転売・せどりでお金を稼ぐ

ERESA(イーリサ)の口コミ・評判はよい?本当に使えるツール?

イーリサは、Amazonのリサーチを手助けしてくれる、お役立ちツールです!

モノレートの終了や、デルタトレーサーの有料化など、せどり・転売界隈は逆境に立たされることが度々ありますが、イーリサはその悩みを解決してくれますよ♪

「イーリサの口コミ・評判を知りたい!」

「イーリサを使ってAmazonのリサーチをする方法は?」

今回は、ERESA(イーリサ)が本当に使えるツールなのかを解説していき、口コミ・評判をそれぞれ紹介しますね♪

無料で使えるツールでありながら、有料ツールさながらの機能を利用できるため、気になる人は要チェックです!

みきこ
みきこ
せどりのリサーチで、そこまでランニングコストをかけたくない人や、無料でリサーチしたいと思っている人は、必見ですよ♪
よくわかる解説
  • イーリサを使えばAmazonのすべてのリサーチができる
  • Amazon販売におすすめ
  • 価格比較ができるため買い物でも利用できる
稼ぎたいけど、資金が早急に必要で一時的に借りれる最新版:今すぐお金を借りる


↓月商1,000万円超えチーム生多数排出実績↓
※初心者・経験者問わず分からない事はサポート! LINE@登録(無料) >>

ERESA(イーリサ)の口コミ・評判は?

イーリサ(ERESA)の口コミ・評判ですが、残念ながらリリースして間もないツールだったので、見つかりませんでした!

そこで、私なりに使った感想を、いくつか紹介しますね♪

まず、イーリサを使ってよかったと感じたのは、以下の点です。

イーリサでよかった点
  • 無料版なのに情報量が多い
  • 売れ筋商品が見つかる
  • ショッピングにも使える

情報量についてですが、無料版の割には有料さながらのデータを取得してくれます。

ファーストビューで表示されるデータは、以下のとおり。

どの商品も、まずはこのデータがお迎えしてくれます◎

商品の簡単な説明と、コンディション別の販売個数と価格、月間販売個数など多くの情報が閲覧できます。

さらに、デルタトレーサーやモノレートにあった、各ランキングの表示も可能です。

また、価格を比較する際にも使えるため、通常のショッピングなどでも使えますよ♪

イーリサでは、各ECサイトに飛べるようなリンクが存在します。

それぞれボタンを押すと、リンク先に飛べるわけですが、Amazonとの価格を比較しつつ、少しでも安い商品をリサーチできます。

楽天を指定して検索すると、このように商品が出てきました。

全体的に価格が高騰している商品なので、amazonよりも安い商品を見つけられませんでしたが、価格比較に使えます◎

このことから、イーリサは物販ビジネスにも使えますし、日常的なショッピングにも使える、現代リサーチツールの救世主といえるでしょう♪

そもそもERESA(イーリサ)はどういうツール?できることは?

イーリサは、Amazonのリサーチで利用できることはわかりましたが、実際どのようなツールなのかイメージがつかない人もいると思います。

そこで、どのような特徴があり、何かできるのかERESA(イーリサ)の使い方を紹介しますね♪

個人的に使ってきたなかで、感じたのは以下のとおりです。

イーリサの特徴
  • 商品需要を調べられる
  • 詳しいランキンググラフが閲覧できる
  • 無料版デルタトレーサーのようなイメージ

モノレートを使っていた人は、デルタトレーサーに移行したと思いますが、次はイーリサに移行したいところです。

つくりもデルタトレーサーに似ていますし、すぐに慣れると思いますよ♪

amazonの商品需要を調べられる

イーリサを使えば、商品の需要が調べられます。

amazonで商品を販売する際は、商品の需要を調べないことにはせどりの仕入れ判断ができません。

しかし、現状で仕入れ判断をするには有料版ツールを使うしか、選択肢がありませんでした。

イーリサの場合は、無料で商品需要を調べられます。

調べ方は簡単で、3つの方法があります。

イーリサの商品需要の調べ方
  • ランキング降下数を確認する
  • ランキンググラフを確認する
  • コンディション別販売推移を閲覧する

手っ取り早く確認したいなら、ランキング降下数の確認がおすすめです。

こちらでは、月間にどのくらいランキンググラフが下がったのかが閲覧できますが、商品が売れた指標になります。

1回下がれば1個売れた計算ですが、あくまでも目安です。

80回下がったとすれば、おおよそ70~80個の間売れたと推定できます。

また、ランキンググラフでも需要が確認できます。

販売個数で確認できれば問題ないと思いますが、私はラインキンググラフのほうでもあらためて確認しています◎

ギザギザしている回数が多いほど、amazonで売れている判断が可能です。

みきこ
みきこ
それぞれ確認すれば、商品需要が簡単に調べられそうですね♪

詳しいランキンググラフが閲覧できる

イーリサでは、ランキンググラフを確認して商品の需要がチェックできます。

先ほど紹介したのは、最も確認することが多い3ヵ月のグラフです。

その他にも、イーリサでは”1ヵ月・6ヵ月・12ヵ月・全期間”のグラフが閲覧できます。

ロングテールで分析する場合は、6ヵ月以上を選択して、トレンドせどり・転売などをするなら、1ヵ月の短期間グラフで分析しましょう。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

【1ヵ月】

【6ヵ月】

【12ヵ月】

【全期間】

分析に役に立つ、ランキンググラフなのでおすすめです◎

また、イーリサではAmazonのリサーチツールとして有名な”Keepa”とAPI連携をしているため、検索時点で有料版のグラフを表示してくれます。

こちらが実際に表示されるグラフですが、イーリサよりも詳しいグラフを閲覧できます。

ちなみに、私は有料版Keepaにも登録していますが、まったく同じグラフが表示されますよ♪

詳しく分析できるのは有料版Keepaですが、とりあえずランキンググラフを確認するだけなら、イーリサでもよいと思います◎

無料版デルタトレーサーのようなイメージ

イーリサを使っていて既視感がありましたが、どこかデルタトレーサーに似ている部分があります。

私は、有料版のデルタトレーサーを利用しており、分析で使うことも多いです。
(リサーチツールでは一番使いやすいです)

イーリサを開発担当の方に紹介してもらってから、使うようになったわけですが、デルタトレーサーと似ている部分が多いですね♪

それぞれ比較すると、以下のとおりです!

【商品ページ:デルタトレーサー】

【ランキンググラフ:イーリサ】

【ランキンググラフ:デルタトレーサー】

そのため、私のなかでは無料版デルタトレーサーとして使えるツールだと思います◎

デルタトレーサーは有料化されてしまいましたが、課金する価値は十分あると思います。

現時点では、イーリサと機能面は変わらないので、無料か有料かで判断するとよいでしょう。

ERESA(イーリサ)の評判はよい!amazon物販で本当に使える?

イーリサは、今まで使ってきたなかで、デメリットや不満はありませんでした。

しいて言えば、検索に時間がかかる点ですね!

たしかに、キーワード検索をすれば時間がかかりますが、ASINやJANコードを使って商品を特定すれば、スムーズに検索できます。

ただ、無料のツールなので、「本当にamazon物販に使えるの?」という声も多いと思います。

個人差があると思いますが、少なくともamazon転売をしている私から言わせてもらうと、使えるツールです!(関連:転売とは?)

個人的に、使えると思った点は以下のとおり。

【イーリサが使えると思った点】

  • 一目で商品需要がわかる
  • 移動できるリンクの数が多い
  • 有料版Keepaのデータを閲覧できる

今まで、モノレートやデルタトレーサーを使ってきた人は、イーリサに移行するのもありです。

特に、無料版のツールを求めている場合は、イーリサを使って損はありません◎

ERESA(イーリサ)を使ってamazon物販で利益を出す流れを紹介!

イーリサを使うと、Amazon物販で利益が出せるようになります。

口コミ・評判もよいので、積極的に使ってほしいところですが、使い方がわからない人も多いでしょう。

そこで、実際にイーリサを使って、Amazon物販で利益を出す流れを紹介しますね♪

無料ツールを使って、売れる商品を見つけたい人は要チェックです◎

具体的な手順は、以下のとおりです。

イーリサを使ってAmazonで利益を出す流れ
  1. ASINコードで商品を特定する
  2. 商品需要をチェックする
  3. 損益分岐点を計算する
  4. 仕入れ先で商品を探す
  5. 商品を仕入れる

この流れで進めていけば、簡単にすぐにお金を稼ぐ・利益が出せます。

少しでも、Amazon物販で利益を出したいと思っているなら、参考にしてくださいね♪

1.ASINコードで商品を特定する

まず、利益商品を探すために、商品を特定したいと思います。

今回リサーチしたいのは、以下の商品です。

人気ゲームタイトルで、最近急速に需要が高まりつつあるので、リサーチしたいと思います。

イーリサで調べるには、ASINコードが必要なので、商品ページから取得しましょう。

すると、「B07FDW61HX」のコードが出てきました。

こちらをコピーして、検索窓に張り付けると、商品ページが出てきます。

ここから、商品のリサーチを始めていきましょう♪

2.商品需要をチェックする

商品ページ開いたら、その商品が本当にamazonで売れているのかどうかをチェックします。

需要をチェックできる項目はそれぞれ存在しますが、私がイーリサを使ってリサーチする際は、以下を見ています。

【イーリサで需要を確認する際に見たいポイント】

  • 月間ランキング降下数
    →ある程度の売れている商品数を把握
  • ランキンググラフ
    →本当に売れているかグラフで確認

この流れを徹底すれば、仕入れた商品が不良在庫にならずに済みますよ♪

まず確認したいのが、ランキング降下数です。

こちらでは、月間でどれくらいランキング変動があったのかを確認できます。

30日間に97回降下しているため、約85~90個程度は売れていると予測できます。
(ランキンググラフが下がると商品が売れた指標になるため)

しかし、これだけでは本当に売れたかどうか確認ができないので、ランキンググラフであらためて確認します。

直近1ヵ月のランキンググラフですが、そこまで変動はありません。

人気商品の場合は、一定期間上位をキープし続けますし、イーリサで表示されているグラフは、若干簡易化されています。

そのため、ある程度ジグザグがあり、それなりに販売個数がある商品なら、売れていると判断して問題ありません。

3.損益分岐点を計算する

商品が売れるとわかったので、いよいよ仕入れの準備に移ります。

ここで実践したいのが、損益分岐点の計算です。

現時点では、イーリサ上で利益計算ができないようになっていますが、直近で機能がリリースされるとのことです。

amazonで販売するなら、セラーセントラルがすでにあることが予測されるため、FBA料金シミュレーターを使うとよいでしょう。

サイトにアクセスすると、ASINコードを入力できる画面に移動します。

先ほど調べた、「B07FDW61HX」を入力して、商品を特定しましょう。

商品を特定したら、次は損益分岐点の計算です。

利益計算ツールが出てきますが、入力するのは赤で印をつけている項目です。

今回、中古コンディションの商品を、6,000円で販売することを想定して、6,000円で入力します。
(FBA納品手数料は500円で入力しています)

すると、このような数値が出てきました。

自己配送する場合は5,100円、FBA納品する場合は4,317円が損益分岐点です。

つまり、この価格以下で仕入れられれば、利益になるわけです。

みきこ
みきこ
この価格を参考に、仕入れ先で商品を検索していきましょう!

4.仕入れ先で商品を探す

損益分岐点がわかったら、次は仕入れ先で商品を探しましょう。

イーリサには、各ECサイトに移動できるボタンがあるので、商品リサーチにおすすめです。

今回リサーチ対象にするのは、メルカリです。

こちらのボタンから、メルカリを選択しましょう。

実際に検索すると、以下の商品が出てきました。

しかし、これだけでは仕入れ対象かどうかわからないので、条件検索をします。

指定する条件は、以下のとおりです。

【利益商品を見つける条件】

  • 販売ステータス:販売中
  • 商品の状態:未使用に近い以降全選択
  • 価格:4,317円※FBAの損益分岐点

この条件で検索して、ヒットした商品が、利益商品です。

実際に検索すると、以下の商品が出てきました。

関連性が低い商品が表示されていますが、ここから指定の商品を見つけていきましょう。

タイミングがよければ、このような商品が見つかります。

平均相場6,000円台の商品が、不用品処分として3,500円で販売されていました。

着払いだとしても、おそらく4,000円以内には収まる商品です!

5.商品を仕入れる

メルカリには、まれに格安販売されている商品があります。

今回のものは、売れ筋商品だったので、実際に仕入れました!

着払いのメール便だったので、送料は195円でした。

そのため、実際の仕入れ額は3,695円です。

この条件をもとに、FBA料金シミュレーターで再度利益計算をしましょう。

本来は、仕入れる前に利益計算をするべきですが、相場よりも劇的に安い場合は、即仕入れて問題ありません。

再計算すると、自己配送で1,405円の利益が出て、FBA納品で622円の利益が出る商品でした。

手数料の兼ね合いから、若干高くなってていますが、それでも利益率は20%をキープしています。(関連:せどりの利益率はどうやって出す?)

これが、イーリサを使ったリサーチ方法です◎

この使い方を繰り返していけば、せどりの初心者でも利益が出せるようになるので、徹底しましょう!(関連:せどりのコンサルティングは受けるべき?)

まとめ

イーリサは、便利なツールで使っている人も増えています!

口コミ・評判は、新しいツールなので具体的には見つかりませんでしたが、私が使ってきたなかでは、かなり使い勝手がよかったです。

商品需要が調べられるのはもちろんですが、価格推移やライバルチェックなどにも使えるため、おすすめのツールです◎

最後に、イーリサを使ってほしい人を紹介しますね♪

個人的に、イーリサを使ってほしい人は以下のタイプです!

【イーリサを使ってほしい人】

  • 無料版のツールを利用したい人
  • コストを抑えてリサーチしたい人
  • amazonの商品需要を確かめたい人

これらのタイプに該当する人は、イーリサを使うとよいでしょう。

みきこ
みきこ
ランニングコストがかからないので、まだ物販ビジネスで収益が発生していない人におすすめですよ♪
↓月商1,000万円超えチーム生多数排出実績↓
※初心者・経験者問わず分からない事はサポート! LINE@登録(無料) >>


・TOPへ戻る >>お金を稼ぐナビ

・お金を借りたい人はこちら >>今すぐお金を借りる方法なら即日借りたい人に必要な事が知れる お金借りるEX

せどり・転売で必須のクレカ
●セゾン・アメックス:「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード デジタル」 最大3%還元 ●限度額は最高峰 年1利用で年会費無料 SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital 詳細はこちら【公式】>>
―――――――
今すぐ借りる必要があるなら
三井住友銀行グループ プロミス:最短30分融資(土日祝も即日融資)●20~50代男女に人気(バイト・派遣・自営可)●おまとめ・借り換え可●月々最低返済額1,000円~(返済サイクル35日ごと) プロミス 詳細はこちら【公式】>>
関連ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA