リボ払い返済のコツ教えて!終わらない理由や繰上返済・返済期間を短くする方法等を解説

リボ払いはクレジットカード支払いのひとつで、毎月の支払いを少額で返済できるメリットがあります。

しかし便利な反面、支払い時に手数料が年率15.0%で上乗せされるため支払い総額の把握が難しくなります。

支払い完了までの期間が長期化すると、最終的な返済金額が膨れ上がるリスクがあります。

この記事ではリボ払い返済方法早期返済のコツ手数料の抑え方などを詳しく解説します。
またリボ払いの返済が終わらない理由払えない場合の対処方法についてもお伝えします。

 

この記事でわかること
  • リボ払いの返済のコツは返済金額の増額返済期間、返済回数の縮小繰上げ返済一括返済リボ払いを控えるカードローン借換えの6つ
  • リボ払いの利息は他のカードローンに借換えすると安くなる可能性がある
  • リボ払いは定額方式残高スライド方式で毎月の返済金額が変わる
  • リボ払いの手数料は年率15.0%で割高である
  • リボ払いで返済が終わらない場合、債務整理で返済金額を減額できる可能性がある

リボ払いを早く返済するコツ

リボ払いは支払い方式に定額方式残高スライド方式の2つを採用しています。

  • 定額方式は月々の返済金額を一定で返済する方法、
  • 残高スライド方式は月々の返済金を利用残高をもとに月々で計算し変動した金額で返済します。

リボ払いを早く返済するコツには返済設定金額の増額返済期間、返済回数の縮小繰上げ返済一括返済リボ払いを使わずに買い物カードローンで借換えの6つがあります。

リボ払いは月々の返済設定金額を増額することで、返済期間、返済回数も減らすことができ、効率的にリボ払いの返済が可能になります。

繰上げ返済は月々の返済とは別に追加で繰上げ返済をすることで返済が早くなります。
手数料が発生しない一括返済や、買い物にリボ払いを利用しないのもひとつの手です。

またより金利の低いカードローンで借換えることで、トータルの返済金額を抑えることができます。

毎月の返済設定金額を増やす

リボ払いは毎月の返済設定金額を増やすことで早く返済することができます。

返済設定金額を増やすことで毎月銀行の口座から自動引き落としされる金額が増え、トータルの返済回数が少なくなります。
契約しているカード会社に連絡し、毎月の返済設定金額を増やすよう手続きをしてください。

カード会社によってはカード会社のアプリなどからログインする方法でも毎月の返済設定金額を変更できます。

スマートフォンがあればいつでも契約内容の確認変更ができるので便利です。

返済設定金額を増やす場合、収入と支出のバランスをよく考えて増やさなければトラブルになることもあるので注意が必要です。
毎月決まった金額が返済金額として支出されますので、金額が高ければ高いほどライフスタイルに影響があります。

今後に収入が一定・あるいは少なくなる場合は、返済月が続けば家計状況が苦しくなる可能性もあります。

リボ払いの毎月の返済設定金額を決めるときは、ライフスタイルに影響のない範囲で金額を決めるのが安心です。

返済期間を短く返済回数を少なくする

リボ払いは返済期間を短く、返済回数を少なくすることで早く返済することができます。

リボ払いは毎月決まった返済金額を支払うことで、最終的に利息を含めたトータルの利用金額を支払う仕組みです。

前述しましたが返済期間を短く、返済回数を少なくするには、毎月の返済設定金額を増やすことが基本になります。
それと同時に普段の生活で返済期間を短く、返済回数を少なくする行動を心がけることも重要になります。

具体的にはリボ払いを利用した買い物の回数を減らすリボ払いで支払う1回の買い物金額を抑えるなどが有効な方法です。

できるだけリボ払いでの支払いを少なくすれば、その分支払いに必要な利息分の金額が減ります

そしてなにより大元の返済金額自体が少なくなるので、結果的に返済期間を短く、返済回数を少なくすることができます。

臨時収入が入った時には繰上げ返済を行う

臨時収入が入った時には、繰上げ返済を行うことでリボ払いを早く返済できます。

リボ払いは毎月の返済金額が少額のため、トータルの返済金額が高ければ高いほど完済まで時間がかかります。

繰上げ返済には銀行口座引き落し銀行振込ATM振込が利用できます。
繰上げ返済を上手く利用することで、リボ払いの完済までの時間を短くすることができます。

繰上げ返済は毎月の返済金額はこれ以上高くできないけど、返済期間は短くしたいというニーズを満たしてくれます。

臨時収入には会社のボーナス役員報酬など給料以外の収入を思い浮かべる人が多いかもしれません。
「自分は役員ではなく、ボーナスの使い道はもう決めているから臨時収入なんてない」と諦めるのはまだ早いです。
臨時収入には、例えばパチンコ・競馬での利益スクラッチ当選金自分の持ち物などを売却することで入るお金なども含まれます。

近年ではヤフーオークションやメルカリなど個人規模のフリーマーケット利用者が増え、だれでも簡単に売買することができます。

一括返済を目指す

リボ払いを早く返済するには一括返済を目指すことが重要です。

リボ払いでは返済期間が長ければ返済回数が多くなり、1回の返済には利息分の金額が上乗せされます。
リボ払いを利用するときは、いかに返済期間返済回数を減らせるかを意識することが大事です。

次の返済が始まる前に、今の残金を可能な限り一括返済で完済することが理想です。

リボ払いはその仕組みにより、利用回数が増えればトータルの支払い金額を正確に算出することが難しいといわれています。

リボ払いが終わっていない状態で新たにリボ払いを利用し、それを繰り返せば最終的な完済期間とトータルの返済金額が一体幾らかを把握できなくなってしまいます。

この状態に陥ると計画的に返済していくことは困難になります。
このようなリスクを回避するためにも、できる限りリボ払いは一括返済を目指してください。

一括返済にはそれだけ大きなメリットがあることを覚えておきましょう。

リボ払いを使わずに買い物をする

リボ払いを早く返済するには、リボ払いを使わずに買い物をすることも重要です。

カード支払いは便利な反面ついつい利用金額が増えたり、計画性のない買い物で出費を誘発するリスクがあります。
リボ払いは現金払いと違い、何を幾らで買ったか把握するのが難しいのです。

リボ払いを使わず現金払いカードの分割払いで買い物をすれば、リボ払いを早く返済できます。

またリボ払いで度々問題になるのが自動リボ払いです。

契約のときに自動リボ設定のカードで契約すると、支払いが自動的にリボ払いになります。
この場合は自分で設定を変更する必要があり、変更しない限りカード支払いは全てリボ払いとなります。

契約するときは支払い設定を確認し、意図しないリボ払いが起きないよう注意しましょう。

カードローンで借換えをする

リボ払いはカードローンで借換えをすることで早く返済できます。
借換えとは、返済などの目的で新規に違う金融融資を受けることをいいます。

例えばAという金融機関からお金を借り入れていた場合、別のBという金融機関から新規で借り入れし、そのお金でAの借り入れ金を返済するなどです。

リボ払いで借換えをする大きなメリットは、現在契約している金利よりも低金利の金利で返済できることです。
同じ返済金額・返済回数であれば金利が低い契約で支払うほうが、トータルの返済金額は少なくなります。

リボ払いは毎回の支払いに利息が上乗せされるので、借換えを上手く利用できれば返済金額を減らすことができます。

借換えのメリットはあくまで新規で契約するカードローンの金利が低い場合に限られるので、借換えを検討する際はできるだけ低金利のカード会社を選択するようにしましょう。

リボ払いの繰上返済をするメリット

リボ払いの繰上返済をするメリットは大きく、積極的に繰上返済することでトータルの返済金額を抑えることができます。

リボ払いでは毎月少額ずつ返済していくため、金額によっては返済期間が長期に渡り続くことがあります。

リボ払いでは返済期間が長期になるほど、毎回の手数料も加算されるため返済金額が膨れ上がります。
繰上返済で大元の残金を減らすことで、返済期間を短くし毎月上乗せされる手数料の削減に繋がります。

繰上返済は銀行口座引き落し銀行振込ATM振込から選択でき、自分のタイミングで手軽に利用できます。

またクレジットカードの利用限度額が圧迫している場合には、繰上返済をすることでクレジットカードの利用限度額に余裕を持たせることができます。

リボ払いの手数料を減らして返済総額を少なくできる

リボ払いの繰上返済を利用すると、リボ払いの手数料を減らして返済総額を少なくできます。

繰上返済には3つの方法があります。

銀行口座引き落し
リボ払いで使用している銀行口座から月々に返済している金額とは別で返済する方法です。
契約している金融機関により支払日までに申し込みできる期限・上乗せできる金額などが違います。
電話などで詳細を確認し、スムーズに口座引き落しができるようにしましよう。

 

銀行振込
リボ払いを契約している金融機関が指定した銀行に、追加で繰上げ金額を振込む方法です。
銀行振込を利用する場合は、事前に申し込みが必要なことがあります。
インターネットバンキングに対応していれば、スマートフォンで24時間いつでも振込むことができます。

 

ATM振込
金融機関と提携しているATMから、追加で繰上げ金額を振込むことができます。
コンビニから簡単に振込めるので、わざわざ銀行まで足を運ばなくても返済することができます。
振込み手数料など詳細は契約している金融機関で違うので、電話などで確認しておきましょう。

上記の3つの方法を利用することで、効率よく返済総金額を減らすことができます。
返済金額が少なくなれば、同時に完済までの返済回数も少なくできます。

完済までの返済回数が少なくなれば、その分毎回上乗せされていた利息金額を少なくできるので、最終的に返済総額を少なくできます

返済回数、返済期間が短くなる

リボ払いの繰上返済を利用すると、返済回数、返済期間が短くなります。

毎月の返済金額とは別に追加で銀行振込・ATMでの支払いで返済することで、繰上返済をしない場合に比べ返済回数、返済期間を減らすことができます。

リボ払いを契約している金融機関によって、銀行振込・ATMでの支払いの手数料が変わります
多くの金融機関はATMに対応していますので、ATMでの支払いであれば24時間いつでも利用することができます。

前述しましたがリボ払いでは利息を含めた大 元の返済額を、どれだけ早く減らせるかが重要になります。

こまめに繰上返済をすることで最初の方こそ返済回数は増えますが、同時に大元の返済額も小さくなるので最終的な返済回数、返済期間は短くなります。
臨時で返済できる機会があれば、できるだけ繰上返済を利用し完済を目指すことが理想です。

クレジットカードの利用限度額に余裕が戻る

繰上返済をするとクレジットカードの利用限度額に余裕が戻ります

クレジットカードの利用限度額とは

 

クレジットカード契約時に希望の利用可能枠を申請し、審査で合否が決定する
利用限度額の上限は契約者の返済能力によって変わる
ショッピング枠キャッシング枠がありキャッシング総枠は国内・海外で変わる

クレジットカードの利用限度額は、1ヶ月に利用できる金額の上限金額ではありません

引き落としが完了しない限り、クレジットカードの利用限度額は戻りません。
引き落としが未定の状態でクレジットカードの利用限度額まで利用した場合、クレジットカードが利用できなくなります

このとき繰上返済をすると、繰上げで返済した金額まで再びクレジットカードを利用することができます
一括返済が無理な場合でもリボ払いで残っている返済残金を、繰上返済することでクレジットカードの利用限度額に余裕が戻ります。

リボ払いの返済が終わらない理由

毎月リボ払いの返済をしているのに、いつまでたっても返済の目処が立たないという状況に陥ることがあります。

これは時にリボ地獄などとよばれ、毎月の返済額が返済金額で上乗せされる利息などの手数料の支払いで相殺されてしまう状態だからです。
こうなってしまうと毎月の手数料支払いだけで、いっこうに返済額が減っていきません。

リボ払い手数料率は年率15.0%程度なので、この状態でリボ払いを利用し続けると非常に危険です。

無計画なリボ払いの利用は控えるようにしましょう

クレジットカードによってはリボ専用カードでしか契約できないものがあり、それ以外の契約でも初期設定が自動リボ払いになっていれば支払いは全てリボ払いになるので注意が必要です。

初期設定が自動リボ払いの場合は、自分で変更しない限りリボ払いのままで支払いが続きます。

リボ払いの手数料が高いから

リボ払いの返済が終わらないのは、手数料が高いという理由があります。

リボ払いは一括の購入資金がなくても少額の返済から利用できるので、高額の買い物をするときには大変便利です。
しかし多くのカード会社のリボ払い手数料率は年率15.0%程度で設定されており、決して安くはない手数料がかかります

一般的な利息は支払い残高×金利×利用日数÷365日で計算されます。

契約しているサービスの種類によっては手数料率が違いますので、リボ払いを利用する前に自分が契約している手数料率を確認してください。
完済までこの手数料は毎回必要になります。

購入した金額の支払い完済まではカード会社が立て替えている状態になり、手数料はそのマージンと考えるとわかりやすいかもしれません。

リボ払いで返済回数・返済期間が増えれば増えるほど、手数料が高くなってしまうので注意してください。

毎月の返済はほぼ手数料で支払い残高は減っていないから

リボ払いの返済が終わらないのは、毎月の返済はほぼ手数料で支払い残高は減っていないからかもしれません。

リボ払いのメリットは買い物をしたとき少額から返済できることですが、便利な反面計画的な支払いが難しいデメリットもあります。
現金払い・一括払いでは支払いにいくら必要か明確なので、収入と支出を把握しやすく計画的にお金を使うことができます。

リボ払いでは返済が完了していないうちに次の買い物で新たな返済をつくり、知らず知らずトータルでの返済が増えてしまうリスクがあります。
前述しましたが手数料は支払い残高に比例しますので、支払い残高が増えるほど手数料も高くなります。

この状態になると毎月の少額返済だけでは手数料の支払いまでしか払えず、肝心の支払い残高が減らないという悪循環に陥ります。

クレカの支払設定がリボ払いになっているから※毎月ある支払いも自動的にリボ払いになっていて支払い残高が減らない

支払い残高が減らないのは、クレジットカードの支払設定がリボ払い・毎月ある支払いも自動的にリボ払いになっているからかもしれません。

クレジットカードを契約するとき、リボ専用カードで契約してしまうとクレジットカードでの支払いはすべてリボ払いとなります。
リボ専用カードでリボ払い以外の支払いは、一括払いのみです。

他の支払い方法で利用したい場合は、新規でもう1枚クレジットカード契約を検討したほうがよいでしょう。

またリボ専用カード以外でも、

  • 契約申請のときリボ払いを選択した
  • 初期設定で自動的にリボ払いなっていた
  • 後で支払い設定をリボ払いに変更した

などの理由によりリボ払いになる可能性があります。

支払設定がリボ払いになっていることに気がつかないケースが多く、トラブルになることも少なくありません

クレジットカードをはじめて契約するときリボ払いの知識がなく、リボ払い設定の状態で申請したり、後で自分で設定を変更しない限りリボ払いになることを知らないケースもあるので注意してください。

リボ払いの返済期間を短く、手数料を払わないようにするためには

リボ払いでトータルの返済金額を少なくするには、いかにしてリボ払いの返済期間を短く、手数料を払わないようにできるかがポイントになります。

支払いにリボ払いを選択するときは計画性をもって買い物をし、返済状況を正確に確認することが必要になります。

スマートフォンの管理アプリで利用状況を把握し、収入と支出のバランスをとりながらリボ払いを利用しましょう。
また意識的にリボ払いの回数を抑えることも大事です。

現金支払いでは手数料が必要ないので、現金支払いできる場合はクレジットカードは利用しないと決めておくのも一つの手です。
リボ払いではなく2回までの分割払いを選択することも有効です。

どうしても支払いが難しい時は債務整理を検討してください。

債務整理には任意整理自己破産個人再生特定調停の4つがあり、それぞれ違った特徴があります。

債務整理をうまく利用すれば返済金額減額のメリットがありますが、財産の処分・信用情報に傷が付くなど大きなデメリットもあります。

計画性をもって買い物をする

リボ払いの返済期間を短く、手数料を払わないようにするためには、計画性をもって買い物をすることが重要です。

無計画なリボ払いでの買い物は返済残高の増加・支払い回数の増加・手数料の増加に繋がり、返済が長期化することでトータルの返済金額が高くなります。

リボ地獄とよばれる悪循環は、計画性のない買い物がその引き金になることも少なくありません。
リボ払いで何を・いくらの金額で・いつ買ったかを把握せず買い物を続けることは避け、収入と支出のバランスを考えた利用を心がけましょう。

またリボ払いを利用するときは支払いの詳細をリスト化まとめて詳細を確認し、計画性のあるリボ払いができるようにしましょう。

最近ではスマートフォンのアプリでリボ払いの計算ができるものがあるので、アプリの管理ツールを利用するのも一つの手です。

支払回数は2回払いまでに抑えて、リボ払いを使わない

クレジットカードを利用するとき支払回数は2回払いまでに抑えて、リボ払いを使わないのも有効な方法です。

クレジットカードはリボ払いの他に分割払いという方法があります。

リボ払いが毎月の支払金額を決めて返済をスタートするのに対し、分割払いは完済までの支払い回数を決めて返済をスタートします。

分割払いは支払い回数が増えるほど手数料は高くなりますが、2回までの分割払いでは手数料は必要ありません

また当然ですが現金払いは手数料が必要ないので、意識的に現金払いの機会を増やすことも大事です。

手数料で悩んでいる場合は積極的に現金払い・クレジットカードの分割払いを利用しましょう。

リボ払いを必要に迫られた場合のみに限定すれば、その結果リボ払いの返済期間が短くなり、手数料も抑えることができます。

どうしても支払いが難しい時は債務整理を検討する

リボ払いでどうしても支払いが難しい時は債務整理を検討しましょう。

リボ払いの債務整理は4つに分かれます。

任意整理
返済金額の減額目的で利用される
カード会社と返済者の間に弁護士などが仲介し、借入期間・取引履歴をもとに減額の手続きをする
利息制限法より低い金利の返済金は減額不可、減額返済金額がゼロになる場合もある

 

自己破産
裁判所がこれ以上借金返済ができないと認めたときのみ利用される
自己破産になると法律上返済金が全額免責され借金から解放される
所有している財産が処分される

 

個人再生
裁判所が再生計画の認可決定したときのみ利用される
自己破産になると法律上返済金が一部免責され、減額された返済金を3〜5年かけて返済する
所有している財産は処分されない

 

特定調停
裁判所が特定調停の認可決定したときのみ利用される
カード会社と返済者の間に裁判所の調停委員が仲介し、相互の事情を聴く
基本的に減額は期待できない

一般的にリボ払いの債務整理では、任意整理が利用されるケースが多いです。

任意整理は裁判所を通さず、弁護士と減額に向けて債務整理を進めます
弁護士に支払う債務整理の費用が必要になりますが、取引によっては大きな返済金の減額が見込めます

デメリットは信用情報に傷が付き、5年間ブラックとして記録されることで新規での様々な契約が難しくなることです。

債務整理は減額できる可能性がありますがデメリットも大きいので、リボ払いは計画的に利用することが重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA