電子マネーを現金化する方法!現金化できる電子マネーの種類(交通系・流通系・QRコード系・クレカ系)や注意点等解説

電子マネーは支払い方法によりプリペイド型・ポストペイ型・デビット型の3パターンに分類され、利用用途に合わせて交通系・流通系・QRコード系・クレジットカード系の4パターンで幅広く利用されています。

即日中に電子マネーを現金化する場合はAmazonからモバイルSuica・楽天Edyを使うか、セブンイレブンでnanacoを使いAmazonギフト券・切手を購入して個人転売・現金化業者のサービスを利用します。

電子マネー対応のショッピングサイトを活用し、高換金可能な商品をフリマサイト・買取ショップで売却して現金化することも可能ですが、即日現金化が難しいケースがあります。

電子マネーで購入した商品の意図的な返品・チャージ済み電子マネーカードを換金目的で払い戻すなど、社会的モラルに反する現金化方法となりおすすめできません。

電子マネーの現金化を推奨する業者には悪質な犯罪組織も存在し、電子マネーを利用した決済サービスはすべて意図的な現金化を規約違反として扱うため、電子マネーの現金化はリスクと隣り合わせの危険な行為といえるでしょう。

この記事でわかること
  • 電子マネー現金化はAmazonギフト券の転売換金が主流
  • 電子マネーで現金化しても法律上は問題ない
  • 電子マネーで即日現金化は現金化業者のサービスが必要
  • 電子マネーnanacoはコンビニでAmazonギフト券が買える
  • 電子マネーとフリマを使った金券の個人転売は違法性が高い

電子マネーを現金化する方法

電子マネーを現金化するためには最初に電子マネーを商品に置き換えて、個人転売と現金化業者の換金サービスを利用する2パターンの方法で現金化するのが基本です。

ここで重要となるのが「電子マネーで何を購入して転売すればいいのか?」という、現金化に適した商品の選び方でしょう。

個人転売・現金化業者依頼を問わず電子マネーの即日現金化で選ばれているのは、Amazonギフト券などの高換金が可能なデジタル金券です。

Amazonに対応するモバイルSuica・楽天Edyなどを利用してAmazonギフト券を購入し、金券買取ショップや現金化業者の買取サービスで売却して現金化します。
現物のAmazonギフト券は現金取引が基本ですが、nanacoを使えばセブンイレブンでAmazonギフト券を購入することができます

即日現金化以外の方法では電子マネーで現物商品を購入し、フリマアプリや買取ショップで売却してお金を稼ぐ方法があります。

例外的な電子マネーの現金化方法には、返品・払い戻しの仕組みを利用する2パターンの方法がありますが、現金化のリターンが少なく社会的モラルに反するためおすすめできません

電子マネーを返品して現金化する場合は、返品がスムーズに進められるようにレシートを保管し、商品到着後すぐに返品申請をして現金を受け取ります
電子マネーを払い戻して現金化する場合は、チャージ済みのSuicaを手数料を負担して払い戻し、払い戻しデポジットを現金化します。

換金率が高めの商品を購入し買取業者に買取を依頼する

電子マネーの現金化は買取業者を利用することで、成功率・換金スピードがアップします。

高換金の商品を買取業者で売却する
※買取業者に依頼するとスピーディな現金化が可能です

現在AmazonではモバイルSuica・楽天Edy・JCBプレモなどの電子マネーに対応しています。

電子マネー払い
以下の電子マネーをご利用いただけます。
楽天Edy(Edyカード、Edyアプリインストール済みのおサイフケータイに対応)
モバイルSuica
JCB PREMO
支払秘書

(引用:コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング払い、電子マネー払いについて – Amazonカスタマーサービス )

Amazonギフト券は現金化で圧倒的に多くのシェアを誇っており、電子マネーの現金化でも頻繁に利用されている商品です。

これはAmazonギフト券が電子マネー決済に対応しているからだけでなく、デジタル金券として現金化取引がインターネットで完結するということも大きく関係しています。

Eメールに添付されたAmazonギフト券を現金化業者に売却すれば、最短即日で電子マネーの現金化が完了します。
Amazonギフト券以外で電子マネーを現金化する場合は、商品到着時間がかかるため当日中の現金化が難しくなるでしょう。

換金率が高めの商品を購入し自分で転売する

即日現金化ではなくある程度換金まで時間がかかっても問題ない方は、電子マネー払いに対応したショップで転売商品を準備することから始めます。

自分で電子マネーで購入した商品を転売することも可能
※換金率を意識して売却損益を抑えましょう

ヨドバシカメラ・ビックカメラなどの家電量販店や、一部の貴金属店などは電子マネーの支払いに対応しています。

市場価値の高い家電製品や貴金属を電子マネーで購入しメルカリ・ラクマなどのフリマアプリを活用して売却すれば、個人でも高額な電子マネーの現金化ができます。

フリマアプリ・オークションサイトでは金券・商品券・チャージ済み電子マネーカードの出品は禁止されているので注意してください。

メルカリでは、有形/電子を問わず、金銭と同等に扱われるもの全般の出品を禁止をしています。
事務局が禁止出品物に該当すると合理的な理由に基づき判断した場合は、取引キャンセル・商品削除・利用制限などの措置を取る場合があります。
チャージ済みのプリペイドカード類(Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど)
オンラインギフト券 (iTunesカード、Amazonギフト券など)

(引用:現金、金券類、カード類(禁止されている出品物) – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ)

電子マネーの種類によって1回のチャージ金額・利用金額に上限があるので、限度額を把握しながら高換金が狙える商品を転売してください。

電子マネーが使える郵便局なら切手も高換金率で現金化

電子マネーを取り扱う郵便局を利用して、切手を購入することも有効な現金化方法のひとつです。

高換金率を狙うなら切手の転売も有効
※電子マネー対応の郵便局で切手を購入します

Amazonギフト券に次いで高換金率・換金しやすい商品は、郵便局で購入できる切手です。

そのためAmazonギフト券が準備できないケースでは、多くのユーザーが切手を電子マネーの現金化に利用しています。

大量に切手を購入して現金化を進めたいと思う方もいると思いますが、電子マネーの取引で購入できる切手は10万円迄となることも覚えておきましょう。

切手はフリマ・オークションサイトで禁止される金券に該当するため、個人転売ではなく現金化業者に依頼して現金化することが必須になります。

セブンイレブンならnanacoを使ってAmazonギフト券購入可

nanacoはAmazonギフト券の購入に、セブンイレブンを利用できる電子マネーです。

nanacoはセブンイレブンでAmazonギフト券を購入できる
※コンビニからAmazonギフト券

コンビニで取り扱われるAmazonギフト券は現金でしか購入できないため、電子マネーの現金化に使うことができません。

しかし電子マネー「nanaco」を使えば、セブンイレブンでAmazonギフト券を購入できます。

nanaco(ナナコ)は、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが日本国内で展開する非接触型決済方式の電子マネー、およびそのイメージキャラクターとなっているキリン。グループ会社かつ発行元である株式会社セブン・カードサービス(旧:アイワイ・カード・サービス)の登録商標(第5017550号ほか)でもある。

(引用: nanaco – Wikipedia)

nanacoは株式会社セブン&アイ・ホールディングス系列の電子マネーとして、セブンイレブンでAmazonギフト券を直接現金化することができるのです。

電子マネーで購入した商品を返品すると現金で帰ってくる場合がある

チャージ済みの電子マネーを使い商品を購入し、すぐに返品することで返金を受けることもできます。

電子マネーの取引で返品による払い戻しによる現金化
※返品前提の取引となるためおすすめできません

基本的に電子マネーは一度チャージしてしまうと、現金として払い戻すことはできません。
そこで返品前提で電子マネーのショッピングをおこない、購入後にショップに連絡を入れ返金処理を申請して現金化するという流れになります。

レシートを保管していれば保証期間内に返品が可能な商品は多くあるため、スムーズに返金処理が完了すれば電子マネーを現金化できます。

この方法を使えば確かに現金を入手することが可能ですが、果たしてこれが健全な現金化方法といえるかは議論の余地があります。
社会的モラルの観点から考えると、とてもおすすめできる電子マネーの現金化方法ではありません。

SuicaやPASMO等の交通系ICカードを払い戻しデポジットを受取る

Suica・PASMOで使われる交通系ICカードには、払い戻しできる仕組みがあります。

Suica・PASMOを払い戻して電子マネーを現金化
※電子マネーの払い戻しには手数料が発生します

Suicaを例にして説明すると、払い戻しできる金額はチャージ残高により異なり、手数料220円が差し引かれてデポジット分の500円と残高が現金化できます。

定期券部分の払いもどし額と入金(チャージ)残額の合計から、手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。
定期券の有効期限を過ぎている場合は、入金(チャージ)残額から手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。なお、入金(チャージ)残額が220円以下の場合は、預り金(デポジット)のみの返金となります。(「My Suica(記名式)」)と同様のお取扱いとなります。)

(引用:払いもどし|各種手続き|Suica:JR東日本 )

Suicaの払い戻しは公的証明書が必要になり、過去にSuicaを利用した悪質な現金化で逮捕者も過去に存在したため、できる限り交通系ICカードを利用した現金化は避けた方が賢明です。

電子マネーとは?現金化前に知っておくべき知識

電子マネーは現金と違い実際に存在しない通貨として取引するため、どのような仕組みで決済がおこなわれているのか理解しにくいジャンルです。

電子マネーの現金化を理解するために、プリペイド型・ポストペイ型・デビット型という異なる支払いタイミングが存在します。
プリペイド型は利用に事前チャージが必要、ポストペイ型はクレジットカード・後払いに対応、デビット型は取引と同時に引き落とされると覚えておくとわかりやすいと思います。

また決済用途別に交通系・流通系・QRコード系・クレジットカード系の4パターンに分類することができ、現金やクレジットカードの代用として料金を支払うことができます。

電子マネーの現金化は必ず電子マネーを使って購入した商品を換金する方法になり、直接電子マネーを売買する訳ではありません

過去にチャージ済みのプリペイド型電子マネーを使った現金化が法に触れ、警察沙汰になるような深刻なトラブルに発展した事例もあります。
電子マネーは取り扱いが難しく、初心者にとって現金化の難易度が高いという事実も知っておきましょう。

電子マネーの仕組み

電子マネーには支払い方法によりプリペイド型・ポストペイ型・デビット型の3パターンに分類されます。

電子マネーはプリペイド型・ポストペイ型・デビット型で支払いタイミングが異なる
※事前チャージ・後払い・取引直後の3パターンで支払います

電子マネーはそれ自体に決済能力がなく、必ず電子マネーに紐つけた現金・クレジットカード・銀行口座が必要になります。

一般的に電子マネーは事前に現金をチャージして利用するケースが多いですが、この方式で利用する電子マネーをプリペイド型と呼びます。

ポストペイ型は利用料金をクレジットカード・銀行口座から引き落とし、後払いで支払うことができる電子マネーです。

デビット型は利用した時点で決済処理がおこなわれ、電子マネーの料金が即時引き落としされます。
デビット型電子マネーの代名詞だったiDは、現在プリペイド・ポストペイの3パターンの支払いサービスに対応しています。

電子マネーの種類

交通系電子マネー・流通系電子マネー・QRコード系電子マネー・クレジットカード系電子マネーの4パターンで、決済用途に合わせた様々な電子マネーが利用されています。

交通系電子マネーはSuica・PASMOなどが該当し、乗車券・定期券の購入やモバイルアプリと紐つけ、対応する店舗のショッピングにも利用できます。

流通系電子マネーはWAON・nanacoなど、多くのショッピングサイト・実店舗で幅広いユーザーに利用される電子マネーです。

QRコード系電子マネーはメルペイ・au PAYなど、スマートフォンのフリマアプリ・携帯電話会社が提供する関連サービスに付随する電子マネーで、アプリからQRコードを読むことで料金を支払います。

クレジットカード系電子マネーはiD・PASMOなど幅広い電子マネーに対応しており、登録しているクレジットカードから自動的に電子マネーへチャージできます。

電子マネーの詳細を下記にまとめていますので、それぞれの特徴と対応する決済方法を確認してください。

電子マネーの種類 現金化の可否 特徴 カード名 支払い方法
交通系電子マネー 交通機関の料金支払いに利用される ・Suica
・PASMO
・ICOCA
・プリペイド型電子マネー(Suica・PASMO)
・ポストペイ型電子マネー(ICOCA)
流通系電子マネー ショッピングサイト・実店舗で幅広く導入されている ・WAON
・楽天Edy
・nanaco
・WebMoney
・プリペイド型電子マネー(WebMoney・WAON・楽天Edy・nanaco)
QRコード系電子マネー スマートフォンアプリからQRコードを表示させて決済する ・メルペイ
・PayPay
・LINE Pay
・楽天Pay
・au PAY
・プリペイド・ポストペイ型両対応
(メルペイ・PayPay・au PAY・LINE Pay・楽天Pay)
クレジットカード系電子マネー 電子マネー決済にクレジットカードから自動的にチャージ可能 ・PiTaPa
・iD
・PASMO
・WAON
・プリペイド・ポストペイ型両対応
(PiTaPa・iD・PASMO・WAON)
・ビット型電子マネー(iD)

 

現金化できる交通系電子マネー

交通系電子マネーは払い戻し手続きをすることで、事前チャージしている残高を現金化できます。

現金化に対応する交通系電子マネー
①Suica
②PASMO
③ICOCA

交通系電子マネーのモバイルSuicaは一度チャージしてしまうと、原則として解約申請での払い戻しでの現金化になります。
もし現金化後にモバイルSuicaを利用する場合は、解約後に再度契約しなければいけないので注意してください。

退会(払いもどし)は、通信事業者との契約解除前に手続きを行う必要があります。
退会(払いもどし)手続きはスマートフォンからの操作で行うことができます。
払いもどし額のうち、定期券・グリーン券・おトクなきっぷ分は登録済のクレジットカードの口座へ、SF(電子マネー)分は退会手続き時にご指定いただく金融機関口座へ、それぞれ返金します。
複数枚のSuicaをお持ちの場合、最後のSuicaを払いもどすと退会となります。

(引用:JR東日本:モバイルSuica>各種手続き>退会・Suica払いもどし )

基本的にAmazonギフト券は現金での取引になりますが、モバイルSuica限定でAmazonギフト券が購入できるため、買取ショップに売却して現金化することが可能です。

現金化できる流通系電子マネー

流通系電子マネーの現金化は、ショップで商品を購入して売却することで現金化します。

現金化に対応する流通系電子マネー
①WAON
②nanaco
③楽天Edy
④WebMoney

イオンリテール株式会社のWAON・株式会社セブン&アイ・ホールディングスのnanaco・楽天Edy株式会社の楽天Edyなど、ショッピング目的で提供されるキャッシュレスサービスで転売商品を準備します。

nanacoはAmazonギフト券の購入に対応しているため、電子マネーの高換金率を狙うユーザーはnanacoを選択して現金化しているようです。

現金化できるQRコード系電子マネー

近年ではQRコードを利用した決済サービスでも、即日換金に対応する現金化業者が増えています。

現金化に対応するQRコード系電子マネー
①メルペイ
②PayPay
③LINE Pay
④楽天Pay
⑤au PAY

QRコード決済はスマートフォンのアプリを利用して、QRコードを表示させて事前チャージ・後払いで利用料金を支払います。

株式会社メルカリのメルペイ・PayPay株式会社のPayPay・LINE Pay株式会社のLINE Pay・楽天ペイメント株式会社の楽天Pay・auペイメント株式会社のau PAYは、対応する現金化業者・個人転売できるショップも豊富です。

現金化できるクレジットカード系電子マネー

クレジットカードには電子マネーと一体型のタイプがあり、多くの電子マネーにオートチャージして利用します。

現金化に対応するクレジットカード系電子マネー
①nanaco
②楽天Edy
③WAON
④Suica
⑤PASMO
⑥QUICPay
⑦PiTaPa
⑧iD

クレジットカードに電子マネーの機能を付与した一体型サービスは、多くの種類の電子マネーに対応しています。
転売での現金化以外にも、クレジットカード自体にキャッシング機能が付与されている場合、利用限度額までの現金を引き出せます。

電子マネー現金化とクレジットカード現金化の違い

電子マネー現金化とクレジットカード現金化は、換金に必要な商品を購入するまでのプロセスが違います

電子マネーの現金化
①基本的に事前チャージ後に商品を購入して換金
※後払い対応の電子マネーは事前チャージ不要
②解約してチャージ残高を払い戻して現金化

メルペイスマート払い・iD払いなど一部の後払いに対応するポストペイ型・デビット型以外、電子マネーの現金化は現金として事前にチャージする必要があります。

クレジットカードの現金化
①キャッシング枠を利用した出金
②利用限度額までの商品を購入して換金

対してクレジットカードの現金化では付帯するキャッシング枠での一時的な現金の出金や、契約時に決められた利用限度額を利用して現金化します。

Amazonギフト券購入のしやすさを考慮すれば、電子マネーの現金化はクレジットカードに比べて難易度が高いといえるでしょう。

電子マネーを現金化する時の注意点

電子マネーの現金化は必ずリスク・デメリットが発生するので注意してください。

電子マネーの現金化である程度の現金を希望する場合、事前チャージ型ではなくポストペイ型電子マネーで現金化します。
ポストペイ型電子マネーは後払いが使えるので転売用の商品を準備できますが、事前チャージ型はチャージ残高がなければ個人転売ができないため、少額の払い戻しに限られてしまいます。

電子マネーの現金化サービスと称して近づいてくる業者には、反社会的勢力が運営する悪質業者が紛れているかもしれません。
一度契約してしまうと電子マネーの現金化に失敗するだけでなく、安全な社会生活に悪影響を及ぼすような事態になるため大変危険です。

電子マネーを利用した現金化は法律上問題はないものの、電子マネーと提携する決済サービスの利用規約に違反するケースが多くあります。
便利な決済サービスの利用ができなくなるペナルティを受ける前に、根本的なお金の準備方法として消費者金融カードローンを活用しましょう。

事前チャージ型よりポストペイ型電子マネーの方が現金化向き

効率良い電子マネーの現金化を実現させるためには、事前チャージ型ではなくポストペイ型電子マネーを使う方が良いでしょう。

現金化に有利なポストペイ型電子マネーで換金する
※事前チャージ型は電子マネーの現金化でおすすめできません

ポストペイ型電子マネーは事前チャージ型と比較して、現金化に必要な商品の購入資金を後払いできるメリットがあります

ポストペイ型電子マネーの利点
①事前チャージ不要で現金化できる
②クレジットカード・銀行口座・携帯料金合算などから後払い可能

クレジットカードを契約していないユーザーでも、PayPayクレジット(旧あと払い)・メルペイスマート払いなどの後払いサービスを利用すれば、お金がない状態でも電子マネーの現金化ができます。(メルペイスマート払いの限度額が下がったのはなぜ?原因や対策・上がるタイミング等解説)

後払いの支払い期日は利用する決済サービスによって違いますが、滞納さえ起こさなければ今すぐ電子マネーで商品を購入できるのです。

これに対して事前チャージ型の現金化はチャージ残高がなければ商品を購入できないため、最終手段として払い戻しで手数料を負担して現金化しなければいけません

電子マネーを現金化してくれる業者には注意が必要

電子マネーの現金化を希望するユーザーをターゲットにした、悪質な現金化業者が存在します

悪質な電子マネー現金化業者が存在するので注意
※犯罪被害や電子マネーの現金化に失敗するリスクがあります

電子マネーの現金化には必ずリスクが生じます

これは優良現金化業者を利用した場合も例外ではなく、換金率や手数料が差し引かれるとい金銭的なデメリットも含まれます。
すべての現金化業者が安全という保証はなく、犯罪者の利益のために電子マネーの現金化が利用されてしまう事例も少なくありません。

俄かに信じられないことかもしれませんが、事前に提示された金額を換金しない・強制的に取引がキャンセルされる・個人情報が裏で収集されるなど、犯罪紛いの現金化サービスで利用者を苦しめます。

どうしても現金化に電子マネーを選ぶ場合は、「自分が犯罪に巻き込まれるかもしれない」という危機感をもって、利用する現金化業者選びは慎重におこないましょう。

現金化がバレると規約違反で利用停止となりリスクが高い

電子マネーの現金化は利用規約に違反する行為と判断される可能性が極めて高く、バレると利用停止のペナルティを受けます。

電子マネーの現金化は規約違反のペナルティを受ける
※電子マネーが利用停止になるリスクが高くなります

インターネットで現金化を肯定する記事を熟読すると、「法律上問題ないから現金化しても大丈夫です」という内容が散見されます。

確かに電子マネーの現金化を裁く法律はありませんが、この事実は「現金化がバレたときの言い訳」にはなりません
自分が利用する電子マネーの利用規約・提携する決済サービスの利用規約を確認すれば、現金化がどれだけ危険な行為か理解することができるでしょう。

リスクを犯して電子マネーを現金化するより、視野を広げて消費者金融カードローンでお金を借りることも検討してみると良いでしょう。

電子マネー現金化でよくある質問

電子マネーの現金化は違法ですか?

電子マネーを現金化しても法律上は違法になりません
しかし世間的には限りなくグレーな行為となり、利用規約で禁止されているケースがほとんどです。
「法律で合法でも社会的に悪」と見做されることになるため、電子マネーの現金化はおすすめできません。
直接的に電子マネーの現金化を取り締まる法律はありませんが、それに付随する間接的な法律違反に該当してしまう可能性もあるので注意してください。

電子マネーの現金化は業者を使わず自分でできますか?

電子マネーの現金化は自分だけでもできます
ただしクレジットカードに比べて現金化が難しく、個人転売では電子マネーの換金まで時間が必要になるかもしれません。
また電子マネーの種類によっては現金化に失敗したり、取引が禁止されているチャージ済みの電子マネーカードをフリマサイトに出品してしまうと、ペナルティを受けることになるので気を付けてください。

電子マネーの現金化は即日できますか?

電子マネーは即日現金化可能です
選択する電子マネーの種類により現金化スピードは変わりますが、出来る限り早く電子マネーを現金化する場合は、自分で現金化するより専門の業者に依頼する方が確実です
これは個人・業者間を比較した換金スピードを考えたときのお話であり、前提として電子マネーを現金化する行為を推奨している訳ではありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA