借金問題

借金で首が回らない時はどうする?解決方法や借金の種類による対処法・特長や注意点等を解説

債務者が金融機関の借金返済でトラブルとなり、返済期日に円滑な支払いが困難な状況に陥った場合、借金の種類契約内容を正確に把握することが重要です。
借金解決方法は一時的な借金長期的な借金に区別して考え、1人で対処する場合・弁護士給付金支援制度などを頼る場合でとるべき行動が違います。

1人で借金解決を目指すときは毎月の収支把握管理を徹底し、サイドビジネス不用品売却などでお金を稼ぐ方法が有効です。

1人で対処が難しい場合は地方自治体の支援制度弁護士に相談借金減額診断など幅広い選択肢を状況にあわせて活用してください。
借金で首が回らなくなる人の特徴として、収支管理能力欠如ギャンブルなど依存傾向があるリボ払いを頻繁に利用するなどが当てはまれば注意が必要かもしれません。

借金返済が困難な場合でも督促無視闇金との契約リスクのある儲け話は借金問題の解決方法ではなく、借金完済を妨げるデメリットになることを理解してください。

この記事でわかること
  • 借金で首が回らない時は一時的な借金 長期的な借金に分けて解決策を検討する
  • 首が回らない借金は1人で完済可能であれば副業アルバイトでお金を稼ぐことが有効
  • 借金で首が回らない人の特徴は収支管理ができない依存症無計画なリボ後払い利用
  • 借金返済困難でも督促無視は損害遅延裁判のリスクがあるため絶対してはいけない
  • 借金で首が回らない時の解決策は1人で悩まず借金減額診断弁護士に相談する
債務解決サポート:山口
債務解決サポート:山口
借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターなら、今の状況がどのくらい改善できるか調べられます【最新版】↓

【要確認】
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
※診断しても依頼する事にはなりません。

―――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所 \【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓
―――――――
ベリーベスト法律事務所 \【質問4つだけ】減額可能の金額が分かる/
↓借金が減らない生活から変わりたいなら↓

―――――――

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

借金で首が回らない時まず確認すべき借金の種類

金融機関の借金が返済不能になってしまっても、債務者が借金問題を正確に把握できていればとれる解決策は色々あります。
一番問題なのは借金で首が回らなくなることで、冷静な判断ができず間違った選択をしてしまうことです。

まず最初に自分がどのような契約で借金をしているのかを考え、支払い方法を確認し一時的な借金長期的な借金かを判断してください。

借金が少額で一括分割払いであれば支払い回数が明確なので、期日に間に合うよう返済を継続することが重要です。
借金が高額でリボ払い後払いなど返済が長期化する場合、毎月の支払い金額確保の他に借金完済までの計画的な返済プランを準備する必要があるでしょう。

契約確認で借金が1人で完済できる場合は、今後トラブルが起きないよう継続して収支管理を徹底し借金早期完済を実現させてください。

もし1人で借金を完済することができない場合は、他社金融機関の低金利契約によるおまとめローン借金減額診断による過払い金請求などの解決策を検討しましょう。

一時的な借金 or 長期で返済しなければならない借金なのか

金融機関と契約し債務者になった場合、自分の借金返済期間を確認してください。
借金総額により返済期間は変わり、短期間で返済が完了する一時的な借金・何度も返済を繰り返す長期的な借金の2パターンがあります。

借金の種類
①一時的な借金返済方法
一括返済・分割返済

②長期的な借金返済方法
リボ払い・後払い

契約した借金の早期完済方法は、債務者が期日までにすべての借金を支払う一括返済です。
この返済契約でお金を借入すると、原則1回で借金完済になります。

分割返済は債務者が完済回数を契約で決め返済することで、返済トラブルがない場合は短期間で借金を完済することができます。

債務者がリボ払い払いでお金を借入すると、毎月少額での支払いを繰り返すことになり、借金完済までの期間が長期化します。
債務者は自分がどの種類の返済方法で借金を減らしているのかを確認し、借金完済期間を正確に把握しておきましょう。

高額で返せない or 少額で1人で返済できる借金なのか

借金で首が回らなくなる理由のひとつに借金の金額があります。

自分の返済能力をオーバーした金額の借金があれば、債務者の生活に悪影響を及ぼすリスクとなり、1人で対処することができない借金問題へと発展します。

債務者は契約内容を確認し、借金総額を把握することが必要です。

借金が少額であれば短期間の節制やボーナスなど臨時収入を充当させることで、借金を完済することは難しくありません。
しかし借金が高額であれば債務者のやり繰りだけでは対処ができず、借金から逃げることができない状況に追い込まれることも考えられます。

「これくらいなら多分1人でも大丈夫だろう」と甘い見通しで借金を抱えると、自分の力だけでは解決が難しくなり、借金減額診断など根本的な解決方法を実践する必要もあるのです。

>>借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターで、今の状況がどのくらい改善できるか調べてみる

一時的な借金で首が回らない時に自力で解決する方法

債務者が借金問題を考えるとき、自分の借金がどれくらいの期間で返せる金額なのかを知る必要があります。

借金の金額に対して債務者1人で借金完済できるのか・1人で借金完済が不可能かの正確な見極めが最重要になります。
借金問題を弁護士に依頼すると費用が発生したり、支援制度を利用すると審査があるなどデメリットもあります。

借金が少額で比較的短期間で返済が完了できると判断したら、毎月の収入支出のバランスを上手くとりながら支払いを継続していきましょう。
固定費は生活に必要最低限まで減らし、全体の支出を抑えるというのも有効な対処法です。

借金返済金額確保の目的でサイドビジネス副業による収入増加は、現実的建設的な借金解決方法です。
不用品などをリサイクルショップフリマアプリで売却することで、処分と現金確保の一石二鳥を狙うという方法もあります。

なんでも他人任せ、誰かが解決してくれると考えず、借金問題を1人で解決する姿勢も大事といえるでしょう。

収支のバランスを見直す、固定費を減らす

債務者が借金完済を考えるとき、キーポイントとなるのが毎月発生する支出金額です。

社会人で所得がある債務者は給料などから、毎月の収入を把握している人は多くいます。
しかし毎月どれくらいのお金が失われているのか正確に把握している人は、一体どれくらいいるのでしょう。

収入に対して支出の把握が難しいのは、支出に関連する要因が明確ではなく常に変動することがひとつの原因といえるでしょう。
例えば計画にない突然の冠婚葬祭費や、セール期間中で購入予定のない商品購入費など、事前に支出を把握することは極めて困難です。

その時の状況によって支出が収入のキャパシティを超えてしまうことも十分あり、この積み重ねは借金問題を引き起こすことがあります。

また食費家賃税金スマートフォン料金など、生活するために必要となる固定費も支出として発生します。
一時的な借金は債務者の生活に大きな負担をかけるため、まず固定費に優先順位をつけ順位が低い固定費は、借金完済まで減らしてみるのも有効な対策です。

固定費を減らした後は収支を客観的に見直し、主に支出にフォーカスしながらお金が外にでていく頻度を抑え、無理のない借金完済を目指しましょう。

サイドビジネスや副業・アルバイトをするなど短期間で現金を稼ぐ

借金問題解決の現実的な取り組みとして、収入を増やすことを考えましょう。

債務者の方には既に社会人で仕事をしている人もいるでしょう。
会社の仕事があるからサイドビジネスは無理と考えているのであれば、少し早計かもしれません。

事実としてフルタイムで仕事をしている人の中には、上手く時間管理をしながらサイドビジネスで高収入を得ている人が多くいます。
働き方の意識を広げれば、現金を稼ぐビジネスチャンスはあるのです。

例えばyoutubeやSNSでのビジネスや、隙間時間の在宅ワークなど現代社会の仕事の定義は大きく変化しています。

また就職していない人でもパートアルバイトなどをすることで、まとまった収入を得ることができます。
債務者ができる範囲の短期間労働で現金を稼ぐことができれば、一時的な借金で首が回らない状況を回避することができるでしょう。

リサイクルショップやフリマアプリで身の周りの不用品を売る

短期間でお金を稼ぐ方法としてリサイクルショップを思いつく人もいるでしょう。
自分の身の回りにある使わなくなった物を売却することで、不用品を処分しながらお金を稼ぐことができます。

リサイクルショップで売れやすい物
①家電製品
②収納・インテリア家具
③ホビー類

家電製品は日々新しいものが商品化されており、不具合がなく利用できる家電製品であっても新商品がでるタイミングで買い替える人は少なくありません。
家電製品の需要は高く、メーカーや品質によっては高額な値段でリサイクルショップで売却することもできます。

引っ越しシーズンには本棚収納ラックなどの需要が高まり、売れやすいタイミングといえます。
意外と思うかもしれませんがリサイクルショップでは、特定のホビー類は高額商品として取引されることが多いのです。

復刻されず既に手に入らないホビーはプレミア価格がつき、定価以上の金額で売却できる可能性もあります。
リサイクルショップで人気な物はヤフオクメルカリなどフリマアプリでも人気であり、状況によっては個人売買でも大きな利益を見込むことができます。

>>借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターで、今の状況がどのくらい改善できるか調べてみる

高額借金で首が回らず返済できない場合の解決方法

高額借金で首が回らなくなってしまう状況で、1人でなんとかしようと行動するのは危険です。
債務者の返済能力をオーバーした借金を1人で解決しようとすると、逆に間違った選択をして借金完済の期間が長期化することがあります。

賃金業法では債務者の年収の1/3以上の借金は、返済トラブルになり借金地獄の原因になるとしており、法律で借入することが禁止されています。

債務者の借金総額が年収の1/3以上に近づくほど借金を返すことが難しくなり、借入件数が3社以上あればかなり危険な状態にあると認識する必要があります。
1人で借金完済が難しいと判断したら、できるだけ早いタイミングで地方自治体がおこなう支援制度が利用可能か相談してみましょう。

借金のある債務者は申込条件審査により支援制度利用が難しい現実がありますが、状況により利用できる可能性もあります。
根本的解決方法として司法書士弁護士に相談し、借金減額診断債務整理を検討する選択肢もあります。

返せなくなる目安は、年収の1/3以上の借金額・3社以上の借入先

債務者が返済トラブルに陥る原因は色々ありますが、ひとつの目安として下記に該当していないか確認してください。

借金が返せなくなる目安
①借金総額が年収の1/3以上ある
②他社借入件数が3件以上

日本には債務者を借金トラブルから守る目的で総量規制というルールが法律で規定されています。

改正貸金業法第13条の2
貸金業者に対し、自らの貸付けの金額と他の貸金業者の貸付けの残高の合計
額が年収等の3分の1を超えることとなる貸付けを原則禁止することとする

(引用:貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案要綱

債務者の年収により安全に借りられる借金金額が違い、1/3以上を超えてしまうと借金トラブルのリスクが高くなります。
また借入件数が3件を超えると借入総額が大きくなり、契約内容が違うことで返済管理が困難になり、借金の遅延・滞納などのトラブルも多くなります。

高額借金で返済困難になるのか・完済可能なのかの見極めを熟考するとき、この2つのポイントを意識すようにしましょう。

国や地方自治体に相談、給付制度を利用する

返済しなければいけない借金が自分のキャパシティを超えてしまったとき、国・地方自治体で利用できる給付制度がないか確認してください。

借金を返せなくなれば自己破産しかないと勘違いしている債務者も存在します。
しかし借金問題で生活が破綻してしまう状況であれば、地方自治体がおこなう支援制度を利用できる可能性があります。

国・地方自治体の主な制度
①自立相談支援制度
②住居確保給付金制度
③一時生活支援事業制度

支援・給付制度はそれぞれの地方自治体によって異なり、利用するには審査が必要な制度もあります。
注意していただきたいのは、国・地方自治体の給付金制度は借金返済目的で借入することは不可能であり、あくまで生活困窮者のための支援制度だということです。

審査で借金による返済能力欠如と判断されると、利用できない給付制度も多くあります。
まず最初に地方自治体の支援窓口へ電話相談し、利用可能な給付制度があるか確認してみましょう。

司法書士・弁護士に借金問題を相談

借金を返済できず首が回らなくなってしまった場合、督促を無視して滞納を放置する債務者も一定数存在します。

しかし借金を放置しても必ず裁判でその代償を払うことを忘れてはいけません。
一人ではどうすることもできない状態になる前に、できるだけ早いタイミングで司法書士弁護士に相談することを考えましょう。

司法書士・弁護士に相談するメリット
①法律に基づく借金問題の把握
②借金減額診断など無料利用できるサービスがある
③相談相手がいる精神的安定
④実務依頼による督促停止・債務整理による借金問題解決

借金問題は債務者の間違った思い込みで、返済遅延滞納トラブルが悪化するケースがあり、弁護士などの専門的なアドバイスがないと解決が滞ることがあります。
また安心して相談できる弁護士の存在は、債務者の精神的な安心感をもたらします。

相談と併用して借金減額診断を受けることで、借金の状況把握がスピーディになり、その後の過払い金請求債務整理を明確に判断できるメリットがあります。

>>借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターで、今の状況がどのくらい改善できるか調べてみる

借金で首が回らない時に頼れる国の制度

借金問題で生活が困窮し、これ以上事態が悪化すると生活できないと判断できる場合、生活保護を検討すべきです。

借金で首が回らない状態が長期化することで、食費や家賃が払えない精神的負担により精神疾患を患うなどの状況では、借金問題を解決することはできません。
生活を立て直す方法として生活保護は有効な制度ですが、借金がある場合は生活保護申請は難しく自己破産などで借金を完済しておく必要があります。

借金がある債務者は、生活保護は債務整理とセットで考えるようにしてください。
国・地方自治体がおこなう生活福祉資金貸付制度を検討する場合、借金が審査に悪影響を及ぼし申請が却下される可能性が高くなります。

まず地方自治体に電話相談という形で確認し、利用可能であれば無利子での借入を検討してください。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は色々な要因で生活困窮に陥った人が、原則無利子でお金を借りることができる福祉制度です。
主に生活費・住居費・教育費などに関係する融資が多く、突然のリストラ病気により生活能力を失った困窮者が対象になります。

借入金額や契約内容は申請者の生活状況によって違い、生活を立て直す目的で無利子または低金利で融資を受けることができます。
借金返済が困難となった債務者でも、生活費目的で生活福祉資金貸付制度を申請することは可能ですが、審査が厳しいということもあり利用できない可能性が高いのが事実です。

しかし癌や難病の医療費が原因で借金を抱え、生活が困窮している場合などは生活福祉資金貸付制度を利用できる場合があります。
ギャンブル投資失敗など自己都合で借金を抱えた場合、審査で落とされる確率が高いため、生活福祉資金貸付制度ではなく別の解決策を選択する方がよいでしょう。

生活保護

借金問題で生活保護というワードを聞いたことがあるかもしれません。

法律で規定されている「最低限度の生活を保証」する目的で施行され、様々な原因により生活を営むことが不可能と判断された場合のみ利用することができます。

生活保護の基本ルール
①世帯収入13万円以下
②病気など働けない正当な理由がある
③所有財産がない
④援助を受ける身寄りがいない
⑤住居・所有物に制限がかかる
⑥ローン・クレジット契約できない
⑦職員による定期的な面談がある
⑧借金があれば受給できない

生活保護は原則として借金がある債務者が受給することは許されず、借金が発覚した場合は生活保護が打ち切られます
生活保護は債務整理と違い受給後も返済義務は免責されないため、借金問題の根本的解決にはなりません。

生活保護は借金問題で苦しむ債務者の救済制度であることは確かですが、必ず自己破産など債務整理とセットで考える必要があることを覚えておきましょう。

>>借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターで、今の状況がどのくらい改善できるか調べてみる

借金で首が回らない時に絶対NGな注意点

債務者が借金問題を悪化させてしまう、絶対やってはいけないNG行為があります。

債権会社からの督促訴状を無視することは損害遅延を発生させ、訴訟による財産差押えの直接的な原因になるため絶対NGです。

借金返済目的他社金融機関から借金することは、問題解決を先延ばしするだけで信用情報に悪影響を及ぼすリスクがあります。
闇金から借入してしまうと違法金利による借金取り立てに苦しむことになり、おれおれ詐欺など犯罪に巻き込まれる事例も報告されています。

株取引・FX投資など短期間で稼げることを強調するサービスは、詐欺や裏の目的・ハイリスクハイリターンなものがあり、借金完済の解決策には該当しません

借金の督促や訴状などを無視・放置する

借金問題を抱える債務者がやってしまうNG行為として、債権会社からの督促や弁護士からの訴状無視が挙げられます。

どうせ支払えないと半ば開き直って督促・訴状を放置や処分する債務者もおり、債務者自身で状況を悪化させる行動をとる人がいます。

督促・訴状を無視・放置のリスク
①遅延損害金
②借金の一括返済
③信用情報がブラックになる
④裁判所による支払督促・少額裁判
⑤破産管財人による差押え

滞納期間に比例し支払い完了まで遅延損害金が発生することで、トータルで返済しなければいけない借金総額が膨れ上がります。
滞納放置は金融事故として信用情報を傷付け、他社の金融契約を不可能にする原因になります。

裁判所での少額裁判では法的拘束力により、債務者の同意なく給料・貯金など財産が強制的に差押えられ借金返済に充当されます。
督促・訴状を無視しても踏み倒しは不可能であり、ペナルティが重くなるだけでメリットはひとつもない事実を知ってください。

借金返済のために借金する

支払い期日までにどうしてもお金が必要なとき、他社金融機関から新たに借入することで借金返済をする行為もNGです。

借金返済目的での借入は借金問題の根本的な解決方法ではありません。
目先の返済だけにフォーカスして借入してしまうと、債務者の返済管理能力を超えて借金が大きくなる危険性があります。

借入件数が増えると債務者の信用情報に悪影響を及ぼし、途上与信により契約が強制解約されるリスクもあるのです。
信用情報は債務者の返済リスクを判断するひとつのポイントになり、一度傷が入ると信用回復まで長い期間が必要になります。

借金問題を解決させるためには、これ以上借金を増やさないことを最優先し、過払い金請求による減額・相殺が可能かを判断する方がよほど建設的といえるでしょう。(リボ払いに過払い金はあるの?)

闇金等の違法業者から借りる

銀行・消費者金融からの借入ができない債務者を狙い、違法金利による悪質な闇金との契約は絶対してはいけません。

他に選択肢がないという理由で契約することは、借金問題解決と真逆のNG行為です。

闇金が危険といわれる理由
①届け出をしていない暴力団などの違法業者
②賃金業法を無視した高金利での契約
③人権無視の悪質な取り立て
④犯罪に巻き込まれるリスクがある

闇金の危険性は計り知れず、どんな被害に遭うか想像もつきません。

違法金利の貸付により債務者の借金は増加し、悪質な取り立てにより法律上返済義務がなくても、借金踏み倒しが許されることはありません。(借金の踏み倒しは成功する?)

契約情報が悪用されることで個人情報犯罪に利用されたり、借入の代償としておれおれ詐欺の受け子を強要されるなど最悪の状況に追い込まれることも考えられます。

儲け話や簡単に稼げるなど甘い話にのってしまう

ネットビジネスや株の運用など簡単に稼げると謳うサービスの中には、債務者をターゲットにする詐欺もあり注意が必要です。
「甘い話には裏がある」という苦言が示すように、極端に債務者にメリットのある儲け話は何か別の目的が隠されていることもあります。

特に借金返済に追われ冷静な判断ができない債務者にとって、藁をもつかむ思いで契約したサービスが詐欺であり、借金を増やす結果になっては本末転倒です。
なぜ儲けることができるのか・なぜ簡単なのかを客観的に判断し、明確な確証を得られないのであれば、儲け話に安易に飛びつくことはNG行為と考えましょう。

仮に儲け話が詐欺でないとしても、短期間で収入を得ることはハイリスク・ハイリターンであることが多く、上手く活用できないと借金問題解決を遅延させる原因になるでしょう。

>>借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターで、今の状況がどのくらい改善できるか調べてみる

借金で首が回らなくなる人の特徴

借金で首が回らなくなる人には共通する特徴があります。

代表的な特徴としてパチンコ・競馬などのギャンブルが趣味という人は、長期的に大きな金額の借金を抱える傾向が高くなります。

ギャンブルが趣味の範囲であれば大きな問題になることは稀ですが、自分でもやめることができない依存症となれば、生活が破綻してもギャンブルで借金を増やしてしまいます

高額商品購入にリボ払い後払いを抵抗なく利用する人は、借金を増やしていることに気付いていないことが多く、手遅れになると借金地獄から抜け出せなくなります。(リボ払いの上手な使い方)

月々の収支管理を上手くできない人は、小さな積み重ねが大きな借金となり重い返済負担として債務者を苦しめる危険性があります。
また借金問題を隠し1人で抱え込んでしまう人は、悪循環から自ら深刻な状況に身を置くことになります。

ギャンブルにはまりやすい

借金の原因は債務者のライフスタイルと密接に関係しています。

普段から節度あるお金の使い方をする債務者は、借金総額が返済能力をオーバーし首が回らなくなるという頻度は少ないと考えられます。

対してギャンブルが趣味の債務者は金額・回数などが多く、長期間で考えると支出金額が大きくなり、借金問題の原因になることがあります。
借金をしていてもある程度のギャンブルは生活の楽しみといえますが、度を超えてギャンブルを繰り返す人は、借金と別の側面にある問題を抱えている可能性があります。

それはギャンブル依存症とよばれる精神疾患です。

ギャンブル依存症になると生活のすべてでギャンブル最優先となり、生活費や固定費など趣味とは別の必要なお金まで、ギャンブルに費やしてしまうケースが珍しくありません。
依存症は脳の機能障害のため、債務者本人の意思だけでは依存症を改善することは難しいといわれています。

ギャンブルに起因した借金で首が回らなくなってしまった人は、一度専門機関でカウンセリングを受けてみることも借金完済の近道になるかもしれません。

借金・リボ払い・後払いに抵抗がない

金融機関の契約でリボ払い後払いで返済を繰り返す債務者は、借金トラブルを起こしてしまう可能性が現金払い・一括払いの人に比べ高いといえます。
その理由としてリボ払い・後払いは完済までの支払い回数の把握が難しく、ひとつの返済が完了するまでの期間が長いことが挙げられます。

毎月の返済金額が少額で済むというメリットだけを見てしまうと、利息による借金総額が大きくなるデメリットを意識することが難しくなります。
無計画なリボ払い後払いで未払い決済を増やすことは、毎月ちゃんと支払いを継続してもいつまでも完済できない悪循環を生み出すことになります。

借金完済前に新しい商品購入のために、リボ払い・後払いを抵抗なく決済選択する債務者は、知らず知らず多重債務と同じ状況になっていると気付くべきです。

(リボ払いをおまとめローンにすると得?借り換えて返済する注意点・デメリット等解説)

収入と支出の管理ができていない、把握ができない

債務者が借金で意識しなければいけないポイントに、毎月の収入収支管理の徹底があります。
借金の悪循環から抜け出せないひとつの理由として、債務者の収入支出の管理能力欠如が考えられます。

収入が一定で把握できていても、支出を完璧に管理している人は少ないでしょう。

頭の中だけで借金の影響を考えながら、収入と支出のバランスをとることは難しいと思います。
どれくらいの支出に抑えれば無理なく借金を完済できるのかを熟考し、家計簿などで数字を記録し、客観的なシミュレーションを心がけることが大事です。

スマートフォンで家計簿アプリを利用し、銀行口座の入金出金情報リアルタイムで記録しながらこまめな収入・支出管理をおこないましょう。

相談する人がいない・相談できない・一人で抱え込んでしまう

借金という言葉に良いイメージをもつ人は少なく、債務者の心情としてはできるだけ借金を内密にしたいと考える傾向が多くなります。
時には家族や友人にも借金を隠して生活しなければならず、借金が債務者に与える精神的負担は大きな社会問題といえます。

借金を払いたくても払えない状況で、支払い期日が刻一刻と迫るプレッシャーはストレスとなり、債務者の精神疾患の原因になることもあります。
相談相手がいないストレスフルな生活を継続すると、解決策としてとるべき選択肢もわからず途方に暮れることにもなりかねません。

一人でなんとかしようとする社会的体裁を気にするなどの特徴を持つ人は、借金で首が回らなくなる状況に陥りやすいといえるでしょう。

>>借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターで、今の状況がどのくらい改善できるか調べてみる

借金で首が回らなくなり「もう無理」となる前に対処を

借金問題は解決までの時間が長期化してしまうと、債務者が被るペナルティデメリットが大きくなります。
借金問題でまだ大丈夫というタイミングは存在せず、早期解決のための行動を開始しないと、あっという間に借金で首が回らなくなってしまいます。

借金返済が苦しいと感じた初期段階で対処法を考え実践すれば、遅延損害金・金融事故のペナルティを受けることはありません。
債務者が「もう無理」と諦め1人で解決できず途方に暮れる前に、契約内容確認・収支の見直しによる借金問題の把握をおこないましょう。

借金減額診断と呼ばれるツールを利用すれば、より正確な借金問題の精査が可能となり、借金完済の具体的な対処方法を知ることができます。

1人で解決困難な借金問題は借金減額診断の情報を基に、弁護士に依頼する債務整理過払い金請求で法的な借金完済を実現させましょう。

債務解決サポート:山口
債務解決サポート:山口
借金で首が回らない時に借金減額診断シミュレーターなら、今の状況がどのくらい改善できるか調べられます【最新版】↓

【要確認】―――――――――
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
<診断しても依頼にはなりません>

――――――――――
―――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所

\【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓


―――――――
ベリーベスト法律事務所
\【質問4つだけ】減額可能の金額が分かる/
借金が減らない生活から変わりたいなら

―――――――
弁護士法人・響(ひびき)
\TV・雑誌等で有名・24h365日診断可能/
↓いつも借金の事を考えていて辛いなら↓

この記事の監修者 山口学
自己紹介 株式会社トイントの代表取締役。「債務解決サポート」の編集・監修を行っています。10年以上のWEBメディアの運営・管理経験を活かし、最新のトレンドや現実事例を元にした情報提供に力を注いでいます。
事務所 株式会社トイント
法人番号 5120001190113
Twitter @saimukaiketsu1
お問い合わせ ※下記フォームよりご連絡をお願いします。
フォーム

・TOPへ戻る >>債務整理・借金問題を解決したいなら債務解決サポート

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA