絶対借りれる個人融資はあるの?本当にどこからも借りれない時にほぼ借りられるソフト闇金の危険性やリスクと解決策を解説

絶対借りれる個人融資というワードは魅力的にみえますが、個人融資には大きなリスクがあり大変危険な金融融資です。

個人融資は銀行・消費者金融カードローンの審査に落ちた多重債務者に、SNSインターネット掲示板などで金融融資を持ちかけます。
しかし個人融資は闇金などの反社会勢力が関係し、犯罪の温床にもなっています。

この記事では個人融資の特徴闇金ソフト闇金など個人融資の危険性やリスクと、多重債務者がどうしても借入できないときの解決策を詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 絶対借りれる個人融資はLINETwitterなどのSNSインターネット掲示板を利用して金融融資を持ちかけてくる
  • 絶対に借りたい多重債務者の弱みにつけこんで、闇金ソフト闇金など反社会勢力が金融融資をしている
  • 個人融資の利息・手数料は貸金業法総量規制上限金利を超える違法な金利
  • 闇金・ソフト闇金の個人融資からひととき融資個人情報流出などの犯罪に巻き込まれるリスクがある
  • 個人間融資ではなく弁護士による債務整理・国の支援制度である緊急小口資金などを利用する

お金借りるEX:山口

一時的に借りれる安心・安全なカードローンを紹介します。↓

個人間融資とは

個人間融資とは個人を装って多重債務に借入させるなど、金融庁からも注意喚起がされている融資方法です。

金融機関が金融融資をするときは貸金業法を遵守しますが、個人間融資をする業者は貸金業法を遵守しません
個人間融資は過去には家族・知人などの個人同士の貸し借りでしたが、SNS上で顔も知らない相手同士の貸し借りに変化しました。

貸付した相手が個人を装った闇金ソフト闇金の可能性も高く、1度借入てしまうとトラブルに巻き込まれる事態になりかねません。

以前は、貸金業者(銀行や消費者金融)以外での個人でのお金の貸し借り

個人間融資の手段は時代の変化とともに、貸し借りの方法も変化しています。

過去の個人間融資のやりとりは、その大半が家族友人会社の知人など、自分の身の周りの人間でした。
急な出費などでお金が足りなくなった場合、貸金業者に借りるよりも家族・友人などに相談し、お金を借入するケースが一般的でした。

家族・友人は自分がよく知っている相手のため、相手の素性の把握お互いの信頼関係などがあり、個人間融資をしてもトラブルに発展することが少ない傾向にありました。

また会社の知人とは毎日会社で顔を合わせるので、先輩・同僚・後輩などの間柄でお金の貸し借りがあっても、比較的トラブルのリスクは少なく済みました。

過去の個人間融資では借り手・貸し手の間に、互いの素性人柄信頼関係などがありました。

個人間融資をする前にトラブルになる・ならないが、ある程度判断できる傾向にありました。

今は、ネット上のSNSなどを使ったまったく知らない人とのお金の貸し借り

現代ではスマートフォンの普及によって、SNSなどのソーシャルメディアを誰でも利用できる時代になりました。

ネット上では匿名で情報交換ができ、日々多くの情報が顔も知らない人達とシェアされています。

近年ではSNSを利用した個人間融資が増加傾向にあり、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなっています。
SNSのコミニケーションは時間と場所を選ばず、いつでもどこでも情報交換ができます。

しかし実際会う必要がないので、基本的にお互いにまったく知らない人同士でのお金のやりとりになります。

ネットの向こう側でやりとりしている人間が、男か女かさえ正確に知ることはできません。
またネットで提示される情報には確証がないため、受け手の情報精査は困難になります。

ネットでのやりとりの信憑性は低く、架空の関係であると理解する必要があります。

このような架空の関係同士での個人間融資は、トラブルに発展するリスクが極めて高いのです。

個人間融資は個人を装った闇金の可能性が大きい

ネット上のSNSなどを使った個人間融資は、個人を装った闇金の可能性が大きくなります。

顔を合わせない、素性がハッキリしない状態でやりとりできるSNSは、闇金などの犯罪グループにはうってつけの環境です。

SNSでやりとりしている相手が1人に見えても、その後ろに複数の集団がいる可能性もあります。
SNSの個人アカウントを、複数人で管理している犯罪グループも存在します。

Twitter・LINEなどの個人アカウントで繋がりをつくり、ネット上でのやりとりを始めます。
やりとりが続く間に仲良くなり、相手のことを知ったつもりになるかもしれません。

しかしあくまで個人間融資を促すための虚言であり、タイミングを見計らって個人間融資を持ちかけてくるでしょう。

SNSで必要以上に相手を信頼すると、犯罪などのトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意してください。

>>一時的に借りれる安心・安全なカードローン

個人間融資の種類

個人間融資は個人間融資掲示板などを介して、どこからも借入できない状況にある多重債務に金融融資を持ちかけます。

個人間融資をする業者にはソフト闇金闇金詐欺グループなどの種類があり、反社会勢力とも呼ばれています。

個人間融資では貸付する反社会勢力側は素性を隠しながら犯罪行為ができますが、借入する側には金融融資先の素性が不明というデメリットしかありません。

個人間融資で反社会勢力と関係を持つことは、非常に危険な行為だと理解する必要があります。

個人間融資掲示板

個人間融資には個人間融資掲示板を利用する方法があります。

近年ではSNS・ネット掲示板が匿名の個人間でお金の貸し借りの目的として利用され、犯罪などに悪用されるケースが増えています。

貸金業法

 

貸金業者・貸金業者からの借入れについて定めている法律
収入証明・総量規制・上限金利・信用情報機関での情報共有などを規定
多重債務のリスクから債務者を守る目的で制定

個人間融資掲示板での継続的な金融融資は、貸金業法では無登録営業に抵触します。

通常であれば金融融資には国又は都道府県の登録が必要になり、貸金業法を遵守する義務があります。

しかし個人間融資掲示板での融資では、素性不明で無登録の業者が貸付をしています。
不特定多数が利用できる個人間融資掲示板でお金の貸し借りをすると、貸金業法で裁かれる可能性があります。

ソフト闇金

個人間融資ではソフト闇金が貸付をしている可能性があります。

ソフト闇金とは貸金業法で定められた貸金業の登録をせず、違法に金融融資をおこなう業者のことです。

闇金に比べ対応取り立てが穏やかなのでソフト闇金と呼ばれています。

結論からいうとソフト闇金は、法律違反の犯罪者グループになります。

ソフト闇金は法律を守らないので、貸金業法で規定されている上限金利を超えて貸付します。
返済に必要な金利は、ソフト闇金が違法に決めた金利で貸付される可能性があります。

上限金利では借入金額10万円未満であれば年率20%が法律で決まっていますが、ソフト闇金の借入では1ヵ月で20%という高金利な場合があります。
違法な金利での借入は多重債務に陥るリスクが高く、最終的に人生が破綻する事態になりかねません。

どんなに借入が困難な場合でも、絶対にソフト闇金から借入してはいけません。

闇金

闇金とはソフト闇金同様に違法に金融融資をする点は同じですが、違う特徴もあります。

闇金とソフト闇金の違いは、対応や取り立てが激しく、恫喝恐喝など犯罪まがいの手段で返済を強制します。
映画やドラマでよく登場する典型的な闇金を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

闇金業者の後ろには暴力団など、反社会勢力とよばれる犯罪者集団が関係していることが少なくありません。

反社会勢力は犯罪行為も厭わず、債務者を追い詰めます。
場合によっては債務者の家族・知人まで危害を与え、手段を選ばず返済を強制します。

闇金から借入した場合のリスクは計り知れず、返済後もトラブルに巻き込まれる可能性があります。

何があっても闇金と関係をもつことは、絶対避けるようにしてください。

詐欺

個人間融資でお金を借入すると、詐欺の被害に遭う可能性があります。

SNS・インターネット掲示板で個人融資を持ちかけてくる相手は、詐欺目的であなたに近づいてくる傾向が高いのです。
匿名性が高く素性が不明の相手からの誘いは、何か裏の目的があると思って間違いないでしょう。

お金に困っているときは冷静な判断も難しく、甘い言葉に乗ってしまうことも少なくありません。

また直接的な融資だけでなく、あなたの個人情報が狙われるリスクもあります。

現代においては個人情報そのものが、大きな価値を有する時代になりました。
自分の知らないところで個人情報が出会い系アフィリエイトなどに悪用され、犯罪に巻き込まれてしまう事件が頻発しています。

詐欺から自分を守るためにも、個人間融資掲示板などで素性不明の相手に個人情報を公開しないようにしてください。

>>一時的に借りれる安心・安全なカードローン

個人融資でお金を借りたくなる危険なワード

個人融資ではお金を借りたくなる危険なワードを巧みに利用し、金融融資に持ち込もうとします。

銀行・消費者金融カードローン審査で何度も落ちた経験のある多重債務者であれば、魅力的にみえてしまうワードばかりです。

また借入に急を要する場合は、冷静な判断ができず個人融資で借入してしまう人も少なくありません。

個人融資をする反社会勢力は借入させる目的で、甘いワードを多用していることに気付いてください。

個人融資で借入する前に、なぜこの状態でも借入できるのかという裏側の目的をよく考えることが必要です。

絶対借りれる、借金まみれでも借りれる

絶対借りれる、借金まみれでも借りれるは、債務者に強いインパクトを与えます。

借金があり、複数の金融機関から既に借入状態の場合、新規で金融融資を利用することが難しくなります。

銀行カードローン審査では、借入状況返済能力の有無を精査されます。
借金まみれの状態であれば、間違いなく銀行カードローン審査には通過できません。

また消費者金融カードローン審査は銀行に比べ、審査が緩い傾向にありますがそれにも限度があります。

個人間融資に流れる人の多くが、他の金融機関の融資を受けられない状況に陥っています。
色々な金融機関で借入申請をしても、その度に審査で落とされると、絶対借りれるというワードが強く心に響くかもしれません。

個人間融資を検討している人は、金利が高いリスクがあると知っていても、他に借入先がないので仕方なく個人間融資を利用する傾向にあります。

即日融資可能

即日融資可能は、返済期間が迫った債務者の興味を強く引きます。

個人間融資を検討している債務者は、返済に急を要するケースが多くあります。
期日までに返済できないとスマートフォンが使えない・電気・ガスが止まるなど、生活に大きな支障が起こります。

また返済滞納が続き、次回の返済ができなければ、簡易裁判所からの法的措置をとられるという危機的な状況も考えられます。

少しでも早くお金が欲しいという債務者の心理につけ込み、即日融資可能のワードで個人間融資を促します。
個人間融資で貸付している業者は、如何に債務者に早く借入させるかを考えています。

そのため期日に猶予のない多重債務を積極的に狙って行動を起こしてきます。

まず冷静に考え、個人間融資に頼らず返済に向けてできる行動を探してください。

在籍確認なし・家族に内緒OK

在籍確認なし・家族に内緒OKは、内緒で借入を検討する債務者を狙います。

銀行カードローン・一部の消費者金融カードローン審査では在籍確認が必須になります。

在籍確認

カードローン契約時に申請した職場が正しいのかを確認する作業
本人確認の連絡後に、審査会社が職場に電話連絡を入れる
在籍確認で申請者のプライバシーが侵害されることはない

カードローン契約では所得証明として在籍確認が必要ですが、債務者によっては職を失っているケースもあります。

無職で安定した所得がないと、カードローン審査には通りません。
また仕事をしている人でカードローン契約を隠している場合、本人確認の連絡で家族にバレることがあります。

個人間融資は在籍確認・本人確認の連絡が必要ないので、リスクを知らず個人間融資を利用してしまうケースがあります。

自己破産でも貸します、超絶ブラックも可

自己破産でも貸します、超絶ブラックも可は、多重債務で借入先がない人ほど目が止まるでしょう。

銀行カードローン・消費者金融カードローンでは、自己破産を申請した場合は借入ができません。

債務者に返済遅延・滞納があった場合、信用情報に傷が付きブラックとなります。
傷が付いた信用情報は信用情報機関によって、銀行・消費者金融に共有され5年間記録が残ります。

信用情報がブラックになると向こう5年間は、信用情報を必要とする各種契約が極めて難しくなります。
超絶ブラックというワードからは、過去にどんなに返済遅延・滞納があっても個人間融資しますという意図が感じられます。

自己破産でも借入ができるということは、法律違反をしていますと同義になります。
なぜ借入できるのかという、裏の意味をよく考えて行動してください。

専業主婦・学生でも借りれます

専業主婦学生でも借りれますは、お小遣いが欲しいと思う人が借入する切っ掛けになります。

銀行カードローンは審査が厳しく、専業主婦・学生だと審査に通過することが難しい傾向にあります。

専業主婦・学生の中には、金融融資について知識が少ない人も少なくありません。
個人間融資掲示板で専業主婦・学生でも借りれますというワードを見つければ、つい詳しく個人間融資の話を聞きたくなるかもしれません。

また学生はスマートフォンを使う機会が多く、不特定多数とのSNSでのやりとりも日常茶飯事です。

そのため個人間融資の勧誘を受ける確率も高くなり、個人間融資の被害に繋がってしまうのです。
銀行カードローンの審査が難しい場合でも、消費者金融カードローンであれば専業主婦・学生でも審査に通る可能性が高いです。

自分を守るためにも個人間融資ではなく、消費者金融カードローンを検討してください。

パート・アルバイトでも借りれます

パートアルバイトでも借りれますは、収入が低い人でも利用できると思わせる狙いがあります。

銀行カードローンはパート・アルバイトであれば、正社員に比べ審査の難易度が高くなります。

銀行カードローンは申請者の年収が、返済能力の有無に影響します。

パート・アルバイトでも借入金額が多く必要であれば、返済リスクが高いと判断される可能性があります。

また貸金業法の総量規制では、借入金額は申請者の年収の3分の1までが上限なので、パート・アルバイトでは借入金額が少なくなってしまいます。

個人間融資では借入金額の上限を超えて融資できますといわれると、パート・アルバイトの債務者は魅力的に聞こえるかもしれません。

しかし審査が難しい場合でも、消費者金融カードローンであればパート・アルバイトでも審査に通る可能性が高いです。

必ず個人間融資ではなく消費者金融カードローンで、総量規制内で安全に借入するようにしましょう。

身分証なしでも貸します

身分証なしでも貸しますは、誰でも気軽に利用できることをアピールしています。

銀行・消費者金融カードローン審査では身分証が必須になります。
身分証なしで借入できる正式な金融融資は、日本において存在しません。

金融融資は信用情報を基本にして、契約内容・融資金額が決められます。

どこの誰ともわからない人に金融融資することは、貸し手にとって返済リスクを作るデメリットしかなりません。

前述しましたが個人間融資で貸付けている業者は、法律を遵守せず犯罪行為に手を染めることも厭いません。
必ずあなたの個人情報を特定し、その後トラブルに発展させることを考えている可能性が高いです。

もし身分証なしでも貸しますというワードを見つけたら、絶対に金融融資に関わってはいけません。

月1返済も可能

月1返済も可能は、返済期間に余裕があり借入しやすいと勘違いしてしまいます。

闇金・ソフト闇金ともに個人間融資をしている業者の多くは、返済期間が短い傾向にあります。

一般的には7日間〜10日間の短期間での返済での貸付がされます。

しかし近年は返済期間を長くして、債務者に猶予をもたせる個人間融資が増えています。

債務者としては返済期間が長い方が借入にはメリットですが、それ以上にデメリットがあります。

月1返済を謳う業者は利息を固定せず、曖昧に濁して個人間融資を持ちかけます。

借入利息が明記されていないので、変動利息となり状況によっては、高額な利息での借入になるリスクがあります。

月1返済だからのんびり借入できますなどの言葉に騙されてはいけません。

24時間365日融資します

24時間365日融資しますは、借入に手間を必要としないキャッチフレーズとして使われます。

もしこのワードを魅力的に感じるのなら、消費者金融カードローンを検討しましょう。

消費者金融カードローンの多くは、24時間365日融資に対応しています。

提携しているATMの種類も多く、コンビニなどでいつでも借入・返済することができます。

またインターネットバンキングに対応していれば、スマートフォンがあれば家にいながら指定口座に借入・返済することもできます。

このように消費者金融カードローンでも十分に借入できるので、融資スピードで個人間融資を選択するメリットは一つもありません

逆に個人間融資での借入は多くのデメリットがあるので、迷ったら必ず消費者金融カードローンでの借入を選択してください。

LINEで完結

LINEで完結は、若い世代を中心に個人融資の借入まで持ち込ませようとします。

実際最近ではLINEが、個人間融資の入口になる傾向が高くなっています。

スマートフォンが普及した現代では、LINEは欠かすことのできない連絡アプリケーションの一つです。
互いにやりとりが簡単にできるうえ、既読により自分の情報が相手に伝わったかどうかがわかります。

普段使っているLINEでお金が借入できるとしたら、便利で利用してみたいと思うかもしれません。

しかしLINEを利用した個人間融資は闇金業者が融資していることも少なくなく、違法な金利で取り立て被害に遭う可能性が高いです。

LINEを利用して借入するのであれば、LINEポケットマネーを検討してみましょう。
LINEポケットマネーはLINE Credit株式会社・みずほ銀行・オリエントコーポレーションなどの大手金融機関が提供している借入サービスです。

お手軽にみえるLINEを利用した個人間融資は、大きなリスクがあることを覚えておきましょう。

>>一時的に借りれる安心・安全なカードローン

個人間融資でお金を借りた後のリスク

個人間融資でお金を借りた後のリスクは計り知れません。

反社会勢力の借入では法律を無視した高額な利息・手数料が借入金額に上乗せされ、短期間での返済を強要されます。

個人間融資は犯罪の温床になり、ひととき融資個人情報流出などのトラブルに巻き込まれる危険性が高くなります。

近年問題になっているオレオレ詐欺の出し子を強要され、犯罪に加担する状況に陥る多重債務者もいます。

個人間融資での借入が、あなたの助けになることは絶対にありません。

法外な利息と高い手数料がかかり借金が膨らむ

個人間融資でお金を借りると、法外な利息と高い手数料がかかり借金が膨らむリスクがあります。

個人間融資で取引する業者は闇金などの反社会勢力が関係しています。

反社会勢力は法律を遵守しません。

金融取引は貸金業法で規定されている上限金利・総量規制内で金融融資することが法律で義務化されています。

個人間融資で借入した場合、上限金利を超える法外な利息と高い手数料が上乗せされる危険性があります。

また総量規制の上限を超えて貸付もするので、借金が膨らみ返済不能に陥ります。

個人間融資で借入ることは簡単にできますが、返済することは極めて困難な金融取引です。

反社会勢力の業者では、犯罪紛いの手段を使い厳しく取り立てを行います。

個人間融資の借入はたとえ少額であっても、返済不可能のリスクがあることを覚えておきましょう。

ひととき融資という性的被害にあう

個人間融資でお金を借りると、ひととき融資という性的被害にあうリスクがあります。

ひととき融資

高金利でお金を貸付、条件として肉体関係を強制する個人間融資の手口の一つ
SNS・掲示板を利用して不特定多数を対象に個人間融資を増やす
女性側・男性側双方が個人間融資を持ちかける
脅迫罪・暴行罪・児童買春禁止法など犯罪の温床となる

個人間融資をひととき融資で借入れると、犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。

ひととき融資は高金利で返済が必要なだけでなく、貸付条件として肉体関係を強要されるなど犯罪行為の側面もあります。
肉体関係が原因のリベンジポルノなど、弱みを握られ窮地に追い込まれる事態にもなりかねません。

自分の身を守るためにも、個人間融資は絶対に利用しないようにしましょう。

個人情報を悪用される

個人間融資でお金を借りると、個人情報を悪用されるリスクがあります。

個人間融資をしている反社会勢力は、高金利の貸付だけが目的ではありません。

個人間融資を利用した人の名前性別住所携帯番号などの個人情報が狙いの場合もあります。

個人間融資で収集された個人情報は、犯罪などで悪用される危険性があります。

本人が意図しないところで問題となる個人情報の二次利用で、知らない間に犯罪に巻き込まれてしまうことがあります。

知らないところで通販サイトに個人情報登録され、高額な支払いを請求される、個人情報からログインパスワードが流出し、金・ポイントなど資産を盗まれるなど被害は甚大になります。

また一度流出した個人情報を、もとに戻すことは極めて難しいとされています。

個人間融資で個人が特定できる情報は必ず伏せ、個人情報を保護してください。

 

犯罪に加担させられる

個人間融資でお金を借りると、犯罪に加担させられるリスクがあります。

個人間融資をする反社会勢力は犯罪を幇助する目的でお金を借入させることがあります。
反社会勢力は債務者に返済能力がないと知りながら、高額な利息を上乗せしてお金を貸付することがあります。

返済不能になれば返済の条件として銀行口座の譲渡クレカの現金化オレオレ詐欺の出し子・受け子にするなどの犯罪に加担させるのです。

銀行口座を譲渡すれば犯罪で使用する現金の振込先として利用されたり、クレジットカードを現金化されたりします。
近年問題となっているオレオレ詐欺に加担させられ、出し子として騙し取ったお金の引き出し役を強要されることもあります。

個人間融資は犯罪者として逮捕される危険性があり、人生の崩壊を引き起こす借入方法であることを忘れないでください。

>>一時的に借りれる安心・安全なカードローン

個人間融資からしか絶対借りられないと思った時には

個人間融資からしか絶対借りられないと思っても、選択肢は他にあるかもしれません。

大手で審査せず小さな消費者金融街金で金融融資の審査を受けることで、借入できる可能性があります。

また新規で借入できない場合でも、弁護士に債務整理で返済金額を大幅に減少できる可能性もあります。

国が支援する総合支援資金緊急小口資金などの制度を利用できれば、無利子で長期の返済期間で借入ができます。

絶対借りられないと思った時でも、個人間融資は借入方法から除外し上記の借入方法を検討しましょう。

消費者金融、街金で借りられないか再検討をする

個人間融資からしか絶対借りられないと思った時には、消費者金融、街金で借りられないか再検討しましょう。

多重債務となった場合、複数の借入となり管理が煩雑になります。
1度全ての借入の契約内容・期間・返済金額を精査し、消費者金融・街金など借入可能な金融機関を探しましょう。

インターネット審査をして、少しでも借入の可能性があれば申請してください。

最初は借入が無理だと思っても、行動することで審査に通過するカードローンがあるかもしれません。
街金によっては消費者金融よりも審査を緩く、借入しやすい業者もあるので再検討する価値があります。

街金はインターネットでの申請ではなく、来店での契約が基本になります。
担当員に直接会って状況を説明し、前向きに借入を検討しましょう。

弁護士に債務整理ができないか相談をする

個人間融資からしか絶対借りられないと思った時には、弁護士に債務整理ができないか相談しましょう。

債務整理とは

任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類ある

任意整理は弁護士を仲介人として貸し手・借り手と返済について交渉
個人再生は借金減額に向けて裁判所に申請 申請が通れば債務総額の5分の1・住宅は処分されない
自己破産は借金免除に向けて裁判所に申請 財産の一部・全てが処分される
特定調停は借金減額に向けて裁判所に申請 弁護士費用が払えない人が利用する債務整理

多重債務は法律知識が乏しく、本来であれば払う必要のない金額で返済を繰り返している場合があります。
債務整理は法律に詳しい弁護士に相談することで、利息の過払い停止毎月の返済金額の減額などが期待できます。

弁護士を利用する債務整理には費用が発生するので、弁護士費用が捻出できない場合は特定調停などの制度を利用してください。

国からお金を借りる制度へ申し込む

個人間融資からしか絶対借りられないと思った時には、国からお金を借りる制度へ申し込みましょう。
国が多重債務者を助ける目的で規定した制度を利用することで、個人間融資での借入を回避することができます。

総合支援資金
失業で収入がない人が対象
無利子で上限金額が単身15万円・2人以上で20万円以内で借入できる
社会福祉協議会に申請  償還期限が10年以内
本人確認書類などの申請書類が必要

 

緊急小口資金
緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった人が対象
無利子で上限金額が20万円以内で借入できる
社会福祉協議会に申請 償還期限が2年以内
本人確認書類などの申請書類が必要

総合支援資金・緊急小口資金は無利子で借入ができるのみでなく、返済期間が非常に長いのが特徴です。

社会福祉協議会へ申請する書類などが必要になりますが、大きなメリットがある国の借入制度になります。

>>一時的に借りれる安心・安全なカードローン

絶対借りれる個人融資はキケンなので超絶ブラックの借金まみれでも借りてはいけない

多重債務者が借入を検討する際は、絶対借りれる個人融資はキケンなので超絶ブラックの借金まみれでも借りてはいけません

銀行・消費者金融カードローンの審査に落ち続けると、意気消沈し借入に希望を見いだせなくなるかもしれません。
個人融資を持ちかける反社会勢力は多重債務者の弱みにつけこんで、あなたの生活を破滅へ追い込みます。

個人融資の利用はお金の借入こそ簡単にできますが、法外な利息での支払い闇金の取り立て個人情報流出犯罪に巻き込まれるなど大きなリスクをともないます。

多重債務者が個人融資で借入れたお金を返済できる可能性は極めて低く、個人融資によって生活を立て直すことは絶対にありません
絶対借りれるというワードの裏側の本当の意味を理解し、債務整理国の補助制度での借入を検討するようにしましょう。

お金借りるEX:山口

一時的に借りれる安心・安全なカードローンを紹介します。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA