引っ越し初期費用が払えない時はどうしたらいい?対処法や今すぐ必要な時にお金を工面する方法

「今すぐ、引っ越ししたいのに初期費用が払えない」

「急な引っ越しでお金がない」

「引っ越し初期費用の支払いが間に合わない」

引っ越しをする場合、引っ越し初期費用や新居の賃貸の費用などが重なり、払えない状態になることがあります。

この記事では、引っ越しにかかる相場初期費用が払えない時対処法や費用を抑える方法などを解説します。

この記事でわかること
  • 引っ越しの初期費用の相場賃料×6ヶ月分くらい必要
  • 引っ越しの初期費用を下げるなら敷金0円礼金0円で探す
  • 引っ越しの初期費用を分割払いにすることは難しい
  • 引っ越しの初期費用を抑えるなら引っ越し時期も重要
  • 引っ越しの初期費用が払えない時は、助成金やカードローンを検討する

引っ越し初期費用が思っていたより高すぎる!相場はいくら?

「一人暮らしのスタート、引っ越しってお部屋の家賃だけじゃないんだ!」

初期費用を考えたことがない人にとって礼金敷金、引越し代を含めた総額を計算してみてびっくりするということも多いかもしれません。

家族で賃貸に引越す時も、「こんなにかかるのか!」と現実に引き戻されてしまったということがあるでしょう。

引っ越しは初期費用だけでもけっこうかかります。ざっくり家賃の半年分くらいを基準に考えておく必要があります。

この費用をあらかじめ準備をしたうえで部屋探しをすることができれば、スムーズに契約まで進めることができるでしょうが、そうはいかないことが多いものです。

引っ越し初期費用の内訳内容

よほど資金に余裕があるのであれば別ですが、支払いに不安がある場合には、安くできるところは徹底的に安く抑えておいたほうが、結果的にトータルの費用を抑えるコツです。

初期費用に含まれるもの
  • 敷金(退去時の原状回復費、家賃滞納時のための前払い金)
  • 礼金(家主に対するお礼のお金、返還はされないお金)
  • 前家賃(入居日によって日割り計算された家賃、入居翌月分)
  • 仲介手数料(不動産会社に対して払われる手数料)
  • 火災保険(火災を起こした時のための保険、保険内容によって大きく変わる)
  • 保証料(保証人を立てない代わりに家賃保証会社をはさむケースが増えている)
  • 鍵交換料(防犯上、鍵を交換するため)
  • 害虫駆除(シロアリ、ゴキブリなどの駆除)
  • 消毒費用(部屋全体、トイレ、水回りの消毒費)
  • 引っ越し代

引っ越し先、地域の特性などによっても多少の違いは見られますが、こういった項目があり、それぞれの金額は数万円だったとしても、トータルとなると高額になってしまうのです。

都市部(都内)での初期費用のシミュレーション

関東と関西、地域によって必要となる初期費用には違いがみられます。

ここでは賃料10万円・単身の場合での初期費用内訳と引っ越し費用のだいたいの相場、目安を一覧にしました。

初期費用
(物件の広さ・立地など条件によって異なる)
目安の金額
(例:賃料10万円/月)
敷金家賃の1ヶ月~3ヶ月100,000円
礼金家賃の1ヶ月~3ヶ月100,000円
前家賃・日割り家賃家賃の1ケ月100,000円
仲介手数料家賃の1ヶ月100,000円
火災保険料保険内容により異なる20,000円
鍵交換代20,000円
部屋の消毒・クリーニング・害虫駆除費20,000円
引っ越し費用時期・距離・引っ越し業者によって異なる100,000円
合計560,000円

一人暮らしの方の引っ越しの初期段階で必要な費用は、50万円前後はみておいたほうがよいことがわかります。これに入居後の家具や家電、生活費が必要になってきます。

これが家族での引っ越しになると、立地の良いタワーマンションなどは、敷金礼金が3ヶ月分や100万円以上かかるケースも少なくなく、引っ越し資金に含まれる費用の中でも最も高額です。

