年金受給者がお金を借りるには?年金を担保に借りたい時の方法!即日融資は可能?

お金を借りる方法はたくさんありますが、担保があることはお金を借りるうえで非常に有利に働きます。

生命保険の契約者貸し付けは生命保険を担保に、質屋は物を担保にお金を借りることが可能です。

高齢者しか利用はできませんが、年金を担保にお金を借りることもできます。

今回は、年金を担保にお金を借りる年金担保貸付制度など、高齢者におすすめのお金を借りる方法について解説してきます。

この記事でわかること
  • 年金担保貸付制度は唯一の年金を担保にすることを認められている制度である
  • 担保に出来る年金と担保にできない年金の種類がある
  • 年金担保貸付制度は令和4年には廃止になる
  • 年金担保貸付制度は生活保護の方は利用することができない
  • 年金受給者も即日融資可能なのは大手消費者金融

先読み【目次】>>

年金受給者がお金を借りる方法6選!年金を担保に融資を受ける方法も解説!

年金受給者並びに高齢者がお金を借りる方法は6つの方法が代表的です。高齢者並びに年金を受給している方の強みは年金を担保にしてお金を借りることが出来ることです。

様々なお金を借りる方法がありますが6つの種類が存在します。

高齢者が利用できる6つのお金を借りる方法
  • 年金担保貸付制度
  • 銀行カードローン
  • 大手消費者金融のカードローン
  • リバースモーゲージ
  • ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付
  • 国からお金を借りる

年金を担保にする年金担保貸付制度、そして銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンに馴染みがある方も多いのではないでしょうか?

では、リバースモーゲージやゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付はいったいどのような制度なのでしょうか?

まずは、年金担保貸付制度からそれぞれ詳しく解説していきます。

年金を担保にお金を借りられる年金担保貸付制度の詳細は?

年金を担保にお金を借りることが出来る制度の「年金担保貸付制度」は年金を担保にお金を借りることを法律で唯一認められている制度になります。

期間は、独立行政法人福祉医療機構が窓口となっており、いくつかの条件を審査要件などをクリアすることで借り入れをすることが可能です。

もちろん、ギャンブルのための資金のための用途としては利用はできません。

病気などに対する対策の保険・医療や、介護・福祉、住宅に何か不具合が起きた時の住宅改修費用、そして冠婚葬祭を利用用途として借り入れが可能です。

生活必需品の購入費用にも充てることは可能ですので、利用用途としては幅広く取られているので安心です。

実際の詳細内容について次からまとめていきます。

年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業の融資条件は?

まず、融資の条件になりますが年金を受給していることを証明することが必要になります。

そのため、年金証書をお持ちで現在対象の年金を受給していることが前提条件となっています。

証書の種類については以下になります。

年金証書
  • 国民年金・厚生年金保険年金証書
  • 国民年金証書
  • 厚生年金保険年金証書
  • 船員保険年金証書
  • 労働災害補償保険年金証書

注意点として融資の対象にならないものもあり、厚生年金基金、国民年金基金、確定給付企業年金、確定拠出年金から支払われる年金は融資の対象にはなりません。

また、老齢福祉年金、特別障害給付金、年金生活者支援給付金も融資の対象にならないので注意が必要です。

労働災害補償保険年金証書の中では、石綿健康被害救済法に基づく、特別遺族年金も融資の対象になりませんので注意してください。

最低条件としては、5つの種類のどれからの年金証書を保有しており、実際に年金を受給しているのが前提条件となりますので、まずは自分自身が適応するのかについて確認してみてください。

年金担保貸付制度の審査基準とは?

続いて年金担保貸付制度の審査の基準についてですが、以下の方は審査に落ちてしまいますので注意が必要です。

年金担保貸付制度で審査落ちする人の基準
  • 生活保護を現在受けている方
  • 年金支給が全額停止されている場合
  • 反社会的勢力に該当する場合
  • 1種類の年金に対して借り入れ残高が残っている場合

基本的には上記の理由と書類の不備などがなければ審査落ちはしにくい融資制度となっています。

審査機関としては4週間~5週間ほどの期間がかかりますので、年金担保貸付制度も国からお金を借りると同様に審査には時間がかかるので注意が必要です。

年金担保貸付制度は令和4年3月末で廃止

年金担保貸付制度についてですが、令和4年3月末での廃止がすでに決定しています。

これは平成22年12月の閣議決定にて決められたもので、令和4年3月末での新規での受付終了が決定しているのです。

期間内であれば申し込みは出来ますので、利用しようとしている方は期間内で申し込みをしましょう。

しかし、廃止はされると言っても代替措置も存在します。

支援が必要な方については、住んでいる地域の自立相談支援機構にご相談くださいとのことです。一定の審査要件を満たしている場合には、社会福祉協議会が実施する、「社会福祉資金貸付制度」の利用が可能です。

こちらは、厚生労働省が管轄となっており公的にお金を借りることが出来る制度の1つで。

次に年金担保貸付制度の代わりとなる、市生活福祉資金貸付制度について詳しく解説していきます。

年金担保貸付制度の申し込み終了後は生活福祉資金貸付制度の活用を

生活福祉貸付金制度は、厚生労働省が管轄する公的な融資を受けることが出来る制度になります。

年金担保貸付制度が廃止されたあとは、この「生活福祉貸付金制度」を高齢者は頼ることになります。

実際にこちらの制度になりますが、いくつかの種類が存在しておりその総称として名称がつけられています。

それぞれの分類分けされた貸付金については以下の表をご覧ください。

資金の種類内容貸付金返済期限
総合支援資金生活支援費生活再建までの間に必要な生活費用を貸付二人以上月20万円、一人月15万円10年以内で保証人ありの場合は無利子
住居入居費敷金・礼金などの住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用を融資40万円以内10年以内で保証人ありの場合は無利子
一時生活再建費就職・転職などのための技術取得費用など、生活を再建するために日常生活費を賄うための費用60万円以内10年以内で保証人ありの場合は無利子
福祉資金福祉費介護や障害者サービスを受けるための費用や冠婚葬祭など使途の利用用途としては幅広く利用が可能。580万円以内20年以内で保証人ありの場合は無利子
緊急小口資金緊急かつ一時的に生活再建に必要なための費用を貸付10万円~20万円1年~2年での返済が必要(無利子)
不動産担保型生活資金不動産担保型生活資金不動産を担保にお金を貸し付ける制度土地の評価額の70%以内、月30万円以内年3%の利息で返済は不要基本的になくなったときに不動産を渡す
要保護世帯向け生活資金要保護の高齢者世帯に対して、一定の居住用不動産を担保に生活資金を貸し付ける制度生活扶助額の1.5倍以内年3%の利息で返済は不要基本的になくなったときに不動産を渡す
教育支援資金教育支援費・就学支度金低所得者世帯に対する進学に関する必要資金。月額~就学支度金の場合は、月50万円以内20年

生活福祉資金貸付制度の詳細は?

上記の表のようにお金に困っている方は国の制度を利用して融資を受けることが出来る制度が存在します。低所得者、高齢者、障碍者の生活面や経済的な困窮を解決するための制度となっています。

住宅を担保に借り入れを行うことが出来る制度や、住民税適応外世帯や家がない方に、憲法25条で認められている「健康で文化的な最低限度の生活」を実現するための助けになる制度となっています。

貸付対象としては3つの種類のタイプの方が対象になります。

生活福祉支援金の貸付対象
  • 低所得者世帯
  • 障害者世帯
  • 高齢者世帯
生活が苦しい時に生活サポート基金でお金を借りるなら

低所得者世帯

市町村民税非課税程度の世帯が生活福祉支援金制度は対象になります。

また、必要な資金を他から借りることが困難な方を対象にしています。

具体的にどれくらいの金額になるかは地方自治体の地域によってもちがいますが、年収360万円以下の場合は利用できる可能があります。

また、世帯人数が多くなるにつれて年収が高くなっても審査に通過できる可能性が高まりますので、世帯人数によって年収の額での査定が違ってきます。

高齢者世帯

65歳以上の高齢者と同居している世帯は、生活福祉支援金制度の利用できる可能性高くなります。

介護に関しては一般的に大変であると感じもらえているので、年収がもし低所得者世帯と比べて高かったとしても介護をしながらとなると大変なので審査は緩くなります。

基本的には障害があることや、病気によって療養が必要など審査は行われますので、誰でも絶対に高齢者だからと言って利用できるわけではないので注意が必要です。

年金担保貸し付けで融資を受ける際の注意点は?

年金担保貸付制度の注意店としては、年金を受給している方が誰でも利用できるわけではないので注意が必要です。

すでに、年金で借り入れがある方や特定の年金では利用できない場合もあるので、そういう場合は審査に落ちてします可能性があります。

また、生活保護を受給している方も審査には落ちてしましますので、自分が審査に通過する可能性が高いかについてはきちんと確認する必要性があります。

高齢者貧困でお悩みの場合は生活保護の利用も!

高齢者の貧困が昨今では問題になっていますが、困っている場合は生活保護に頼るのも1つの手段になります。

高齢になり、普通に働くことが難しいかたもたくさんいらっしゃいます。そうした方には生活保護が助けてくれますので積極的に利用を検討したいところです。

また、生活保護の方を積極的に受け入れてくれる老人ホームも存在していますので、生活に困っている、そして自分一人で生活することが難しい方でも人間らしい生活をすることが保証されています。

シニア世代が利用できるリバースモーゲージとは

基本的に高齢者専用で利用できるローンというのは存在していません。また、高齢者だからと言って優遇を受けることが出来るローンの制度もないのが現実です。

しかし、現金収入が少ない高齢者が住居を手放すことでお金を借りることが出来るリバースモーゲージについては、高齢者ならではの利用が出来るシニア向けのおすすめのお金を借りる方法になります。

リバーズモーゲージ型住宅住宅ローンといいますが、こちらのローンこそシニア世代向けローンと言えるかもしれません。

リバースモーゲージの仕組みは?

リバースモーゲージとは、簡単には自宅を担保にしてお金を借りる制度になります。

「リバース」は逆という意味で、「モーゲージ」は抵当権という意味になります。抵当権とはお金を借りた際に返済できない場合は、土地や建物を担保にすることをいい、基本的にリバーズモーゲージは亡くなった際に、土地をいただくという制度になります。

子供がいない高齢者世帯にとって利用できる価値が大きいです。長生きした場合には借り入れ金額が土地代を超えてしまい家を追い出される可能性があります。

そのため、リバースモーゲージ事態の利用時期については慎重に検討することが必要です。

リバースモーゲージのメリット・デメリット

リバースモーゲージのメリットとして大きいのは、老後生活中の支出を減らすことが出来る点です。支払いは金利のみで良いので毎月のお支払い額は安定しています。

利息の支払いが面倒に感じる方は、最初に利払いなし型を選択することで利息をすべて支払った状態での借り入れをすることも可能です。

そして、亡くなった際に家が担保となるだけですので、利払いなし型を選択してまとまったお金を自由に利用している方も存在します。

年金受給者が即日融資可能な大手消費者金融カードローン

年金受給者がお金を即日に借りる方法として、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

しかし、年金を担保にしてお金を借りることは認められていませんので、アルバイトなどの副収入を得る方法を見つけたから申し込みをする必要があります。

収入が年金のみですと、確実に審査には落ちてしますので注意が必要になります。

次にそれぞれの大手消費者金融の特徴について解説していきます。

プロミス

プロミスは大手消費者金融の中でも金利が安いことで有名です。17.8%が最高金利と収入証明書を提出しない場合は50万円まで借り入れが可能となりますが、一般的に18.0%の金利が大手消費者金融が多い中で、0.,2%でも安いのは非常にメリットになります。

また、これは大手の消費者金融で導入しているところが多いですが、30日間の金利無料サービスを行っています(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)ので、短期間で返済が可能な方は積極的に利用しても損をせずに返済をすることが可能です。

アイフル

アイフルは大手消費者金融の中でも、スタンダードなプランが用意されている大手消費者金融です。

年利は3.5%~18.0%と高額な融資を受ける場合は銀行カードローンなどとの金利の差は非常に小さくなります。

利息の無料期間も30日間用意されているので、ちょっとしたお金を借りたい場合会ですぐに返済できる場合には積極的に利用を検討してもよいかもしれません。

しかし、年金を担保に融資を受けることは認められていませんので、高齢者の方はアルバイトなどで安定的に収入を毎月得ることが出来る必要性があります。

SMBCモビット

SMBCモビットはプランでネット完結(関連:来店不要(ネット完結(Web))でお金を借りるなら)の申し込みプランが用意されており、会社への電話での在籍確認が必要ありませんので利用しやすいと感じているかたが多いです。(関連:在籍確認なしのカードローン)

金利の無料期間がないですが、返済するたびにTポイントをためることができますので、ポイントを貯めたい方にとっては相性がとても良いです。

アコム

アコムは、30日間の無利息期間、アイフルなどと同様に年利は3.5%~18.0%と大手消費者金融の中でも利用しやすい金利多形になっています。

18.0%は銀行カードローンと比べても金利が高額ではありますが、利用額が大きくなれば、銀行カードローンとの金利差は小さくなりますので、大きい利用額での利用がおすすめな大手消費者金融になります。

レイクALSA

レイクALSAは無利息期間が一般の大手消費者金融よりも長く、60日間は無利息期間が適応されます。

そのため、2ヶ月間は金利が初回は無料になるので、余裕を持ってお金の返済を行うことが可能です。5万円以下であれば180日間も金利が無料になります。

2つのこの特典は併用ができませんが、利用用途に応じてより得をする特典を利用することがおすすめです。

ゆうちょ銀行の「自動貸付け 」なら年金受給者でも借り入れOK


ゆうちょ銀行の自動貸付は、お金を借りる方法の中でも最も金利が安い部類のお金を借りる方法になります。

返済時の約低金利+0.25%が金利となります。(2021年現在)(0.27%)

仕組みとしては、貯金を担保にお金を借りることが可能です。1冊の総合口座につき300万円まで借りることができて、貸付の期間は貸付日から2年間となっています。

基本的には自動貸付になるので、通常貯金の払い戻し金が残高を上回ったときに自動でゆうちょ銀行が一旦支払いを行なってくださり、その後に、その負担していただいた金額について口座に入金をすると、自動で返済が行われる仕組みです。

審査などもなく、ゆうちょ銀行の口座を持っている方であれば誰でも利用ができる制度です。

生活保護を受給している方でも利用ができるので、大変便利な制度となっています。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金借りる関連ページ

年金受給者が利用できる銀行カードローンの実態は?

年金を担保にお金を借りることができる唯一の制度は、年金担保貸し付けとなっていますので銀行カードローンも年金があるからといって利用できるわけではありません。

したがって、高齢者が銀行カードローンを利用したい場合は、アルバイトなどの安定的な収入を確保することが必要です。

以下、2つの銀行カードローンがおすすめです。

バンクイック

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンになります。金利は年1.8%~年14.6%となっており最高で500万円まで融資を受けることが可能です。

会社への電話での在籍確認なしでも審査に通過することが可能なので、電話での在籍確認に不安がある方でも、相談をすることで、よりあなたの状況に合わせた申し込みをすることが可能です。(関連:お金を借りる時に会社連絡なしにするには?)

銀行カードローンは、職場への電話での在籍確認を必須にしていますので、より相談に乗ってもらいやすいカードローンというのは魅力になります。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、最短で翌営日での融資が可能です。

大手消費者金融は即日での融資を受けることが出来ることが魅力となっていますが、銀行カードローンは1週間は融資の審査のために時間がかかる場合があります。

しかし、楽天銀行カードローンに関しては、スピーディーな融資のお申し込みをすることが可能ですので、早めに融資を受けたい方にとっては銀行カードローンの中ではとても良いサービスです。

金利に関しても、金利は年1.9%~14.5%となっています。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」関連ページ

年金を早めに受け取る繰り上げ制度を利用することによりメリット・デメリット

年金制度は65歳から支給されますが、繰り上げでの支給を行うことが可能です。

繰り上げの制度を活用するこで、60歳から年金が支給されるようになりますが、その分支給額が少なくなるのがデメリットです。

年金は長生きすればするほどお金を受け取れる額も大きいですが、年金支給年齢になってから早期で亡くなってしまうと損をする仕組みとなっています。

そのため、何歳まで生きるのかを想定して年金の利用をすることがある程度必要になります。

100歳以上まで生きることを想定し、多くの年金を受け取りたい場合は繰り下げをして毎月の受け取る額を大きくすることができます。

年金繰り上げ制度を利用することの起きるメリット

年金繰り上げ制度を利用することでのメリットは、60歳から年金を受給することができるので、仕事を定年退職したとしても毎月安定的な収入があることでの安心感を得ることができます。

病気がちなどで、もし65歳になる前に自分の人生の終わりを予期している方は早めに利用することが非常にメリットのある選択であると言えます。

繰り上げ支給を選択しても繰り下げ支給を選択しても、人生の終わり方次第でどちらもメリット・デメリットとなりますので、こればっかりはわからに点が多く、人生最大のギャンブルであると言えるかもしれない選択が待っています。

年金繰り上げ制度を利用することのデメリット

年金繰り上げ制度を利用することのデメリットは、長生きしたときに年金の受給額が少なくなる点です。

例えば、60歳から繰り上げ支給している場合は、30%も65歳で年金をもらう方よりも少なく支給がされます。そのため、長生きすればするほど損をする金額が多くなるので、圧倒的にデメリットになる部分が大きいです。

では、繰り下げ支給もあるので、結果的に最も多くのお金を手にするには繰り下げ支給を選択すればいいのではと思う方もいるかもしれません。

しかし、もし通常通りの年金支給や繰り下げ支給を選択していた場合でも、64歳で亡くなり年金を一切受給できなければ、1円も支給されることはありませんので、結果的に65歳未満で亡くなってしまうと損をしてしますことになるなるのです。

繰り上げ制度のメリットの部分でも書きましたが、寿命は判断できないのでメリットになりますしデメリットにもなるので、何が良いのか絶対的な判断が出来ない部分が大きいです。

障害年金は即日で借りることが可能?

障害年金の受給は偶数付きとなっており、2月、4月、6月、8月、10月、12月となっておりますので、毎月安定的な収入があるとは認められていない実態があります。

また、障害年金を担保に借り入れすることは法律で禁止されていますので、即日で担保にしてお金を借りれません。

年金を担保に出来る、年金担保貸付制度に関しても審査までに時間がかかりますので、年金関連で即日お金を借りることを期待するのは難しいです。

もし、即日でお金を借りたいのであれば、アルバイトを初めて安定的な収入を得て大手消費者金融のカードローンを利用する、または質屋を利用してお金を借りる(関連:質屋で即日お金を借りる)、親族・友人や知人にお金を借りる(関連:親や知人にお金を借りるなら)などの選択肢があると思います。

年金関連や国からお金を借りる場合は、審査などで時間がかかることは有名ですので、公的機関での即時の借り入れに関しては難しい現実があります。

まとめ

年金受給者がお金を借りる場合は、年金担保貸付制度を利用することができますが、こちらは令和4年で廃止することが決定しています。

また、この制度も年金の中でも利用できない年金の種類があるので、詳細について確認することが必要です。

年金を担保に出来ると言っても、利用が制限される方もいますので、アルバイトなどで収入を得て、銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンを利用することが、お金を借りる確実な方法になります。

1 COMMENT

BOKEMON

年金を担保にするという発想がそもそも無かった。また、年金を担保にすると言っても、誰でも出来るわけではなく、やはり、いくつかの条件付きであることは致し方ないのだろう。
令和4年には年金を担保にする貸付は廃止とのこと。これからは、生活福祉資金貸付制度の本領発揮となるのだろうが、高齢者に仕組みをどう理解してもらうのか、また、分かりやすく周知するのかが目下の問題であろう。
消費者金融で借り入れる際に、アルバイトを見つけるとあるが、これも中々難しいように感じる。
私が経営者であれば、前途のある若者と年金受給者の老人、どちらを雇うかと言われれば、申し訳ないが若者を選んでしまう。
自分自身もいずれ直面する問題である。対岸の火事という訳にはいくまい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA