リボ払い

リボ払い返済のコツとは?知恵袋での回答やシミュレーション・返済期間や完済したあと使わない方法・返済がしんどい時の対処等解説

リボ払いの返済のコツは抑えておきたいポイントです。なんとなく「支払いを遅らせたい」という理由で使ってしまっては、あとで大変なことになってしまいかねません。

リボ払いは返済の期間を設けずに、返済金額を一定にできるため、まとまったお金のない状態でも大きな買い物が可能になったり、お金を借りることができるシステムになっています。

その一方で、利息が高額となり、返済期間が長くなるというデメリットを持ち合わせています。

リボ払いを使用してしまった際には、とにもかくにも元金を一刻も早く減らしていくことが必要となります。そうすれば、金利が減り、支払い総金額を減らすことが可能となるのです。

リボ払いをしてしまった方がどうすれば早く返済できるかのコツについて解説していきたいと思います。

この記事でわかること
  • リボ払いとは利息の高い支払い方法
  • リボ払い返済のためのコツとは元金を減らすこと
  • リボ払い時には返済シミュレーションで必ず確認し手数料を知っておく
  • リボ払いを完済した二度と使わないようにする
  • リボ払いの返済がしんどい時は弁護士に相談する

【要確認】
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
※診断しても依頼する事にはなりません。

―――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所 \【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓
―――――――
弁護士法人サンク総合法律事務所 \借金が減らない生活から変わりたいなら/ ↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓ ―――――――

>>この記事の監修者情報

リボ払いとは

リボ払いは、リボルビング払いの略語で、クレジットカードでの支払い方法の名称となっております。CMでも多く見られ、活用する人が増えています。

一般的なクレジットの支払い返済は使った金額に対して返済をするシステムとなっていますが、リボ払いは使った金額を積み立ててその金額を一定金額ずつ返済する支払い方法になっております。

通常のクレジット支払いは使った分だけ支払いをするので、返済金額が使った金額に合わせて変化しますが、リボ払いの場合は一定金額しか支払う必要がありません。

そのため、使いやすいシステムとなっているのですが、その分金利が非常に高いというデメリットがあります。

なので、返済額を計画的に考えておかないといけません。

リボ払い返済のコツ

リボ払い返済のコツとは、ズバリ、リボ払い返済のコツは元金を減らすことです。

借りている元金が多ければ多いほど、支払い利息がどんどん増えていきます。元金を減らせば減らすほど利息も支払い回数も減っていきます。

無理のない範囲で多めに返済していきながら、まとまったお金が手にすることがあれば、一括返済できるようにしていきましょう。

ここで紹介するリボ払いの返済のコツは以下の3つです。

リボ払い返済のコツ

・リボ払い返済は毎月の返済額をなるべく高く、上げる
・リボ払い返済は繰り上げ返済、一括返済を目標にしておく
・今後のリボ払いは極力使わない

それぞれ説明していきたいと思います。

支払い回数を減らして1回の返済額を上げる

リボ払いを使う人が受けることのできるメリットは1回あたりの返済金額を少なくすることができることです。通常の支払い方法であれば50万円を借りた場合、翌月には返済しないといけないですが、リボ払いでは5年間かけて返済することができます。

返済に当たっては、期間が長ければ長いほど、返済利息は多くなります

そのため、1回あたりの返済金額を上げて元金を少しでも返済していくようにしましょう

そうすることでトータルでの返済回数と支払い利息を減らすことができるのです。

一括返済・繰り上げ返済を目指す

リボ払いの返済をしている間、まとまったお金を手にすることがあれば一括返済や繰り上げ返済をするようにしましょう(リボ払いの一括返済とは?リボ払いの繰り上げ返済とは?)。一括返済することで元金を減らすことができます。例えば夏や冬でもらったボーナスや副業で稼いだ一時金を返済に充てるようにしましょう。

リボ払いは払う回数が多くなれば多くなるほど、利息として支払う金額も多くなります。

元金を減らすことで、利息も減ります。利息が減れば完済までの期間も短くできます。

貯金ができそうなチャンスがあっても、返済に充てた方が将来的に利息の支払い金額を減らすことができるため、返済に充てた方が良いです。

リボ払いをしている間は貯金を増やすこと<借金を減らすことを心がけましょう。

リボ払いを使った支払いを増やさない

リボ払いは通常のクレジットカードの支払い方法と比較して、支払い利息の高い借入方法になります。そのため、可能であればリボ払いは使わない方が良いです。(リボ払いの上手な使い方)

自分の使えるお金を把握して極力リボ払いは使わないようにしましょう。

自分の貯金を使うことに比べて、多くのお金を利子として支払わなければなりません。

そんなもったいないことはないので、これ以上元金を増やさないようにしましょう。

リボ払い返済のコツを知恵袋で検索してみた

Yahoo!知恵袋「リボ払いの返済のコツ」で検索をかけてみました。その中から特にこれはと思った内容についてまとめてみました。参考にしてみてください。

クレジットカードを使ってリボ払いのワナにはまってしまいました

Q, クレジットカードを使って、リボ払いでの借金を130万作りました。浪費癖が原因です。返済のコツを何か教えていただきたいです。

A, 金利手数料としていくら払っているかを計算したことがありますでしょうか?130万円を借りた状態だと、年利が15.0%と仮定すると、月々16,250円の利息がかかります。1年間では195,000円となります。まずはこの現実を受けとめて理解することです。頭で理解するだけでなく体にしみ込ませるぐらいに理解してください。

そして、お金の使い方を見直し、無駄に使っていたお金をなくして、返済として支払うようにしましょう。

借金返済におまとめローンはどうなのでしょうか?

Q,クレジットカードのリボ払いと消費者金融から総額290万円の借金があります。

借金を返済するために、おまとめローンなんかはどうなんでしょうか?

A,おまとめローンは、今借りている金利よりも安い金利であれば単純に考えて返済金額は少なくなります。ですが、返済期間を長く設定して、毎月の返済額を増やすと返済の総額がおまとめローンを使う前よりも高くなる場合もありますので注意が必要です。比較検討をして必ず返済額が下がる場合のみ有効です。

リボ払い返済シミュレーション

リボ払いを使った時の返済シミュレーションをしていきたいと思います。実際にリボ払いを使ったときにどれぐらいの利息を支払う必要があるかを確認してみてください。

通常の支払い利息よりもかなり多い金額となっており、支払い金額の多さにびっくりすると思います。

また、返済金額をそれぞれの借入金額で2パターンでシミュレーションしております。返済金額を変えたときに手数料率がどれだけ変わるかを見てみてください。返済金額を増やすことによって手数料がどれだけ下がるかも見ていただけると思います。

すべて手数料は一律15.0%で計算しております。

・リボ払い返済は元金が増えれば、手数料が大きく増える
・リボ払い返済は1回あたりの返済金額を増やすと、手数料を減らすことができる
・リボ払いは返済回数が多くなれば多くなるほど、手数料が増える

上記を確認しながら返済シミュレーションの表に目を通してみてください。

20万円を毎月5,000円返済・毎月20,000円返済の返済回数

下記の表は、20万円を手数料率15%で借りたときに、元金を毎月5,000円ずつ返済した場合と、毎月20,000円返済した場合のシミュレーションです。

元金返済が毎月5,000円の場合は返済回数は40回払い、毎月20,000円の場合は10回払いとなります。

前者の場合は手数料が48,715円となり、一回当たりの返済金額は月々平均で6,218円となります。(内訳は元金返済分5,000円+手数料1,218円)後者の場合は手数料が11,222円となり、一回当たりの返済金額は月々平均で21,122円となります。(内訳は元金返済分20,000円+手数料1,122円)

両者を比較してみると手数料が4倍違います。これは単純に返済回数が4倍あることが理由です。同じお金を借りたとしても、返済期間が4倍になれば手数料は4倍以上になってしまうのです。

同じお金を借りたとしても、返済回数を減らせば減らすほど手数料は減らせます。自分が毎月支払える金額を考えながら、極力多くの金額を返済に充てていくようにしましょう。

毎月の返済額  返済回数(期間) 手数料 返済総額
5,000 40回 48,715円 248,715円
20,000 10回 11,222円 211,222円

30万円を毎月5,000円返済・毎月20,000円返済の返済回数

先ほどよりも借入金額を1.5倍増やした30万円にてシミュレーションしております。

借入金額は1.5倍ですが、手数料はなんと2.3倍となります!

5,000円で元金返済をする場合は手数料が48,715円→110,570円、20,000円で返済した場合は手数料が11,222円→26,236円となります。

どちらの返済金額でも手数料が2.3倍になってしまっています。

少しお金が足りないと思って、安易な気持ちで追加の借り入れをしてしまうと支払う総額が一気に膨らんでしまいます。

こう考えるとリボ払いを使う金額は少しでも増やさないようにと思っていただけるのではないかと思います。

毎月の返済額 返済回数(期間) 手数料 返済総額
5,000 60回 110,570円 410,570円
20,000 15回 26,236円 326,236円

50万円を毎月10,000円返済・毎月30,000円返済の返済回数

そして、さらに借入金額を20万円増やして50万円とした場合の返済シミュレーションです。

ここからは返済金額を少し増やして表を作成しております。毎月10,000円ずつ返済した場合と、毎月30,000円返済した場合としております。

返済すべき元金が少ないと、時間をかければ返済することは可能です。ですが、時間をかければ手数料が増えてしまうため、現実的に返済できそうな10,000円という金額と30,000円という金額で場合分けをしております。

10,000円の返済金額の方の手数料を見てみると金額が153,061円で、返済総額は653,061円となっています。返済金額を3倍の30,000円まで増やすと、その手数料は3分の1以下になり、48,963円です。

そのため、返済金額を極力増やすことをお勧めします。返済に支払う手数料を少しでも抑えていきましょう。

毎月の返済額 返済回数(期間) 手数料 返済総額
10,000 50回 153,061円 653,061円
30,000 17回 48,963円 548,963円

100万円を毎月30,000円返済・毎月50,000円返済の返済回数

最後は100万円を借りたときの返済金額のシミュレーションです。

返済金額は1回あたり30,000円と50,000円として計算しております。

手数料を見てみると、20万円を超えてしまっています。単純に払う必要のないお金を20万円も払ってしまっていると考えると、相当もったいなくないでしょうか。

もしお金を借りていなかった場合は、手数料はすべて預金に回せているはずの金額です。

「リボ払いをあの時使っていなければ…」「貯金をしていれば、お金を借りる必要はなかったのに…」という後悔をしてしまう前に、この手数料と返済金額の表を目に焼き付けてみてください。

リボ払いを使ってしまった方は反省を、リボ払いをまだ使っていない方は恐怖を心に刻んでリボ払いを極力使わない生活を送るようにしましょう。

毎月の返済額 返済回数(期間) 手数料 返済総額
30,000 34回 202,012円 1,202,012円
50,000 20回 118,630円 1,118,630円

リボ払いは返済期間が長くなりがちな理由はどうして?

リボ払いは返済期間を借入時に決めない方法になっています。通常のクレジットカードでの支払いは期限が決められています。期限が決まっていない分、返済までの期間が長くなり、利息が雪だるま式に膨らんでいくのです。

そのため、返済しても返済しても借金が減らない状態に陥ってしまいます。

また、一定の金額でしか返済しないため元金を減らせるスピードも遅くなるという特徴もあります。

元金の金額が多いほど、返済金額は増え、返済期間が長くなってしまいます。

上記で様々な金額を借りたときの表を作成しました。

借りたお金が多いほど、返済までの期間が長くなります。返済までの期間が長いほど総返済額が大きくなってしまいます。

そういうカラクリがあって、返済期間が長くなってしまうのです。

リボ払いを完済したらもうリボ払いを使わない様にする方法

リボ払いでの残高を完済することができたのであれば、もうリボ払いは使わないようにしましょう。

今まで書いてきたようにリボ払いは非常に金利の高い支払い方法のため、使わないのが得策です。

ここからはリボ払いを使わないようにするため、3つの方法についてまとめてみました。

それぞれ説明していきたいと思います。

リボ払いを使わないようにする方法

・リボ払いの返済のコツとしてリボ専用カードは持たない
・リボ払い返済のコツとして収入>支出にする
・リボ払い返済のコツとして欲しいものは貯金を使って買う

リボ専用カードは解約する

もしリボ払い専用のカードを持っていたら即刻解約してください。

何ならはさみを入れて切ってしまいましょう。

前述しているようにリボ払いはクレジットカードの支払い方法の中でも、支払利息の高い支払い方法となっています。そのため、誤って再度リボ払いを使ってしまおうものなら高い利息を再び払わなければなりません。

リボ払い以外の使い道のないカードに必要性は全くありません。即刻解約しましょう。

収入額以内で購入できるものしか買わない

当然のことですが、収入額以内で購入できるものしか買わないようにしましょう。

収入-支出が黒字になれば貯金ができて赤字になれば借金をするようになります。

リボ払いは借金です。借金をしないようにするためには、収入額を超える金額を使ってはいけません。

リボ払いを使えば目の前にお金がなくても使うことができます。それは非常に魅力的ですが、後々返済の義務が生じるため、みんな困ってしまうわけです。

収入額を超える金額を使うことは未来の自分の首を絞めることになります。自分の収入を把握し、収入内でお金を使うようにしましょう。

欲しいものがあったら貯金をしてから買う

欲しいものがあれば貯金をしてから買うようにしましょう。リボ払いは貯金が無くてもお金を使うことができます。ですが、高額な支払い利息が付くため、総支払金額が増加します。

ところが、貯金であれば借り入れるわけではないので利息は付きません。

もし、欲しいものがあって現金をもっていないのであれば貯金をするまで我慢をする癖をつけましょう。ちなみに貯金があれば心理的な余裕も生まれるというメリットも同時に享受できます。

基本的なことですが、リボ払いを使ってしまう人は今日から心を入れ替えて、欲しいものがあったら貯金をしてから買うようにしましょう。

リボ払いの返済ができなくてしんどい時の対処方法

リボ払いの返済ができなくて、しんどい方もいると思います。

すでに返済しなければならない金額が大きくなりすぎて嫌になってしまっている方もいるかもしれません。月々の返済金額が大きすぎて毎月の給料では賄いきれなくなっている方もいるかもしれません。

そんな方のために2つの方法をまとめました。

リボ払い返済の対処方法

・借金を減らすことができないか債務整理を選択肢として持つ
・借金が減らせないか借金シミュレーターを使ってみる

債務整理ができないか弁護士に相談する

債権整理についてCM等で見かける機会はないでしょうか。よく弁護士事務所が行っていますよね。

もしも、リボ払いの返済金額があまりにも多くなりすぎて苦しいときは債務整理ができないか弁護士に相談してみましょう。

弁護士はプロです。数々の債務整理を行ってきています。

一人で悩んでいるよりは人の知恵を借りて、返済について考えてみましょう。

借金が減額、免除になる可能性もあります。

返済ができなくてしんどい時は弁護士に相談するという選択肢も考えてみてください。

一方でで債務整理にはデメリットもありますのでその点は気を付けてください。

リボ払いを含めた借金が減らないか借金減額シミュレーターで調べる

リボ払いを含めて借金を減らすことができないかまずは減額シミュレーターで調べてみましょう。

自分の借りている金額、自分の借りている期間、返済金額の多さなど簡単な質問に答えることで、借金を減らすことができるかシミュレーションができます。

簡単に使える上に、自分の借金について目をそらさずにしっかりと把握することもできるためおすすめの方法です。

【要確認】―――――――――
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
<診断しても依頼にはなりません>

――――――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所

\【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓


―――――――
弁護士法人サンク総合法律事務所

\【簡単1分】質問に答えるだけ/
↓しんどい返済生活から抜け出したいなら↓

―――――――

この記事の監修者 山口学
自己紹介 株式会社トイントの代表取締役。「債務解決サポート」の編集・監修を行っています。10年以上のWEBメディアの運営・管理経験を活かし、最新のトレンドや現実事例を元にした情報提供に力を注いでいます。
事務所 株式会社トイント
法人番号 5120001190113
Twitter @saimukaiketsu1
お問い合わせ ※下記フォームよりご連絡をお願いします。
フォーム

・TOPへ戻る >>債務整理・借金問題を解決したいなら債務解決サポート

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA