低金利でお金を借りる方法!できるだけ安い金利で借りたいならどこがいい?

キャッシングの際に一番気になるのは、金利の高さではないでしょうか。

金利が安ければそれだけで利息が減り、返済負担が軽減されます。

お金は借りたら終わりではなく、借りた後は長い返済生活が待っていますので、審査の通りやすさだけではなく金利の安さにも注目して、キャッシングサービスを選択する必要があります。

低金利でお金を借りる時の金融機関や、カードローン以外でお得にお金借りる方法をまとめました。

できるだけ金利を低く借りる方法を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

先読み【目次】>>

カードローンが低金利で借りられるのはどこ?

カードローンは借りる金融機関によって金利の差が大きいため、無計画に借りてしまうと利息が膨らんで返済に苦労することにもなりかねません。

そこで、金利ができるだけ低く借りられるために、代表的なカードローンを紹介しますので参考にしてください。

銀行カードローン

銀行が提供しているローンサービスやカードローンであれば、消費者金融と比較すると上限金利が安く設定されています。

また、銀行が取り扱いをしているため、安心感もあります。

即日融資が可能な大手消費者金融と違い、審査に日数を要してしまうデメリットもありますが、金利を重視したい人は銀行カードローンを中心に検討してみましょう。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、三菱UFJ銀行に口座を持っていない人でも申し込みが可能で、インターネット環境があればスマホやパソコンで24時間いつでも手続きがすすめられます。

また、セブン銀行やローソン銀行といったコンビニATMでの借り入れや、返済が手数料無料でありますので利便性が高い商品です。

商品名三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
利用限度額10万円~500万円
金利年1.8%~14.6%

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは普通預金口座不要、窓口への来店なしで申し込みが完了します。

三井住友銀行以外の提携ATMも多く、特にゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネットのATMであれば、何度利用しても手数料は一切かかりません。

また、すでに三井住友銀行の普通預金を開設済みであれば、キャッシュカードで借り入れが可能になるサービスも行っています。

商品名三井住友銀行カードローン
利用限度額10万円~800万円
金利年1.5%~14.5%

楽天銀行スーパーローン

総量規制を遵守しなければならない消費者金融の場合、収入のない専業主婦は申し込むことができません。

しかし楽天銀行スーパーローンであれば、専業主婦であっても配偶者に安定収入があれば、申し込みが可能です。

収入がない・お金がない専業主婦の人は、楽天銀行スーパーローンを検討してみましょう。
ただし、配偶者の同意が必要になりますので、しっかりと配偶者に説明をして同意を得てください。

商品名楽天銀行スーパーローン
利用限度額800万円(10万円単位で選択)
※専業主婦は50万円まで
金利1.9%~14.5%

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンは、住宅ローンや給与振り込みを利用している人に限り、店頭金利よりも年0.5%の金利引き下げの特典を得られます。

普通預金の口座を開設していれば、りそなキャッシュカードで借り入れ・返済ができますので、新たなローンカードを発行してもらう必要がありません。

普段からりそな銀行を利用している人にとっては、使い勝手が良い商品ですね。

商品名りそなプレミアムカードローン
利用限度額10万円~800万円
金利年3.5%~13.5%

ろうきんカードローン

ろうきんカードローンは労働組合や生協に加入している人だけでなく、条件を満たせば普通の銀行と同じように申し込みが可能です。

結果が出るまでに時間がかかるというデメリットはありますが、上限金利が非常に安く設定されており取引条件により金利の引き下げが可能になります。

地域によってカードローンの金利や申し込み方法が異なりますので、気になる人は居住地のろうきんのホームページを確認してください。

今回は例として中央ろうきんマイプランの概要を紹介します。

商品名中央ろうきん(マイプラン)
利用限度額500万円(所属会員により異なる)
※一般勤労者は100万円まで
金利団体会員の構成員…年3.875%~7.075%
生協会員の組合員および同一生計家族…年4.055%~7.255%
一般勤労者…年5.275%~8.475%

JAバンクのカードローン

JAバンクは農業従事者がよく利用するのですが、農業をしていない人でも利用可能で、カードローンは非常に安い上限金利が設定されています。

地域ごとに独自のサービスを展開しているので、利用するJAによってはさらにお得に借りられる可能性があります。

勤務状況に問題がなく、融資を急いでいないという人は、JAバンクのカードローンも検討してみましょう。

貸付条件や金利、限度額といった商品概要は地域ごとのJAバンクによって大きく異なりますので、よく確認してから申し込むようにしてください。

今回は一例として、JAしまねのJAカードローン「ぷらん」を紹介します。

商品名JAしまね JAカードローン「ぷらん」
利用限度額10万円以上50万円以内とし10万円単位とする
金利年7.1%~年7.8%(条件を満たせば引き下げあり)

信用金庫・信用組合のカードローン

Webですべて完結できるメガバンクや大手消費者金融と比べて、信用金庫や信用組合のカードローンはどうしても利便性が悪い面もありますが、普段から信金、信組と付き合いがある人は金利面での優遇があります。

また、信用組合の多くはセブン銀行ATMで利用するのと、手数料がかかりませんので、便利なカードローンと言えます。

近くに信用金庫・信用組合がある場合は、カードローンの取り扱いがあるか、金利はいくらか確認してください。

今回は一例として、東京信用金庫のカードローンJOYを紹介します。

商品名東京信用金庫カードローンJOY
利用限度額10万円~100万円(4種類のコースあり)
金利年11.5%

消費者金融も無利息サービスを上手く使えば金利を安くできる

金利面を見ると、消費者金融と比べると銀行が低いのですが、貸付条件が厳しく設定されている傾向にあります。

そのため、銀行などでは申し込めないという人は、消費者金融を中心に検討してください。

消費者金融でも無利息サービスを上手く利用すればお得に借りることも可能です。

大手消費者金融の無利息サービスとは?

プロミスやアイフルなど大手消費者金融では、無利息サービスを提供しています。

無利息サービスは初回契約に限られ、無利息になる期間も決まっていますが、すぐに返済できる見込みがあれば、利息がタダになるメリットは大きいです。

大手消費者金融の中でも特に特徴的なサービスを行っている、プロミスレイクALSAを紹介します。

プロミスの無利息サービスとポイントサービス

プロミスでは無利息サービスに加え、ポイントサービスも行っています。

プロミスの30日間無利息サービスを利用するためには、次の2つの条件を満たす必要があります。

  • はじめてプロミスと契約する
  • メールアドレスを登録のうえWeb明細サービスを利用する

自動的に無利息期間が適用になるわけではないので、契約後は忘れずWeb明細の手続きをしてください。

また、プロミスポイントサービスはサービスの利用に応じて、ポイントが貯められるサービスです。

貯まったポイントは一定期間の提携ATM手数料無料サービスや、無利息サービスと交換可能です。

なお、ポイントの貯め方はプロミスからのお知らせを確認するものから、所得証明書を提出するといった方法があります。

レイクALSAの豊富な無利息サービス

レイクALSAは①、②いずれかの無利息期間サービスを選択することが可能です。

① 60日間利息0円
Web申し込み限定で、レイクALSAを初めて利用し契約額が1万円から200万円の場合、契約日の翌日から60日間借入額全額に対する利息が0円になる

② 180日間利息0円
レイクALSAの利用が初めてで、契約額が1万円から200万円という条件を満たせば借入額のうち5万円分に対する利息が180日間0円になる。(関連:1・2・3万円借りるなら)

自分にとって①②どちらがお得なのかなかなか判断ができない場合、レイクALSAの公式サイトでシミュレーションできますのでチェックしてください。

そもそも「金利」ってなに?「利息」とはどう違うの?

ローン商品では必ず「金利」という言葉を使いますが、そもそも「金利」とは何かについて解説していきます。

また、よく似た言葉で「利息」というものがありますが、「金利」と「利息」の厳密な違いを理解している人は少ないかもしれません。

お得にお金を借りるためにも金利と利息の違いを理解し、返済計画を立てるヒントにしてください。

金利と利息の違い

金利」は「利息」を計算するときの「割合」を指しています。

たとえば10万円を借りて、1年後に105,000円で返済すると金利は5.0%となります

利息」は「金利」を基に計算された金額のことを言います。

先ほどと同じ10万円の例であれば、元金である10万円を指し引いた5,000円が利息となります。

利息が増えるのはどんなとき?

利息返済期間が長くなればなるほど、どんどん膨らんでいきます。

特に毎月の返済額を少なくした場合、返済期間が長くなってしまい、いくら金利が低くても利息が膨らんで元金がなかなか減っていきません。

たとえば10万円を金利18.0%で借りた場合、1年で完済したパターン3年で完済したパターンでは次のような返済額となります。

<1年で完済>

返済回数毎月の返済額元金利息返済額合計
12回9,167円100,000円10,011円110,011円

<3年で完済>

返済回数毎月の返済額元金利息返済額合計
36回3,615円100,000円30,130円130,130円

このように借りる金額や金利が同じでも、返済期間が違えば利息にこれだけの差が生じます。

利息の負担を軽くしお得に返済したいのであれば、約定返済だけでなく繰り上げ返済も積極的に行っていきましょう。

カードローンの利息の計算方法を紹介

カードローンの利息は、次の方法で計算されます。

借入残高×金利÷365日×借入日数
※うるう年の場合は366日で計算

たとえば20万円を15.0%の金利で10日間借りた場合の利息は次の通りです。

20万円×15.0%÷365日×10日=821円

自分で利息の計算ができなくても、大手消費者金融の公式サイトなどを利用すれば簡単に返済シミュレーションができますので、借りる前は確認をして計画的に返済してください。

カードローンを選ぶときは金利以外も確認しよう

カードローンを選ぶ際のチェックポイントは、金利だけではありません。

審査のスピード借り入れ・返済のしやすさ返済計画の立てやすさも大切です。

次にカードローン会社を選ぶ際に確認しておきたいポイントを具体的に紹介します。

審査時間

銀行はたとえメガバンクであっても、当日中に融資を受けることはできません。

銀行カードローンは最も早いところでも「翌営業日」の融資実行になります。

また、銀行のフリーローン目的ローンは、カードローンよりも金利が安いというメリットはありますが、審査時間がさらにかかる傾向にあります。

スピードを重視したいのであれば、土日も含め最短即日融資に対応している消費者金融を選択しましょう。

特に大手消費者金融は早ければ、1時間程度で借りられる可能性もあります。

借入・返済方法

契約後の借りやすさ返済しやすさも非常に大切なポイントです。

提携ATMが多い、ネットでの振り込みに対応しているなど、借り入れや返済方法の選択肢が多いほど利便性は高くなります。

特に返済に関しては選択肢が少ないと、返済の忘れにつながり無駄な利息を支払うことになりかねません。

自宅や職場近くにATMや提携ATMはあるのか自宅からでも24時間借り入れ、返済ができるのかなどは最低限チェックしておきたい項目です。

毎月の最低返済額

カードローンは毎月の「最低返済額」が決まっています。

最低返済額は貸金業者によって違うため、毎月自分に払える金額なのか借り入れ前に把握してください。

例としてアコムレイクALSAの最低返済額を紹介しておきます。

同じ金額を同じ金利で借りたとしても、最低返済額に1,000円差があることが分かります。

◆10万円を年率18.0%で借りた場合の最低返済額

アコム(借入限度額も10万円)レイクALSA
5,000円4,000円

また、最低返済額が少ない場合、返済期間が長期化するので結果的に返済額が大きくなってしまいますので、余裕があるときは最低返済額以上を返済することが大切です。

 

ATM利用手数料

提携ATM手数料は借入時だけでなく返済時も発生するため、しっかりと節約していきたいポイントです。

メガバンクなどの銀行はコンビニATM手数料が無料のところも多く、わざわざ遠い銀行ATMまで行く必要はありません。

消費者金融の場合、自社ATMは手数料無料でも、コンビニ等の提携ATMは所定の手数料がかかる場合が多いので、利用前に手数料がかからない借入・返済方法も確認しておくようにしてください。

カードローン以外で、低金利で借りる方法

お金を借りるのが目的であれば、カードローンだけにこだわる必要はありません。

銀行にはカードローン以外の商品も豊富ですし、その他様々な貸付制度も存在します。

ここでは、カードローン以外で低金利を利用できる代表的な商品や貸付制度を紹介します。

銀行のフリーローン

銀行のフリーローンは銀行カードローンより金利を抑えつつも、お金の使い道を問わないという特徴を持つ商品です。

証書貸付と言って契約後まとまったお金を、一括で借り入れる商品です。

そのため、借りた後は返済のみとなっていて追加融資ができないため、新たな借金を防げるメリットがあります。

限度額内で繰り返し出し入れしたいという人には不向きですが、まとまったお金を低金利で借りたいのであればフリーローンをおすすめします。

銀行の目的ローン

車を買いたい子どもの教育資金に充てたいなど、目的のある借り入れであれば銀行の目的ローンがおすすめです。

資金使途が制限される分フリーローンよりもさらに金利が抑えられ、上限金利が5.0%を切る商品も多いです。

目的ローンの申し込みをする際には、見積書や請求書などお金の使い道を証明できる書類の準備が必要ですが、使い道が明確に決まっているのなら目的ローンを利用することをおすすめします。

生命保険の契約者貸付

生命保険契約には解約返戻金を担保に、保険会社からお金を融資してもらう契約者貸付制度というものが存在します。

借りられる金額は解約返戻金を基にした範囲内になりますので、解約返戻金が大きい契約程、多く借りられます。

金利は契約時期や保険会社にもよりますが、2.0%~8.0%程度と低金利で上限額の範囲内であれば保険契約を維持しつつ何度でも借り入れできます。

ただし契約者貸付制度は解約返戻金を担保に借り入れる制度ですので、医療保険といった掛け捨ての保険契約では利用できません。

また利息が膨らみ、元利金が解約返戻金を超えてしまうと、保険契約が失効してしまうため注意が必要です。

ゆうちょ銀行の自動貸付

ゆうちょ銀行の総合口座に担保定期貯金や、担保定額貯金を入金しているのであれば、貯金担保自動貸付が利用できます。

貯金担保自動貸付とは預金残高以上の払い戻し請求があったときに、その不足額を自動的に貸し付けてくれる商品です。

融資額は担保になっている定期貯金や定額貯金の90%以内、かつ1冊の総合口座通帳につき300万円までです。

貸付期間は貸付日から2年間で、返済は通常貯金に元利金を入金すれば自動的に処理してくれます。

自動貸付けにかかる金利は以下のようになっています。

  • 担保定期貯金…預入時の約定金利(%)+0.5%
  • 担保定額貯金…返済時の約定金利(%)+0.25%

約定金利とはゆうちょ銀行の定期貯金金利のことを指しており、定額貯金をしたときの金利を基に計算されます。

自動継続されているものは、最新の自動継続後の金利になります。

契約したときの現在(2021年3月)の約定金利は0.002%となっていますので、1.0%以下でお金を借りられることになりますね。

具体的な数字で見ると、担保定期貯金が0.502%、担保定額貯金は0.252%という超低金利で借り入れが可能です。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金借りる関連ページ

年金担保貸付

年金担保貸付とは、公的年金の受給権を担保に融資を行う貸付制度です。

医療、介護、生活必需品購入などの支出のために一時的な小口資金が必要な場合に年利2.8%という低金利で利用可能です。

利用条件としては国民年金証書や、厚生年金保険証書などの年金証書を持っていて、現在年金の支払いを受けている人です。

なお、返済が終わるまでの期間は、年金の受取額から差し引きされてしまいますので、よく考えてから利用するようにしましょう。

公務員なら共済貸付

公務員として働いているのであれば、共済貸付が利用できます。

共済貸付は金利が1.26%と低く、高額医療費貸付や出産貸し付けに関しては無利息で借りられます。

また、毎月の給与や退職金が安定している公務員は貸し倒れリスクが低いため、銀行カードローンや消費者金融に比べて厳しい審査基準もありません。

ただし共済貸付は資金使途に制限があり、お金の使い道の書類を提出する必要があります。

条件が合えば公的制度も利用しよう

病気や失業、新型コロナウィルスの影響などで、生活が立ち行かなくなってしまったという人は公的貸付制度を利用できる可能性があります。

利用できる人が限られる、融資実行までに時間がかかるといったデメリットはありますが、無利息もしくは超低金利で借りられるため、上手く活用できれば生活の立て直しが可能になります。

福祉資金

福祉資金の福祉費貸付とは低所得者世帯障害者世帯高齢者世帯に対し貸付と相談支援を通して生活立て直しのサポートを行う制度です。

福祉費貸付は資金使途によって貸付条件や基準が異なっており、どんな目的でも使える借り入れというわけではありません。

そのため必要要件が多く、審査も厳しく行われます。

条件は厳しいのですが、保証人ありなら無利子、保証人なしでも年1.5%と低金利で借り入れ可能です。

また、完済まで民生委員が継続的に、生活の相談支援を行ってくれます。

気になる人は各市町村の、社会福祉協議会に相談してください。

緊急小口資金

緊急小口資金とは低所得者世帯が緊急的、かつ一時的に生計維持が困難になった場合に、少額の貸付を行う上限額10万円の制度です。

緊急小口資金は保証人不要の無利子で借りられ、融資実行まで2週間程度と他の公的制度よりもスピーディーにお金を受け取ることができます。

総合支援資金

総合支援資金とは離職や減収によって、日常生活に困難を抱えた世帯を立て直すために相談支援や貸付を継続的に行う制度です。

総合支援資金は、保証人ありの場合が無利子、保証人がいない場合は年1.5%の貸付金利となります。

総合支援資金の貸付上限額は2人以上の世帯が月20万円以内、単身は月15万円以内で
貸付期間は原則3ヶ月以内です。

各市町村の社会福祉協議会で相談してください。

なるべく利息を抑えてお金を借りるには?

様々な貸し付けサービスや公的貸付制度を紹介しましたが、消費者金融や銀行カードローンは金利が10.0%以上かかることがほとんどですので、利息ばかり支払って借入残高が減らないということは避けたいものです。

そこで、利息を抑えてお金を借りるための方法や、利用したいサービスなどについて紹介します。

繰り上げ返済で早めに完済を目指す

毎月支払う約定返済だけでなく、余裕があるときは繰り上げ返済を行って一日も早い完済を目指しましょう

同じ金利でも、返済期間を短縮することが利息の節約につながります。

「毎月の約定返済だけで大変だ」という人は今一度、レシートを見直して無駄な支出はなかったか振り返ってください。

また、保険やスマホなどの固定費の見直しをするだけでも、家計の状況がぐんと改善します。

無利息期間サービスを上手に利用する

無利息期間サービスは大手消費者金融の多くが行っているサービスとして有名ですが、実は銀行カードローンの一部でも行っています。

たとえばPayPay銀行では初回借入日の翌日から30日間ひめぎんクイックカードローンは契約日の翌日から30日間の無利息期間サービスを行っています。

無利息の期間に完済してしまえば、自動貸し付けサービスや公的貸付制度よりもお得に借りられることになりますので、無利息期間の有無は必ずチェックしてください。

借り換えも検討しよう

利息を抑えるためには、現在よりも低い金利の金融機関に借り換えも検討してみましょう。

今消費者金融で借りているのであれば、銀行カードローンなどより低い金利のカードローンへ借り換えすることで利息を抑えることができます。

金利面だけでなく、返済方法が豊富などサービス面も充実した金融機関先へ借換えが成功すれば、今よりももっと返済がスムーズになります。

ただし、審査落ちすれば個人信用情報に申し込み履歴が残りますので、借換えをする場合はこのようなデメリットも認識してください。

複数社からの借入がある人はおまとめローンも検討しよう

複数社からの借り入れがある場合は、借り入れを一社にまとめるおまとめローンも検討してみましょう。

借金をまとめることで毎月の返済負担軽減が見込めますし、返済日が統一されるので返済管理も楽になります。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを一本化するサービスです。

利息制限法により、貸付金額が大きくなるほど貸金業者が設定できる金利の上限は引き下げられますので、少額を複数社で借りるよりも、一本にまとめて返済額を大きくする方が返済負担を軽減することができます。

貸付金額上限金利
10万円未満年20%
10万円以上100万円未満年18%
100万円以上年15%

つまり3社から金利18%でそれぞれ50万円借りている場合、おまとめローンを使って一本化することで借入金額が150万円となり、金利を15.0%以下へ引き下げられる可能性があります。

また、これまで複数に分かれていた返済日も月に1度となるため、返済管理が格段に楽になるでしょう。

おまとめローン利用時の注意点

おまとめローンには利用前に知っておきたい注意点があります。

まず、いくらおまとめローンを利用したとしても、現状よりも高い金利のところでまとめてしまうと結果的に負担が重くなってしまいます。

銀行カードローンなど低金利で現在借りられている場合は、そのままの状態で返済を続けるとメリットが大きいかもしれません。

また、金利の引き下げに成功しても、毎月の約定返済額を減らしてしまうと返済期間が延び、結果的に返済総額が増えてしまう可能性があります。

おまとめローンは返済負担を軽くして完済を目指すための商品です。せっかくおまとめに成功したのであれば、返済計画を見直してスムーズに完済していきましょう。

まとめ

お金を借りる方法には様々な方法があり、サービスや制度を知ればもっと低金利で借りられる可能性もあります。

安易に「早く借りたいから」と高い金利のところで借りるのではなくじっくり比較検討することが大切です。

また、いくら低金利で借りられたとしても最低限の約定返済だけではなかなか借金は完済できません。
余裕があるときには繰り上げ返済をするなど、早めの完済を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA