低金利でお金を借りる方法!国・公的機関や銀行で超安い利子でどうしても借りたいならどこがおすすめか解説

当然のことですがキャッシングの決心をするのは、どうしても必要なお金が工面できない場合です。

基本的にお金に行き詰っているのですから、今後の返済のことを考えても利息は少なければ少ないほどいいのです。

なるべく低金利の借入を考えている時は、一つの方法ではなく比較して、自分に一番適した借入法を考える必要があります。

まずは、銀行や公的機関など借りる場所、借入期間、様々のキャンペーンの利用など多方面からメリット・デメリットを検討して、一番有利な借入を見つけなければなりません。

この記事でわかること
  • 低金利でお金を借りる方法は工夫次第
  • 超低金利ローンなら公的機関での借入から検討を
  • 無利子でお金を借りるには連帯保証人が必要
  • ネットバンクのキャンペーンも有効
  • 消費者金融の初回無利息期間を活用する

先読み【目次】>>

金利とは?利子・利息って何?

金利とは借入する人が貸付する人に支払う貸借料の元金に対する割合のことを言います。すなわち、お金を借りる時、元金にプラスして支払うお礼の費用の割合のことです。

金利は金額を表して利子や利息とほとんど同じ意味に使われることもあります。

銀行の定期預金、クレジットカードの分割払い、各種ローン、融資などには全て金利が発生します。

金利は貸す人と借りる人の関係によって率が決まります。

金利は利息制限法によって、

  • 貸付金額10万円未満は年利20%
  • 10万円から100万円未満は年利18%
  • 100万円以上は年利15%までと

上限金利が決められています。

借入金額上限金利
10万円未満年利20.0%
10万円~100万円未満年利18.0%
100万円以上年利15.0%

借入金額の使い道、借入期間、借入者に対する信用度、貸し借りの相手が金融機関の場合は、その経済力などで、金利が決定されます。

金利の大小は借入をするかしないか、または貯金をするかしないかなどを決定する大きな要因となります。

利息の計算方法

お金を借りたら元金を支払うことはもちろんですが、それに加えて設定された金利分の利息を支払う必要があります。

利息は元金と金利、借入期間で金額が決定します。

金利は、一般的に元金に対する1年分の利息の割合(年利)をパーセントで表します。

1か月分の利息を計算する場合は年利を12で割って借入した月数分に元金かけて計算します。

同様に1日分の利息は年利を365(又は366)で割り、借りた日数分に元金をかけて計算します。

分割返済の場合は、元金は返済の回を追うごとに減額します。そのため元金は借入残高ということになります。

適用される金利は何%?上限金利が採用されるので注意

金利は、貸付する金融機関や貸付目的などによって違いがあり、率が定まらずバラバラです。

しかし利息上限法という法律があって、金利の上限は定められているので、法外な利息の貸付は許されませんし、上限以上の金利分は支払わなくていいことになっています。

ローン金利は、たいてい借入金額が多いほど低い設定になっています。

そのため金利の表示で、例えば3%から15%など数値に幅のある場合、最低金利が適用されるのは借入金額が上限金額に近い場合、反対に借入金額が低い時は最高金利が適用されることが多くなっています。

諸事情により希望額より少額の借入しかできなかった場合は、高い金利での借入になります。

低金利でお金を借りる方法

少しでも低金利でお金を借りて返済金額を低くしたいというのは、誰でもの願いです。

金利を低く抑える方法は、

  • 公的融資を利用する
  • 少しでも金利の安い金融機関を探す
  • 金利優遇条件を満たしていないか調べる
  • 借入金額を調整する
  • おまとめローンを利用する
  • 期間限定金利優遇キャンペーンを利用する
  • 加入している生命保険での貸し付けを利用する

などいろいろあります。

そんな中でも、条件が合わず利用できない方法も多々あるはずです。

また一か所からの借入をするだけではなく、いくつかの借入を組み合わせることによって返済額を減らすことができる可能性が広がります。

どんな方法を選ぶにしても、自分の状況をよく見極めて、少しでも低金利の借入法を見つけることが大切です。

国や市役所なら金利なしまたは安い金利でお金を借りれる

大概の金融機関は働いていて収入のある人に貸付を行います。働いていない人に対する融資は返済の見込みがないと判断されて貸付をしてもらえません。

しかし、国や市役所での貸付は他の金融機関では借入ができない無収入の人にもその機会が与えられます。

この貸付は営利目的ではなく、困っている人を助けるための施策だからです。

パートやアルバイトで働いているなど金融機関のカードローンの審査に通らず、借入ができない人も、書類を揃えて申し込みをすることによって融資が可能になる場合も多いのです。

失業中や働きたくても家庭の事情などで十分働けない人、病気や障がいのある人は国や地方自治体に相談することで、無利子や低金利でお金を借りることができます。

銀行の目的別ローン・フリーローンを他サービス併用で利率を下げて融資を受ける

銀行の目的別ローンやフリーローンはその他の金融機関の貸付やカードローンなどより金利が低くなっています。メガバンクは特にその傾向が強いです。

それに加えて その銀行の行っている他のサービスも同時に利用しているとさらに金利が安くなる場合があります。

例えばフリーローンの他にすでに住宅ローンの融資を受けて順調に返済中であったり、インターネット銀行でそのIDを持つことなどで金利の優遇サービスがあります。

継続的にその銀行のカードローンを利用していると、実績に応じて翌年の金利が下がる優遇制度もあります。また、口座振り込み専用タイプの契約にすることで金利が通常より低めに設定されることもありますし手数料無料などのサービスもあります。

様々な銀行の融資を細かく比較して、なるべく低い金利で借入できるように検討することが大切です

楽天銀行・ネットバンクで金利優遇キャンペーンを利用してお金を借りる

楽天銀行は、期間限定ですがキャンペーン期間があって、適用金利が通常金利の半分になるサービスがあります。金利優遇適用期間が終了すると通常金利となりますが、借入金額が低い場合は借入金利が高いので半分になると返済がずいぶん楽になります。

また、借入金額が大きい場合も、金利が半分になることで返済総額が大きく変わってきます

こんなサービスのキャンペーン時期をよく調べてうまく利用すると、返済金額がずいぶん違ってきます。

これに類似した金利優遇キャンペーンはその他のネットバンクでも多数ありますので、期間を組み合わせて、上手に利用することで返済金額を少なくすることができます。でも、返済日が複雑になって、返済忘れやトラブルのもとにもなるので注意は必要です。

しかし、これらのキャンペーンは過去に返済の滞りなど、ブラックな情報履歴のある人は適用外となっております。

消費者金融で借入枠上限を高めに設定して金利を下げてキャッシング

消費者金融の借入金利は借入金額によって違います。

しかし、初めての融資の際は融資額上限を低めに制限されてしまいます。それは消費者金融の方で借入者の返済能力がつかめないことが理由です。融資額が低いと金利は高くなります。高い金利の中に、借入者が万が一返済しなかった場合のリスクを避けるための保険料が含まれているからです。

初めての融資額が低くても真面目に返済を重ねた後、増額の手続きをすると審査によって金利が下がる場合もあります。借り換えの検討も有効です。

増額することで、金利が下がっても返済額が上がってしまったら効果がありません。無利子期間サービスや様々のキャンペーンを上手に利用したり、毎回の返済額を大きく設定するなどして、返済額がさらに大きくならないように努力する必要があります。

おまとめローンや一本化融資を使って借入額を上げて金利を下げる

おまとめローンや一本化融資を使用すると、いくつかの借入が合算されて融資金額が大きくなります。融資金額が高額になると、金利が低くなります。これを上手に利用すると、おまとめローンによって低い金利で融資を受けることができます。

いくつかの融資をまとめることで、融資金額が大きくなり、銀行の場合は総量規制外なので心配ありませんが、その他の金融機関で総量規制の制限を受ける場合が考えられます。

総量規制とは

借り過ぎ、貸し過ぎを防ぐための規制であり、年収の3分の1までと決まっています。年収が600万円の場合、200万円までの借入であれば可能ということになります。

しかし、返済額や借入金利が下がり借入する人が有利になる場合、貸金業者からの借入をまとめる場合などに限って、総量規制の例外となり、おまとめして年収の1/3以上の金額になっても借入ができます

ですが、おまとめローンは年収の制限があったり、おまとめできるローンな種類が限られていることもあります。おまとめローンにすることによって、融資金額は高くなるのでその分、審査も厳しくなります。

また、おまとめローンを利用している期間、借入の増額や他からの借入ができない場合もあります。

おまとめローンを利用する場合は、利用条件などよく理解したうえで、手続きに必要な書類を用意し、審査に備える必要があります。

ろうきんの勤労者融資制度を団体会員になって低金利での借入れ

勤労者融資制度とは、ろうきんと地方自治体が提携して、勤労者でその地域で働いている人または居住している人を対象とした生活支援を行う低金利の融資制度です。

この融資制度の使い道は

  • 結婚
  • 納税
  • 自動車購入費
  • 本人や扶養者の教育資
  • 勤務先の給料未払い時
  • 失業中の生活費
  • 介護費用、等

多岐にわたっています。

勤務先が団体会員で、借入をする人がその構成員であることが求められるので、それ以外の人はろうきん友の会に入会することやろうきんの個人会員になることが必要になります。

日本労働者信用基金協会を利用することによって保証人なしで低金利の融資が受けられます。

貸付対象条件は、勤続年数、年収、自治体、担当の地域のろうきんによって異なります。またろうきんの審査も行われるのでよく調べて、相談の上、手続きすることが求められます。

生命保険の契約者貸付なら2%~5%で借り入れOK

生命保険会社には、低金利の保険契約者対象の貸付制度があります。

これは自分の契約している保険会社の貸付なので審査を受ける必要がありません。その分簡単にお金を用立てることができるとも言えます。

契約者貸付は生命保険が担保となる制度です。今まで支払ってきた保険料によって解約返戻金が決まっていますが、その金額の7~9割程度が借入の限度額となります。

解約返戻金とは

生命保険会社で契約をしている生命保険を始め養老保険や終身保険などを解約時に戻ってくるお金のことです。

掛け捨てタイプの保険にはこの解約返戻金はありません。

今まで、納めていた保険料内での金額となります。

一般に保険は解約すると支払った保険料より低い額しか返金されませんし、解約期間中にその保険で補償されていた事故や病気が急に発生するかもしれません。保険に再加入した場合は、保険料が以前に比べて高くなってくる場合もあります。

それらを考慮すると低金利でもありますし、契約者貸付制度を利用して、お金をとりあえず用立てて、しっかりとした返済計画を立てて返済する方が得策であるケースがあります。

この貸付は低金利で返済方法もある程度自由にできますが、知らないうちに返済額が利息とともに膨らんで解約返戻金を超えてしまった場合などは保険の効力は失効するので注意が必要です。

国や市役所などの公的機関の融資制度なら超低金利・無利息で借りれる

国や市役所で申し込みのできる融資制度は、非営利目的なので他に比べてかなりの低金利、または条件が揃えば無利子で融資を受けることもできます

このような公的融資は、家族の最低限度の生活を維持するほどの収入もない低所得者、高齢者、障害のある人に対して行われるものです。

失業中の人、子供を養育しているために十分収入を得られない母子家庭など、毎日の生活にも困窮している人に対して、国や市町村は低金利または無利子で融資を行い、生活を援助してくれるのです。

この融資は、どのような理由で借入が必要であるかによって、

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援資金融資制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付
  • 年金担保貸付
  • 緊急小口資金貸付
  • 教育一般貸付
  • 看護師等修学資金

などがあります。

生活福祉資金貸付制度で連帯保証人を付けて無利子で借りる

生活福祉資金貸付制度は、生活困窮者に対する公的な融資制度です。

この貸付制度は、連帯保証人がいる場合は無利子で借入ができます。少しでも利子がつけば返済はそれだけハードルが上がります。無利子の貸付であり、確実性のある返済ができる方法・手段を説明して、保証人を依頼する必要があります。

お金がどうしても必要で困っていても、連帯保証人を親戚や友人にお願いすることは抵抗があるという人はたくさんいます。かなり身近な人でも、お金の絡んだ関係になりたくない人は、年1.5%というかなりの低金利で保証人なしの貸付を受けることもできます。

連帯保証人を依頼する際は、

  • 返済のめどがあること
  • この貸付が公的な制度で金利もかなり低いこと
  • どうしても返済が難しい時は、返済を一時的に猶予してもらったり、免除してもらうことができること

も伝えて理解してもらうといいです。

日本政策金融公庫の一般貸付なら4,800万円まで借りれる

日本政策金融公庫は国民の生活向上を目的とした政策金融機関です。

その中の一般貸付は、ほとんどの中小企業の人を対象に4800万円限度で低金利な融資を行います。起業1年目の個人事業主でも借入ができます。起業したばかりで将来性がわからない個人事業主に対して、低金利で高額な融資をする金融機関は他にありません。

しかし、一般貸付はこれから開業する人に対しては行われていませんので、他の貸付を利用することを考えなければいけません。

融資の使い道、返済期間、担保や保証人の有無など個々の条件で金利が変わってきます。

日本政策金融公庫の貸付は、他の金融機関からの貸付より全てにおいて金利が低いのですが、担保や保証人を設けることでさらに低い金利で借入することができます。

返済期間を短くすると利息を減らすことができて、より返済総額を減らすこともできます。

国の教育ローン(教育一般貸付)なら固定金利年1.65%で上限350万円まで

国の教育ローン日本政策金融金庫が行う公的融資制度です。子供の進学や在学での家計の負担を軽減するために政府が出資する教育ローンです。

教育ローンの融資限度額

融資限度額は教育を受ける子供一人当たり350万円以内ですが、融資対象の子供の人数に応じて世帯年収に制限があります。

銀行など他の金融機関より金利が低くなっています。ひとり親家庭にはさらに金利が低くなる特例があります。

銀行の教育ローンは変動金利ですが、この国の教育ローンは固定金利なので、将来を見据えた返済計画は立てやすくなっています。また返済期間は15年と長く設定されているので楽な返済が可能です。交通遺児、ひとり親家庭にはさらに3年長い18年までとする特例もあります。また、在学中は利息のみの返済も可能です。

学校合格前からの借入が可能になったので、受験料、宿泊費、交通費などの入試費用にも利用できます。その他、入学後の学校納付金、下宿代、教科書代、学生の国民年金保険料支払いなど必要な資金の借入ができます。

無担保で融資が受けられますが、保証料を支払い教育資金融資保証基金の保証を受ける連帯保証人を立てる必要があります。

年金担保貸付制度は年2.8%で借りれる(令和4年3月末申込みまで受付可)

国民年金や厚生年金保険をもらっている人は年金担保貸付制度を利用することができます。

  • 医療
  • 福祉
  • 住宅のリフォーム
  • 生活必需品購入
  • 結婚費用

など広い範囲の使用目的で一時的に少額の融資を受けることができます。

この貸付を受けて返済している期間、年金金額が制限され少額になります。

そのことで日々の生活に差し障りがないか、よく検討して融資を受ける必要があります。この点において問題があるケースが発生していることもあり、令和4年3月末で申し込みが終了となります。

限度額と金利

限度額200万円の小さめの融資ですが、2.8%というかなりの低金利で借入することができます。

年金受給者が対象なので無職の人や高齢者など他の金融機関では借金が困難な人でも融資を受けることができます。

返済は偶数月に支払われる年金から、借入者が指定した金額を返済に充て、その残りを返済余剰金として指定口座に振り込まれる仕組みになっています。

職業訓練受講給付金を受給なら求職者支援資金融資制度で年3.0%

今の仕事より条件のいい職場や処遇改善を目指したい時や急な失業の際、ハローワークの職業訓練を受講して給付金を受けとることができます。その給付金を受給しても生活に困窮する場合、求職者支援資金融資低金利で受けられる制度があります。

融資額は単身者は月額5万円同一家計の家族のいる人は月額10万円までで職業訓練の月数分です。融資限度額は12か月120万円です。

職業訓練受講給付金は10万円ですのでそれに融資額10万円を加えると、職業訓練期間中1か月20万円で食費、光熱費など最低限の生活は可能だと推測されます。

貸付利率は年3%なので他の金融機関よりかなり低金利です。

返済は貸付日の翌月末以降、毎月末返済、訓練期間終了月3か月後までは利息のみ返済の据え置き期間があります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度なら金利は年1.0%で事業開始資金も借りられる

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは、ひとり親家庭、寡婦の方が子育てを充実させながら、経済的な自立や安定を目指すための制度です。そしてその子供たちの幸せを推進するための費用を融資する制度です。

借入金の使い道としては

  • 事業開始
  • 継続資金
  • 修学資金
  • 技能習得資金
  • 就職支度資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 結婚資金など

 

多岐にわたりますが、今までの実績の90%が子供の就学資金に使われています。しかし事業開始資金、事業継続資金などもあり、子供の福祉を目的とする以外に、子供を育てながら働く人に対してのさらなる経済的自立や生きがいを応援しようという国の政策もうかがえます。

融資利率は1%または無利子で、返済期間は貸付金の種類によって3年から20年と長く据え置き期間もあります。

看護師等修学資金制度なら無利子で条件により返済免除もアリ

看護師等就学資金制度は、看護師を養成する学校に通う学生に対して連帯保証人は必要となりますが、無利子で資金を融資する制度です。

看護職員を確保するために、経済的に就学が難しい学生を援助するための制度です。

この貸付制度は免許取得後、返還免除指定の施設において所定の勤務年数以上看護師として働く意思のある人を対象に貸付を行います。卒業後、規定通り働いた人に対しては、返還を免除する前提の制度です。

資金返済の免除を受けるには、必ず看護師資格を取得すること、指定の施設で所定の勤続年数以上働くことが必要です。資格取得できなかった学生や指定期間で一定以上の年数働かなかった場合、成績が著しく悪い場合は就学資金を返還することになります。

障害年金を申請して病気やケガをして働けなくなった時も安心

障害年金は病気や怪我で働けなくなった時や日常生活や仕事場で限界があり今までの様に働けなくなった場合、本来年金を受給される年齢になっていなくてもすべての人がもらえる年金です。

障害年金を受給された人は国民年金保険料も免除されます。

急な病気や怪我で思うように働けなくなってもこの年金の給付金で最低限の生活は保障されます。

この年金には障害基礎年金と障害厚生年金があります。障害厚生年金の条件より軽い障害が残った時は障害手当金を受け取ることができます。

健康保険料をある基準以上支払っているか、または免除されているかがこの年金の受給要件となります。

1級、2級の障害年金を受給している人が生計維持している配偶者には加算年金額が、子供には加算額が支給されます。

低金利で今すぐ必要な時に即日で借りるならどこが早い?

すぐにお金を借りられるのは何といっても大手の消費者金融のカードローンです。

審査も素早く即日融資が可能で1時間ほどでお金を受け取ることもできます。金利は年利で3.0%から18.0%で銀行などに比べて低いとは言えない金利ですが、無利子期間が30日から180日間あり上手く利用できれば利息を払わずに借入することができます。

インターネットで申し込み可能で、審査を通り契約が完了すれば、アプリをインストールすることによりコンビニatmで現金を引き出すことが可能です。

銀行、クレジット会社のカードローンを利用すれば消費者金融より低い金利で借りることができます。しかし今すぐに借金したいとなるとやはりシステムのしっかりしたメリットある大手消費者金融を選ぶのが得策です。

口コミや体験談なども参考になります。

借入金額もなるべく少額にすれば審査もスムースに通り、融資が手元に入るのも早くなります。

大手消費者金融なら最短即日借りれるが年利3.0%~18.0%

大手消費者金融は、審査も早くて即日融資が可能ですが、その分、返済の保証料を大きく見積もっているせいか、金利は高めです。そして、初めての借入の際の金利は上限金利である場合がほとんどです。

しかし、金利なしの期間を設定している会社も多いので、その期間を上手に利用すれば無利子で借入することができます。

しかし、借入の際の利息は免れることはできません。返済の負担を少しでも減らすようにに、返済期間をなるべく短くする、または余裕のある時に、予め設定した月々の返済額より多めに返していくことなどが大切です。

プロミスはWEB完結で融資まで最短30分

プロミスのアプリローンはインターネットやスマホで申し込みから融資まで短時間でできます。

50万円以下の借入であれば本人確認書類のみで融資を受けることができます。

セブン銀行とローソン銀行ののatmならカードなしで融資可能です。そして借入や融資はほぼ24時間行うことができます。

初めての借入の際、問題になる上限金利が他の消費者金融に比べて低めです。また、初めての融資の際は30日の無利子期間があります。

大手の消費者金融ということで信頼感もあります。

アコムの利息は日割計算、利用日数での支払いでOK

アコムのカードローンは融資を受けたい人が、年令、年収、過去の借入状況を入力するだけで融資可能かどうか判断する3秒診断があり、自己診断ができます。

アコムのカードローンは、審査も早く、結果がメールや電話で連絡があるので急にお金が必要になった場合にはその日中に借入ができます。

アコムの借入、返済はコンビニatmやインターネット上でも取引できるので、24時間対応できます。

公式アプリを利用すると利用履歴や借入額、融資額が簡単に確認できて店舗に行かなくても取引状況を把握することができます。

アイフルは申込み後フリーダイヤルに電話でお急ぎ融資に対応

アイフルはインターネットで申し込みをすると他の消費者金融に比べて審査も早く最短30分ほどで借入ができるようになります。急にお金が必要になった時にはこの速さが大きな助けとなります。

スマホで申し込みから融資まで可能です。また、スマホアプリから借入、融資の利用履歴や返済額など営業所の窓口に足を運ばなくても確認することができます。

初めての借入に対しては30日間の無利息期間があります。急な出費も給料日が来るなどすぐに返済できれば無利子の融資が受けられることになります。

銀行カードローンなら安い金利で借りれてるが審査は最短翌営業日

銀行のカードローンは消費者金融より安い金利で借りることができます。

その銀行の口座をすでに持っている場合は借入手続きが簡単になる場合もあります。

銀行カードローンの審査には時間がかかるので、融資を受けるまでに1週間ほどかかる場合もあります。そのため急などうしても出費には対応不可能です。

保証機関の審査を待つばかりではなく、銀行自体の審査もするようになりました。そのため即日融資は叶わず融資までに日にちがかかるようになりました。それでも選べば、翌日融資の銀行もあります。

インターネットで申し込みをする、情報は正確に入力するなど、融資までスムーズに行く方法を考えて借入をすることが大切です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の上限金利は年14.6%

三菱UFJ銀行のカードローン、バンクイックは銀行が取り扱う商品なので安心感がありおすすめです。

また上限金利も大手消費者金融に比べて低く設定されています。提携コンビニatmで取扱い無料の取引ができます。

最短翌日融資というのは銀行カードローンの中では早い方です。

返済は月々1000円からというのも低く設定され、返済のしやすさにつながります。

三菱UFJ銀行の口座がなくとも融資を受けられますが、口座があればカードを取得する前でも、借入が可能です。

楽天銀行カードローンなら楽天銀行口座を使って24時間365日融資可能

楽天銀行口座を開設してあるとほとんど24時間365日借入ができます。

スマホやパソコンでいつでも借入が可能で指定口座に振り込まれます。審査で決められた限度額以内でしたら何度も借入ができます。

また楽天銀行アプリからは利用履歴が確認でき、借入、返済もできます。

楽天会員の人は審査の優遇や使用に応じてポイント付与などの特典があります。

ネット銀行なので、銀行カードローンの中でも金利は低めで、返済は月々2000円からできるので無理のない返済ができます。

信販会社カードローンは低金利だが融資までは約1週間と審査が長め

一般的に信販会社のカードローンは消費者金融より融資速度が遅いので、突然どうしてもお金が必要という人には不向きです。

金利は大手消費者金融よりは低めの設定になっています。少しでも金利が低い方が返済総額が減るので、長い目で見ると金利の低さは長期間続く返済を考えると軽視することはできません。

信販会社のカードローンは銀行のカードローンとは違い総量規制の対象となります。借入を考える際にはあらかじめ自分の年収を頭に入れて金額を考える必要があります。

三井住友カードカードローンは返済実績で金利引下サービスあり

三井住友カードローンの申し込みと審査が終了すれば、カードが手元に届く前でも、融資は初回サービスを利用して利用代金支払い口座への振り込みも可能です。

カード入会後はwebやatmで24時間どこからでも借入や返済ができます。

三井住友カードのカードローンは、入会し条件が揃えば最大で3か月間の無利息期間もあり、融資を受けてもその期間に返済するメドがあれば利息を支払わずに急な物入りを凌いでくれます。

また、返済を滞りなく続けていれば、年々金利が下がるサービスという特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA