リボ払い

リボ払いはデメリットしかない?理由やメリットも理解し上手に使う方法や注意点等解説

お金がなくなる支払い方法として有名なリボ払いですが、なにが危険なのかを理解せず、ただ危険だと思っている人もたくさんいます。しかし、リボ払いにもメリットはあるため、正しく理解して使いこなせば、必ずしも危険とは限りません。

リボ払いが、本当にお金がなくなる危険なだけの支払い方法あれば、すぐに法律で規制されているはずです。しかし実際は、リボ払いはだれでも気軽に利用できる支払い方法として、あらゆるクレジットカードで選べる支払い方法となっています。

リボ払いを正しく恐れるために、リボ払いが危険だと言われる理由についてまとめました。また、リボ払いのメリットや使いこなし方についても併せて紹介するので、リボ払いをよく知らないまま危険だと思っている人は、ぜひ一度目を通してください。

この記事でわかること
  • リボ払いはデメリットだけの支払い方法ではない
  • リボ払いのデメリットを正しく理解しないと、損失が大きくなる
  • リボ払いが危険なのは、計画的に利用しないと支払いが増えるから
  • リボ払いは支出のコントロールをしやすい点がメリット
  • リボ払いの残高が増えすぎたら、債務整理も検討する

【要確認】
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
※診断しても依頼する事にはなりません。

―――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所 \【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓
―――――――
ベリーベスト法律事務所 \【質問4つだけ】減額可能の金額が分かる/
↓借金が減らない生活から変わりたいなら↓

―――――――

>>この記事の監修者情報

リボ払いはデメリットしかない理由はどうして?

リボ払いが危険だと言われる一番の理由は、仕組みを理解せずに利用するといつまでも支払いが終わらないことです。どんどん手数料が増えていくにもかかわらず返済金額は増えないため、計画的に返済しないと長期にわたって払う必要のないお金を支払うことになってしまいます。

一般的な支払い方法は、使った分だけ翌月に支払います。しかし、リボ払いはどれだけ使っても支払い金額が変わらないため、自分が今どれだけ使っているか把握しづらいです。明確な返済金額や返済期間が分かりにくい点も、リボ払いが危険だと言われる所以です。

リボ払いを理解せずに利用し続けると、どんどん支払い金額が膨れ上がってしまい、最終的には自己破産や差し押さえになってしまう人も少なくありません。リボ払いを利用した人の末路がことごとく悲惨なことが、リボ払いをよく知らない人に危険なものだと思わせてしまいます。

  • いつまでも利息を支払い続けることになる
  • 返済金額や支払い期間が分かりにくい
  • 最終的に破産する人もいる

手数料・利息がかかる、高い

リボ払いは、毎月どれだけ使っても支払い金額が変わりません。その代わり、支払いきれなかった残金には手数料が加算されてしまいます。つまり、リボ払いを使い続けるほど最終的に支払う金額も増えてしまうのです。

一般的なリボ払いの手数料は、年率15%程度の場合が多いです。リボ払いの残高が100,000円あった場合、1年後には残高が115,000円まで膨れ上がります。手数料は残高から乗算で計算されるされるため、残高が大きいほど増える手数料も多くなる点が特徴です。

リボ払いによっては増えた手数料にも手数料が発生するケースもあるため、残高が複利でどんどん増えていってしまいます。リボ払いは高い手数料が断続的に発生するため、安易に利用するのは余計なお金を失ってしまい危険です。

  • リボ払いの残高には、手数料が発生する
  • 残高が増えるほど、加算される手数料も増える
  • 加算された手数料にも手数料が発生するケースがある

返済総額が膨らむ

リボ払いの手数料は年率計算なので、返すのに時間がかかるほど手数料も増えていきます。たとえばリボ払いの残高が100,000円あった場合、次の月に全額返済すると支払う手数料は1,250円です。一方1年後に返済する場合、手数料は15,000円まで増えます。

リボ払いは残高を意識していないと、どんどん返済総額が膨らんでいく点が大きなデメリットです。気づいたときには、新しくクレジットカードを使えないほど返済総額が膨れ上がっていたというケースも少なくありません。

毎月の支払い金額が少ないからと安易な気持ちでリボ払いを利用すると、最終的に大きな損失がでてしまいます。手数料の怖さに気づけず、本来は支払う必要のなかった手数料を支払うことになってしまう点も、リボ払いが危険だと言われる理由です。

  • 手数料は時間経過で増え続ける
  • 毎月の返済金額が少ないため、手数料が増えても気づきにくい
  • 最終的に、大きな手数料を支払うことになってしまう

元金が減らず返済期間が長期化する

リボ払いの返済残高は、手数料によってどんどん増えていきます。しかし支払い金額はどれだけ使っても変わらないため、利用者が直接負担を感じることはありません。そのため残高が増えてもリボ払いを続けてしまう人が多いです。

手数料が増えすぎてしまうと、毎月の少ない返済金額では手数料分しか返済できなくなってしまい、元金が減らないという事態に陥ってしまいます。こうなるといくら支払いを続けても、リボ払いが完済できなくなってしまいます。

途中で気づいて支払い金額を増やしたとしても、膨れ上がった元金を一気に返すのは難しいです。どうしても長期的な支払いになってしまい、手数料の発生によりさらに返済が長期化するという負のスパイラルに陥ってしまいます。

  • リボ払いを続けると、手数料の増加ペースが毎月の支払い金額を上回る
  • 気づいて支払い金額を上げないと、いつまでもリボ払いを完済できない
  • 膨れ上がった元金はすぐに返済できないため、支払いが長期化しやすい

毎月の返済額が一定でいくら返済しているのか把握しにくい

リボ払いはいくら使っても支払う金額が変わらないため、今どれだけお金を使っているのかが把握しづらいです。こまめに利用履歴をチェックしていないと、いくら返済して残りがいくらあるのかが分かりません。

元金に手数料が発生することも、計算が複雑になってしまう要因です。返済までどれくらいかかってどの程度手数料が発生するのかまで正確に把握するのは困難なため、リボ払いを正確に管理できる人は非常に少ないです。

しかし管理を怠ると、前述したように手数料の増加と減らない元金に苦しめられることになってしまいます。リボ払いはだれでも気軽に使える制度ですが、正しく使うことがとても大変な制度であることもまた事実です。

  • 毎月の支払い金額が変わらないため、あといくら支払えばいいか把握しづらい
  • 手数料も併せて計算しなければ、返済時期や合計手数料を正確に計算するのは難しい
  • 管理を怠ると、手数料の支払いや増えすぎた元金に苦しめられる

リボ払いのメリットを理解し上手に使う方法

リボ払いのデメリットは、ここまで紹介した通りです。ではリボ払いが絶対に使ってはいけない危険だけの制度かと言われれば、そうとも限りません。毎月の支払い金額が少なくて済むリボ払いは、正しく理解して使うことでお金がないときの心強い味方になってくれるからです。

たとえば、急な出費でやりくりが厳しい場合に、リボ払いを使って支払い金額を減らせば難を逃れられます。残高には手数料が発生しますが、返せるようになったときにすぐ返済額を上げて一括で返済することで、大きな手数料は発生しません。

適切な返済計画があれば、少々の手数料と引き換えに毎月の支出をコントロールできる点が、リボ払いのメリットです。もちろん徹底した収支の管理は必要ですが、リボ払いにもメリットがある点は間違いありません。

  • リボ払いはデメリットだけでなく、メリットもある
  • 返済計画をしっかりたてれば、毎月の支出を自由にコントロールできる
  • 手数料の発生は避けられないが、すぐに完済すれば大きな金額にはならない

返済が厳しい時に一定額を返済することで計画がたてやすい

リボ払いのメリットは、毎月の支出にかかわらずいくら返済するのかを自分で選べる点です。たとえば、予定外の出費で家賃などの支払いができなくなる場合、リボ払いを使ってクレジットカードからの引き落とし金額を下げることで、お金を確保できます。

もちろん残高は発生しますが、いくら残っているのかをしっかり把握しておけば、翌月以降の資金繰りを調整することで返済に充てられます。手数料についても、すぐに返済すれば大きな金額にはなりません。

また、リボ払いの支払い金額は毎月自由に変更できる場合が多いです。月の収支に応じて柔軟に支払い金額を変えることで、計画的な資金運用ができる点は、ほかの支払い方法にはないリボ払いだけの強みと言えます。

  • 毎月の支払い金額を自由に変更できるため、予想外の出費に対応できる
  • 支払い金額は毎月変えられるため、月の収支に応じて柔軟な支払いが可能
  • 発生した残高は、把握しておけば翌月以降の資金繰りでカバーできる

返済の目途がついたら返済額を増やしたり、一括返済をして完済する

リボ払いで恐ろしいのは、膨大な残高が長期間残ることによる手数料の発生です。逆に言えば、こまめに支払い金額を増やして残高を減らしていけば、発生する手数料もそこまで大きなものにはなりません。

返済できる目途がついたら、都度返済金額を増やしていくことで、増え続ける残高を減らせます。返済しきれるのであれば、一括返済をすることでそれ以上手数料に悩まされることもなくなります。(リボ払いの一括返済って何?)

リボ払いを1~2か月使ったからと言って、いきなり手数料が膨れ上がって返済ができなくなるわけではありません。残高と発生する手数料を正確に把握して、こまめに残高を減らしていけば、最小限の損失でリボ払いを活用できます。

  • 支払えるタイミングで返済金額を増やし、こまめに残高を減らすことが大切
  • 残高が増え続けなければ、発生する手数料も大きくならない
  • 残高と発生する手数料を、正確に把握することが大切

リボ払いに勝手になる設定がある?注意点

リボ払いになるのは、自分で設定をしたときだけです。勝手に設定されてしまうことはありません。

ただし、自分が知らないうちにリボ払いの設定をしているケースはあります。たとえばクレジットカードを申し込んだ際に、最初の支払い設定をリボ払いにしてしまう人は少なくありません。

また、クレジットカードの中にはリボ払い専用のカードもあります。このカードはすべての支払いがリボ払いになってしまうため、注意してください。クレジットカードを作成する段階で、支払い方法を確認しておくことが大切です。

  • 支払いが勝手にリボ払いになってしまうことはない
  • 自分が理解せずにリボ払いの設定をしているケースはある
  • リボ払い専用のクレジットカードもある

勝手になることはないが、知らずに設定をしているケースがある

基本的に、リボ払いは会員サイトでリボ払いの設定をしない限り、勝手にリボ払いになることはありません。ただし、クレジットカードの申込み時は例外で、自分が気づかぬうちにリボ払いの設定をしてしまうケースがあります。

代表例は、クレジットカードの新規入会キャンペーンの特典を受け取るために、リボ払いの設定が必須であるパターンです。特典を受け取るためだからと指示に従って設定すると、リボ払いも一緒に設定されてしまいます。

また、申込み時に受付の話をよく聞いていないと、リボ払いの項目にチェックを入れさせられてしまうケースもあります。クレジットカードの申込みは手続きが多く面倒ですが、うっかり話を聞き流してリボ払いの設定をしてしまわないように注意してください。

  • クレジットカードの申込み時には、意識せずリボ払いの設定をしがち
  • 新規キャンペーンの受け取り条件に、リボ払いの設定が含まれることがある
  • 話を聞かないまま手続きを進めると、リボ払いに誘導されてしまうケースもある

リボ払いしかできない専用カードもある

クレジットカードの中には、リボ払い専用カードが存在します。支払い方法がリボ払いしかなく、特別な設定をしていなくても自動的にリボ払いで支払うことになるため、注意が必要です。

クレジットカードを申し込む際には、リボ専用カードでないか必ず確認してください。リボ専用カードを申し込んでしまった場合には、解約して改めて別のクレジットカードで登録する選択肢もありです。

また、リボ払いの支払い金額を変更して、使った分すべてを支払うようにすれば、実質1回払いのクレジットカードとして利用できます。解約するつもりがないのであれば、こちらの方法を試してください。

  • リボ払い専用のクレジットカードがある
  • 申し込み前にクレジットカードの支払い方法を確認する
  • 毎月の支払い金額を増やすことで、実質1回払いのクレジットカードとしても使える

リボ払いがデメリットしかないならなぜ規制されないのか

リボ払いは、安易に利用すると大きな損失を被る可能性があります。にもかかわらず、一向にリボ払いが規制されないのは、リボ払いに違法性はないからです。リボ払いの手数料は法律を順守しており、事前にサイトなどで説明もしているため、法律に触れることはしていません。

また、リボ払いを必要としている人がいることもまた事実です。たとえば月の収入が不安定な人にとっては、収入の多寡に応じて支払い金額を変えられるリボ払いは、非常に役立つ制度と言えます。

一時的にたくさんのお金が必要になった人にとっても、リボ払いは心強い味方です。収支の管理さえ徹底すれば、リボ払いのデメリットも最小限に抑えられるため、リボ払いを役立てられる人は少なくありません。

  • リボ払いは違法行為ではない
  • 収入が不安定な人にとっては、リボ払いが役立つ
  • 予定外の出費があった際にも、リボ払いに助けられる人は多い

リボ払いは違法ではない

多くの人が危険だと考えているリボ払いですが、リボ払いは決して違法な仕組みではありません。まっとうな業者であれば発生する手数料は法律に則った金額ですし、万が一支払えなかった場合に恐喝や強引な取り立てがおこなわれることもありません。

また、クレジットカード会社のホームページや会員サイトのリボ払いを設定するページなどで、リボ払いについての説明も載せています。説明責任は果たしているため、こちらの面でも違法性はありません。

  • リボ払いの仕組みに違法性はない
  • 仕組みや手数料の説明責任もしっかり果たしている

リボ払いが必要な人も一定数いる

扱いを間違えると痛い目を見てしまうリボ払いですが、必要としている人も一定数存在します。リボ払いは毎月の支払い金額を自由に変更できることから、毎月の支払いが安定していない人にとって非常に便利な制度です。

たとえば繁忙期と閑散期のある仕事では、季節によって収入が大きく変動します。毎月同じだけの生活費を支払うことが難しい場合でも、リボ払いによって月々の支払い金額を調整すれば、簡単に毎月の生活費が確保できます。

他にも、一時的にお金のない人や急な出費で今月の生活費が払えないといった人が、支払いを先延ばしにする手段として、リボ払いは便利です。利用後の返済には計画性が求められますが、リボ払いによって救われる人がいることも間違いではありません。

  • 毎月の収入が不安定な人は、支出のコントロールができるリボ払いが便利
  • 一時的に支払いを先延ばしにする手段としても、リボ払いは役立つ

リボ払いする人の特徴

リボ払いをよく利用する人は、毎月の支払いに苦労しているケースが多いです。一括で支払えるだけのお金がないからこそ、支払いを先延ばしにできるリボ払いに頼ってしまいます。

ただし、そういった人はリボ払いの残高をうまく管理できないことが多く、結果として返済に苦労してしまいます。そういった人が多いからこそ、リボ払いは危険だと思われがちです。

もちろん、なかには計画的にリボ払いを利用する人もいます。リボ払いは収支の管理ができない人が多く利用している一方で、支出のコントロールをする目的で利用している人がいることもまた事実です。

リボ払いをよく利用する人
  • 収入が月によって安定していない
  • 急な出費で生活費が払えない人
  • 普段からお金の使い方が荒くて貯金が残せない
  • 毎月の支払い金額を自由に変えたい

リボ払いとは

リボ払いと分割払いの違いは、支払い回数が決まっているかどうかです。分割払いを申し込んだ時点で支払い回数が決まっている分割払いに対して、リボ払いは支払い金額によって支払いの回数は異なります。

計画性に自信のない人にとっては、一定回数支払えば完済できる分割払いのほうが確実に返済できます。一方、分割払いは一度設定するとそれ以上支払い金額を変えられないため、毎月の支払い金額を柔軟に変えられる点はリボ払いの強みです。

ただし、何度も伝えたように計画性のないままリボ払いを利用すると、残高が増え続けて返しきれなくなってしまいます。支払い金額が増えすぎて返済が難しい場合は、債務整理による借金の減額も検討してください。

  • 分割払いは、支払い回数が決まっている点が優れている
  • リボ払いは、毎月の支払い金額を自由に変更できる点が優れている
  • リボ払いで残高が増えすぎたら、債務整理も検討する

リボ払いと分割払いはどっちが得か

リボ払いと分割払いは、どちらも支払いを分割する支払い方法です。分割払いは分割回数を決めて支払い金額が変わるのに対して、リボ払いは毎月の支払い金額を決めることで分割回数が変わります。(リボ払いと分割払いの違い)

分割払いは申し込み時点で分割回数が決まっているため、決められた回数支払えば必ず支払いが終わる点がメリットです。ただし、一度分割すると再度分割することができないため、分割回数は慎重に選ぶ必要があります。

リボ払いは毎月支払い方法を変えられるので、支出のコントロールを柔軟におこなえる点がメリットです(リボ払いの上手な使い方)。ただし支払い金額は分割払いより少なくなりがちなので、きちんと自分で管理しないと残高が減らず多くの手数料をとられることになってしまいます。

  • 支払いの管理が苦手な人は、分割払いがおすすめ
  • 毎月の支払いをその都度変えたい人は、リボ払いがおすすめ
  • 今後の収入や自分の管理能力に応じて、どちらを選ぶか決めることが大切

リボ払いの支払いがヤバイことになったら債務整理も検討

リボ払いで残高が増えすぎて返済ができないと感じたら、債務整理を検討してください。弁護士を通じて債務整理をすることで、借金の減額や利息のカット、借金の免責などを受けられる可能性があります。

もちろんデメリットも多いです。債務整理をすればブラックリストに載ってしまい、クレジットカードやカードローン、融資などが利用できなくなってしまいます。また、自己破産を選ぶと一部の財産を除いて差し押さえを受けてしまう点も、無視できないデメリットです。

しかし、返しきれない借金を返済し続けるくらいなら、デメリットを受け入れてでも債務整理に頼って完済を目指すほうが、最終的には幸せになれる可能性が高いです。どうやっても返済できる目途がたたないほどリボ払いの残高が増えた人は、思い切って債務整理に頼ることも選択肢に入れてください。

債務整理の種類
  • 任意整理:債権者と交渉して、利息のカットや返済金額の減額をおこなう
  • 個人再生:借金を最大10分の1まで減額し、3~5年程度での返済を目指す
  • 自己破産:最低限の財産以外を差し押さえられる代わりに、借金の免責(支払い義務の免除)を受ける

【要確認】―――――――――
✅毎月の返済が1社以上or
✅半年以上払っている人は
借金を減らせる可能性があります。

借金を返すのがしんどい方に。
※いくら減らせるか無料・匿名で試せます。
<診断しても依頼にはなりません>

――――――――――
―――――――
グリーン司法書士法人・行政書士事務所

\【簡単1分】質問に答えるだけ/
しんどい返済生活から抜け出したいなら
↓職場・家族、誰にもバレずに試せます↓


―――――――
ベリーベスト法律事務所
\【質問4つだけ】減額可能の金額が分かる/
借金が減らない生活から変わりたいなら

―――――――
弁護士法人・響(ひびき)
\TV・雑誌等で有名・24h365日診断可能/
↓いつも借金の事を考えていて辛いなら↓

この記事の監修者 山口学
自己紹介 株式会社トイントの代表取締役。「債務解決サポート」の編集・監修を行っています。10年以上のWEBメディアの運営・管理経験を活かし、最新のトレンドや現実事例を元にした情報提供に力を注いでいます。
事務所 株式会社トイント
法人番号 5120001190113
Twitter @saimukaiketsu1
お問い合わせ ※下記フォームよりご連絡をお願いします。
フォーム

・TOPへ戻る >>債務整理・借金問題を解決したいなら債務解決サポート

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA