在籍確認なしのカードローンでお金を借りる方法!電話連絡なしで借入したい人におすすめのサービス

お金に困っている場合に、一番最初に検討するお金の借りる方法がカードローンと考える人は非常に多いです。

安定した収入があれば、誰でも利用することができて50万円借りるのであれば収入証明書の提出も必要もなくお金を借りることができます。

しかし、1つネックになるのが在籍確認についてです。

基本的には、大手の消費者金融は電話での在籍確認を実施していて、会社に会社名を名乗らないまでも電話をして確認を行います。

この電話での在籍確認を不安に感じている人がとても多いです。今回は電話での連絡なしでカードローンでお金を借りることは可能かについてまとめていきます。

この記事でわかること
  • 大手消費者金融で電話での在籍確認なしでカードローンを利用する方法について!
  • 質屋や生命保険の契約者貸付を利用することで審査なし電話連絡なしでお金を借りることができる
  • 電話での在籍確認をなしにしたいであれば、書類の準備が2ヶ月間必要!
  • 在籍確認自体をなくすことは絶対に不可能である

先読み【目次】>>

在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンでお金を借りることは可能なの?

最初に結論になりますが、在籍確認なし(電話連絡なし)でカードローンを利用することは可能です。

しかし、電話での連絡はなしにすることは可能ですが、在籍確認事態をなしにすることはできません。

これは、金融庁金融会社室の資料でもまとめられていることであり、貸金業法では以下のように決められています。

大手消費者金融が在籍確認が必要な根拠
  • 返済能力調査を義務付けている(貸金業法第13条1項が根拠)
  • 年収の3分の1を超える貸付の禁止で総量規制ともいう(貸金業法第13条2項が根拠)
  • 貸付金額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出を義務付けている(貸金業法第13条3項が根拠)

平成30年4月16日金融庁会社室資料5(与信の厳格化について(貸金業者)

http://www.moj.go.jp/content/001256634.pdf

貸金業法によって、きちんと審査をすることなどを定めています。

したがって、審査がなくてお金を借りることができる消費者金融は全て違法業者になります。

闇金が関わっていて、バックには暴力団の存在があるかもしれないので、絶対に審査のある消費者金融を利用すること必要です。

大手消費者金融で電話連絡をなしにするためのポイントは?

大手消費者金融で電話連絡なしでのカードローンを利用するためのおすすめポイントは3つあります。

電話連絡なしでの在籍確認をする方法のポイント
  • 最低2ヶ月分の給与明細をする
  • 借り入れ金額を少額にして申請する
  • 公務員や上場企業の社員で勤続年数が長いなど信用できるものがある!

最低2ヶ月分の給与明細を用意してカードローンの電話での在籍確認をなしに!

プロミスを例にしますが、プロミスでは電話連絡なしでの在籍確認をしたい場合に、自動契約機に書類を持っていくことで電話での在籍確認なしでの契約をすることが可能です。

その際に、在籍を証明するため、所得を証明するために給与明細2ヶ月分の書類の提出を求められます。

そのため、もし電話での在籍確認をなしにしたいのであれば給与明細を用意する必要性があるのです。

もし、アルバイトを始めたばかりで給与明細の提出が難しい場合は、社員証やシフト表、タイムカードの記録などでも書類としては可能ですが、2〜3ヶ月での記録が必要になる場合が多いです。

したがって、アルバイトを始めたばかりの方や、転職したばかりの方は電話での在籍確認をなしにすることは難しいです。

借り入れ金額を少額にして申請をする!

借り入れ金額については、自分で決めて申請を行うことが可能です。

あなたの必要な金額によって変わりますが少額での申請の場合は審査員の印象もよく、借り入れできる可能性が高いです。

そして、少額での借り入れの方がさまざまな調整をしてくれる可能性も高まりますので、電話での在籍確認をなしにもしやすくなります。

大手消費者金融の場合は、5万円の借り入れ希望でも最大で50万円の借り入れの枠を用意してくれる場合が多いです。

そのため、50万円までの借り入れであれば、少額で申請しても50万円の枠をもらうことができる場合も多いので、少額での申請がよりおすすめです。

アルバイトの場合は、30万円など少なくなってしまう場合もありますが、基本的には50万円以下であれば、付与できる最大枠をもらえることが多くあります。

在籍確認自体をカードローンの申し込みでしなくても良い方法は存在する?

貸金業法では、契約者の状況を把握することを先ほども記載をいたしました。

大手消費者金融が在籍確認が必要な根拠
  • 返済能力調査を義務付けている(貸金業法第13条1項が根拠)
  • 年収の3分の1を超える貸付の禁止で総量規制ともいう(貸金業法第13条2項が根拠)
  • 貸付金額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出を義務付けている(貸金業法第13条3項が根拠)

したがって、十中八九もし審査の確認が不要な貸金業社があれば違法業者で闇金などが関わっている可能性が高いです。

もし、審査なしでお金を借りたいのであれば、質屋や生命保険の契約者貸付などすでに担保とするものがある、もしくは申し込みをしておく必要があります。

続いて、先ほどはプロミスの詳細について記載をしましたが、大手消費者金融5社のそれぞれの特徴について解説していきます。

大手消費者金融5社の特徴と利用するメリット・デメリット

大手消費者金融の有名な5社は以下になります。

大手消費者金融名 在籍確認について 金利無料期間について
プロミス 自動契約機での書類の提出で電話での在籍確認なしにできる。 利息無料期間は30日
アイフル Webでの書類提出で電話での在籍確認なしに出来る。 利息無料期間は30日
SMBCモビット WEB完結申し込みで、勤務先への電話確認なしにできます。 利息無料期間なし
アコム Webでの書類提出で電話での在籍確認なしに出来る。 利息無料期間は30日
レイクALSA Webでの書類提出で電話での在籍確認なしに出来る。 5万円まで180日間利息0円

簡単に大手消費者金融の特徴をまとめましたが、次により詳細に大手消費者金融の情報について書いていきいます。

プロミスは自動契約機で収入証明書の提出で即日契約が可能

プロミスの特徴は、実質年率が4.5%〜17.8%と大手消費者金融の中では、50万円以下の借り入れを際に最も金利が安い消費者金融になります。

他の、大手消費者金融は18.0%に設定していますので、0.2%ですが年利が安いのでこの差をどのように考えるかは人それぞれです。

ですが、金利の安さは長期間に渡って返済が必要な場合は、最終的には大きなさとなりますので、少しでも金利が安いところでお金を借りたいのが消費者の本音です。

プロミスの大きなデメリットというのはあまりありません。強いてあげるとすれば以下の3つになります。

  1. 貸金業法の規定通り年収の3分の1しかお金を借りることができない。
  2. 銀行カードローンよりは金利が高い
  3. 場合によっては電話確認が必要な場合も

基本的には、プロミスのデメリットは大手消費者金融が抱えているデメリットしかございませんので、大手消費者金融のカードローンの利用するのであれば、不便に感じることはあまりないと思います。

アイフルは勤続年数が5年以上の方だと審査にとても有利

アイフルも大手消費者金融の中で上場している有名な会社の1つです。

Affection(愛情や優しい想いなど)・Improvement(努力や進歩などの成長)・Faithfulness(忠実や信頼)・Unity(結束)・Liveliness(活気が良い)のイニシャルを繋げたものです。

サービスの特徴としては、他の大手消費者金融と変わらない点も多く、30日間は金利の無料期間が設定されています。

金利は、3.0%〜18.0%で高額な融資を望むのであれば、プロミスよりも1.5%も金利が安くなっていますので、この差は大きいです。

SMBCモビットはWeb完結申し込みでしか電話連絡なしにする方法はない?

SMBCモビットのWEB完結での申し込みのプランを利用すると、会社への電話での在籍確認なしで審査を通過することができます。(在籍確認は必要書類の提出などで実施)

最短即日でのご融資が可能で、24時間出勤も可能です。

他の大手消費者金融と比べてのお得ポイントとしては、ご返済金額の利息分の200円につき1ポイントがTポイントとしてお金が貯まります。

Tポイントを頻繁に使用している方にとっては、とても嬉しいサービスです。

デメリットとしては、金利の無料期間がないこととWEB完結申し込みには運転免許証かパスポートを提出する必要があります。

マイナンバーカードは、身分証明の確認には使用できないので、運転免許証もパスポートも持っていない方にとっては、Web完結申し込みができないという点で大きなデメリットとなります。

アコムではWebでの収入証明書の提出で在籍確認をなしにすることが可能?

アコムの特徴も、他の大手消費者金融と大きな差はありません。

金利に関しても、3.0%〜18.0%と設定されていますので大きなお金を借りる場合は、プロミスやレイクALSAよりも金利が安くてお得です。

また、アコムはクレジットカードも自社でサービスとして行っておりますので、クレジットカードとの連携させての使用もメリットとしてあります。

レイクALSAは金利無料期間が大手消費者金融の中で一番長いのお得?

レイクALSAの大きな特徴は、金利無料期間が長い点です。

Webでのお申し込み限定で、最大60日間は金利の無料期間があります。また、5万円以下の借り入れで180日間の無料期間があります。(2つの併用は不可)

そのため、少額で長期間お金を借りたい場合は、レイクALSAを利用するのが、大手消費者金融の中では一番お得に利用できる可能性が高いです。

しかし、金利が4.5%〜18.0%となっていますので、長期間に渡って高額な返済が必要な場合は他の大手消費者金融を利用した方が、お得になる可能性が高いです。

在籍確認なしのレディースカードローンでおすすめは?

レディースローンで有名なベルーナノーティスですが、夫の同意書は必要ですが、夫の勤務先に電話をいく心配がありませんので、在籍確認なしでのカードローンの利用が可能です。

もし、早急にお金が必要になった場合に、カードローンを利用したい場合は配偶者貸付の利用は、電話での在籍確認がないのでおすすめできます。

注意点としては、無利息期間は14日と一般的な大手消費者金融よりも短いので、ついつい金利無料期間を間違ってしまって、期限内に返済しようと思ったに、結局利息がかかってしまった例などがあります。

そのほかには特にデメリットとなる部分はありませんので、女性オペレーターさんが対応してくれますし、安心して利用することが可能です。

クレジットカードのキャッシング枠やリボ払いの利用もおすすめ

もし、現時点でクレジットカードでキャッシング枠がある、もしくはリボ払いを利用可能であれば利用することもおすすめです。

リボ払いは借金であると認識して使用していない人にとっては恐ろしい仕組みですが、金利に関しては大手消費者金融の金利と大きく変わりません。

楽天カードを例にしますが、実質年率は15.0%となっており大手消費者金融よりも安いです。

すでに契約をしている必要がありますが、支払いの調整などでクレジットカードのキャッシング枠やリボ払いも有効に活用することが可能です。

在籍確認なし(電話連絡なし)でカードローンを利用する注意点は?

ここからは、在籍確認を電話連絡なしにするためのおすすめのポイント、そして注意点についてまとめていきます。

注意点を意識することで、審査に通過できる可能性が上がりますので確認してみてください。

注意点としては以下の3つになります。

電話での在籍確認をなしにするためのカードローン利用の注意点
  • Web申し込み後すぐにオペレーターさんに電話での在籍確認なしにしたいことを報告
  • 電話での在籍確認をなしにするために必要書類を忘れずに準備
  • 借入額を少額にして申請

上記の内容についてそれぞれ詳細をまとめていきます。

Web申し込み後にオペレーターさんへ電話での在籍確認をなくしたことを報告

大手消費者金融に申し込みを行った後に、実際に申し込みをした業者さんから電話での連絡が来ることがほとんどです。

その電話での連絡が来た際に、在籍確認をなしにしたい旨を報告するでも全然問題ないのですが、審査する側の印象をよくするためにも、自ら連絡する方が良いです。

様々な事情で会社に連絡されたくないということは、担当者様はわかってくださっています。

ですので、より印象の良い方が審査に通過するか微妙な時は、この人なら大丈夫と思っていただけるので、印象をよくするためにこちらからの連絡をした方が良いです。

明らかに、年収の3分の1を超える借り入れは総量規制の基準に引っかかってしまいますので、どんなに印象をよくしても審査に落ちるものは落ち得るので誤解が内容にお願いします。

自動契約機の利用やWebでの収入証明書の必要書類を確実に準備

実際に電話での在籍確認をなしにできると言われたとしても、必要な書類の提出ができなければ意味はありません。

過去の給与明細などをWeb上で管理していなく、手渡しなどで給与明細などをもらっている場合は、会社に頼まなければ再発行ができません。

きちんと会社に在籍していることを証明するためにも、きちんと生類を準備してからお申し込みをすることをお勧めします。

大抵の場合は、書類を無くしたとしても再発行は可能ですので、もし無くしてしまった場合は会社に再発行の手続きをしましょう。

電話連絡なしの在籍確認をするための細かな注意点!

借り入れする際の注意点について書いていますが、これから書く2点についても細かいですが非常に重要な内容になります。

少しでも、大手消費者金融の担当者の印象を良くして、電話での在籍確認なしにしてもらうためにも出来ることはなんでもするのが良いです。

 審査する方の印象をよくするため借り入れ金額を少額がおすすめ!

借入額が大きくなればなるほど審査の厳しさは格段に上がります。貸金業法では、総量規制を定めているため、年収の3分の1以上の貸付を行うことができません。

そのため、あなたの借りることができる金額は、他社の借り入れ金額を考えたら、すでに限度額は決まっています。

そのため、その金額を超えての借り入れを申し込むと審査に落ちてしまう可能性が上がるのです。

基本的には、総量規制を考え年収の3分の1の金額よりもさらに少し小さい金額、もしくは総量規制の範囲内で自分の借り入れしたい希望金額を書くのが良い方法になります。

公務員や上場企業勤務など自分の信頼性を客観的に把握することも必要!

客観的にみて自分がどの程度安定性のある小公卿についているかは、世間の評判などからもわかると思います。

例えば、公務員や上場企業で正社員として勤務している方であればその信頼性というのはかなり高いです。

しかし、短期のアルバイトの方や、アルバイトを始めたばかりの方は信頼性が低いのは誰が考えてもわかることです。

そのため、もしものすごく信頼性の低い状況にいるのであれば、信頼性をあげる行動も必要な場合もあります。

大手消費者金融は、無職の方への貸付を行っていませんので、例えば無職の方は絶対に借り入れを行うことができませんので、注意が必要です。(関連:無職でもお金が借りれる?)

 電話での職場連絡なしを交渉以前にキャッシング出来ない事例は?

様々な事情によって、職場への電話での連絡をなしにしたいと思っている方もいらしゃいます。

しかし、その交渉をする以前に、現在おかれている状況によっては、融資の審査を通過する可能性が極端に低い場合もありますので、審査落ちする人の特徴をまとめていきます。

高確率で審査落ちする人の特徴
  • 複数社から借り入れがあり、年収3分の1のお金をすでに借り入れしている
  • 過去に支払い遅れなどでブラックリスト登録されている
  • 住宅ローンの支払額や家賃の支払いが多い場合

借り入れが複数者で多重債務者だと追加での借り入れは難しい?

他社からの借り入れがあり、年収の3分の1の融資を受けている方はほぼ100%審査に落ちます。

総量規制の適応外のおまとめローンを申し込むのであれば、審査に通過することができる可能性もありますが、一般的なローンであればかなりの確率で審査落ちをします。(100%近いです。)

そのため、もし他社からの借り入れがあるのであれば、どれくらいこれまで借りているのかを把握することが大切です。

信用情報に傷があったりブラックリスト登録されている方は注意が必要!

ブラックリスト登録されている方も、大手消費者金融や銀行カードローンの申し込みの際に審査に落ちてします可能性が高いです。

一部、審査を通過したという事例がありますが、ほとんどの場合は審査落ちします。

また、支払い遅れなどは携帯電話の分割払いなども出来なくなる可能性があり、クレジットカードを新規で作れないなど弊害はものすごく大きいので、なるべく支払い遅れだけはしないようにしましょう。

住宅ローンや家賃の支払いが多い場合は審査落ちする可能性が高まる?

大手消費者金融や銀行は毎月どれくらいの金額を支払いに当てることがきるのかをかなり厳密に確認をしています。

そのため、住宅ローンの支払いや家賃の支払いが多い方は、審査に落ちてします可能性も高まってしますのです。

あなたが、現在どれくらいの支払いを毎月行っているのかは非常に重要な要素となりますので、毎月の支出をきちんと考える必要性があります。

専業主婦でもキャッシングの利用は可能?

専業主婦でもキャッシングの利用は可能です。そのため、クレジットカードを申し込んでキャッシング枠を利用できれば、お金を借りることも可能です。

また、専業主婦の方でもリボ払いも行うことができますので、大手消費者金融のカードローンよりも低い金利で支払いの延期を行うことができます。

学生がアルバイト先に電話での在籍確認をなしにしたい場合は?

学生アルバイトで電話での在籍確認をなしにしたい場合は、きちんとした書類を揃えることが重要です。

働き始めで、給与明細書などの書類が揃っていない場合は、電話での在籍確認をなしにすることはできず、審査に落ちてしまう可能性があります。

そのため、大全体として書類をきちんと集めておくことが重要です。

また、アルバイトは正社員と比べても社会的信用が低いので、電話での在籍確認を必須にしている場合もあります。

電話での在籍確認をなしにできる大手消費者金融ももちろん多いですが、できない場合もありますので注意が必要です。

在籍確認なし(電話確認なし)でお金を借りたければ、カードローン以外の方法の検討も?

もし、電話での在籍確認をなしにしたい場合は、カードローンにこだわりすぎずに他の選択肢を探すことも非常に効果的です。

質屋でお金を借りる方法や、生命保険の契約者貸付など職場に絶対にバレることなくお金を借りる方法はいくつかかるので、次に紹介していきます。

質屋を利用すれば審査なしでお金を借りることができる?

質屋は物を担保にしてお金を借りることが出来る方法です。

時計やブランドバック、車など様々な物を担保にしてお金を借りること可能であり、さらに、もし返済できなくても質入れしたものが没収されるだけで済みます。

もし、質入れした商品が質流れなってしまったとしても、再び質屋を利用することが出来るので、非常に便利です。

もう1点質屋の良い点は、途中でお金の返済が無理と判断した段階で、買い取りに変更してもらうことも可能です。

買取に変更してもらうことで、お金を借りた利息分は引かれてしまいますが、多くのお金を手元に残すことができます。

担保するものさえあれば、誰でも利用できますので質屋はお金を借りる方法でとても便利な方法の1つです。

デメリットとしては、借りる金額によってはカードローンよりも金利がものすごく高い場合がありますので、その点は注意が必要です。

生命保険の契約者貸付は契約者であれば審査なしでお金を借りることが可能!

生命保険の契約者貸付も、電話での職場への在籍確認なしでお金を借りることが出来る方法の1つです。

すでに契約している生命保険会社から、契約者貸付という形でお金を借りることができます。

制度の仕組みとしては、生命保険には解約返戻金という制度があります。

契約者が死亡したときなどに、ご家族が受け取れるものなど様々なものがありますが、この解約返戻金の7割から8割を先に借りてします制度です。

もちろん返済の必要がありますが、金利は3%〜5%とカードローンよりも非常に安いです。

メリットももちろん多いのですが、デメリットも存在しています。

デメリットとしては、2つで1つは契約者ご本人様しか利用ができないこと、もう1つは、もし返済が出来ず解約返戻金の限度額に達してしまった場合は、生命保険を解約されてしまいます。

生命保険の解約により、老後の心配などが増える可能性がありますので注意が必要です。

国からお金を借りる方法は在籍確認なしでのお金を借りることができるのでおすすめ

国からお金を借りる方法としては、様々な方法があります。

お子様の教育費のための教育ローンや、緊急小口貸付資金など状況に応じて様々なお金を借りる方法があります。

基本的に金利もものすごく安く、連帯保証人がいることで金利がなしになる国からお金を借りることが出来る方法も多いです。

もし、お金に困っている場合は国からの融資制度に頼ってみるもの1つの手段です。

高齢者、貧困者、障害者にとっては利用できる国の融資制度はとても多いです。

在籍確認がどうしても必要な場合は、職場への言い訳を考えることも重要!

もし、電話での在籍確認が絶対に必要な場合は職場への言い訳を考えておくことも重要です。

基本的には、個人名でお問い合わせをしてくださるので、大手消費者金融からお金を借りていることをバレる心配はありません。

しかし、アルバイト先や会社に連絡が来るというのは通常では考えにくいことであり、職場の方から何か言われる可能性もあるのです。

そのため、適切な言い訳を考えておくことが重要です。

一番言い訳として使用しているのが多いのが、クレジットカード会社からの在籍確認とお伝えるのが言い訳としては一番効果的です。

クレジットカード自体は借金ではないので、マイナスに思われる心配もありません。

しかし、同僚に同じくカードローンを利用して同じ言い訳を利用している人がいる場合は、バレる可能性がありますが、その可能性も低いと思います。

まとめ

大手消費者金融は基本的には、電話での在籍確認なしを書類の提出で行うことが可能です。

しかし、アルバイトや職場で働き始めの場合は、給与明細書を2ヶ月分など用意できない可能性もあります。

また、大手消費者金融や銀行カードローン(関連:三菱UFJ銀行カードローン楽天銀行カードローン)によっては、電話での在籍確認を必須にしている場合もありますので、注意が必要です。

在籍確認は会社名を名乗らないので、バレる心配はかなり低いですが言い訳を考えておくのも対策としては大事です。

そして、もし、電話での在籍確認をなしにできず、審査に落ちてしまった場合は、審査のないお金の借りる方法などを利用するのもおすすめになります。