転売・せどりでお金を稼ぐ

Keepaを使ってAmazonで売れる商品をリサーチする使い方を紹介!

せどりをこれから始めようと思っている人や、すでに始めている人で、どのツールを使えばいいか迷っている人がいると思います。

実際、せどりで使えるツールは複数存在しますし、最適なものを見つけるまでに時間がかかります。

仮に、あなたがせどりで緻密な分析をしたいなら、Keepaを使うとよいでしょう。

「Keepaはどういうツール?」

「Keepaを使ってお金を稼ぐにはどうしたらいい?

数あるツールのなかでも、今回はKeepaについて解説します!

せどりのツールのなかでは珍しく、無料版も公開されているため、必要に応じて、そちらを利用するのもありですよ◎

みきこ
みきこ
ほかのツールに比べると、Keepaは最もせどりの分析が詳しくできます!さまざまな機能があるので、それぞれ活用するとよいでしょう!
よくわかる解説
  • Google Chromeの拡張機能があると便利
  • 有料版Keepaは15ユーロ/月で使える※日本円にして2,000円相当
  • 価格トラッキングは刈り取りに使える
稼ぎたいけど、資金が早急に必要で一時的に借りれる最新版:今すぐお金を借りる

Keepaはせどりのリサーチに最適なツール?

せどりのツールは、Keepa以外にも多く存在します。

しかし、細かいグラフの分析や、価格トラッキング機能についてはKeepaにしかない機能です。

私は有料版に登録していますが、以下の機能が特に使い勝手がよくおすすめですね!

Keepaで使えるおすすめ機能
  • 需要のチェック
    →ランキンググラフ、販売種別グラフで確認可能
    ※有料版のみ
  • 価格推移のチェック
    →コンディション別で価格推移がチェックできる
  • 価格トラッキング機能

さまざまな機能がありますが、特にチェックすることが多いのは、ランキンググラフですね!

商品の需要がチェックでき、売れ筋商品が一発でわかります。

ちなみに、有料版に登録しないと表示できないので、無料版では以下のように表示されます。

ただ、無料版でも価格推移はチェックできるため、刈り取りをしたい人や、トレンドせどりをしたいと思っている人は、無料版でも十分です。
(ある程度需要を把握している必要がありますが……)

ちなみに、Keepaを使うときは、キーゾンなどの拡張機能を合わせて使うと、さらに機能面が充実しますよ◎

Keepaを使うメリットを紹介!

Keepaですが、せどりで使うとメリット・デメリットがあります!

リサーチツールとして使っている人が多いのは事実で、私も使っています。

使っていくなかで、複数のメリットを感じていますが、以下は特に実感していますね!

Keepaを使うメリット
  • 詳しい分析ができる
  • 需要が逐一チェックできる
  • 使いこなせばライバルと大きく差がつく

特に、Amazonで販売されている商品の分析をしたいなら、Keepaがおすすめです!

表示されるグラフは、どのツールよりも詳しいです!

需要も逐一チェックできることから、せどり初心者にもおすすめしたいツールですよ◎

詳しい分析ができる

Keepaでは、情報のち密な分析ができます。

無料版ではできることが限られますが、有料版ではさまざまな分析が可能です。

まず、Keepaを使いやすくするために、Google Chromeの拡張機能を入れましょう。
(こちらのページからどうぞ♪)

拡張機能を入れると、Amazonの商品ページ内にKeepaのグラフを表示できます。

表示されるグラフは、商品のリサーチで必ず使うので、インストールしておいて損はありません。

有料版では、このようなグラフが表示されます。

表示できる項目は、右側の項目から選択できるようになっています。

ちなみに、こちらの項目では、以下が選択可能です。

選択可能な項目
  • コンディション別最安値
  • カート獲得時の値段
  • コンディション別カート獲得時の値段
  • 売れ筋ランキング

ある程度せどりに慣れている人なら、このグラフを見るだけで仕入れ判断ができます。

例えば、以下の条件で設定した場合。

  • 売れ筋ランキング:オン
  • カート獲得グラフ:オン
  • コンディション別カート獲得:オン
  • 中古:オン

こちらのグラフが表示されました!

少しわかりづらいですが、三角マークがついている部分と、ピンクの線が推移している場所が、カート獲得時の値段です。

こちらの商品は、最大で10,000円で売れています。

基本的には、6,000円~7,000円の間で売れている商品で、背景の緑色のグラフを見る限り、ある程度需要があることがわかります。

みきこ
みきこ
これら以外の機能は、後述するので、併せて参考にしてくださいね!

需要が逐一チェックできる

Keepaのよいところは、需要が逐一チェックできる点です。

需要があるかどうかを調べたい場合は、ランキンググラフをチェックします。

拡張機能を入れれば、商品ページの半分くらいにKeepaが表示されています。

普通のグラフと、ランキンググラフ単体が表示されており、売れているかどうかの判断が可能です。

こちらのグラフの場合は、超売れ筋商品なので、かなりギザギザしていることがわかります。
(ギザギザしている商品ほど売れている証拠)

しかし、そこまで売れ行きがよくないグラフは、このような波形になります。

どちらを仕入れるかは自由ですが、個人的には前者がおすすめです!

いくら売れる商品でも、長期在庫になる可能性があるので、仕入れには不向きの波形といえるでしょう。

使いこなせばライバルと大きく差がつく

Keepaですが、有料版にはさまざまな機能が存在します。

詳しい使い方などは後述しますが、使いこなせばライバルと大きく差をつけられますよ!
(利用できる機能は以下のとおりです◎)

有料版Keepaで利用できる機能
  • 各種グラフの閲覧
  • 価格のトラッキング設定
  • フィルタリング機能
  • 売れ筋ランキングのリサーチ
  • ASINコードでのリサーチ
  • セラーリサーチ

無料版のKeepaでできることは、価格推移グラフの閲覧と、トラッキング設定くらいです!

それ以外は有料版の機能なので、ガチでせどりのリサーチをしたいと思っているなら、課金するのもありですよ◎

実際、無料版のKeepaではできることが限られますし、ライバルとの差は埋められませんよ!

みきこ
みきこ
使い方を覚えるまでに時間がかかりますが、商品を仕入れながら使っていくと身に付きやすいです◎

Keepaを使うデメリットはある?

Keepaは、メリットもありますがデメリットも存在します。

仮に、これからKeepaを使おうと思っているなら、以下のデメリットを把握してからにしましょう。

Keepaを使うデメリット
  • 一定のコストがかかる
  • 使い方が複雑

いずれも、Keepaのデメリットです!

特に、Keepaを本格的に利用するとなると、一定のコストがかかります。

月々15ユーロですが、日本円に換算して約2,000円程度です。

ほかのツールと比べても、あまり料金は変わりませんが、ランニングコストを抑えたい人には、あまりおすすめしません。

一定のコストがかかる

Amazonのリサーチツールでは、無料で利用できるものはほとんど存在しません。

デルタトレーサーも無料版は終了しましたし、いよいよ有料版への移行が求められる時代です。

Keepaも、以前は無料でランキンググラフが確認できていました。

しかし、規約の改変から、ランキンググラフを確認するためには、有料課金が必要です。

有料版Keepaは、月々15ユーロから利用できます。

毎月ユーロ円の相場で変動しますが、おおよそ2,000円程度で落ち着きます。

Amazonのリサーチができるツールは、どれもコストがかかります。

そのため、「ランニングコストがかかるから……」と思っている人は、あまりおすすめできないツールかもしれません……。

ただ、月々2,000円の利益をAmazon転売で出せば、Keepaの利用料は実質無料です。

少ない資金でも、月2,000円の利益を出すのはそこまで難しくありません。(関連:せどりの利益率)

むしろ、そこまで稼げない人は、せどり・転売のセンスがないかもしれませんね……。

使い方が複雑

Keepaのデメリットですが、使い方がかなり複雑です。

正直私も、Keepaのすべての機能を使っているかというと、そうでもありません……笑

ほかのツールに比べると、Keepaは情報がかなり細かく記載されています。

そのデータ量に、少しだけビビってしまう人も少なくないと思います。

実際、このようなデータが表示された場合、物販ビジネスをほとんどしたことがない人からすると、困惑しますよね……笑

そのため、仮にKeepaを使いたいと思っているなら、まずは無料版に慣れてからをおすすめします!

いきなり有料版に課金すると、そのお金が無駄になってしまうかもしれません。

これを避ける意味でも、有料版に登録するときは、使い方に慣れてからがベストです!

Keepaで利用できる機能を紹介!

Keepaを使えば、Amazonの商品リサーチが可能です。

しかし、具体的にどのような機能があって、どのような使い方ができるかわからない人がほとんどだと思います。

そこで、私が主に使うKeepaの機能と、結果が出やすい効果的なリサーチ方法を紹介しますね!

主な機能は、以下のとおりです。

Keepaで利用できる機能
  • 各種グラフの閲覧
  • 価格のトラッキング設定
  • フィルタリング機能
  • 売れ筋ランキングのリサーチ
  • ASINコードでのリサーチ
  • セラーリサーチ

Keepaは、通常の仕入れにも使えますが、刈り取りせどりなどにも活用できるのでおすすめです!

さらに、Web版(公式サイト)で使えるフィルタリング機能や、売れ筋ランキングを使ったリサーチは、売れる商品を見つけやすくなるので、積極的に活用しましょう!

各種グラフの閲覧

Keepaでは、Google Chromeの拡張機能を入れると、Amazonの商品ページ内にグラフが表示されます。

しかし、項目があまりにも多すぎるので、何から閲覧すればいいかわからない人も多いでしょう。

もっとも確認することが多いのは、ランキンググラフです。

こちらは、商品の需要をチェックできる波形で、ギザギザしている商品ほど売れ筋商品です。

あまり売れていない商品は、以下のような波形になります。

かなりわかりやすいので、初心者のうちは「ギザギザしている商品ほど売れる」と判断しましょう。

ランキンググラフ以外には、以下のグラフが確認できます。

ランキンググラフ以外のグラフ
  • コンディション別価格推移グラフ
  • カート獲得時の値段
  • FBA納品のグラフ
  • コンディション別カート獲得

言葉だけではわからないので、それぞれ具体例を挙げて紹介しますね!

【コンディション別の価格推移グラフ】

まず、コンディション別の価格推移グラフです。

こちらは、”新品・中古・Amazon”の価格推移が確認できます。

色分けされていますが、それぞれ以下のとおりです。

  • オレンジ:Amazonの販売
  • 青:新品
  • グレー:中古

価格推移グラフは、無料版でも閲覧が可能です。

価格推移をチェックすれば、商品がどのくらいの値段で変動しているのかがわかります。

刈り取りをする際や、トレンドせどりをしたいときに、活用することが多いグラフです!

【カート獲得時の値段】

こちらは、商品のカートが獲得された時の値段を指しています。

要するに、商品が売れた時の価格帯です。

ライバルが多い商品でカートを獲得するのは難しく、一部値段を下げている人も少なくありません。

このような人は、商品を損切りするために、一時的に値段を下げたい人です。

売れないと判断すれば、周りよりも値段を下げるのは当たり前ですよ!

しかし、損失が出るまで下げるのは、少し違う気がしますけどね……。

みきこ
みきこ
余裕をもって、仕入れることが重要です!

【FBA納品のグラフ】

項目選択で、”倉庫・Amazonによる配達”を選択すると、このような波形になります。

商品が配送されたということは、売れたことになるため、カートを獲得したときと同じ波形になります。

基本的には、オレンジ色のマークだけを見て判断し、どのくらいで商品が売れているのかリサーチする基準になります。

【コンディション別カート獲得】

最後に、コンディション別のカート獲得グラフです。

こちらは、中古商品の”ほぼ新品・非常に良い・良い”のカート獲得時の値段がわかります。

あなたが中古商品を販売しようと思っているなら、どのくらいでカートが獲得できるのか気になる人も多いでしょう。

そういう人は、こちらのグラフを確認して、適切な値付けをするとよいでしょう。

みきこ
みきこ
中古商品は扱うのが難しいので、Keepaを活用してしっかり分析することです!

価格のトラッキング設定

刈り取りをしたいと思っているなら、価格トラッキング機能を利用するとよいでしょう。

価格トラッキング機能は、トラッキングしたい価格の上限と下限を設定しておくことで、設定した数値に達したときに、メールで通知を飛ばす機能です。

無料版でも利用が可能ですが、有料版と機能面がそれぞれ異なります。

無料版と有料版の違い
  • 無料版:価格が下落した場合のみ通知
  • 有料版:価格が上昇・下落したときに通知

つまり、指定価格以下になったときにしか通知されないのが無料版で、上昇・下落したときに通知するのが有料版です。

トラッキングの設定は、公式サイトからも可能ですが、Google Chromeの拡張機能を入れているなら、amazonの商品ページから可能です。

タブで”商品のトラッキング”を設定すると、価格が設定できる項目が表示されます。

トラッキングボタンをクリックすると、以下の設定画面が表示されるため、設定するとよいでしょう。

このように、価格の設定ができる項目が表示されます。

コンディション別で価格が追えるので、刈り取りしたい人におすすめです。

事前に、FBA料金シミュレーターなどで、指定商品の損益分岐点を把握しておくと、価格も設定しやすくなります。

メルカリやヤフオクなどを販売先にする場合は、販売先での損益分岐を計算しておくと便利ですよ◎

ちなみに、価格が下落したり上昇したりすると、Keepaから以下のメールが届きます。

メールが届いたタイミングで、商品を仕入れるとスムーズですよ◎

フィルタリング機能

有料版限定の機能ですが、Keepaにはフィルタリング機能があります。

この機能は、Amazonと連携して、商品を検索する際にフィルタリングをかけることで、リサーチをしやすくするサービスです。

後述するセラーリサーチとしても使えるので、しっかり把握しましょう。

フィルタリング機能を利用して、セラーリサーチする手順は以下のとおりです。

セラーリサーチする手順
  1. 調査したいセラーを見つけてIDをコピーする
  2. Keepa公式サイトにログインしてセラーIDを入力
  3. セラーの商品が一覧で表示されるためセラーリサーチをする

この機能を利用する場合は、セラーIDが必要です。

調べたいセラーのストアフロントにいき、URLをチェックします。

すると、URLの最後にIDが掲載されています。

こちらのIDをコピーしましょう。

IDをコピーした後は、Amazonの商品ページではなく、Keepaの公式サイトに移動しなければなりません。

移動したら、”Data”のタブがあるので、こちらをクリックしましょう。

このタブをクリックしたら、次は”Product Filter”をクリックします。

手順に沿って進めると、上記の画面が表示されます。

少し複雑ですが、今回入力するのは画面下のセラーIDの箇所です。

こちらにセラーIDを入力すると、そのセラーが販売している商品が一覧で表示されます!

商品リストとして表示されるので、セラーリサーチに役に立ちますよ◎


※個人情報のためモザイクをかけます

CSV形式でインストールが可能なため、在庫を一括管理したい人や、一度にまとめてセラーリサーチをしたい人におすすめですよ◎

売れ筋ランキングのリサーチ

Amazonには、売れ筋ランキングが存在します。

有料版でしか利用できない機能で、このランキング機能を活用して、リサーチが可能です。

公式サイトでのリサーチをする必要があり、ページに移動しましょう。

フィルタリング検索同様に、Dataタブをクリックして、そのなかから”Product Best Seller”を選択します。

すると、各商品の売れ筋ランキングが表示されます。

カテゴリ別でランキングを選べるので、それぞれ調べたいランキングを選択しましょう。

この場合、おもちゃカテゴリを選択しています。(関連:おもちゃせどり・転売で稼ぐ方法)

amazonでリアルタイムで売れているランキングで、最大5,000位まで表示が可能です。

正直、上位100位にランクインしているものは、あまり仕入れに向いていません……。

というのも、超売れ筋商品なので、ライバルが多すぎるからです。

仮に、こちらのランキング機能を使って、リサーチをする場合は、2,000位以下の商品で調べることをおすすめします◎

トレンドせどりにも使えるので、売れ筋商品を把握したい人は利用必須です!

ASINコードでのリサーチ

Keepaは売れる商品のリスト化にも可能で、ASINコードを使ってまとめられます。

有料版限定機能ですが、かなり使えるのでおすすめですよ!

使い方は簡単で、Product Viewerという項目をクリックして、指定箇所にASINコードを入力するだけです。

このような画面ができますが、ASINコードは手打ちとアップロードで可能です。

入力が少ないなら手打ちで可能ですが、項目が多いなら、テキストファイルにASINコードをまとめて、アップロードすることをおすすめします。
(個人的にはアップロードのほうがおすすめです!)

例えば、テキストファイルに、このようにASINコードをまとめます。

羅列するときは、原則として”ASINコード→改行→ASINコード→改行……”と、区切りましょう。
※区切らないと正しく読み込めない可能性があります

ASINコードを読み取るページに、”LOAD LIST”というボタンがあるので、こちらを押してファイルをアップします。

商品のアップロードをすると、Keepa上にASINコードで追加した商品がリストで表示されます。

このデータは、CSV形式でダウンロードができるため、ASINコードをまとめる作業を外注すれば、一瞬で売れる商品のリストができますよ◎

みきこ
みきこ
面倒な作業ですが、それぞれ実践するとよいでしょう!

セラーリサーチ

Keepaを使えば、精度が高いセラーリサーチができます。

有料版限定機能ですが、上位セラーの売れ行き商品が把握できるため、積極的に活用しましょう。

こちらは、Keepaの公式サイトから設定可能で、”Top Seller Lists”から閲覧できます。

Dataタブで選択すると、このようにセラーが一覧で表示されます。

こちらのランキングは、Amazonで総合評価が最も高いユーザーが表示されるような仕組みです。
(レビューが多いセラーが表示されています)

しかし、最近ではレビュー転売が横行している背景から、少し信用度が低いともいわれています。

例えば、家電量販店で有名な”ジョーシン”のホームページをクリックすると、以下の情報が出てきました。(関連:家電の転売(せどり)で稼ぐコツ)

こちらのページでは、総合評価や販売しているカテゴリの商品などが表示されます。

販売している商品を調べたい場合は、ストアフロントのタブを選択しましょう。

こちらでは、セラーが販売してる商品が閲覧できるため、セラーリサーチに使えます。

CSV形式でファイルをダウンロードも可能なので、積極的に活用しましょう!

まとめ

Keepaは、Amazonのリサーチをする際に、かなり役に立つツールです。

Keepaは無料版としても使用可能ですが、実質価格トラッキングと価格推移の確認ぐらいしかできません。

そのため、本格的に活用したいなら、有料版登録をおすすめします◎

ただ、Keepaは使い分けが可能で、必要に応じて課金するとよいでしょう。

Keepaの主な使い方
  • 価格推移だけがしたい:無料版Keepa
  • 価格トラッキングをして刈り取りしたい:無料版Keepa
  • 普通のリサーチがしたい:有料版Keepa
  • 詳しい分析をしてライバルと差をつけたい:有料版Keepa

このように、使い分けると、無駄に課金する必要はありませんよ!

実際、Keepaは複雑ですし、使いこなせるようになるまで、時間がかかります……。

ただ、慣れれば、ライバルと差をつけたリサーチができるので、それぞれ活用するとよいでしょう!

せどり・転売で必須のクレカ
●セゾン・アメックス:「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード デジタル」 最大3%還元 ●限度額は最高峰 年1利用で年会費無料 SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital 詳細はこちら【公式】>>
―――――――
今すぐ借りる必要があるなら
三井住友銀行グループ プロミス:最短30分融資(土日祝も即日融資)●20~50代男女に人気(バイト・派遣・自営可)●おまとめ・借り換え可●月々最低返済額1,000円~(返済サイクル35日ごと) プロミス 詳細はこちら【公式】>>
関連ページ

POSTED COMMENT

  1. tomjelly より:

    こんなに便利がツールがあるなんて、知りませんでした。活用したいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA