借金問題

借金の踏み倒しは成功する?どうなる?リスクや末路・夜逃げや苗字を変えても逃げ切れない理由など解説

多重債務などで返済を繰り返しても借金完済の目処が立たない時借金の踏み倒しを思い浮かべてしまう債務者がいるかもしれません。
しかしどの様な方法を熟考してもノーリスクで借金の踏み倒しはできず、借金踏み倒しを実行することで発生する遅延損害金ブラックリストに載ったままになるなどペナルティを回避することは不可能です。

借金踏み倒しを考える者の末路は裁判での財産差押えであり、信用情報など個人情報精査により夜逃げ苗字を変えても理論上、借金踏み倒しが成功することはありません。

借金踏み倒しに思い悩むより国・自治体の支援制度の利用債務整理借金減額診断などを上手く活用し、現実的で建設的な対処法を実践し借金問題を解決してください。

この記事でわかること
  • 借金踏み倒しは裁判による時効の猶予・更新により時効が成立することはない
  • 借金の踏み倒しは遅延損害金金利14.6%〜20.0%で支払い完了まで発生する
  • 借金の踏み倒しによる滞納行為は金融事故となり信用情報がブラックになる
  • 借金踏み倒し後には訴訟による少額裁判支払督促などの法的措置が執行される
  • 借金踏み倒しの前に借金減額診断による借金減額シミュレーターで解決方法を知る

借金踏み倒しを成功させるのは難しいし無理

債務者が契約不履行として借りたお金を払わず、何の制限を受けることなく逃げ切ることができるのであれば、借金踏み倒しの成功といえるでしょう。

しかし現実問題として債務者が制限なしで借金を踏み倒すことは不可能です。

借金踏み倒しを考えるうえで重要な時効ですが、成立には消滅時効の援用という方法で自ら法的に時効を証明する必要があります。

時効成立に必要な期間は督促や裁判などで猶予・更新となるケースが多く、債権者が時効成立を許さないという問題もあります。

夜逃げ海外逃亡などで所在を不明にして督促を回避しても、公示送達により裁判を起こされて敗訴判決が出ます。
債権回収目的で信用情報住民票戸籍などを精査すれば、結婚養子縁組姓を変えても本人特定が可能です。

これらの理由から踏み倒しを成功させ、借金から完全に解放される人は、理論上、一人もいないという事実を知ってください。

踏み倒しとは

金融機関からお金を借入し返済不能となった債務者が、現実的に借金をなかったことにする方法に自己破産という選択肢があります。

自己破産
債務整理のひとつで借金の支払義務を免責可能
破産法により裁判所が支払不能と判断され、免責不許可事由がないことが条件
金融事故扱いとし信用情報がブラックになる
※ただし、きちんと破産手続を行えば、借金はゼロになり、5年程度で信用情報も回復すると言われています。

借金で問題となる債権者からの督促取り立て行為は、時として債務者の生活に悪影響を及ぼします。
自己破産では支払義務免責により、借金を一切返す必要がなくなり、手続中から督促・取り立てがなくなり生活の質が改善されることがメリットです。

なお自己破産では、借金がゼロになるのと引き換えに、自分の資産を手放さなければならないというデメリットはあります。また、手続のために必要な書類なども多く、手間はかかります。

借金をゼロにするということは簡単ではないということは心しておかなければなりません。

成功するためには時効成立「消滅時効の援用」

借金踏み倒しを考える時、多くの人が逃げ回ってその間に時効を成立させることを思いつくのではないでしょうか?
時効は特定の期間支払いを無視すれば成立するというものではなく、時効消滅を法的に主張しなければ効力をもちません。

これを消滅時効の援用といいます。

消滅時効の援用
民法第145条で規定される債務者が債権者に対し時効消滅を通知する行為
信用情報を参照し時効期間を確認し債権者に時効援用通知書を郵送
時効援用通知書は弁護士・司法書士または自分でも作成可能

時効援用通知書には作成日・債権者の住所・氏名・債務者の住所・名前・生年月日・契約を特定できる情報・消滅時効を主張する根拠などを記載します。

時効援用通知書は郵送が基本になりますが、インターネットからのe内容証明でも対応できます。
時効成立は待っているだけでは認められず、リスクを覚悟で自分で法的に消滅時効の援用を行動に移すことが必要なのです。

借金踏み倒しは犯罪なのか?

借金踏み倒しが犯罪にあたるのではないかと考える人がいるかもしれません。

契約不履行を犯し借りたお金を返さないのですから、そう捉えられても仕方ないかもしれません。

しかし日本の法律では、借金踏み倒しを罰する刑法はありません。
厳密には犯罪として扱われることはありませんが、借金踏み倒しが許されるというわけでもありません。

債権者は借金を踏み倒そうとする債務者に対し、民事訴訟を起こす権利があります。債権者から裁判所に訴状が提出されると、債務者は、裁判所から呼び出しの通知を受けることになります。

借金踏み倒しは犯罪としてのカテゴリーからは外れますが、刑事裁判ではなく民事裁判として裁かれることを理解してください。

犯罪ではないものの、お金を返さないという事実が周囲に与える影響を無視することは危険です。
民事裁判で敗訴し、差押えが強制執行されれば、借金を踏み倒そうとしたことが家族会社の人間に知られることもありえます。例えば給料を差し押さえられると会社の人には知られてしまいます。

社会生活を送るうえで信頼関係に傷が付くことが、いかにリスクを持つデメリットになるかを考えるべきです。

夜逃げ、海外逃亡をしても借金は踏み倒せない

ドラマなどで借金を踏み倒すために夜逃げが選択されることがありますが、理論上、居場所を分からなくしても、夜逃げで借金から逃れることはできません

その理由は公示送達という制度にあります。

公示送達
民事訴訟法110条に規定された意思の公示方法
借金では債権者が債務者の所在不明でも公示送達が可能

公示送達は債務者の所在に関係なく、公的に訴訟の提起から差押までの手続を認めます。
本人が同意確認しなくても借金の督促は効力をもつため、逃げたり隠れたりしても意味がありません。

これは国内だけでなく、債務者が借金を踏み倒す目的で海外逃亡しても同じです。

このように夜逃げ・海外逃亡を企てても公示送達により時効が猶予・更新され、いたずらに時間だけを浪費する結果になります。
借金問題において夜逃げ海外逃亡は無意味な選択肢だと言わざるを得えないのです。

結婚・養子縁組など姓を変えても借金は踏み倒せない

債務者の中には結婚・養子縁組などで姓を変えることで借金から逃れることができるのではないかと考える人がいるかもしれません。

結論からいえば結婚養子縁組での借金踏み倒しは不可能です。

債権者から依頼を受けた弁護士等は、職務上請求という手続により、債権回収を目的として、債務者の住民票や戸籍を取得することができます。

最後の住所や氏名から、住民票や戸籍をたどると、現在の名前や住所まで判明することがほとんどです。

これにより借金問題で、姓を変えても債務者が特定されるのです。

また個人情報のひとつである信用情報は特定の金融機関だけでなく、契約審査の目的で信用情報機関により共有されていることも忘れてはいけません。

借金踏み倒し後のリスクや末路はどうなる?

借金踏み倒し後には多くの問題が発生し、債務者の生活に悪影響を与えます。

借金踏み倒しに伴う滞納により債権者からの督促が頻繁に届き、プレッシャーストレスが債務者にかかるようになります。

督促・取り立てによる精神的ストレスは借金問題で軽視することはできず、長期化すれば鬱病など精神疾患のリスクにもなります。
ペナルティとして発生する遅延損害金は高金利で支払い完了まで継続して計算され、一括払いの負担を増大させる原因です。

滞納による金融事故は信用情報をブラックにし審査で返済リスクと判断され、長期間クレカジットカードローン契約ができなくなります。

保証人が要る場合、借金踏み倒しは保証人連帯保証人に支払い義務が移行するため、保証人の生活に大きな負担をかけることも忘れてはいけません。

借金踏み倒しは債権者から訴訟を起こされ、裁判で財産差押えという末路を辿ります
借金踏み倒しをリスク制限なしに成功させることは不可能であり、早期借金返済を目標にできることを継続しておこなうことが重要です。

督促の電話や内容証明が頻繁にきて精神的なストレスがかかる

借金問題は返済期日に支払いが完了できないと、債権者から督促の電話内容証明が頻繁に届くようになります。

滞納による督促通知は借金を返済したくてもできない債務者にとって、大きなプレッシャーとなります。
滞納が長期化すれば債権者から弁護士の督促になり、期日までに返済ができない場合は訴訟を検討する内容の通知も郵送されます。

プレッシャーはいつしか精神的なストレスとなり、督促自体が債務者を苦しめるケースも少なくありません。

しかし債権者が支払いを求める書類・弁護士の督促状が常識の範囲を逸脱しなければ、刑法第222条に規定される恐喝罪に抵触することはありません。
借金踏み倒しを検討する場合、終わることのない督促がもたらす精神的なストレスが及ぼす影響を軽視してはいけません。

遅延損害金が発生し続けている

金融機関でお金を借入し返済期日に支払いができない場合、遅延損害金というペナルティが債務者に課せられます。

遅延損害金
債権者が債務不履行の債務者に請求する損害賠償金
契約で年率金利を規定しない場合年率3%となる
一般的な遅延損害金の金利相場は14.6%〜20.0%

遅延損害金の発生タイミングは支払い期日の翌日から始まります。

利息の相場が法定利率3%・諸費者金融18.0%であるのに対し、遅延損害金は最大20.0%という高い利率となるのが特徴です。
このペナルティの意味をもつ損害賠償金により、債務者の借金滞納の大きな抑止力として機能しているのです。

また遅延損害金は支払いが完了するまで毎日継続してカウントされます。
借金完済までの期間が長期化するほど、滞納金の一括払いでより高い金額を債権者から請求されることになります。

返済意思がなく借金踏み倒しを考えているのであれば、必ず重いペナルティに苦しむ可能性があることを覚悟しなければいけません。

信用情報に傷がつきブラックとなるので新規クレカ作成やローンの審査には通らない→借入ができない

借金踏み倒し後には色々な制限が発生しますが、その中でも絶対に無視できない問題のひとつが信用情報がブラックリストに載ることです。

信用情報の役割
JICC・CIC・KSCの3社で管理され加盟する金融機関で共有される個人情報
金融機関では審査目的で参照・本人に限り申請により参照できる
過去の取引履歴で支払いに問題があれば情報が追記されることをブラックと表現

この問題はこれから先の新規契約で必ず起こるペナルティで、契約先を何度変更しても避けることは不可能です。

借金踏み倒しによる支払い料金の滞納が長期化することで金融事故として記録され、金融機関はブラックリストに登録された個人との契約を避けるようになるのです。

この状態は5〜10年間記録され、返済リスクのある人間と判断される情報として機能します。
新規クレジットカード作成・ローンの審査では必ず精査される情報になり、ブラックになれば審査に通ることはできません

仮に現在十分な返済能力があっても、過去の信用情報ブラックによってネガティブな制限を受けるリスクが極めて高くなることに注意してください。

裁判に訴えられ、敗訴後財産が差し押さえられる

債務者の借金踏み倒しを放置する債権者はなく、無視すると訴訟に発展します。

前述で時効について触れましたが、債権者が督促や手続きを継続すると時効が猶予・更新され、最終的には裁判を起こされます

債権者が借金を回収する手段が裁判しかないと判断すれば、脅しなどではなく高い確率で裁判になるリスクがあるのです。

裁判の手続は、支払督促・少額訴訟・通常訴訟と呼ばれる3パターンがありますが、これらの民事裁判を起こし、法的に認められた強制力をもつ債権取り立てを開始します。

判決により強制執行になれば給料貯金滞納者の資産などが差押えられるため、差し押さえられてしまうと、借金踏み倒しは失敗に終わることになります。

借金踏み倒しに伴うリスクは多くありますが、放置すると自分の預金や給与その他の財産が差し押さえられたりすることを覚えておきましょう。

連帯保証人を頼んだ人に借金返済義務が移る

金融会社からお金を借りる条件として、連帯保証人の契約を求められることがあります。

連帯保証人とは
主債務者に代わり契約で起こる債務の返済義務を負う人
債権者は返済リスク回避目的で連帯保証人の契約を締結する
検索の抗弁・催告の抗弁の権利をもたない

債務者が契約を履行せず借金返済の意思を示さないとき、債権者は契約により連帯保証人に対して債権回収を開始します。
督促・取り立てが連帯保証人に通知され、本来支払うべき債務者の一括払いの義務が連帯保証人に課せられるのです。

連帯保証人になれる人は返済能力があり、信用情報がブラックでないことが条件で誰でもなれるわけではありません。
借金踏み倒しは自分のみならず、契約履行し信用情報に問題がない人を金融事故に陥れることにもなり得る自分勝手で危険な行為です。

また借金を踏み倒すことで主債務者と連帯保証人の信頼関係にも大きな亀裂を生じさせるリスクも考慮すべきでしょう。

踏み倒しができない借金の種類

金融機関から借入した借金は債権者が借金踏み倒しを許しませんが、それとは別に法律で踏み倒すことができない借金があります。

それが所得税住民税事業税固定資産などの債務者が該当する税金です。

税金の支払い義務は憲法や法律で規定されており、特殊なケースを除いて自己破産など債務整理後も継続して支払う必要があります。

また水道電気など公共料金は滞納により利用停止となり、遅延損害金を含めた一括払いを請求されるため踏み倒しができません。
日本学生支援機構などの組織が学業目的で融資する奨学金は、債務者が踏み倒しを行動に移すと、最終的に親や親族などの連帯保証人が支払う結果となります。

離婚による慰謝料養育費が発生した場合、両者合意の公正証書で契約が証明できれば、支払い請求から逃れることは不可能です。
闇金個人間融資での借入は信用情報がブラックでも契約できますが、貸金業法を遵守しない違法業社であり、暴力団・反社会勢力の温床になっています。

返済に法的拘束力はありませんが犯罪まがいの取り立て・督促被害に遭う確率が高く、そもそも契約すること自体が非常に危険な行為なのです。

金融機関・会社・日本の法律は借金踏み倒しに対し対策を講じており、自分だけ例外的に借金踏み倒しが許されることは100%ありません

公共料金・税金

納税の義務は日本国憲法第30条に規定されており、税金を踏み倒すことはできません

税金には所得税住民税事業税固定資産など多くの種類があります。
多重債務となりすべての支払いが滞る状態でも、分割納付・猶予期間により納税する必要があります。

これは自己破産などの債務整理をしても基本的に変わりません。
特例として生活保護になった場合、税金の滞納督促・滞納義務が一時的に停止されます。

あくまで停止処置なので、この段階では税金の支払い義務が消えることはありません。
しかし生活保護が3年経過しても返済の見込みがないと判断された場合に限り、滞納分の税金が免責される可能性はあります。

電気ガス水道代などの公共料金の滞納も、時効まで放置されることはありません
支払い期日以降は一定期間後にサービスが利用停止となり、場合によっては遅延損害金も加算されます。
債務整理せず放置すると裁判になる可能性が高く、財産差押えを回避することは不可能になります。

このように生活保護など特殊な例を除き公共料金・税金を踏み倒そうとすると、多くの場合法律に則って差押えなどのペナルティを受けることになるのです。

奨学金

奨学金は5年間で時効となりますが、債権者が督促を継続するため時効が成立することはありません

奨学金とは
日本学生支援機構などが学業目的で行う金融融資
給付型・貸与型の2種類
金利は利率固定方式・利率見直し方式で計算される

奨学金を利用するには保証人連帯保証人が必要なケースが多くあり、他の金融機関と同様で奨学金の返済リスクを回避する目的がその理由です。

もし奨学金を踏み倒し返済を免れたのであれば、保証人・連帯保証人が主債務者に代わり奨学金の返済を継続しているということです。
また返済金額は奨学金の財源にもなり、新たに学業のために奨学金を必要とする人にとっても大きく影響する問題になります。

奨学金を踏み倒すことは保証人はもちろんのこと、多くの無関係な人に対しても無責任な行動をとる結果となるので絶対やめてください。

慰謝料・養育費

慰謝料養育費は支払いを無視すると、財産差押えになる共通点があります。
離婚問題で頻繁に取り上げられる慰謝料は、合意前合意後合意方法により対処が変わります。

両者の合意がない状態では、慰謝料の訴訟を起こされても全額払う義務はありません。
証拠・金額を精査する前では確実な事実による慰謝料が確定せず、場合によっては裁判で争う必要もあり、金額は未確定だからです。

両者が合意し公正証書調停調書により慰謝料が確定している場合、踏み倒しを検討しても裁判により財産差押えが高い確率で執行されます。

離婚により非監護親になった場合、裁判で公正証書で養育費を請求されると、これを無視することは許されません。
慰謝料・養育費については公的拘束力を伴う書類証明があれば、借金と同様に踏み倒すことが、理論上、極めて難しいお金になります。

闇金など違法貸金業への借金返済義務はないが、借りないことが前提

闇金に代表される違法貸金業は、法律で規定されている貸金業法を遵守しません
違法金利で取引される借金に対しては、厳密には滞納者の借金返済義務はないといえます。

避けるべき違法金融取引
・闇金・ソフト闇金
・SNS・掲示板経由での個人間融資

違法貸金業社の裏には暴力団反社会勢力の組織が関与していることも少なくありません。
違法貸金業で契約すると悪質な督促取り立て被害に遭う可能性が高くなります。

金利利息は貸金業法で規定された法定金利を遥かに超えた利率で返済を強要され、返済に耐えかね踏み倒しを起こすと、その後にどんな報復があるのか想像もつきません。

またお金を借りる目的だけでなく、契約時に扱う個人情報を犯罪に悪用されるケースもあり、関係を持つことにより発生するリスクは計り知れません。

犯罪リスクを誘起する原因を避けるため、借金返済義務の有無は考慮せず違法貸金業からは絶対に借りないことが前提になります。

借金を踏み倒したくなる前にできる対処方法

毎月返済を繰り返しても借金完済のゴールが見えないと、借金を踏み倒したくなるという感情が生まれてしまうことは理解できます。

もう借金を踏み倒す以外に道はないと思ったら、一旦落ち着いてください。

契約内容・借入状況を確認し、国・自治体・市役所などで支援制度を利用できるか相談してみましょう。

生活福祉資金貸付制度・求職者支援資金融資など低金利の借入でまとまったお金を準備し、生活を立て直しながら借金問題を考えることを検討してください。

一人では解決が難しいと判断できれば、弁護士に依頼するという行動もできます。
自己破産・任意整理などの債務整理をすることで、法的に借金の支払い義務免責減額が見込めます。

もし債務整理に興味はあるけど借金のことは公にしたくない弁護士に依頼するのが少し億劫だと思うなら借金減額診断を受けることをお勧めします。

借金減額診断とは簡単な質問から法的知識をもとに的確な借金減額を借金減額シミュレートできるツールのことです。
無料匿名回答もできるので、具体的で有効的な解決策を知ることができます。

借金返済に忙殺され踏み倒しを検討する前に、借金減額診断を利用し客観的なアドバイスを受けることで、借金完済の道筋がはっきりと見えるようになるかもしれません。

国や自治体・市役所などに相談する

借金返済が難しくなってしまったら、まずは行政機関に相談することから始めましょう。

自治体市役所から該当する支援制度を利用することは、踏み倒しを検討するより建設的な対処法だといえるでしょう。

行政が施行する主な支援制度
生活福祉資金貸付制度
緊急小口資金
生活福祉資金貸付制度
求職者支援資金融資

踏み倒しの原因のひとつに離職に伴う収入の減少や、病気などで日常生活を思うように送ることが難しいなどが挙げられます。
支援制度の相談窓口に電話連絡し、支援制度を利用できるか・申請に必要な書類・申請期日などを詳しく相談してください。

支援制度を上手く活用できれば、問題解決までの有効な対処法になります。
利用する制度によっては年利1.5%~3.0%の低金利で借入できるので、返済の負担を抑えながら自分の生活を立て直す資金として有効に利用することができます。

弁護士など専門家に相談しながら債務整理をする

借金踏み倒しを熟考したところで、最終的に裁判を避けることはできません

それならば債権者が訴訟を起こす前に、こちらから先に法的に借金問題を根本的に解決する行動をとることも検討しましょう。

まず弁護士に相談し、状況に応じて最適な債務整理を選択してください。

債務整理の種類
①自己破産
②任意整理
③特定調停
④個人再生

初めから裁判所を介さない方法で債務整理をするなら任意整理を選択することになりますが、任意整理は元金を返済していくことが前提となります。

自己破産個人再生は裁判所に申請し手続きを進めることで、借金の支払い義務免責・借金の大幅な減額に向けて債権者・債務者が裁判で審議します。

正しい債務整理を選択できないと、制度を活用したにもかかわらず思わぬ形で借金問題が残るケースがあります。

的確な債務整理を完了させるためにも、一人で進めず必ず弁護士のサポートを受けながら借金問題と向き合うようにしてください。

借金減額診断を受ける

借金問題を何とかしたい、けれど弁護士に相談するか迷っている、そんな債務者は意外に多くいるのではないでしょうか。
踏み倒しを考えるより先に、専門的な判断基準借金状況を把握できる方法があります。
それが借金減額診断と呼ばれるシミュレーターです。

借金減額診断のメリット
①簡単な質問から借金問題の情報確認ができる
②無料・短時間で利用でき、専門家(弁護士など)以外に個人情報が漏れる心配がない
③一人では解決できない借金問題の根本的解決方法が見つかる

借金減額診断の推奨条件
①借金返済を1年以上継続
②毎月2万円以上の返済額
③クレジットカードローンなど毎月3社以上で支払いがある人

多重債務を繰り返すことで、本来であれば支払う必要のない費用が発生していたり、減額該当を知らずに返済を繰り返しているケースもあります。
借金減額診断は細かな法律知識から借金問題をシミュレートし、最適な債務整理を導き出すツールになります。

専門知識がない債務者が解決方法を最短で知ることができるので、借金免責・減額などゴールを見据えて行動を開始できることが最大のメリットです。

借金を踏み倒すことに時間・労力をかけるより、まずは借金解放の有効的な対処法借金減額診断で知ることからスタートしましょう。

この記事の監修弁護士
寺垣 俊介
事務所名 ネクスパート法律事務所
登録番号 47757
弁護士会 第二東京弁護士会 寺垣 俊介
その他所属 税法研究会
租税訴訟学会
日本賠償科学会
寺垣俊介 公式witter @teragakidesu

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA