が可能です。

ですが、在籍確認や審査の状況によって日数は変わりますので、翌日での利用でも毎回すべての人が翌日に利用できるわけではないので注意が必要です。

金利に関しては銀行カードローンが圧倒的に有利ですので、長期間の返済が必要になる場合は金利の安さも検討したほうがお得に利用ができます。

セブン銀行カードローンの在籍確認はどのように行われるの?

セブン銀行のカードローンの在籍確認は、基本的には電話での在籍確認を行っています。

大手消費者金融や銀行カードローンに関しては、そのほとんどが基本的には電話での在籍確認を導入しています。

クレジットカードに関しては、未成年の場合は親権者の同意が必要になりますので、電話での確認を行いますが、基本的には在籍確認などは行いません。

在籍確認だけに焦点を絞ると、クレジットカードが一番利用するメリットとしては大きいです。少ないですが一部、クレジットカードでも在籍確認があるので注意が必要です。

一例ですが、楽天カードに関しては申し込みに際しての在籍確認はありませんでした。

カードローンで借りたお金を下ろす際の注意点は?

カードローンでお金をおろす時の注意点についてですが、利用方法によって手数料がかかってしまう点です。

銀行ATMでの手数料の詳細については以下の表を確認してみてください。

商品名 コンビニATM
1万円以下の引き出し
コンビニATM
1万円超えての引き出し
コンビニATM
で1万円以下の返済
コンビニATM
で1万円超えての返済
アコムのカードローン 110円 220円 110円 220円
プロミスのカードローン 110円 220円 110円 220円
アイフル キャッシングローン 110円 220円 110円 220円
SMBCモビット モビットカードローン 110円 220円 110円 220円
レイクALSA 110円 220円 110円 220円
楽天銀行スーパーローン 無料 無料 無料 無料
クレジットカードキャッシング(楽天カード) 110円 220円 無料 無料

コンビニのATMでお金を引き出すときの注意点は、大手消費者金融のカードローン並びに、クレジットカードのキャッシングがお金手数料がかかってしまう点です。

大手消費者金融に関しては借り入れも返済もどちらとも、クレジットカードのキャッシングに関しては、借り入れの際に手数料が発生してしまいます。

その点、銀行カードローンに関しては手数料が一切発生しませんので、銀行カードローンを利用してコンビニでお金を借りるのは非常にメリットが大きいです。

コンビニATMを利用してお金を借りることができる大手消費者金融はどこ?

大手消費者金融には様々な種類がありますが、コンビニに対応している業者とそうではない業者がもちろん存在します。

それぞれの有名な大手消費者金融のコンビニの対応状況については以下になります。

大手消費者金融 コンビニATMの利用状況 金利
プロミス 利用可能だが手数料発生 4.5〜17.8%
アイフル 利用可能だが手数料発生 3.0〜18.0%
SMBCモビット 利用可能だが手数料発生 3.0〜18.0%
アコム 利用可能だが手数料発生 3.0〜18.0%
レイクALSA 利用可能だが手数料発生 4.5〜18.0%

プロミス

上記の表にコンビニの手数料の状況について記載を行いましたが、借り入れした場合でも返済した場合でもプロミスは手数料が関わります。

WEB上でネット銀行などを利用しての借り入れや返済の場合は手数料が関わりませんので、ネットバンキングを持っている方は、プロミスの借り入れや返済についてわざわざプレミスを使うメリットはあまり感じることが出来ない可能性が強いです。

プロミスのメリット

次にプロミスを利用するメリット・デメリットについてになります。

プロミスのメリットは相談次第で融通を聞いてくれる可能性が高い会社として有名です。例えば、電話での在籍確認を回避したい場合は、自動契約機にて必要書類の提出で電話での在籍確認をなしにすることが出来ます。

在籍確認自体は必ず行われるものになりますので、在籍確認自体をなしにすることは絶対にできません。(関連:プロミスは在籍確認なしで借りれる?)

必要書類としては、給与明細2ヶ月分が必要になりますので、働きはじめの方は注意が必要です。

プロミスのデメリット

プロミスのデメリットとしては、高額な融資を受ける場合は他の大手消費者金融よりも金利が高くなってしまうのです。

高額融資の場合は、4.5%と年利として決められていますが、他の大手消費者金融は3.0%の会社も多いです。

たかが1.5%と思うかもしれませんが、例えば500万円借りていたとして期間は1年間。年利を計算すると4.5%dato22万5000円、3.0%だと15万円と7万5000円も違ってきます。

500万円などの高額な融資の場合は数年間にわたって返済をしますので、年数が多くなるにつれてこの金利の差が大きくなり損をする可能性が高まります。

少額の融資の場合は、17.8%と金利が安く済みますので、利用金額に応じて大手消費者金融を選択する必要があります。

アイフル

アイフルは大手消費者金融の中でも、スタンダードなプランの代表として存在しています。

金利無料期間30日間、金利が3.0%〜18.0%と借り入れ金額が高くなると、銀行カードローンと比べても高金利にはなりませんので、非常にメリットがあります。

SMBCモビット

SMBCモビットに関しては、大手消費者金融の中でも金利無料期間がなかったりと、金利などの優遇面では突出したものはありません。

しかし、WEB完結申し込みをプランとして設定しているのは、利用しやすいと感じている方も多いです。

在籍確認は必須ですが、電話での在籍確認を行うことなくカードローンのお申し込みを完了することが可能です。(関連:バレずにお金を借りられる?)

運転免許証もしくは、パスポートが必要になりますので、該当の身分証明書を保有していることが必要です。

SMBCモビットの1番の良い点とては、返済ごとにTポイントを貯めることが出来ますので、Tポイントを頻繁に利用している方にとっては、大変嬉しい特典となっています。

アコム

基本的に大手消費者金融は金利無料期間が同じ、金利で少しの差がある、金利無料期間の適応期間があったりなかったりと、サービス内容は似たり寄ったりしています。

アコムに関しては、大手消費者金融の中でも可もなく不可もなしのスタンダードな会社と感じている方が多いです。

アコムとアイフルは金利3.0%で金利無料期間も30日間と特別大きなサービスの差もなく、3.0%〜18.0%の金利となっています。

したがって、高額な融資を希望であればアコムもしくはアイフルのどちらかを利用する方が多いです。

アコムのメリット

アコムのメリットは、高額な融資を希望な場合は銀行カードローンなどとも金利の面で大きな差はないので、利用するメリットは非常に大きいです。

土日祝日でも即日融資で、最短30分、1時間もあれば融資が可能なので銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングのないスピード感があります。

これは大手消費者金融のなかでは、ほぼ全ての貸金業者が対応していることですので、大手消費者金融間での優位性は特にはありません。

メリットとして融資残高、顧客数NO1を獲得していますので、それだけ信頼されている企業になります。

アコムのデメリット

アコムのデメリットは、銀行カードローンよりも金利が高い点にあります。大手消費者金融は共通して銀行カードローンよりも金利が高いので、アコムに限った話ではありませんが、金利の面ではデメリットが大きいです。

また、アコムも同様にコンビニで借り入れや返済の際に手数料がかかってしまいますので、わざわざコンビニを利用するメリットは特に感じられないがデメリットとも言えます。

レイクALSA

レイクALSAは金利無料期間で非常に優れている大手消費者金融になります。

5万円以内なら180日間金利無料、もしくは5万円よりも多い金額を借りる場合は、180日間の金利無料期間が適応されます。

2つのプランの併用はできないので注意が必要ですが、金利に関しては、レイクALSAは大手消費者金融の中でも1番の優遇を受けることが出来ます。

金利に関しては、4.5%と他の大手消費者金融よりも高い金額になっていますので、少額融資希望で、金利無料期間内に返済が終わる方などはとても相性が良いです。

5万円は180日間の金利無料期間がありますので、ゆっくり元本だけ返済してきたい方にはレイクALSAは非常におすすめの大手消費者金融になります。

コンビニATMで借り入れに対応しているコンビニの種類は!

コンビニはたくさんの種類があります。セブンイレブン、ローソン、サンクスK、ファミリーマートなど数多いです。

では、実際にコンビニでお金を借りたり返済したりに対応している種類について次にまとめていきます。

セブンイレブンのスマホATM取引はおすすめ出来る?

コンビニの代表とも言えるセブンイレブンについてですが、セブン銀行という自社で銀行を保有しているコンビニになります。

そのため、セブン銀行カードローンの借り入れや返済などはもちろんのこと、楽天銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング全てに対応しています。

先ほど、手数料についてまとめましたが、銀行カードローン以外は基本的には手数料がかかりますので注意が必要です。

スマホATMに関しては、PAYPAY銀行やau WALLETなど幅広い金融機関などに対応していますので、ほとんど利用できると考えて大丈夫です。大手消費者金融も基本的に全ての貸金業者でATM取引に対応しています。

ローソンを利用してスマホATM取引することは可能?

ローソン銀行の提携金融機関は、auじぶん銀行、住信SBIネット銀行、プロミス、アイフルが提携しています。

スマホATM取引をしたければ、上記の4社しか利用することは出来ませんので注意が必要です。

融資を受けたお金を引き出したり、ご返済のためには数多くの金融機関で利用が可能ですが、スマホATM取引に関しては、限られていますので注意が必要になります。

コンビニATMでクレジットカードのキャッシングをお得に利用する!

コンビニATMではクレジットカードのキャッシングを換金できるので非常に便利です。しかし、同額を借りた場合でも銀行カードローンとクレジットカードのキャッシングであれば銀行カードローンの方が安い可能性が高いです。

楽天銀行スーパーカードローン 楽天カードキャッシング
金利 1.9%~14.5% 18.0%
限度額 800万円 90万円

上記のように、キャッシングに関しては金利が18.0%と固定されており、リボ払いに関しては15.0%となっていますので、リボ払いよりも金利が高いです。

また、楽天銀行の最高金利の14.5%よりも高く、結果として利息を多く返済しなければならないので、コンビニATMを利用してお金を借りることが出来ますが、あまり得策とは言える方法ではありません。

大手消費者金融の審査に落ちているが、キャッシングは利用できるなどの特別な理由がない限りはあまりおすすめ出来ないお金を借りる方法です。

クレジットカードを利用した具体的な借り入れの手順は

クレジットカードでキャッシングを利用したい場合は、申し込みの際にキャッシングの項目がありますので個人情報を入力してキャッシング希望欄にチェックを入れます。

大学生はキャッシングが利用できないクレジットカードが多いのと、他社からの借り入れがある場合は審査に落ちる可能性がありますので、クレジットカードのショッピング枠のみ付与される場合などもあるのです。

貸金業法には総量規制という、年収の3分の1以上を超える貸付が認められていないので、他社からの借り入れがある場合は借入額によっては審査に落ちてしまう可能性があります。

また、住宅ローンや家賃などの日々の支払額が大きい場合にも、審査に落ちる可能性がありますので注意が必要です。

 コンビニ会社のクレジットカードはお得な特典がある?

コンビニでのクレジットカードの利用に関しては、なにか特典があると期待している方も多いのではないでしょうか?クレジットカードは様々な特典があります。

しかし、コンビニATMを利用することでの大きな特典というのはないので注意が必要です。

そのため、クレジットカード会社を利用してのキャッシングに関しては、金利以外の面で優位性は基本的にはありません。

そして、クレジットカードのキャッシングに関しては、銀行カードローンよりも金利が高いので、優先的に利用することがおすすめできないお金を借りる方法になります。

銀行カードローンの中でコンビニATMでも利用できる金融機関は?

次に銀行ごとに提携しているコンビニATMの詳細についてまとめていきます。

銀行はたくさんあるので、楽天銀行とPayPay銀行に焦点をあてて、実際に利用できるコンビニATMについて解説していきます。

楽天銀行カードローン

楽天銀行スーパーカードローンが利用できるATM
  • ローソンに設置しているローソン銀行ATM
  • イーネットATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

上記の6つが楽天銀行スーパーカードローンが無料で利用できるATMになっています。

有料で利用できる場所としては、三菱UFJ銀行、りそな銀行、しんぎんバンクなどでも利用が可能です。

地方銀行に絞ればもっとたくさんの利用できる場所があり、北海道では北都銀行が無料、有料では北洋銀行や北海道銀行でも有料で利用が可能です。

関東では横浜銀行や足利銀行など幅広く有料で利用が可能です。

本題のコンビニATMの無料での利用についてですが、イーネットATMは以下のコンビニで利用が可能です。

ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス・スリーエフ・セーブオン・コミュニティストア・ポプラ・生活彩家・デイリーヤマザキ・セイコーマート

https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/atm/

多くの人が一度は利用したことがある、大手のコンビニの名前が書かれていますので、どのコンビニでも基本的には楽天銀行スーパーローンの利用が可能となっています。

PAYPAY銀行カードローン

PayPay銀行に関しては、ATMに関しては幅広くは対応していないので注意が必要です。

PayPay銀行が対応しているのは、「セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ローソン銀行ATM」の3つにになりますので、セブンイレブンかローソンしか対応していません。

PAYPAY銀行のカードローンに関しては銀行カードローンでは、数少ない金利無料期間を適応している金融機関になりますので、短期間で利用するのがおすすめなカードローンのになります。

そのため、幅広い場所に設置されていなくても、あまり困ることは少ないと思います。

コンビニATMでお金を借り入れ時の注意点と損をしないためには

コンビニATMで損をしないために考えなければならないことは、手数料に本当に注意が必要になるということです。

時間帯と金額については本当に意識する必要があります。

サービス名 手数料詳細
銀行カードローン 入出金手数料無料
クレジットカードのキャッシング 入金のみ手数料無料(出金は110円の手数料)
大手消費者金融のカードローン 入出金手数料がかかる。

セブン銀行は自社の銀行のお取引に関しても、7時~19時の間が手数料無料でそれ以外の時間に関しては手数料を取っています。110円の手数料を時間外の時間はとっていますので、ある意味手数料110円はスタンダードです。

楽天銀行スーパーローンなど、一部のカードローンは手数料がかかりませんが、ほとんどのお金を借りる方法で手数料がかかるので注意が必要になります。

ATMが利用できない時間帯は避けよう

楽天銀行のスーパーカードローンに関しては、23時50分~24時05分の間は楽天スーパーローンに関しては利用が出来ないため注意が必要です。

しかし、この時間帯以外はすべての時間で手数料無料で利用が可能となっています。

プロミスに関しては、月曜日の0時10分~朝の7時まで利用できない時間となりますが、その他は手数料が優良なこと以外は、楽天スーパーローンと同じです。

最後に、キャッシングについてですが、23時50分~24時10分まではお取り扱いがありませんので注意が必要になります。

コンビニATMの借入限度額に気をつけよう

コンビニATMの引き出し額の限度額についてですが、1日初回は50万円となっており設定を変更することで最高で200万円の引き出しを行うことが可能です。

高額な融資を受けることができるようになっても、1日で例えば800万円のお引き出しをすることはできませんので、注意が必要です。

コンビニATMは即日での借り入れが可能なので借り入れのしすぎには注意!

コンビニATMは24時間銀行カードローンであれば、手数料がかかることなく利用することが可能となっています。

そのため、お金の借りすぎには注意が必要です。

大手消費者金融のカードローンは5万円だけ借りたくても、収入証明書の提出なしであれば50万円のご利用限度額を設定されたりします。

使えるお金を多くあると思って、無駄にお金を消費者して人も中にはいますので、ご利用は計画的にと消費者金融のCMで言われていますが、まさに計画的な利用をすることが必要です。

まとめ

コンビニでお金を借りる方法としては、大手消費者金融のカードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングの3種類があります。

しかし、銀行カードローン以外では手数料がかかる場合がありますので、それぞれの提携金融機関などで利用したほうがお得になる場合が多いです。

また、コンビニATMを利用することでの特典などもないことから、コンビニにこだわる必要はありません。

全国の数多くの種類のコンビニで24時間お金を引き出すことが出来る点は非常に便利にとなっています。