引っ越し資金が足りない状況とならないように事前に引っ越しの計画を立てることが大切です。

引っ越し費用の相見積もりは重要!引っ越し先の距離で高額になる可能性も

引っ越しの準備に入る前に引っ越し業者への「見積もり」をしておきましょう。できれば複数の業者に見積もり(相見積)をしてもらってから比較検討するようにします。

引っ越しの見積もりは業者によって大きく異なります。引っ越し費用の見積もりが20万円のところもあれば13万円で対応してくれるリーズナブルな業者もあります。

しかし、大手の引越し業者は養生などからトラックでの配送などを一括で安全に行ってくれるというメリットもあります。

リーズナブルな業者は軽トラックなどで運ぶような自営業者の引っ越し業者もあり、料金は安く見積もりを取ることができても若干信頼性に劣ります。その点を考慮して信頼や実績のある見積もりの安い業者に依頼することが妥当と思います

引っ越しの見積もりは家具や電化製品等をの重量や、大型トラックが何代必要かを調査して費用を見積もります。

また、距離によって価格に差が出ます。例えば都内から中部地方の名古屋まで引っ越す場合には400kmの距離もあるのでその分のガソリン代金なども加算され見積もり価格が高額になることもあります。

「引っ越しをする際の引越し先の場所」がも影響しますので遠距離の場合には、その分の費用が加算され高額な引っ越し代金になってしまうケースも少なくありません。

一世帯の引っ越しの場合には、2tトラックが2台が必要な見積もりとなった場合には、その分のドライバーやスタッフを必要とするので引っ越し代金の見積もり価格も高額になるケースも考えられます。

その他には離島への引っ越し等も更にフェリー代金等が加算されるので、引越し先次第で見積もり価格は常に変動します。

引っ越しや現場まで来てもらい荷物の量を確認してもらうとともに、引っ越し先までの引っ越し代金を見積もりしてもらうのが理想です。

引っ越しの際には新たな家具や設備の購入資金なども含むとそれなりの金額となってしまいます。

引っ越し初期費用を抑える方法は?出費を抑えるには?

敷金や礼金、引っ越し業者代を含めて引っ越し代金は、どうしても高くなりがちですが出費を抑えるためにできることもあります。

数万円を節約するだけでも、支払いが楽になりますのでできることはやっておくことをおすすめします。

いらない物や不必要なものは事前にリサイクルに出しておく

新居で必要ないものや使用が不可能な物などは、事前にリサイクルショップなどに引き取りに来てもらうと引っ越しがスムーズです。

また、リサイクルでも買取りをしている業者もあるので、そのまま現金化も可能となり新たな引越し費用に充てることも可能です。

リサイクル業者は、引っ越しの際には掃除なども引き受けてくれたり何かと便利に利用することが出来ます。また高価な家具などは高値で買取をしている業者もあります。

敷金0円・礼金0円物件の賃貸物件の中から決める

お部屋を探す時にあらかじめ「引っ越し費用を抑えたい」ということを不動産会社の担当者に伝えておきます。そうすると、敷金・礼金をなるべく抑えた物件、0円のところを中心に探してくれます。

敷金・礼金は初期費用の中でも占める割合が大きいので、ここで節約できるのは大きいです。

注意点としては、だれもが住みたいなと思えるセキュリティーが万全なマンション、内装にこだわっているデザイナーズマンション、築浅・駅近物件などは、敷金が高いことが多いです。

また、敷金を無くす代わりに月々の家賃を上げて敷金に充てるということになることもあり、支払い総額としては変わらなかったという支払い方法になることもありますので、どちらがよいか、どこまでなら譲れるか検討が必要となってきます。

フリーレントの物件からお部屋を探す

物件によっては、一定期間フリー(無料)で貸してくれるという条件のものがあります。

この一定期間は1ヶ月のものが多く、3ヶ月、半年フリーという物件も探せばあります。たとえ1ヶ月分であったとしても家賃が無料であれば、初期費用を抑えるためには、有効な手段ではあります。

デメリットととなる点もあります。

  • 無料なのは、家賃だけで、管理費や共益費はかかる
  • 〇年以内の解約には違約金がかかる
  • 入居者が決まりにくい物件である(立地、築古、エレベーターがないなど)

など、自分にとっての悪条件となるところもありますので、知識として持っておき、契約手続きの際には、注意が必要です。

仲介手数料の低い不動産会社で部屋探しをする

引っ越し先を探す時には、サイトで探していても、最終的には不動産会社へ行くことが大半だと思います。不動産会社で仲介をしてもらうということは、仲介手数料が発生しているということです。

仲介手数料は一般的には、家賃の1ヶ月分としているところが多いのですが、キャンペーン中で0円にしていることや、半月(0.5ケ月分)としているところもあります。

また、物件によって仲・手を取っていないという物件もあります。これは、どうしても入居者を付けたい理由がある場合が多いです。

そういう不動産会社や物件を中心に探してみることも初期費用を抑える手段のひとつです。

家具家電付きの賃貸物件に決める

引っ越し初期費用を考えることで頭がいっぱいでその後の生活必需品を用意することまで考えられていないこともあることでしょう。

引っ越しで貯金を使い切ってしまって、家具をそろえるお金が全然足りない!そんなことにならないように、最初から家具家電付きの賃貸物件を探すのも初期費用を抑えるのによい方法です。

まずは最低限の生活ができればいい。冷蔵庫、ベッド、洗濯機、エアコン、テレビなどにこだわりがない。あればいい。そういう考えであれば、とりあえずは明日からでも生きていけます。

マンスリーマンションや民泊賃貸物件に転用しているケースもありますので、初期費用を抑えたいひとにはぴったりの物件です。

家賃交渉をしてみる

引っ越しの初期費用を抑えたいがために、藪から棒に家賃を下げてほしいというのは考え物ですが、「このお部屋に住みたい、決定したい!」という気持ちが固まったら、家賃交渉をしてみるのは有効です。

1,000円下がるだけでも年間で12,000円変わってきます。

伴って、仲介手数料や敷金も変わってきます。

仲介をしてくれるセールスマンに大家んに交渉をしてみてほしいとお願いをすると、家賃が下がって負担も減る可能性があります。

引っ越し日、繁忙期を避けてスケジュールを組む

引っ越し日によっても引っ越しの初期費用を抑えることができます。

今すぐ引っ越しをしたい場合には、日を選ぶ余裕がないかもしれませんが、仏滅や平日の方が費用が低くなるケースがあります。

年度末、長期休暇(春休み・夏休み・冬休み・ゴールデンウィーク)、連休など、転勤や進学時期には引っ越しが多く、引越し代も大きく変わります。

見積もりの際に、業者に安くなる日がないかどうか相談をしてみるのも対策のひとつです。

引っ越し初期費用の支払い時期と支払い方法

住みたい家、部屋が決まれば、入居申し込み、早く契約をして、初期費用を支払わないことには自分のものにはできません。

支払いのタイミングや方法もあらかじめ理解しておく必要がでてきます。

引っ越しの初期費用はいつまでに払えばいい?→契約後10日前後

引っ越しの際の初期費用はだいたい家賃の5~6ヶ月分を準備する必要があります。

いつまでに払えば良いのかは、状況や仲介に入っている不動屋産次第ですが、基本的に、入居審査を通過したときから10日後あたりが支払期限となるケースが大半です。

そのため入居を決定した時点でお金を準備することができる状態がベストです。

最短では、申し込み当日には、手付金や預り金という名目で支払いがある場合もあります。

引っ越し初期費用を後払いにできる?後払いにできる費用は?

引っ越し初期費用を後払いで支払ができるかどうかは、仲介に入る不動産屋次第ですが、クレジットカードを使用することで分割払いが可能な業者や後払いが可能な業者があります。

初期費用が今、支払えないときにはカード払いならば後に分割で支払いも可能です。

ですが、基本的に契約が完了すれば、支払いということになります。

払わなくてもいいものは?

引っ越しの初期費用について、いろいろ説明をしてきましたが、請求の明細をみてみて納得いかない項目や、疑問にある項目があれば、質問をしてみたり交渉してみたりすることも必要です。

部屋の消毒・クリーニング・害虫駆除費などは、その会社や物件によっても内容がまちまちなので、どういうことが行われるのか、必ず行わなければいけないのか、知り合いに業者がいるので自分でやりたいなど、聞いてみてもよいかもしれません。

引っ越し初期費用が払えない・遅れそうな時の対処法

引っ越し初期費用が払えない・遅れそうな時の対処法としてまずは、支払いができる範囲での初期費用の賃貸物件・部屋を選択することをおすすめします。

また支払いが出来ないときなどには、カードなどでの支払いの他にもカードローンを使用することで支払いを一括で可能とし、支払いは分割で返済することが可能です。

またカードローンの支払いが遅れそうなときにも不足分のみをカードローンから借り入れすることで資金がないときに利用できて便利です。

クレジットカード払いができれば対応してもらう

引越し費用が思ったよりも高額でそれなりに資金がかかる場合にはクレジットカードでの支払いができないか聞いてみます。業者によっては、リボ払いにも対応していて、金額も小額から毎月返済が可能なローンを組むことも可能です。

そのまま本人の手元のクレカでの支払いができ、新たに金融機関から資金を借り入れする必要がなく便利に支払えます。

両親・兄弟にお金を借りて支払う

父親、母親、兄弟、姉妹にお金の相談をすることができる間柄であれば、貸してもらうという方法もアリです。

「気に入った物件があって今すぐに引っ越しをしたいが初期費用が心許ない。夏のボーナス時には返せるから短期間だけ貸してほしい。」など

緊急性があり、返済の目途もたっているということを伝えることがポイントです。

近しい関係性であるからこそ、返済は確実に行っておきます。

引っ越しローンを利用して支払う

銀行に、目的別ローンがあるところ、引っ越しローンがあればそれを利用するのもいいでしょう。

引っ越しローンがなければ、フリーローンの活用もできるはずです。

普段からお付き合いのあるメインバンクであれば話もしやすくなります。

銀行での借入れには審査が必要で、日数もかかりますので、物件探しの段階から同時に進行させておく必要があります。

国からの助成金・補助金・貸付を利用して支払う

住んでいる地方自治体、国や県によって助成金や補助金、引っ越し費用の貸付を行っているところも多くあります。

あまりなじみがないかもしれませんが、インターネット・webなどで検索したり、市役所・区役所に問い合わせてみると使える制度があります。

国からの貸付や融資であれば金利も低く、また金利なしで借りれる場合もありますので支払いの負担を減らせます。

カードローンの無利息期間で一時的に借りて立て替える

カードローンの機能は契約ができていれば、スピード振り込みが可能なので便利です。カードがあればどこでも引き出しが出来、限度額以内なら自由に使えます

銀行系カードローンは各銀行の店頭での契約も可能です。審査に時間がかかるところがネックではありますが、金利を安くしたいなら銀行のカードローンです。

大手消費者金融のカードローンはスピーディな融資が魅力です。今すぐお金を借りたい時には、アプリやネットから申込みができ即日融資にも対応のプロミス、アイフル、アコムなどが有名です。初心者にもわかりやすい操作方法で、安定した収入がある成人であれば、女性や学生でも柔軟に借り入れできます。

30日間など無利息期間を設けているカードローンもありますのでその期間に返済ができれば利息0円で借入することができます。

引っ越し代金をカードローンで借り入れする場合には、見積書をもらっておくと金融機関に提出をすることができ、引っ越し代金としてを借り入れしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA