借金問題

借金100万円はやばい?余裕?大したことないのか・やばい理由やリスクや返済方法等解説

少額で始めた借入がいつの間にか100万円に届くところまで増えてしまった…という例は少なくありません。「次の給料で返せるから」や「これくらいなら借金まみれなんかではない」などというある意味の前向きな思考がはたらくことで、結果的には想像していた以上に借金が膨らんでしまっているようです。

人によっては「100万円ならまだ余裕」という人もいます。だからと言って油断はできません。果たして自分の場合はどうでしょうか。一つの大台である100万円の借金が、自分にとってまだ大したことない金額なのか、あるいは、すでにやばいのか。

もしあなたの借金にリスクがあると分かっても脱却する方法はあります。借金地獄で失敗することのないように、うまく抜け出す方法を把握しておくことが得策です。

この記事でわかること
  • 借金100万円でも10万円でも「滞納」は借金地獄の始まり
  • 複数カードでリボ払いしている時の借金100万円はやばい
  • 余計なコストをかけないように計画すれば借金100万円の返済は可能
  • 借金100万円を1年で返すなら返済額は毎月約9万円のイメージ
  • 年収300万円ならば借金100万円はギリギリ大したことないといえる

【要確認】
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
※診断しても依頼する事にはなりません。

―――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所 \【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓
―――――――
弁護士法人サンク総合法律事務所 \借金が減らない生活から変わりたいなら/ ↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓ ―――――――

>>この記事の監修者情報

借金100万円はやばい or 余裕

借金が100万円あっても、まだ余裕だと感じる人もいれば、やばいかもしれないと心配になっている人もいるでしょう。
やばいと不安になっている人の共通点は、すでにやりくりがキツいと感じていることです。まずは今かかえている100万円の借金が、本当にやばいのかを冷静に見てみることが大切です。

【借金100万円セルフチェック】

  • 支払いの延滞はしていない?
  • 年収に対して借金の総額はいくら?
  • 利息が高すぎない?

上記は借金100万円がやばいか余裕かのチェックポイントです。詳しく解説します。

滞納・未納してるならやばい

金額に関わらず借金の滞納は、状況的に返済困難に陥っていると判断される一つの基準となります。滞納する人の借金は、借金そのものが下記のように前向きなものではないことが多いからです。

  • 浪費、散財
  • 生活費が初めから足らない
  • 借金のための借金

上記のような状況では返済能力が追いついておらず、抜け出すには相当な策が必要です。同時に社会的信用も失うため、もはや十分にやばい状態だといえるのではないでしょうか。

年収の3分の1以上の借金ならやばい

100万円という金額が年収の3分の1以下であれば、借金としてはまだ大したことはないのかもしれません。計画的にスムーズな返済ができる範囲内だといえます。
逆に、年収が300万円未満の人にとっての100万円の借金は、危険です。
なぜならば借金が年収の3分の1を超えてしまっており、つまりは、総量規制をオーバーしているからです。

【総量規制とは】

国の貸金業社に対する規制で、全ての借金の総額が年収の3分の1を超える場合には貸付けができないように規制されています。
消費者が返済困難で生活苦に陥らないように守るために作られたものです。この規制により、総量規制オーバーする人は新たな借入ができないのです。

(参考:貸金業法Q&A:金融庁

総量規制オーバーは、年収の割に借金をしすぎていると判断することができます。100万円の借金が年収の3分の1を超えているならば、すでにその借金はやばい領域に入っているといえます。

リボ払いなら利息がやばい

今かかえている借金の内、リボ払いの残高があればあるほどリスクは高いです。リボ払いの利息だけが他の借入の利息より高すぎるというわけではありません。
リボ払いには借金の負のスパイラルを生みやすい特徴があるからです。(リボ払いをおまとめローンにすると得?借り換えて返済する注意点・デメリット等解説)

【リボ払いにおける負のスパイラル】

  1. 毎月支払っているから大丈夫だと借入の勘が鈍ってくる
  2. 利用限度額まで安心して利用する
    (リボ払いの限度額)
  3. 借用日数が伸びる
  4. 利息がどんどん増える

つまり、リボ払いの借金は元金が減る速度が遅く、借入日数分の利息がどんどん増えていってしまうので、思っていた以上の返済額になってしまうという傾向があり危険なのです。

【毎月ちゃんと払っているのに借金は減ってない?】

リボ払いの方法にも種類がありますが、毎月一定額で返済する方法が主に利用されています。「元利定額」と言い、元金と利息を足した金額を毎月一定額で支払う方法です。

例えば、年率15.0%でリボ払い利用残高が30万円ある場合、1ヶ月の定額の返済額から3698円優先的に利息として充てられます

毎月1万円の元利定額返済に設定しているなら、その月の支払い後の借金の元金は6,302円しか減っていないことになります。

【リボ払いの利息計算方法】
利用残高(借りてる借金)×利率÷365×利用日数(借りてる日数)

借金100万円がやばい理由

借入のスタートは小さな金額だったかもしれません。膨れ上がった借金100万円が危険である理由は、じわじわと暮らしを蝕んで、そのあと借金地獄への末路を辿っていくしかないといえるからです。

  • 返済してもしても元金が減らずに長期間にわたり苦しくなる
  • 数万円の借金には大したことないと感じて繰り返してしまう

特に100万円の借金額に慣れてしまった後の借金することへの感覚の鈍化には注意が必要です。

利息ばかり払っていて元金が減らないから

毎月まじめに返済額を支払っているけど借金がなかなか減らずいつまで経っても終わらない‥という悩みを持つ人は少なくありません。返済額は優先的に利息に充当されるため、元金がなかなか減らずに返済の長期化が起きてしまいます。

借金100万円がやばいという大きな理由は、借入残高が高くて一度にたくさん返せない分、借用日数が伸びてしまうため、どんどん利息がついて返済額が増えていくからです。
しかし当然ながら元金が減らないことには利息もなかなか減らないでしょう。

元金を減らすための有効手段は毎月の返済額を増やすこと

借金額に慣れて借金への抵抗がなくなってしまうから

借金があることが当たり前な暮らしを送っている人にとっては、少しずつ増える借金の額に危機感を感じにくいことがあります。例えば100万円もの借金があると、1万円や2万円の借入など大したことないと金銭感覚が狂いやすいのです。こうした慣れが新たな借金をうんでしまいます。

【気軽にやってしまう借金の例】

  • カードを止められたわけでは無いので、抵抗なくクレジットカード決済で買い物をする。
  • 借りているという感覚に乏しくなって、ATMからカードローンで躊躇なくお金を出してしまう。

借金に慣れて上記の例のような癖がつくことこそが借金100万円がやばいという理由の一つです。それでもまだ余裕だと油断していてはその先に借金まみれの末路が見えてくるでしょう。

借金100万円の返済ができない時はやばいリスクがある

借金の返済ができない時の初期症状に、支払いの延滞があります。
借金地獄に陥ったほとんどの人が延滞からスタートしています。そして、できるだけ無傷のまま悪い事態を避けたかったに違いありません。

【借金100万円を返せない時のリスク】

  • 周囲に隠し通せなくなる
  • ブラックリストに載る
  • 全額を一気に返すように請求される
  • 提訴される

借金の大台といえる100万円を返せない時、身の回りでどのようなことが起きるのかを具体的に解説していきます。

借金の督促が始まり、家族や同僚にもバレる

借金の返済が未払いのまま続くと、貸金業者は督促を始めます。督促とは支払い催促の連絡のことです。滞納金にさらに遅延延滞金が上乗せされ早く支払うよう催促されるのです。

催促の連絡手段は会社によって異なりますが、初期の督促では利用者周囲の人にバレにくいような配慮があることが多いです。この段階でするべき対応をしておけば、周囲に借金を気づかれることもないかもしれません。

ただし督促に対しての無視や続けられる未払いがあっては、郵便物や電話での督促を避けて通れないでしょう。貸付側は、利用者に無視され続け、どうしても本人と連絡が取れないならば勤務先にも電話をします。このように督促は同居家族のみならず職場にもバレてしまうきっかけとなるのです。

【督促ってつまり取り立てのこと?】
借金の取り立てやの怖いイメージを持つ人もいるかもしれません。自宅への突撃や電話口での怒鳴り声など、闇金でない限りそのようなことはありません。法律で督促についての厳しいルールが定められています。

貸金業法(貸金業法第21条取り立ての規制) | e-Gov法令検索

遅延するとブラックリストにのり以後の審査に悪影響

借入の返済が滞納すると、信用情報に傷が残ります。信用情報に傷のある消費者はいわゆるブラック扱いとなり、今後の新たな借入審査に影響します。
貸金業者は信用情報をもとに貸付審査を行うので、延滞の記録はブラックリストと呼ばれるのです。

【信用情報とは】
貸金業者が加盟する信用情報機関に消費者の過去の借入情報金融事故などが記録されており、延滞も一つの事故情報として残ります。消費者自身で開示申請して記録を見ることもできます。

金融機関や情報機関によって事故の取り扱いが異なりますが延滞は1日でも延滞です。暮らしに及ぼすリスクを知った上で借入をすることが大切です。

【ブラックリストによる悪影響の例】

  • どうしても数万円借りたくても審査に通らず貸してもらえない
  • 新たなクレジットカードの契約ができない
  • 新たなクレジットカードの希望する利用限度額が通らない
  • スマホ端末など割賦払いの商品購入ができない

カードローンの強制解約は一括支払いとなり、より支払いが厳しくなる

借金を100万円抱え滞納を続けると、強制解約をされるリスクがあります。強制解約とは文字通り、カード会社から一方的に契約を解除されるのです。突然解除されたとしても、契約時の規約に同意しているはずですから反論しても認められません。

強制解約された場合は、分割払いや定額払いで返済する予定があった分も含めて、借入残高全てを一括で支払うように請求されます。

また、強制解約によるリスクは残高の一括請求だけではありません。状況として厳しくなる要素しかないといえます。

強制解約を受けるとどうなる?
  • 残高の一括払いを請求される
  • 他社カードも利用停止をくらう
  • 新たな借入やカード契約はむずかしくなる

【もし、一括請求が払えないとヤバい?】

一括請求を無視して結果的に月日が経過すると、カード会社に訴えられます。裁判所から訴状が届くことになるでしょう。これを避けるためには、どうにか分割にしてもらえないかカード会社へ相談するなど支払いの意欲を見せることが大切です。

裁判に訴えられ給料の差し押さえになる可能性もある

借金100万円の返済がずっと未払いのままだと、最終的には貸金業者があなたを訴えます。

裁判所から訴状が届き、出頭命令などを目の当たりにしたとき冷静でいられるでしょうか。
ついには給料や預貯金が差し押さえられる結果を招いてしまいます。

【毎月の収入が全額差し押さえられる?!】

給料の差押えには毎月上限があります。上限は手取り額の4分の1までと法律で決められています。ただし手取りが44万円を超える場合は33万円をオーバーする部分の差押ができることになっています。つまり、収入は毎月全額押さえられるわけではないのです。また、給与の差押え処置が終わるのは、未払いの借金がなくなった時です。
参照:民事執行法152条1項2号

差し押さえられたお金は、勤務先から訴訟を起こした貸金業者へ支払われることになります。当然、勤め先には事情がバレてしまうことになる上、支払いについての手間もかけてしまい、居心地の悪さを感じずにはいられないのではないでしょうか。

借金100万円を一年で返済するにはどんな方法がある?

返済できずにヤバいことになる前に、しっかりと返済方法についてを考えてみましょう。

借金100万円を1年で返済するための手段として最も堅実な方法は、毎月確実に支払うことです。とはいえ、それができれば苦労しません。
具体的にどうやっていくのかをイメージすることが大切です。

返済に必要な金額は、借りている金額の上に借りている日数に対する利息が加わります。100万円を12分割するだけの単純計算では返済額が割り出せないため、ここではシミュレーターを利用して返済額を見てみることにします。
また、その返済額によって生活にかかる負担を知ることがとても大切です。

年利15.0%の利息と返済総額

実質年率15.0%で借金100万円を1年間で返済することをシミュレーションしました。利息を含めた毎月の支払い額は90,258円です。

【毎月の支払額】90,258円(ボーナス払い0円)

【年間に利息として払う金額】83,096円

【1年間の総支払額】1,083,096円

これは、返済計画が立てやすい「元利均等返済」という返済方法で計算しています。元利均等返済には総支払額が少し高くなるデメリットがあるものの、返済額が変動せず毎月一定なので、より挫折しにくいという特徴があります。

返済額をシミュレーションするために利用したサイト:金融広告中央委員会ホームページ「知るぽると」

次に、返済のためにここで割り出した約9万円という返済額が、暮らしのなかでどうリアルに負担がかかってくるのかをイメージしてみましょう。

一人暮らし手取り18万円の場合

100万円の借金を1年で返済したい場合、毎月の返済額は約9万円でした。毎月9万円もの支払いはきついはずです。具体的にどのような暮らしになるのかを見てみましょう。

例えば、手取りの収入が18万円家賃5万円で一人暮らしをしているケースでは返済しながらどんなやりくりになるのでしょうか。

収入 180,000円
返済   90,000円
家賃     50,000円

収入から、返済と家賃の固定支出を差し引くと手元に残る金額は40,000円です。
40,000円でうまくやりくりができれば、新たな借入をせずに暮らすことができます。

支出をシミュレーションしてみます。

光熱費 8,000円
通信費 5,000円

上記のように、暮らしに必要な最低限の支出をおさえることができれば、

食費に27,000円使うことができます。
つまり単純に計算すると、1日の食費は900円で生きていくことができます。

我慢も必要で、決して贅沢はできません。しかしこのようにシミュレーションしてみることで、浪費を防ぐことができます。慣れてくると、暮らしの必要経費をもっとコントロールできるようになってくるはずです。

【40,000円でやりくりするコツ】

  • 水道代電気ガスなどはできる限り節約する
  • Wi-Fiスマホなどの通信費を見直す
  • 保険料の一時休止など制度を利用する
  • 1日の食費をいくらまでか決めておく

借金100万の返し方のコツとは

失敗せず借金100万円を完済するためには、少しでも負担を軽くしながら返済を続けることが大切です。とはいえこの当たり前のようなことが難しいのです。順調に支払い、完済へとつながるコツをお伝えしたいと思います。

【100万円の借金を返すための5つのコツ】

  • 余計なコストは発生させない
  • 元金を減らすことを優先する
  • 新たな借金を作らない
  • 複数の借金は一本化する
  • 少しでも減額できないか調べる

返済計画に沿って確実に返済し、余計な手数料や遅延損害金は払わない

着実に返済していくために、手数料や遅延損害金などの余計なコストは発生させないようにしましょう。そのコツは、返済方法にもあります。振り込みではなく毎月決まった日に口座振替される返済方法にしておくことです。

返済方法を銀行引き落としにするメリット
  • 毎月決まった日に自動で引き落とされるためうっかり忘れて遅延金を発生させることがない
  • 払い込み手数料などがかからない
  • 着実に完済へ近づくことができる。

返済が遅れてしまったときは1日でも遅れると支払額に遅延損害金が加算されます。確実に返済しようとしているのに返済額が増えてしまっては報われません。加算される遅延損害金とはどのくらいの金額なのかを知っておくために例を挙げておきます。

【借入100万円で延滞した時の遅延損害金】
計算式:遅延損害金=借入残高×20%÷365×延滞日数

  • 10日滞納したら5,479円が加算される
  • 30日滞納したら16,438円が加算される

※消費者金融での遅延損害金利率はほぼ20%に設定されています。遅延損害金の利率は利息制限法により上限が20%と定めれられています。

少しでも臨時収入があれば返済にまわす

借金100万円を返すためには、何が何でも元本を減らすことが重要です。元本を減らすことで効率よく利息も減り、結果的には総支払額をより少なくすることができます。
毎月の返済の内訳を見ると、借金の元本に利息が上乗せされています。もし臨時収入が少しでもあったならば、返済にまわし元本を減らすことを優先的に、やりくりしましょう。
臨時収入さえも借金返済にまわすことが今はつらくても、完済への近道になるはずです。

貸金業者には「繰上げ返済」や「臨時返済」という名前で余裕のある時にいつでも返済できる支払い方法があります。自社ATMでの払い込みであれば振込手数料がかからない場合が多いです。

借金の為の借金をしない

計画的な返済に行き詰まりそうでも、返済のための新たな借金はしてはいけません。自転車操業になってしまっては返済をコントロールすることが難しくなり、状況は悪化するしかないからです。

【借金のための借金をしないためには】

  • 返済の計画に無理がないのか見直す
  • 収入の範囲内で節約できることを練り直す
  • 友人知人や家族に助けてもらう

おまとめローンや借金の一本化ができないか検討する

借金100万円を返すためのコツの一つに、おまとめローンを利用することが挙げられます。他社複数からの借入があるならば、その借金を1社にまとめることで、完済への計画性がぐっと明確になるからです。

おまとめローンの大きなメリット
  • 複数他社への支払い管理負担がもっと軽くなる
  • 今より低い金利でまとめられることが多く支払額が減る

返済を減らすために借金減額シミュレーターを試す

今かかえている借金が、実はもう少し減ることがあります。先述した借金の一本化も、利息を減らすことができる点で借金減額方法の一つです。

借金を減らす仕組みとしては、金利を下げて返済する方法の他に、債務整理なども視野に入ってくるでしょう。

  • どんな方法で減らせるのか?
  • どのくらい減らすことができるのか?
  • 自分の場合は一体どうなんだろうか?

このように具体的に減額の内容を知りたいものです。

弁護士などの専門家に相談すれば答えが見えてくるかもしれませんが、ハードルが高く抵抗を感じる人も少なくありません。ネットにある減額診断サイトでチェックしてみると目安がわかります。無料で24時間いつでも自宅で試せるため利用者は少なくありません。

【借金減額診断に必要な入力事項の例】

  • 借金の金額
  • 借用の期間
  • 返済の状況
  • 名前(匿名で良い)
  • メールアドレス
  • 電話番号

少なからず個人情報の入力が必要になりますが、法律事務所が運営しているサイトでさらにサイト上でプライバシーポリシーが明示されていることが確認できれば安心して利用できる減額診断サイトだと言えます。

【要確認】―――――――――
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
<診断しても依頼にはなりません>

――――――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所

\【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓


―――――――
弁護士法人サンク総合法律事務所

\【簡単1分】質問に答えるだけ/
↓しんどい返済生活から抜け出したいなら↓

―――――――

この記事の監修者 山口学
自己紹介 株式会社トイントの代表取締役。「債務解決サポート」の編集・監修を行っています。10年以上のWEBメディアの運営・管理経験を活かし、最新のトレンドや現実事例を元にした情報提供に力を注いでいます。
事務所 株式会社トイント
法人番号 5120001190113
Twitter @saimukaiketsu1
お問い合わせ ※下記フォームよりご連絡をお願いします。
フォーム

・TOPへ戻る >>債務整理・借金問題を解決したいなら債務解決サポート

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA