アコムの在籍確認の電話は避けられる?勤務先にバレないための対処法を解説

アコムでお金を借りたいけど「職場への在籍確認がどうしても不安だ」という人もいるのではないでしょうか。

職場にアコムから電話がかかると「職場にバレるのでは?」などの心配ごとも発生するため、できれば申し込み前に在籍確認の不安点を解消しておきたいですよね。

今回はアコムの在籍確認はどのように行われるのか、また在籍確認の電話を避ける方法はあるのかについて解説していきます。

あわせて勤務先にバレないための対処法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • アコムは在籍確認を電話以外の方法で代用できる
  • アコムはプライバシーに配慮して在籍確認を行ってくれる
  • アコムでは在籍確認の時間やオペレーターの性別などの希望を聞いてもらえる

アコムが在籍確認を「なし」にできない理由とは?

まず結論から言うと、アコムが在籍確認を「なし」にすることはありません。

どれだけ申込時の申告内容や個人信用情報に問題がなかったとしても、在籍確認をせずに審査に通すということはありません。

なぜ審査の中で在籍確認は必須なのか、その理由について解説します。

アコムは収入がなければ借入できない

そもそもアコムをはじめ消費者金融はお金がない時に、申込者に収入がなければお金を貸しません。

これは貸金業法という法律で定められていることで、遵守しない場合は消費者金融が罰則を受けることになるからです。

かつて社会問題となった貸金業者による「過剰貸付」によって多重債務を抱える人が急増し、これを解決するために貸金業法の抜本的な見直しが行われました。

貸金業法が見直しされて、貸金業者が行う貸し付けは、「本人の年収の3分の1まで」という総量規制が施行されました。

そのため現在消費者金融では、申込人本人に収入がない人にはお金を貸せず、年収の3分の1以上借りることもできなくなったのです。

在籍確認は返済能力を確認するために必須

前述した通りアコムや他の消費者金融は本人に収入がなければ、貸付の対象外となります。

そのため、在籍確認は本人に返済能力があるのかどうか確かめるための重要な審査項目となっています。

申込時に申告した勤務先で現在働いているかどうかは、個人信用情報を照会しても判断することはできません。

転職していても個人信用情報の登録は古いままという可能性もあるからです。

また、審査を少しでも有利にしようとして、申込者が虚偽申告するケースもあります。

簡単でなおかつ確実に返済能力や信用力を確認するには、電話などで在籍確認を行うのが一番手っ取り早いのです。

アコムは電話での在籍確認を「なし」にできる?

在籍確認が必須項目であることは前述の通りですが、電話による在籍確認を防ぐことはできないのでしょうか。

勤務先に連絡する以外の方法があるのなら、在籍確認に対する心理的ハードルもぐっと下がり、アコムへの申し込みもしやすくなりますよね。

アコムは電話以外の在籍確認に対応しているのか、対応しているのであればどのような手続きを取れば良いのか紹介します。

勤務先への電話は「なし」にできる可能性がある

アコムでは、勤務先への在籍確認が難しい事情がある場合など事前に相談があれば、保険証や給与明細書などの書類を提出することで、在籍確認の代わりとしてもらえる場合があります。

アコムから書類による在籍確認を認められれば、勤務先に電話が掛かってくることもありませんので安心して審査にのぞむことができますね。

ただし、これはアコムに相談したうえで認められた場合のみです。相談の結果やはり電話による在籍確認が必要となる場合もあります。

在籍確認の電話について相談するタイミング

アコムに在籍確認の電話について相談するタイミングは申し込みの直後が良いでしょう。

アコムは審査がスピーディーですので、後回しにしているとその間に在籍確認の電話が掛かってしまうおそれがあるからです。

電話申し込みの場合はその際に、WEB申し込みの場合は申し込み内容を送信した直後に電話を掛けて相談してください。

繰り返しになりますが、相談したからと言って確実に自分の希望が通るとは限りません。

しかし在籍確認が不安、勤務先の事情で在籍確認が取りにくいという場合は、あらかじめアコムへ相談しておくといいでしょう。

アコムの在籍確認の電話で勤務先にバレる可能性が低い理由

電話による在籍確認であっても、アコムの申し込みが勤務先にバレる可能性は少ないです。

アコムも申込者の事情を理解していますので、プライバシーには最大限配慮してくれるためです。

そのため、書類での在籍確認を断られたからと言って、アコムへの申し込みを止める必要はありません。

次にアコムの電話による在籍確認がなぜバレにくいのか、どんなことに配慮してくれるのかなど紹介します。

アコムではプライバシーに配慮して電話を掛けてくれる

アコムはプライバシーに配慮して、在籍確認の電話を掛ける際は会社名ではなくスタッフの個人名で掛けてくれます。

申込者以外が電話に対応した場合は、申込者への電話の取り次ぎをお願いするだけで、それ以外のことを話すことはありません。

また非通知で電話を掛けてくれるため、こちらからリダイヤルすることもできませんし、インターネットで調べるということもできません。

5分程度の会話で完了しますので、在籍確認に対してそこまで過度な不安を抱く必要はないでしょう。

在籍確認の電話に関してある程度希望を聞いてもらえる

どうしても在籍確認の電話が心配な場合や、在籍確認が難しい場合はあらかじめアコムに電話を掛けて相談しておきましょう。

すべてが叶えられるわけではありませんが、こちらの要望を伝えておけばできる限り聞いてくれるかもしれません。

具体的にどのような要望であれば聞いてもらいやすいのかを紹介します。

時間帯の指定

まず、あらかじめアコムに相談しておけば、時間帯の指定が可能になります。

14時から15時は外回りで不在のため、その時間帯は避けて欲しいといった場合に、非常にありがたい配慮ですよね。

ただし指定できるのは〇時から〇時までの間というようにおおよその時間帯のみになります。

そのため16時半に掛けて欲しいといった、細かい指定はできませんので注意してください。

性別の指定

男性スタッフに掛けて欲しい、女性スタッフがいいなどの性別の指定も可能です。

職場の規模や雰囲気によりますが、異性から個人宛に電話が掛かってくると怪しむ同僚も中にはいるかもしれません。

カードローンの申し込みを疑われるとまではいかなくても、いらぬ誤解は避けたいですよね。

担当スタッフの性別を指定したい場合も、あらかじめその旨をアコムに伝えておきましょう。

どうしても心配な場合は職場に言い訳を考えておこう

プライバシーにどんなに配慮してもらっても、勤務先によっては個人宛に電話が掛かってくること自体が不審に思われることもあるかもしれません。

その場合は職場に対する言い訳を、考えておくといったことが必要になります。

怪しまれない言い訳としては「クレジットカードに申し込んだ」「大きい買い物をしたので分割払いのローンを組んだ」などがおすすめですよ。

堂々としておけば、職場の人も深く追求することはないでしょう。

アコムの在籍確認が行われるのはいつ?タイミングを紹介

アコムはスピード審査、即日融資が大きなウリですので、その分申し込みから在籍確認の時間もスピーディーと言えます。

アコムの公式サイトには審査時間は最短30分と記載されていますので、サイトに記載の通り30分程度で在籍確認の電話が掛かってくることもあり得ます。

前述した通り、在籍確認に対する要望があるのなら申し込み後すぐに伝えておかないと、間に合わないということもありますので注意してください。

即日でお金借りる関連ページ

ではアコムの在籍確認が行われるタイミングはいつなのか、申し込み方法別に紹介します。

在籍確認は審査の終盤ごろに行われる

アコムの在籍確認は審査の最終段階に行われます。審査の流れとしては以下の通りです。

  1. 申込内容を元に仮審査が行われる。
  2. 仮審査をクリアしたら、本人確認書類を提出して本審査にすすむ
  3. 本審査の中で在籍確認が実施される
  4. 本審査に通過後、契約手続きをする

在籍確認が行われるのは仮審査に通過後となるので、申し込み直後に在籍確認が行われることはありません。

ただし、本人確認書類提出後はすぐに在籍確認が行われる可能性があるため、そのつもりで段取りをしておきましょう。

むじんくん(自動契約機)の場合

それでは、アコムの契約方法別に在籍確認の電話が掛かるタイミングを紹介していきます。

まずはネットや電話で事前申し込みをした後、むじんくんで契約した場合の在籍確認のタイミングを確認していきましょう。

  1. ネットまたは電話で事前申し込み
  2. 仮審査通過のメールが届く
  3. 自動契約機へ行く
  4. 自動契約機で手続き中、画面にこれから在籍確認をする旨の表示がある

このように自動契約機で手続きする場合は、事前にこれから在籍確認をする旨の通知があります。

申込者本人は手続き中のため、在籍確認の電話に出ることはできませんが、本人が電話に出られなくても、勤務先の電話応対者が「〇〇(申込者)は休みをいただいている」などの回答をしてくれれば在籍確認は無事に終了します。

WEB完結の場合

では次に、アコムのWEB完結で申し込んだ場合の、在籍確認のタイミングを紹介します。

  1. 公式サイトからスマホやパソコンで申し込み
  2.  一次審査通過のメールが届く
  3. 本人確認書類など必要書類を提出
  4. 在籍確認実施
WEB完結で申し込めば、自動契約機へ行く手間もありませんし、タイミングがうまく合えば自分で在籍確認の電話を受けることも可能です。

どうしても自分が席にいるときに、在籍確認の電話が掛かって欲しいという人におすすめの申し込み方法です。

在籍確認が行われても審査に落ちることもある

在籍確認の段階まで来れば審査落ちする可能性は低いと言えますが、それでも絶対通るとは言い切れません。

いくら個人信用情報などに問題がなくても、在籍確認が取れなければ審査に通ることはないですし、在籍確認がうまく言ったとしても、その後他のことが原因で審査落ちをする可能性があるからです。

そのため「在籍確認の電話をクリアしたら大丈夫」と安心するのではなく、最後まで気を抜かないようにしましょう。

派遣社員やアルバイト・自営業の在籍確認はどうなる?

正社員として働いているのであれば、申込時の勤務先情報の申告に悩むことは少ないでしょう。

しかし派遣社員アルバイト自営業の場合どの電話番号を掛ければ良いのか分からないこともありますよね。

雇用形態によっては申込時に申告する会社が、出勤先とは異なる場合があります。

申込時にここを間違えてしまうと、在籍確認が取れず審査落ちになってしまいますので、正しく入力しなければなりません。

次に雇用形態別の在籍確認について紹介します。

派遣社員の場合

派遣社員として勤務している場合、アコムでは実際に勤務している派遣先ではなく派遣元、つまり人材派遣会社の連絡先を入力しなければなりません。

しかし、「派遣元との関わりは雇用契約の更新時ぐらい」という人も多いでしょう。

派遣元との関わりが薄い場合、派遣元に個人宛の電話が掛かってきても、在籍確認がうまく取れない場合があります。

あらかじめ派遣元に連絡して事情を伝えておくという根回しもありですが、それも難しい場合は派遣先の電話番号を入力し、アコムに事情を連絡しておきましょう。

派遣社員として勤務している人がアコムを利用するというパターンも、よくあることですので臨機応変に対応してくれます。

アルバイトの場合

アルバイトで働いている場合は、実際勤務している職場の連絡先を入力しましょう。

ファミレスやコンビニといったチェーン店フランチャイズ店で働いている場合、本社の代表連絡先などがありますが、こちらの連絡先を入力してしまうと申込者が勤務している事実が確認できない可能性があります。

このような事態を回避するためにも、自分のことを知っている人が電話に出る番号を書くのが大切です。

また、職場の規模によっては、アルバイトを全員把握できてないこともありますよね。その場合も事前にアコムに相談しておきましょう。

テレワークの場合

テレワークという形で勤務している人も増えていますが、テレワークで働いているとしても、在籍確認の電話は自宅ではなく所属する勤務先に掛かってきます。

誰か出社しているのであれば在籍確認は取れますが、多くの人がテレワークで勤務先に人がいないなど事情がある場合は必ずアコムに事前に相談しておきましょう。

自営業者や個人事業主の場合

自営業者個人事業主の場合は、自宅や申告した電話番号に電話が掛かってきます。

在籍確認で返済能力や信用力が客観的に判断できる会社員と違い、自営業者の場合は本人の申告によるものが大きいので、その際に事業内容なども詳しく聞かれる可能性が高いです。

会社員と比べ、どうしても時間を掛けて厳しく審査が行われる傾向にありますが、自営業者や個人事業主であってもアコムの基準を満たしていれば、審査に通過できますのですべて正直に回答してください。

アコムの在籍確認の電話による会話の流れを紹介

アコムの在籍確認で気になるのはどんなことを話すの?」「どんなことを聞かれるの?といったことではないでしょうか。

事前に会話の流れを把握しておけば、必要以上に不安になることはありません。

次に申込者本人が出た場合の対応例と、申込者本人が不在の場合の対応例を紹介します。

申込者本人が出た場合の対応例

申込者本人が電話に出た場合の、対応例は以下の通りです。

アコムスタッフ「もしもし、私〇〇(個人名)と申しますが△△(申込者)様いらっしゃいますか?」

申込者「はい、私が△△ですが。」

アコムスタッフ「お世話になっております。私はアコムの〇〇と申します。この度はお申し込みいただきありがとうございます。これにて在籍確認を完了とさせていただきます。」

もし確認事項があれば、追加で何点か聞かれるかもしれませんが、それでも時間にして5分程度で終了します。

長々と話して周囲に怪しまれるということはありません。

申込者本人が不在の場合の対応例

申込者本人以外が電話に出た場合の対応例としては以下の通りです。

アコムスタッフ「もしもし、私〇〇(個人名)と申しますが、△△(申込者)様はいらっしゃいますか?」

勤務先同僚「申し訳ございません。△△はただいま外出しております。戻り次第こちらからお電話いたしましょうか?」

アコムスタッフ「いえ、またこちらから掛けますので結構です。」

本人が電話に出なくても第三者からの「外出している」「席を外している」という言葉で勤務していることが確認できますので、在籍確認はこれで完了します。

このようにアコムは第三者に申し込みがバレないようプライバシーに配慮してくれますので、過度に心配する必要はありません。

アコムで増額するときにも在籍確認が行われることがある

アコムでは新規申込時以外にも在籍確認が行われることがあります。

たとえば、アコムで増額申し込みをする場合です。新規申し込みのときから勤務先が変わると、改めて在籍確認を行い、返済能力などを判断します。

従って以前の勤務先より収入が下がっていると増額できない、場合によっては減額されるということもあり得ますので注意してください。

増額審査に落ちやすい条件をまとめると以下の通りです。

  • 転職し収入が下がった
  • 転職し勤続年数が短くなった
  • 他社を含めた借入総額が総量規制を超える
  • アコムの利用実績が少ない
  • 延滞などアコムの利用に問題があった
  • 個人信用情報に問題がある

転職し大幅に収入がアップしたのであれば、増額申し込みをする価値があります。

しかし、あまり収入が変わらない、下がったという場合は審査で不利になりますので、増額を考えているのであれば転職前に申し込みましょう。

まとめ

アコムの在籍確認は重要な審査項目であり、避けることはできません。

しかし、在籍確認の電話については、事情があれば相談に乗ってもらえます。

在籍確認の電話がうまくいかず審査落ちしてしまうのは非常にもったいないことですので、何か少しでも不安がある場合は必ず事前にアコムに電話を掛けて相談しておきましょう。