紀陽銀行カードローンプラスの審査・金利や増額・返済方法や口コミ・評判等を解説

今すぐお金を借りたい」となった時に便利なのがカードローンです。

紀陽銀行が近くににある和歌山県や大阪府、奈良県に住んでいる、通勤している人にとっては、メリットがある銀行カードローンですので、今すぐお金が必要になった時には、紀陽銀行カードローン金利審査返済方法など、わかっておいたら便利なことをまとめて解説していきます。

この記事でわかること
  • 紀陽銀行カードローンプラスは普通口座がなくてもOK
  • 紀陽銀行カードローンはWEB完結もできる
  • 紀陽銀行カードローンはキャッシュカード一体型
  • 紀陽銀行カードローンプラスは年金受給者も可
  • 紀陽銀行カードローンの限度額は800万円
  • 紀陽銀行カードローンには自動融資機能が付帯

紀陽銀行カードローンの申込み条件と金利

紀陽銀行のカードローンは「カードローン+(プラス)」という商品名です。

カードローン専用のカードというものはなくキャッシュカードに機能をプラスして一体化しているので、カードの枚数が増えずに便利です。

申込条件満20歳以上65歳未満
安定継続した収入が有る方
金利年3.8%~14.9%
借入限度額10万円~800万円
申込方法ネット、電話・FAX・窓口
融資までのスピード最短1日
返済方法振込、口座引落
収入証明書の有無不要
取引手数料

借り入れ対応地域はどこ?

紀陽銀行カードローンの利用条件にもある「お住まいまたはご勤務先の所在地が当行本支店(東京支店を除く)の営業地域内」ということになっています。

本支店があるのは、和歌山県、大阪府、奈良県なのでこの地域に住所があるか、もしくは職場がある人ということになります。

どこでカードローンを申し込むか検討するときに対応地域の確認はとても重要です。

申込み方法

365日24時間申込み可能なWEB申込みをはじめ、通話料無料の紀陽銀行ローンダイレクト(0120-600-964)、FAX(073-426-5666)、銀行窓口で対面での申込みなど、やりやすい方法を選ぶことができます。

WEB申込みとFAX申込みは24時間受付ができますが、電話は平日の9:00~21:00、土日祝の9:00~17:00となっていますので時間には気を付けておきます。

来店不要(ネット完結(Web))でお金を借りる関連ページ

必要書類

紀陽銀行カードローンプラスの契約には、本人確認書類が必要です。本人確認書類というのは、運転免許証健康保険証、パスポートのことを指します。

審査結果によっては、収入を証明しなければいけなくなることもあり、その時には、住民課税証明証源泉徴収票などを提出することになります。

自動融資で安心

口座にお金がなかった時には自動融資から自動でお金を貸してくれる機能がついているので、安心です。うっかりお金が足りなくてもあわてなくて大丈夫なのです。

利息はついてしまうので、借りたお金は次の給料日には返済ができるようにしておきたいものです。

契約社員・派遣社員の申込みは

紀陽銀行カードローンの利用条件には、安定継続した収入のあるというものがあります。契約社員だとか派遣社員だとかは関係がなく利用条件はクリアです。使い道は自由です。

契約社員や派遣社員は時給や月給や年俸制などいろいろな給与体系があるかと思いますが、その年収に関わらず借入れ金額が決まりますので、希望額通りにはいかないかもしれませんが、借入はできますので申込みをしてみるといいです。

パート・アルバイトの申込みは

紀陽銀行カードローンの利用条件に、定継続した収入のあるというものがあります。パートアルバイトだったとしても利用条件はクリアです。使い道は自由です。

パートやアルバイトは、年収でみれば低くなってしまうのかもしれませんが、その年収に応じた借入れ金額が決まりますので、希望額は通らないかもしれませんが、借入はできますので相談をしてみるといいです。

そのパート先やアルバイト先での勤務年数が多いほど、信用度もあがります。

未成年・学生の申込みはできる?

紀陽銀行カードローンに未成年学生の方が申込みをしようとした場合どうなるでしょうか。年齢が20歳以上だったしても、学生の申込みはできないことになっていますので、利用できません。未成年はもちろん、銀行からお金を借りることはできません。

未成年や学生の時にまとまった融資が必要となった時には、成人である両親や親戚に頼った方がよいでしょう。または、学生専用のローンを探してみるとか、奨学金に申し込んでお金を借りるという方が現実的です。

高齢者や年金生活者が申込みするなら

紀陽銀行カードローンの利用条件にも年齢制限上限があります。紀陽銀行の場合は、65歳なのでその年齢までに申込みをするのであれば利用が可能です。高齢者、65歳を超えてしまってからの借入れは難しくなってきます。

また、年金収入にがある場合での借入れ申込みがOKとなっていますので、年金受給者もお金を借りることができることになっています。

専業主婦・専業主夫の申込みできる?

紀陽銀行カードローンに専業主婦(主夫)の方は申込みができるのでしょうか。

紀陽銀行カードローンプラスでは専業主婦(主夫)であったとしても申込みをすることができます。ただし、配偶者に収入があることが必須です。旦那さんに内緒でお金を借りたいと思ったいてもそれではお金を借りることは、難しいです。奥さんに秘密の借入れもできません。

そして、申し込み後の審査でOKだったとしても利用限度額が決まっていて、50万円以内までしか借りることができません。

キャッシングが初めての人の申込みは?

カードローンでお金を借りるのが初めての方、キャッシングはまだしたことがない方にとっては、不安なことも多いかと思いますが、初めての申込みでも簡単で便利でそんなに難しいことはありませんので安心してください。

わからないことを解決しながら進めたいなと持ったら、電話での申込みもOKなので、聞きながら申込みができます。

WEB限定ではありますが、新規の申込みだったら、キャッシュバックキャンペーンもありますので、利息の心配もなくお金を借りることができます。

女性の申込みは可能なのか?

女性の方の申込みも多いので、安心して申込みができます。消費者金融のカードローンではレディースローンという女性専用のカードローンもありますが、紀陽銀行カードローンには特別に女性専用ではありません。

銀行窓口でわからないことを聞きながらの申込みもできますし、ネットからの申込みであれば、誰にもバレずに内緒でも大丈夫です。いろんな申込み方法があるので、やりやすい方法を選ぶといいです。

無職やニートの状態での申込みは?

無職やニートで紀陽銀行カードローンに申込みをするのは、おすすめできません。収入があることが利用条件にありますので、稼いでいないとなると返済ができません。アルバイトでもパートでもかまわないので、収入があるということを証明できないことには融資はしてもらえないです。

継続した収入である必要もありますので、単発や日雇いではなく、最低でも3ヶ月から半年くらいは仕事に就いてからの申込みをなります。

無職でお金を借りるならどういう方法がある?

ブラックだったら申込みは可能なのか?

ブラックだとしたら、紀陽銀行カードローンプラスの申込みはできるのかどうかと不安な方もあるかもしれません。申込みの時点では、ブラックだとは言わなくても、知らないフリをしてもできるかもしれません。

しかし、審査の段階で信用情報を調べれば、ブラックであるということはすぐにわかります。

ブラックを隠して申込みをしたら、「ブラックだとわかっていて申込みをした」と判断されて、ますます審査に通るのは難しくなるでしょう。

ブラックの履歴は5年は残りますから、5年以上たって履歴がない状態で申込みをするか、ブラックであっても今の収入状況から判断をして融資をしてくれる消費者金融カードローンでの申込みをするほうが借りれる確率は上がります。

即日融資可能か?

銀行カードローンでの即日融資は、原則できません。

紀陽銀行カードローンも同じで即日融資は難しいです。今すぐお金を借りたい時には、大手や中小消費者金融での借入れの方が借りやすいです。(関連:プロミスアイフル)

銀行は低金利なことがメリットとして大きいですが、消費者金融も無利息期間がある場合もあるので、うまく活用すれば、金利も抑えられておすすめです。(関連:低金利でお金を借りるには)

土日・祝日でも借りられるか?

紀陽銀行カードローンプラスの契約ができている方にとっては、土日・祝日の休日は関係なくお金を借りることができます。土曜日でも日曜日でも祝日でも銀行が開いていない時間でも、借りることができます。

近くにコンビニATMを利用することで、いつものようにお金を引き出せます。

ですが、申込状態で契約までできていない状態で土曜日にお金を借りたいとなると、銀行カードローンでは難しいところが多いです。銀行の審査は、平日の営業時間内に行われますので、申込みはいつでもできるのですが、審査結果は翌営業日となりますので、土曜日や日曜日に申込みをした場合には、月曜日以降の借入れとなってしまいます。

土曜・日曜・祝日の休日に即日お金を借りる関連ページ

遊びのお金でも借りられる?

紀陽銀行カードローンプラスの借入れ目的は、自由です。事業性資金としては使えませんが、他の目的で使用するにあたっては範囲はありません。レジャーや旅行であっても、パチンコや競馬や宝くじなどの遊びであっても関係ありません。

返済ができることが大前提ではありますので、計画的な利用で借入れをすることが大事です。

紀陽銀行カードローンの審査

紀陽銀行の審査が厳しいのではないかと不安に思われている方もいるかもしれません。あまり考えすぎるのもよくありません。銀行の審査はどこもあまり変わりません。銀行だけでなく審査のプロである保証会社の審査もありますので、ごまかしたりしてもすぐわかってしまうので、あまりくよくよ考えずに現状を伝えた方がよいです。

審査時間は?

審査時間を厳密には決まっていないです。最短でも翌営業日になると思っておいたほ方がよいでしょう。銀行は特に即日融資はできないので、時間的に余裕を持って申し込んだ方がよいでしょう。

また、その日の申し込み状況や審査状況によっても審査時間は変わってくることがあります。

審査結果はどこに届く?

審査結果は、申し込みの時に指定することができて便利です。「自宅」「携帯電話・スマホ」「勤務先」のうちから選ぶことになります。

家族バレや同僚にバレるのを防ぐためには自分のケータイにかかってくるようにするのが一番無難です。

在籍確認は必ずある

審査にとって、時間がかかる要因として在籍確認がすんなりいかないというものがあります。

在籍確認というのは、勤務先に本当に勤務実態があるのかどうか、電話をして確認をすることです。わざわざ職場への電話なんて面倒だなと思ってしまうところですが、これは、避けられない確認事項です。(関連:プロミスの在籍確認アコムの在籍確認)

申込者本人が電話対応をする必要はなく、会社の人が「ただいま、席を外しております。」などの対応でもあれば、在籍確認はクリアとなります。

平日に定休日がある、夜間での仕事なので電話対応ができないなど、電話での在籍確認が難しいと思った場合には、他の書類で在籍確認をしてくれる場合もありますので、一度相談してみましょう。

保証会社は?

紀陽銀行カードローンの保証会社は3社あります。

  • 阪和信用保証会社株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • アイフル株式会社

です。保証会社が審査をして、保証をしてくれるので、保証人を付ける必要はなくなりますし、担保の準備も必要なくなります。

 

紀陽銀行カードローンプラスの返済方法

紀陽銀行カードローンの返済するときには、紀陽銀行のATMや提携金融機関のATM、ゆうちょ銀行やコンビニATMが利用できて便利です。(関連:郵便局(ゆうちょ銀行)でお金借りる)

返済方法

紀陽銀行カードローンの返済方法は、「約定返済」と「随時返済」です。

約定返済は、指定した口座からの自動引落です。それだけでは完済するまでには、結構な時間がかかるので随時返済も追加できたらその方が返済額が少なく収まります。

返済日

口座引落での返済を選択した時には、毎月5日に指定した口座から引き落としがされてほっておいても返済ができて便利です。

臨時でいつもでも返済することもできます。余剰資金ができた時には、少しでも返済に充当しておいたほうが後々楽になります。月初めに引落で返済をしておいて、月末にお金が余っていたら、そのお金もATMから返済しておくと返済期間が短くなって利息の節約へとつながります。

返済額

紀陽銀行カードローンプラスの返済額は、前月の貸越残高によって決まってきます。10万円以下の残高であれば毎月2,000円の返済となり、これなら滞ることなく返済ができそうな金額です。10万円から50万円以下の借入がある時には、10,000円の返済となります。できれば、これくらいの金額は毎月コンスタントに返済を続けておきたいです。(関連:10万円借りたい時に即日で借りるには?)

繰り上げ返済

できることであれば、少しでも繰り上げ返済をしておいた方がいいです。コンビニATMも使えて便利なので、ちょっとづつでも返済にあてておけば、返済利息も減らすことができて、節約できます。

一括返済するなら

毎月コツコツ返済をすることも大切なんですが、利息が気にってきます。なかなか減らない返済額、利息だけをみてみるとなんてもったいないんだろうかと気が付く時がやってきます。

返済期間が長いと毎月の支払は楽になりますが、トータルで見た時には恐ろしくなってしまうかもしれません。できれば、早い時点での一括返済をがんばってみましょう。

一括返済をしたい時には、申込みをした本支店の窓口で相談をしてみるところから始めます。その時の利息を計算してもらってからの返済となります

返済に遅れたら

返済には絶対遅れてはいけません。しかし、ついうっかりということもあるでしょう。もし返済に遅れたとしたら、気が付いた時、すぐに返済をすべきです。返済ができないと未納ということになり遅延損害金がかかってきます。遅延損害金は年18.0%もかかってしまいます。

未納や滞納歴は、金融事故となり信用情報に履歴として残っていきます。信用も落ちてしまいますので、増額をお願いしたい時の審査には通りませんし、今便利に使えている自動融資機能も使えなくなります。ひどくなるとブラックリストいきとなってしまいますので、ちょっとくらい遅れても大丈夫と甘くみないで、きっちり返済をしていきます。

 

紀陽銀行カードローンの残高

紀陽銀行カードローンプラスの返済がスタートしたら、次に気になるのは残高です。残高が減っていくのを見るのはうれしいものです。

残高確認方法

紀陽銀行カードローンプラスの残高はATM、窓口、インターネットバンキング・紀陽ダイレクト、アプリなどから確認をすることができます。(関連:お金を借りるアプリ)

提携ATM

紀陽銀行は、提携ATMがたくさんあります。

銀行では、ゆうちょ銀行やイオン銀行と提携をしています。

コンビニでは、ローソン銀行やセンブンイレブン、イーネット(ファミリーマート)など自宅や勤務先の近くにはなにかしらあるのではないでしょうか。

その他に便利なのが駅ナカATMの「Patsat(パッとサッと)」です。何回転鉄や大阪地下鉄、神戸市営地下鉄、阪急電鉄、阪神電車など通勤中にも残高照会ができて簡単です。

紀陽銀行カードローンプラスの増額

紀陽銀行カードローンプラスを返済しているなかで、もう少しお金があったら楽になるんだけどなと思った時に使えるのが増額です。

増額は、今の借入限度額を上げてほしいときにお願いすることで、借入限度額が上がると金利が下がるケースもあります。

増額には、もう一度審査があり、この審査には必ず通るというものでもないので、必ず増額してもらえるかどうかはわかりません。これまでの返済歴も大切で、返済に遅れたことがあったりすると難しいです。

また、借入金額が上がるということは返済額も大きくなるということなので返済ができる理由があるほうが審査には通りやすいです。年収が上がっているとか役職がついたとかがあると、よりよいです。

紀陽ローンダイレクト
0120-600-964

紀陽銀行のおまとめローンプラス

紀陽銀行にはおまとめローンがあります。サービス名は「紀陽銀行おまとめローン+(プラス)」です。

他社借入がある場合に、紀陽銀行ひとつにまとめて返済を楽にできないかという時に便利です。

借入額をひとつにすることで借入金額が増えて金利が増えるところがメリットですが、金利だけを見ていてもいけません。返済期間も考えて、どちらがお得に、楽に返済ができるかをよく考えて申込みをしなければいけません。

紀陽銀行カードローンプラスの時と同様、審査もあり、年齢制限の上限が80歳以下になるところ、返済日が7日・17日・27日から選べるところ、保証会社が株式会社クレディセゾンまたは、アイフル株式会社となるところなどが違います。

返済日の管理に困っている人にとっても、便利なおまとめローンです。

その他のローン

その他にも、紀陽銀行にはたくさんのローン商品があります。目的別に選べるようにもなっていますので、自分にあったローンを選択できます。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • リフォームローン
  • フリーローン
  • 事業者向けローン

ローンシュミレーションもありますのでそのページで仮の数字を入れて利息や返済総額などを知ることがでいます。

紀陽銀行カードローンユニットという商品名になじみがある方もあるかもしれませんが、今はなくなっているローン商品です。

カードローンとフリーローンの違い

紀陽銀行にはカードローンの他にフリーローンもあり、違いは何だろうかと思われているかもしれませんが、どちらも利用目的は決まっていない、自由な用途に使えるローンではありますが、お金の借り方に違いがあります。

カードローンは、利用限度額が決まっていて、そこ範囲内であれば、借りたり返済をしたり、繰り返していつでも借りることができますが、フリーローンは、一括で希望金額を借りることになって、その後は計画的に返済をするのみという使い方になっています。

紀陽銀行カードローンの口コミ・評判・体験談など

紀陽銀行カードローンの口コミ体験談は、あまり数がみられませんでしたが、その中でもよい評判が多いようでした。地域に密着している使い勝手のよい銀行だといえそうです。

  • いつもつかっている銀行だったので、相談してみてカードローンを利用することになりました。対応が丁寧で、わかりやすくてよかったです。
  • ネットからの申込みができて、便利でした。審査時間もそんなにかからなかった印象です。初めてのカードローンでしたが、無事に完済できそうです。
  • アルバイトでも借りれたのがよかったが、金利が少し高かったような気がしています。

紀陽銀行の概要

紀陽銀行は、2006年に和歌山銀行を吸収合併して今では、和歌山県、和歌山市の指定金融機関となっています。和歌山県68店、大阪府に41店、奈良県2店、東京都1店の合計112店舗あります。

紀陽銀行のイメージキャラクターは、2016年からフリーアナウンサーの川田裕美裕美さんです。新しいキャラクターとして「キヨー坊」が加わりました。

社名株式会社紀陽銀行
英語表記The Kiyo Bank, Ltd.
金融機関コード0163
代表者名片山博臣
本社住所和歌山県和歌山市本町一丁目35番地
連絡先(お客様相談室)073-423-9111
営業時間銀行営業日9:00~17:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA