レイクは保証人なしで借りられる!理由やメリット・注意点等解説

レイクは貸付の際に丁寧な審査が行われ、借入希望者が後々返済不能にならないような融資を行えるように様々の面で工夫し努力を続けています。

審査がしっかり行われることは、もちろん会社が貸し倒れのリスクを避けることにつながります。

同様に借入希望者にとっても、自身の経済状態に合わないような借入をせず、返済も無理のない金額で行うために審査を受けることがとても大切なことです。

審査とはただ、借入する人を制限するだけのものではなく、借入後の利用者の生活を苦しめないように守るものでもあるのです。

レイクはしっかりとした審査を行うことを前提としているので、保証人なしでの借入が実現されるとも言えます。

この記事でわかること
  • レイクは保証人なしで借りられるので、迅速な融資が可能
  • レイクは保証人なしで借入できるのは、申し込み内容が正しいか信用情報機関に照会しているため
  • レイクは保証人不要だが、返済能力をしっかり審査される
  • レイクは保証人なしで借入できるのは保証会社が審査と連帯保証に責任を持つから
  • レイクは保証人なしで借入できるので自己責任で利用できる

レイクなら保証人なしで借りられる理由

消費者金融のカードローンは大概、保証人なしで借りることができます。

お金の借入を考えた時、保証人を立てることが条件としたら誰かに頭を下げてお願いしなければなりません。保証人にも必要書類を揃えてもらわなければいけません。借入希望であることを家族や他人に知られてしまう確率も高くなります。

そんな理由からも、保証人なしでお金を借りられるということはレイクの借入のメリットです。

カードローンに保証人も担保も必要ないのにはレイクが行う審査や保証会社の存在に大きな意味があります。

保証人を立てないで借りられるからといってその借入はいい加減なものではなく、保証会社の審査もしっかり行われます。今後の返済が確実に行われるために会社にとっても借入者にとっても無理のない契約が結ばれる必要があるのです。

カードローンは保証人も担保も必要がない

カードローンに保証人も担保も要らないということは、保証人をお願いする手間や時間も節約できるということです。

カードローンの借入は、借入者本人のみの自己責任ということになります。

審査では安定した収入があるか、勤務先が正確で長く働いているかなどが丁寧に調査されます。保証人も担保もないということは返済が確実に行われるかの判断が借入者個人が信用できるかにかかってくるからです。

信用情報機関の履歴を調べ、今までに支払いが長い期間が滞ったりしたことはないか、債務整理や自己破産の記載はないか、他社からの借入が大きくないかなどの確認が詳しく行われます。

また、契約している保証会社も審査し、借入者について貸し倒れを起こすようなことはないかと厳しい目で見極めているのです。

カードローンは担保や保証人の必要はありませんが、万が一の貸し倒れを防ぐために住宅ローンや教育ローンのような高額の貸付ではなく低額の貸付金利も高いという傾向があります。

保証会社が審査をし保証もしているので保証人なしで借りれる

消費者金融では会社が独自の保証会社を所有していて、そこで審査が行われます。

この場合の保証会社は、カードローン業者の貸し倒れを防ぐためにあるのです。最近、消費者金融は利息制限法によって高すぎる金利は取れないことになったこと、過払い金を返還しなければならないことなどの理由で経営が難しくなった会社もあります。その上に貸し付けたお金が返済されないような状態は大きなリスクです。そのため、保証会社を利用することになったのです。

保証会社は借入希望者の審査を行うとともに連帯保証も行います。

保証会社があることによってカードローン会社は安心して貸付契約をすることができますが、、借入する人も保証人を用意せずに迅速に借入契約を結ぶことができるのです。また支払いができなくなった時に保証会社が支払いを立て替えてくれるということも大きな力となります。

保証会社とは代位弁済をしてくれる会社

保証会社はカードローン会社に代って借入希望者の審査を行います。収入状況、他の会社からの借入、債務整理などを行っていないかなどを調べ、返済能力が借入希望者に十分あるかを見極めるのです。

また、保証会社は万が一、借入者が返済ができなくなった場合に代わりに返済する役割があります。

ただし、返済が1回程度遅れても、返済請求はの請求はその借入者に行われます。

しかし一定期間以上返済不可能となると、代位弁済と言って保証会社からカードローン会社に返済残高が一括で支払われるのです。借入者が債務整理を行った場合も同様です。

代位弁済が行われた時点で、滞納した借入者は保証会社に返済義務がある状態となります。(レイクALSAの返済額が減らないのはなぜ?終わらない理由と借金を減らす方法や返せない時の対処法等を解説)

代位返済を受けた場合にはその返済は一括請求となるため借入者にとって返済はさらに厳しくなります。

また、信用情報機関の履歴にもその事実が残るので、その後5年間のお金の借入は難しい状況となります。

レイクの保証人なしのカードローンのメリット

レイクは保証会社も備えた消費者金融なので保証人無しでも安心してカードローンを利用することができます。

消費者金融はレイク以外にもいろいろあり、それぞれに特徴を打ち出しています。

その中でもレイクは利息なし期間が設定されるサービスに特徴があります。サービスを上手く利用することによって、利用者は全く利息を支払わずに元金だけの返済でお金が借りられる場合もあります。

また、ネットで申し込みから借入まで行えるので、素早い融資を受けられるというメリットもあります。

郵送物なしの融資も可能ですし、周りの人に借入を知られたくない人にとってもきめ細かな配慮があります。

WEB申込みなら60日間の利息無しサービスを受けられる

初めてレイクと契約して借り入れる場合はネットで申し込むと借入金額のみを返済するだけの利息なしのサービス期間が60日間あります。ただし契約額が200万円以上の場合は30日間無利息のサービスとなります。

消費者金融で決まった限度額までは何度でも無利息の借入ができます。通常の借入の場合の金利は12~18%なので利息なしということは大変お得となります。

契約日翌日からサービスが始まりますので、契約後すぐに借入を開始して60日間を有効に使うといいでしょう。

注意しなければならないのは、無利息期間中にも返済をしなければならないことです。返済が滞るとその時点で無利息期間も終了となり遅延損害金も加算されます。必ず期日に返済するようにします。

「60日間無利息」を利用すると、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」を同時に使うことはできません。

5万円までの少額借入れなら180日も利息0円で借りれる

レイクで初めての借入で5万円までの少額なら180日、ざっと半年間も利息0円で借りることができます。

借入金額のうち5万円分までが180 日間利息なしということです。

「60日間無利息」と同様、無利息期間は借入の翌日からではなく契約日の翌日から開始となります。

契約金額が1万円から200万円の場合で、5万円以内なら何度も借入できます。

無利息期間中も返済をする必要はあります。返済が滞ると無利息期間は終了し、さらに遅延延滞金が発生します。

「60日間無利息」、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」を併用することはできません。

レイクの無利息サービス

  • 60日間無利息(Web申し込み限定)
  • 5万円まで180日間無利息
  • 30日間無利息

電話での在籍確認は原則なしで、ある場合でもバレるリスクはかなり低い

レイクでお金を借り入れる場合は電話による勤務先への在籍確認が必要です。

法律で、申込者の返済能力の調査は義務付けられているからです。そのため、借入希望者が申し込みの際に記載した会社に確実に在籍しているかを確認しなければなりません。レイクとしても在籍確認なしでお金を貸すことはできないのです。

しかし、会社への在籍確認は、他人や勤務先にお金を借りることを知られてしまったり、会社自体が私用電話の取次ぎ禁止の場合などもあるので借入申込者が煩わしく思うことがあります。そのため、借入申し込みを躊躇してしまうこともあります。

電話での在籍確認をしないで借入申し込みを完了できる方法があると、借入希望者にとっては利用しやすくなります。

レイクのホームページには、現在、通常であれば電話確認を行っていないと記載されています。しかし状況によっては、連絡をする場合もあるということです。

どうしても電話での在籍確認が難しい場合は、書類提出で代替えすることもできる場合があります。

また、万が一電話連絡が必要な場合も、会社名を出さないなどプライバシーを気遣いながら行われます。

電話連絡での在籍確認が難しい場合は、フリーダイヤル0120-09-09-09に問い合わせして相談してみます。

家族バレ防止に郵送物なしが選択できる

自宅のポストにレイクのローンカードや書類が郵送されたら、お金を借入れすることが他の人にバレてしまう場合があります。基本的には自分の責任で他の人に迷惑をかけずにお金を借りるわけですから問題はないのですが、事情を説明したり、留守の間に郵送物が届いて、家族を煩わせたりするのも気が進まないという人もいます。

レイクの場合は郵送物なしの契約ができる方法もあるので安心です。

レイクからの郵送物の一つに、ローンカードがあります。

WEB完結(郵送物なし)」を選択すると郵送物なしの契約ができます。

ローンカードを使用しなくてもセブン銀行ATMのスマホATM取引で借入、返済が可能です。

ローンカードはSBI新生銀行カードローン自動契約機ですぐに発行されます。

また、カードの郵送以外にも返済が滞納した場合に、郵送物が送られるので気をつけましょう。

ネットから21時までの申込みで最短25分で融資を受けられる

お金が急に入用になって、少しでも速く融資を受けたいのは当然のことです。

レイクはネットから申し込むと最短25分で融資が受けられます。カード発行なしの借入です。

Web完結の申し込みで契約書類の郵送もありません。利用明細もネット上です。

申込内容の間違いや虚偽の申告があると迅速な手続きはできません。

レイクは運転免許証があれば本人確認がスマホでできます。

21時(日曜は18時)までに申し込み、審査、必要書類の提出を全て完了し契約ができると、当日振り込みが可能です。

アプリで銀行振込を依頼できますし、セブン銀行ATMであれば現金の借入がすぐできます。カードなしでスマホがあればOKです。

ただしレイクの審査結果お知らせの時間帯は8時10分から21時50分です。この時間帯に審査が完了するように注意して、融資を受けましょう。時間外になると翌日の融資となります。

保証人不要のレイク利用時の注意点

保証人なしでお金を借りられるということは大きなメリットがあります。保証人を依頼することに気を遣うこともありませんし、より素早い契約を結ぶことができるのです。

レイクが保証人無しでも融資してくれるのには理由があります。

お金の借入の責任を借入希望者本人が全て個人で持つということです。

そのためにレイクは、借入希望者の年齢制限を設けて確実な収入を得られる人への貸付に限定する、収入のないような専業主婦や学生などには融資しないなどの条件を出して審査をしっかり行っているのです。

万が一、返済に困るような人への融資を行ってしまったら、借入希望者自身の信用情報にも傷がついて、今後の人生に支障をきたすような事態を会社としても防ぎたいという考えのもとに貸付を行っているのです。

会社が貸し倒れにならないことと同時に、借入者が今後の返済で苦しまないようにという両者のためでもあるのです。

年齢制限があり18歳.19歳と71歳以上は借りれない

レイクは安定した収入のある人に貸付を行っていますが、その場合も年齢制限があります。

継続して働いて安定した収入のある人でも20歳未満の人は借入ができません。

また、アルバイトなど安定した収入を得ていることが証明でき20歳以上であれば学生でも借入することはできます。

また、71歳以上の人も借入ができません。71歳になると新たな借り入れはできません。

20歳未満の人でも、条件をクリアすれば貸してくれる他の消費者金融もあるので、年齢制限で審査を通過できない人は他を検討するといいでしょう。

年令は本人確認書類からも必ずチェックされます。

専業主婦は申込みできない

安定した収入のある人が借入可能ということがレイクの条件ですから、収入のない専業主婦の人は申込できません。
消費者金融の融資は総量規制に則って行われなければいけません。総量規制とは借入希望者の収入の1/3を超えたの貸付を行ってはいけないという法律です。そのため収入のない人に貸付を行ってはいけないということになります。

収入のないことを隠して申し込みを行っても、レイクでは勤務先への在籍確認が行われるので審査に通過できることはありません。

滞納が続くと信用情報がブラックとなり他のローンも通らなくなる

条件を満たせば保証人も担保もなしで迅速にお金が借りられるレイクですが、注意しなければならないことがあります。

返済を滞納すると、遅延損害金が滞納を始めた時からずっと付いて貯まっていき、元々の返済額にプラスされて、ますます支払い困難に陥ってしまいます。(レイクALSAの返済が遅れたらどうなる?)

催促の電話や郵送物も届きます。それでも支払いができないと利用停止や解約に追い込まれます。

延滞が続けば信用情報に傷がつきます。

信用情報に傷がつくと、信用情報機関の情報は他の会社も共有しているので、他からの借入もできない状態になります。

社会的信用もなくなりカードローンの利用ができなくなるだけではなく、クレジットカード、携帯電話の契約などもできなくなり、今後の生活に著しく不都合が起きます。

返済を完済しても、その悪い情報は5年間は消えることがないのです。

レイクは保証人なしでよくある質問

レイクでお金を借りる時に連帯保証人はいりますか?

レイクでお金を借りる時に連帯保証人は必要ありません。

連帯保証人とは、借入当事者が万が一返済不能に陥った時、借入者に代ってお金を返す義務のある人のことです。

レイクでは貸付前の審査をしっかり行って、貸し倒れになることがないような人のみに融資を行っているのです。

そのため、万が一の場合の連帯保証人を必要とすることはありません。連帯保証人が不要ということは依頼する手間や気苦労がなく利用者にとってレイクで気軽に借入できるメリットの一つです。

レイク等カードローンで保証人がいらないのはどうしてですか?

保証人なしでお金が借りられるのですから返済の責任は借入当事者本人のみです。

それでもしっかり返済が行われて貸金業として成り立っているのは、貸付の前の審査がしっかり行われているのと信用情報機関の調査が行われているからです。

保証人を必要としない代わりに勤務先の在籍確認が必須であったり、本人確認書類、場合によっては収入証明書の提示など綿密な審査を行うことにより、保証人なしの契約が可能となるのです。

保証人なしでお金を借りる時に注意すべきことは何ですか?

保証人なしでお金を借りられるということで、その審査は保証人が必要な契約よりさらに厳しく行われます。そのため本人確認、勤務状況の調査などより細かな審査が行われるので時間がかかったり煩わしい問い合わせがある場合もあります。

また、場合によっては借入限度額が低かったり金利が高いことも予想されます。

また、返済の責任は個人で追わなければなりません。信用情報に傷がつくなどペナルティも厳しく自分に振りかぶってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA