ろうきん(労金)でお金を借りる流れ!条件や審査・方法や種類・デメリットを解説

ろうきんは働く人の生活を支えるための金融機関です。

職場の労働組合に加入して賃金アップを勝ち取ったり、地元の消費者生活協同組合を利用して生活必需品を購入したりすることは身近に感じる人もいると思います。しかし、身近なところにある銀行とは違い、ろうきんの仕組みについてはよく知らない人が多いのではないでしょうか。

ろうきんとは、そんな労働組合や消費者生活協同組合、その他の労働者の団体に加盟した人を対象にした金融機関です。

1950年設立で、働く人がお互いの助け合いのために作られた協同組合です。その活動は、労働者の経済的地位をの向上を目指しています。

組合員が資金を出し合い助け合いの気持ちで利用しあって、利益は組合員に還元するのです。

ろうきんの店舗は全国に608店あり、働く人の生活を支えています。

この記事でわかること
  • ろうきんは働く人の生活を支える協同組合の金融機関
  • ろうきんは地域で13か所に分類、全国608店舗、メンバーは約1000万人
  • ろうきんはローンが豊富で金利が低め
  • ろうきんは会員組合員が対象、年収150万以上で同じところで1年以上働くことが条件
  • ろうきんは借入、返済がコンビニATMでも手数料無料

先読み【目次】>>

ろうきん(労金)とは

ろうきんは働く人たちが資金を出し合い、絆で運営する福祉金融機関です。

多くの金融機関の様に営利を目的にしていないので、利益は組合員みんなのために分けあって使い、生活の向上を目指しています。

ろうきんは労働金庫法に基づいて運営され、考え方に賛同した組合員、全国1000万人の働く人の預金で運営されています。

具体的な業務内容は他の金融機関とあまり変わりませんが、預かったお金は働くみんなの共有財産という認識で、融資を行ったり、生活の向上を目指すために運用されています。

ろうきんは地域・都道府県によって13ヵ所に分類

全国には13のろうきんと608の店舗があって大きなネットワークを作り、働く人の生活を守る運動、被災地支援など社会貢献をしながら福祉金融機関を目指しています。

ろうきんを利用するにはまず、全国13のろうきんのうち住所から、取引可能なろうきんを決定し、取引を始めます。

ろうきんの中央機関として「全国労働金庫協会」と「労働金庫連合会」があります。 .全国13のろうきん相互の支援制度を運営し、セイフティネットとして組合員の利益を守る仕組みを作っています。

北海道ろうきん北海道
東北ろうきん青森、宮城、秋田、山形、岩手、福島
中央ろうきん東京、山梨、茨城、栃木、群馬、神奈川、埼玉、千葉
新潟ろうきん新潟
長野ろうきん長野
静岡ろうきん静岡
北陸ろうきん石川、福井、富山
東海ろうきん愛知、岐阜、三重
近畿ろうきん大阪、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、京都
中国ろうきん岡山、山口、鳥取、広島、島根
四国ろうきん徳島、香川、愛媛、高知
九州ろうきん福岡、、宮崎、鹿児島、佐賀、長崎、熊本、大分
沖縄ろうきん沖縄

ろうきんで借りるのと銀行・消費者金融で借りるとの違い

ろうきんは組合員の生活の充実のために融資を行います。そのため融資対象は個人です。

それに対して銀行、消費者金融は営利目的のための融資です。個人だけではなく、法人や企業にも融資を行います。

ろうきんは個人向けのローンが充実していて金利も低めです。低額融資でも金利が低いので利息も安くすみます。それに対して、消費者金融は低い融資額であれば、高額融資より高い金利になります。ろうきんは融資金額によって金利が決定されることはありません

低い金利で融資が行われること、貸し倒れになって組合員に損を与えることを警戒して、ろうきんのローン審査は慎重に行われます。そのため融資を受けるまでに時間がかかり即日融資ということはありません。

 

ろうきんローンの種類と金利

ろうきんには借入希望者の目的にマッチして、それぞれの家計にも過度の負担のかからないローンが低金利で提案されています。

住まいについては、不動産担保の必要な住宅ローンや無担保のリフォームローンがあります。公的融資制度と合わせて利用可能です。また他の金融機関の借換えもできるので、低金利で無理のない返済をしていくことができます。

カーライフローンは、車の購入だけではなく、車検や修理、免許取得費用についても借入可能です。そのうえ一般的に金利が高いと言われているディーラーローンからの借換えその他の金融機関からの借換えもできます。

教育ローンは入学金、教育資金全般の他、他の金融機関や奨学金などからの借換えもできます。元金返済の据え置き期間もあり金利も低めなので上手に使えば、充実した学生生活を送ることができます。またカード型の教育ローンもあるので急にお金が必要になった時限度額まで、その都度ごとに引き出すこともできます。

カードローンも手続きをしておけば、お金が必要な時に、融資限度額内であればカードで手軽に引き出すことができます。そしてかなりの低金利です。

フリーローンは結婚費用、旅行費用、カルチャースクールの授業料、他からの借換えなどいろいろな出費に使うことができます。上手に利用すれば、あらゆる資金を低金利で融資してもらうことができます。

どのローンもろうきんとの取引内容によって、金利の優遇があります。窓口やメールでよく聞き合わせるなどして、検討する必要があります。

ローンの種類使用用途金利
住宅ローン
(不動産担保型)
申込者と家族が居住する新築、土地
他金融機関の住宅ローン借換資金
※事業資金、投機・投資目的、負債整理資金以外
変動
固定
全期間固定
リフォームローン
(無担保型)
リフォーム・増改築、購入変動2.000%
固定2.100%
カーライフローン申込者または2親等以内の新車、中古車、バイク、クルーザー、ボート購入費、付属品、車検、修理、免許取得費用固定金利
教育ローン申込者または2親等以内の教育資金、学校、塾、通信教育に関わる費用、他金融機関の教育ローンの借換え、奨学金の借換え固定金利
カードローン
(マイプラン)
生活資金
※事業資金、投機・投資目的、負債整理資金以外
変動金利
フリーローン結婚、葬儀、家具購入費、旅行、趣味
他行、他金融機関の借換え
※事業資金、投機・投資目的、負債整理資金以外
変動
固定

ろうきんでお金を借りる条件

ろうきんでお金を借りる大前提は、

  • 団体会員の構成員
  • 生協会員の組合員と家族
  • 一般勤労者

であることです。

ろうきんでお金を借りることができるのは、そのローンごとに年齢制限があり、1年以上同じところに勤務して給料をもらっている人が対象です。ただし未成年については親の同意書が必要です。

勤務形態は、正社員、派遣、パート、アルバイトなど問いませんが、年収150万円以上の人に融資可能です。

ろうきんの融資は、居住地または勤務地の営業エリアでしか受けることができません。

 

ろうきんで借りる為の申込み条件と限度額(会員組合員)

種類申し込み条件限度額
住宅ローン申込時年齢20歳以上66歳未満
同じ勤務先に原則1年以上勤務していること
継続した安定収入があること・前年度税込み収入が150万円以上であること
保証機関の保証が受けられること
1億円
リフォームローン18歳以上76歳未満(未成年は親権者の同意書が必要)
同じ勤務先に原則1年以上勤務していること
継続した安定収入があること・前年度税込み収入が150万円以上であること
保証機関の保証が受けられること
2,000万円
カーライフローン1,000万円
教育ローン1,000万円
カードローン
(マイプラン)
申込時年齢18歳以上65歳未満(未成年は親権者の同意書が必要)※地域によって20歳以上
同じ勤務先に原則1年以上勤務していること
継続した安定収入があること・前年度税込み収入が150万円以上または、家計年収が150万円以上
保証機関の保証が受けられること
100万円
フリーローン18歳以上76歳未満(未成年は親権者の同意書が必要)
同じ勤務先に原則1年以上勤務していること
継続した安定収入があること・前年度税込み収入が150万円以上であること
保証機関の保証が受けられること
500万円

ろうきん(労金)でお金借りる時の審査

ろうきんの審査も銀行、その他の金融機関同様、安定収入がなく返済能力に欠けるとみなされるとクリアすることができません。

ろうきんの金利は全般的に低めです。金利が高いということは返済不可能になるリスクに備える部分が金利に含まれているということです。

反対に金利が低い場合はそのリスクに対する備えが十分ではないということなので、その分審査は厳しくなります。そのため審査にかかる日数もおのずと長くなります。

ろうきんの金利はローンの目的によってのみで決められるわけではなく会員組合員、一般勤労者等、借入者個人の立ち位置で異なります。

信用情報機関に加盟しているので、細かい情報まで明らかになります。過去に債務整理、自己破産、返済遅延などブラックな情報があれば、他の預金者に迷惑がかかるという観点から審査には通りません。ブラック情報は信用情報機関のデータに最低でも5年ほど残ります。

 

審査基準(会員組合員・生協組合員・一般勤労者)とは

  • 会員組合員とは、ろうきんに出資し加入している労働組合、国家公務員や地方公務員などの組合員のことです。
  • 生協組合員とはろうきんに出資し加入している生活協同組合の組合員とその家族のことです。
  • 一般勤労者とは、会員組合員、生協組合員以外で就労している人のことです。

上記の様に借入者を3種に分けて取引が行われます。

会員組合員は、会社に入社した時からその権利を得て、会社が身分を保証してくれます。会員組合員の勤務する会社については経営状況や給料支払い状況は確認しやすいので返済を行う能力があるかどうかも見極めやすいのです。

そのため、ろうきんからの信用があるので審査には通りやすくなります。

しかし、信用情報機関に加盟しているので会員組合員に対して審査が特に甘いと一概に言えるわけではありませんが、融資が実行される時は金利の優遇もあります。

審査にかかる時間、日数

ろうきんは即日融資は扱っていません。

まず、会員組合員、生協組合員以外の就労者は出資金を払うか友の会に入って借入者の資格を得る必要があります。

また、融資してもらうにはローンカードも必要なのでカードを作り、仮審査を通過するのに1週間以上かかります。仮審査はネットで手続き可能ですがその後、担当エリアの店舗の窓口を訪ね、本審査、契約と進むまでに2~3週間はたっぷりかかってしまいます

融資を受ける場合には、ろうきんの口座も必要なので、持っていない人は新しく作らなければなりません。

審査を受けて、融資が実行されるまでに、上記のようないろいろの手続きも必要なのでどうしても日数がかかります。

審査に落ちる確率と難易度

最近、どんな金融機関でも、返済が滞る危険をなるべく回避しようと審査が厳しくなっています。ろうきんも集めたお金を組合員の生活の向上に使うことが大前提なので、審査の難易度は高くなっています。

例えば、それまでの借入をすべてまとめる借り換えローンは、その中でもリスクが多いことは確かです。そんなろうきんの借換ローンの審査を通ることができない確率は6割ほどだという調査結果もあります。さらに慎重を期した審査には2週間ほどもかかります。

他のローンも含め、ろうきんは金利も低い融資が行われることもあり、返済不能の事例が起きてもそれをカバーすることは難しいので、審査はさらに厳しくなっています。

審査落ちの対処法

せっかく低金利で受けられるローンがあっても審査に通らなければ元も子もありません。

年令制限、年収、勤務年数などは該当するか、借入者でもすぐ判断がつきます。その他に、融資額が適当なのか、また過去から現在に至るまでブラック情報がないかで、審査を通過できるかが判断されるのです。

融資を受けようとするとする際には、返済希望額は少なめにして、現在の収入でも無理なく返済できることをアピールします。

また、他社からも借入額も問題になるのでなるべく減らす努力はすること、または滞納している支払いがある場合には速やかに支払うことなどに努めなければいけません。

また、口座引き落とし、給料振り込みなど前からろうきんと取引があることをアピールしたり、店頭へ熱心に通い誠意のあることを印象付けることも大切です。

家族にバレる?郵送物(カード)あり

借入に必要なローンカードは、自宅に郵送されます。ろうきんとしては記載されている住所にカードを郵送し、実際にそこに住んでいるかの再確認をする意味もあります。

手続きに時間がかかるので、審査が通ったのち1週間~2週間後に送られています。カードにはローン機能を持つカードであることが明記されていますので、他の人に知られたくない人は、見られないようカードの保管には注意する必要があります。

職場にバレる?在籍確認あり

返済能力がしっかりあるかどうか審査することにおいて、職場への在宅確認は欠かせません。職場に確かに勤務していることがわかれば、給料も確実に受け取っているだろうと判断できるからです。給料が定期的に支払われていれば、返済も滞りなく行えるという証明になります。

職場に借入をすることが知られると困る人もいます。ろうきんでは担当者の個人名で電話をかけて在籍確認をするなど配慮しています。なので、職場バレの心配はそこまでるす必要はありません。

また、その電話では在籍確認のみできればいいので、借入内容などについての長時間の電話になることはありません。

労金でお金借りる時の流れ

申し込みネットでも居住地の店舗の窓口に直接行ってもできます。

ネットの場合は、ろうきんのホームページの申込書に必要事項を記入して送信します。仮審査結果は後日、メールまたは電話で連絡があります。仮審査を通過したら、必要書類を揃えます。在籍確認の電話が勤務先に入ります。本審査結果を待って、店舗の窓口で契約を結びます。

店舗窓口で申し込みをした場合も同様に、審査が行われ、店舗窓口で契約が行われます。

本審査を通ると自宅にローンカードが郵送され、いつでも借入ができるようになります。

申し込みからカードが発行されるまでに3週間ほどかかります

申込み方法

居住地又は勤務地から担当エリアのろうきんを見つけ、そのホームページから申し込みをします。また、担当の店舗窓口での申し込みも可能です。

申し込みには、氏名、住所、年令、勤務先、年収、その他の借入、融資希望金額、融資希望日時などのデータを正確に入力します。かなり詳しいところまで入力が必要ですが、入力漏れがないように注意深く書き込みます。

この際、虚偽の申告をしても信用情報機関によってすぐ判明し、審査に落とされます。

仮審査~カード郵送、借入までの流れ

ネットで申し込みをすると、その内容について仮審査が行われます。数日後、申し込みを送信したアドレスに、結果が送られてきます。

仮審査を通過した人は、必要書類を揃え、担当店舗の窓口で申し込みをします。

窓口担当者が、ネットで送られてきた情報に沿って本人確認と再度、借入の意思確認をします。

2週間をかけて申し込み内容と一緒に提出された必要書類(本人確認書類、収入確認書類、勤続年数確認書類など)を精査し、本審査が行われます。うその申告をすると審査にはほぼ通りません。

審査の中には、電話で勤務先への在籍確認も含まれます。

本審査の結果はメールで連絡があります。その時に契約条件も提案されます。

1週間後にはローンカードが自宅に郵送されます。

カードを使って、ATMから融資金額を引き出すことができます。

ろうきん(労金)の引き出し方と返済方法

ろうきんの一番の魅力は手数料無料という点にあります。

カードで引き出す時または入金する時全て無料であれば、まとめて引き出して少しずつ使わなければならないという煩わしさはありません。また手元に多額のお金を保持して盗難にあう危険もありません。

ろうきんのATM以外でも手数料無料の取引ができます。ローソン銀行やイオン銀行は終日無料ですが、その他のコンビニや金融機関でも時間帯の制限はありますが、手数料無料の取引ができます。

手数料は、ろうきんの口座に、すぐに振り込まれるシステムになっています。

引き出し回数に制限もなくその都度、手数料が口座に戻ってきます。

また、ろうきんで開設した口座から、融資額の引き落としができます。

カードローンの毎月の返済を決まった日に行う定例返済は必ず定期的に行われます。

その他、返済日を決めずにいつでも追加で返済したり返済額を増額できる臨時返済も可能です。

労金(ろうきん)でお金を借りるメリット

ろうきんで借入すると金利が消費者金融に比べて低金利であることはもちろん、条件がそろえば銀行よりも低金利な取引ができます。

公共料金自動振替、給与・年金振込など条件を満たすことができそうなものも多々あり、いろいろ組み合わせて最大で3%を超える引下げが可能です。

また借入希望者の条件として、パート、アルバイト、18歳から19歳の未成年でも年収などの条件を満たせば、広く融資を行っています。

ろうきんは総量規制の対象ではないので、年収に対する借入限度額の制限はありません。

ろうきんカードローン(マイプラン)は銀行や消費者金融に比べて低金利

ろうきんの借入金利が低いのは、営利目的の金融機関ではないからです。

地域によって、条件が違いますし、借入できるろうきんも居住地や勤務地によって制限されています。

ろうきんのローンが低金利であると言われる所以は、少額の融資でも金利が変わらないということにもあります。他の金融機関では少額融資は多額融資より高い金利を設定しているところが多くあります。

このことは、利子の金額にも大きく影響してきます。少額を長い期間で返済しようとすると、ろうきんと他の金融機関では総返済額にかなりの差が生じます。

条件クリアで最大年3.2%も金利を下げられる可能性

ろうきんはとの取引が濃いほど金利面での優遇があります。

例えば、

  • 給与振込・年金振込を指定しているか
  • 公共料金の自動振替
  • 過去にろうきんローンを使用しているか

など、日常的にろうきん口座を活用していると、金利をさらに下げて、優遇されます。

その他、インターネットバンキングやweb通帳などを取り入れて手続きを簡素化することでも金利の優遇があります。

金利優遇は、それらの条件を合算して融資を受けることができますが、上限は3.2%となっています。

また、返済が滞った場合には、金利の引き下げが取り消される場合もあります。

パート・アルバイトでも借りられる

ろうきんではパートやアルバイトでも融資を受けることが可能です。

しかし、

  • 年収150万以上
  • 勤続年数1年以上の条件

を同時にクリアしなければなりません。これは正社員資格に近い条件とも言えます。

正社員、公務員の人の方が職場の安定性を認められて、審査に通りやすい傾向はあります。

ろうきんは将来に向けて定額収入があり、継続的に返済額を無理なく返していけるかどうかに重点を置いて審査が行われます。誠実に働いているかどうかが審査の結果に大きな影響を与えます。

未成年・18歳でもお金を借りれる

他の金融機関で未成年が融資を受けられるところはあまりありません。

ろうきんでは未成年でも継続的に定期的な報酬をもらいながら働いていれば、借入できるローンがあります。

しかし、未成年の場合は親権者の同意は必要です。

年収150万以上、同じ会社への勤務年数1年以上という条件を満たすことは必須ですので、未成年への融資はかなり限られたものになります。

未成年でも融資をしてくれる金融機関が仮にあっても金利も高く、少額の借入でも相当な利子が付くことがあります。

その点、ろうきんは低金利で、組織もしっかりしているので安心です。

しかし借入に不慣れな未成年は特に、返済できる範囲内での借入をするように十分注意しなければなりません。

総量規制外なので他での借入れがあっても借りれる

ろうきんは労働金庫法に則って運営されています。

そのため、貸金業法で定められている総量規制の対象外で、さらに金利は低めです。借入する人にとっては他の金融機関に比べて返済面でも恵まれています。

しかし、それに甘えて、借入者の収入に見合わないような借入額を希望したり、他からの借入があったりすると審査を通ることができません。

借入額は年収の1/3までという総量規制は借入者が無理をしないための目標値として定められています、総量規制外であっても借入金額を考えるための参考とすると有意義です。

労金(ろうきん)で借りるデメリットと借りれない時の対処法

メリットが多いように思う労金ではありますが、デメリットもありますので、それらを見極めてうまく活用することが大切です。

ろうきんでのデメリットは、審査、融資までに時間がかかってしまうところです。審査は、シビアに時間をかけて行われます。

それだけ合員から預かったお金を大切に活用しているということの現れです。

即日融資はできない、借りるまでに1か月かかるので余裕をもって申込む

ろうきんは即日融資はできません。

借入申し込み者の収入や状況確認、信用情報機関の審査も最近は詳しく丁寧に行われるからです。

さらに審査を通過できても、借入する際のカードも作らなければなりません。そのカードが作成されて、自宅に郵送されるまでに1~2週間かかります。

ろうきんは、会員組合員などの人たちの預金をみんなで運用して、生活を向上させようという考えのもとに運営しています。その表れの一つが低金利です。従って利益は他の金融機関に比べて大きくありません。そのため慎重な審査が行われるため、融資までの時間がかかります。

職歴が必要!同じ会社で1年以上勤務していないと借りられない

ろうきんは、ずっと同じところで働いて決まった給料をもらっているということが審査の合否に大きく関係します。

仕事はしていても、次々新しい職場を求めて転職している人は信用されずに審査を通過する確率が下がります。

同じ勤務先で、ずっと働いているという職歴であれば、今後も失業することもなく、毎月決まった給料をもらい続けるので、返済も滞らないと判断されるのです。勤務先でもその人の勤勉さを認めているということもあります。

何度も転職を繰り返す人はどうしても信用度が低いのです。

未納・滞納・任意整理・自己破産など金融事故にはシビア

ろうきんは営利目的ではないので、会員から預金を預かったら、それが一部の借入者の滞納によって目減りすることを特に警戒します。過去の借入で、未納、滞納があった人は、ろうきんからの借入でもそんな不都合を起こす可能性があると判断され審査には通りにくくなります。

任意整理、自己破産などの金融事故を起こしてブラックリストに載っている人は審査の通過はかなり厳しいものになります。

審査に通らない理由を抱えている人は、過去の借入をきれいに返済して、改めてろうきんの借入にチャレンジするべきです。

使用用途は自由だが、事業資金には使えない

ろうきんの融資制度は使い道は多種多様で、その範囲はかなり広いものとなっています。

一般の銀行は営利目的で、企業中心に融資が進められ、利益は株主に還元されます。

対してろうきんは、働く人が資金を出し合い利用するために運営されている金融機関です。利益も組合員のための商品やサービスに変えて組合員の幸せのために使う方針で運用されています。

ろうきんは子供の教育、マイホーム資金、マイカー資金など働く人個人の豊かな生活を後押しする目的の融資が行われます。

働く仲間のお互いの助け合いの目的で組織された金融機関なので設備投資資金や運転資金などの事業資金目的では融資を行いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA