プロミスの在籍確認をなしにできるの?電話連絡のタイミングや対処法も紹介

プロミスでは、審査の過程で職場への「在籍確認」を必ず行っています。

しかし、プロミスに初めて申し込みをする人の中には、「勤務先に連絡が来たらお金を借りることがバレてしまうのでは?」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。(関連:初めてお金借りる方法)

今回は、プロミスの在籍確認は「ナシ」にすることができるのか、また在籍確認はどんな方法で行われているのかなど、プロミスの在籍確認について徹底解説していきます。

プロミスの在籍確認に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • プロミスの在籍確認は「なし」にはできない
  • プロミスの在籍確認はプライバシーに配慮して行われる
  • プロミスの在籍確認については事前に相談も可能

プロミスの在籍確認は「なし」にできない!その理由とは?

在籍確認とは、ローンやクレジットカードなどの審査の一環で審査担当者が申込者の勤務先に電話を掛け、本当に勤務しているのかを確認する作業のことです。

プロミスでも必ず在籍確認が行われており、この在籍確認は「なし」にすることはできません。

なぜプロミスでは在籍確認を「なし」にはできないのか、詳しく確認していきましょう。

在籍確認は重要な審査項目

プロミスでは申込者に定期的な収入がなければ融資をしないため、申込者が確実に働いていることを確認するためにも在籍確認は「なし」にできません。

申込者の中には噓の勤務先を書く人や、現在無職ですでに退職した勤務先を書く人など、虚偽申告をする人もいるため、プロミスでは実際に勤務先に電話を掛けて在籍確認を行っているのです。

プロミスの審査では「返済能力」を重要視しているため、現在の収入を確認するためにも、在籍確認はとても大事な審査項目となっています。

在籍確認が取れないと審査に通らない

プロミスの在籍確認の中で職場が在籍確認に対応してくれない場合や、在籍確認を自分から理由なく拒否すると、審査に落ちる可能性が高いです。

他の項目に問題がなく、在籍確認が取れないだけで審査落ちをするのはとてももったいないことですので、在籍確認を軽視しないようにしてください。

また、自分の勤務先が在籍確認を取れない可能性がある場合は、事前にプロミスに相談しておくことをおすすめします。

プロミスに在籍確認について相談することは可能!

プロミスの在籍確認は「なし」にはできませんが、在籍確認の電話については事前に相談することが可能です。

在籍確認について不安に感じている人は、まずはプロミスに相談してみましょう。

では、実際にどのタイミングで在籍確認を行うのか、またどのようなことを相談できるのか確認していきましょう。

在籍確認の電話について相談するタイミング

プロミスに在籍確認について相談する場合は、申し込み直後のタイミングで相談するようにしてください。

電話で申込手続きをすすめる場合は、その電話中にプロミスの担当者に在籍確認ついて相談してみましょう。

また、パソコンやスマホを使ってWeb申し込みをするなら、入力したデータを送信した直後にプロミスに電話を掛けてください。

プロミスの審査は早ければ1時間以内には終わってしまうこともあるため、自分が思っているより早く勤務先に在籍確認の電話が掛かることがあります。

そのため、できるだけ早めに相談することがおすすめです。

在籍確認でできる相談内容

プロミスでは在籍確認をプライバシーに配慮して行っているため、ある程度申込者の希望を聞いてくれます。

具体的にどのようなことを相談できるのか、確認していきましょう。

オペレーターの性別を希望すること

プロミスからの在籍確認の電話は、女性のオペレーターから掛かってくることもあれば、男性から掛かってくることもあります。

しかし、女性の場合は「男性から自分宛てに電話が掛かるのは困る」といったことや、男性の場合も「女性からの電話は同僚に変に思われるかも…」といったこともあるかもしれません。

そのような場合に、事前にプロミスに相談すれば、オペレーターを女性か男性かどちらかを希望することができます。

在籍確認の電話の不安を少しでも解消できるので、オペレーターの性別が気になる人は相談してみましょう。

在籍確認の時間帯

在籍確認の電話はプロミス申し込み後に行われますが、いつ電話が掛かってくるか分からないので不安に感じる人も多いようです。

また、勤務先によっては、電話対応が難しい時間帯もあるでしょう。

このように、電話がいつ掛かるのか知っておかないと不安だという人のために、あらかじめプロミスに在籍確認の電話の時間帯を相談することもできます。

ただし、細かく「〇時〇分ごろ」という指定はできません。

あくまで〇時~〇時の間といったおおまかな時間帯となりますが、まったく知らないでいるよりも安心できるため、時間帯が心配な場合は指定しておくことがおすすめです。

勤務先の電話対応について

勤務先の中には在籍確認の電話が来ても、個人情報の問題で対応してもらえないケースや、そもそも自分宛てに電話が掛かることがないような勤務先もあります。

このような事情がある場合は、先にプロミスの担当者に状況を伝えておく必要があります。

職場の状況やプロミスの担当者の判断によりますが、在籍確認について柔軟に対応してもらえる可能性があります。

ただし、あくまでプロミスの判断によるため、必ずこちらの要望が通るわけではないと考えておきましょう。

プロミスの在籍確認はアルバイトや派遣社員の場合はどうなる?

プロミスの利用を検討している人の中には、アルバイト派遣社員として収入を得ている人もいるでしょう。

しかし、正社員と違ってアルバイトや、派遣社員は在籍確認の電話がうまく行かない可能性があります。

ここでは、アルバイトや派遣社員の在籍確認について詳しく解説していきます。

アルバイトの場合

アルバイトをしている人がプロミスに申し込む場合でも、在籍確認は必ず実施されます。

ただし、在籍確認の電話に出る人が自分の存在を知らなければ、プロミスの審査担当者に在籍しているか聞かれても「在籍していない」「分からない」と答える可能性があります。

「在籍していない」「分からない」と職場で対応される前に、自分の存在を知っている人が電話対応してくれる電話番号をプロミスの申込書に記載することが大切です。

例えば、アルバイト先の本社よりも、実際に働いている店舗の電話番号の方が好ましいでしょう。

なお、アルバイトの数がとても多いことで在籍確認を取るのが難しい場合は、事前にプロミスの担当者に相談しておくようにしましょう。

派遣社員の場合

プロミスではアルバイトだけでなく、派遣社員も必ず在籍確認が行われます。

派遣社員の場合、プロミスでは勤務先として派遣元の会社名を申告するようになっています。

しかし、派遣元では個人情報の観点から、回答を拒否される可能性があります。

派遣元だと在籍確認が取れない可能性がある場合は、派遣先の電話を申込書に記載した上であらかじめプロミスに電話で相談しておきましょう。

派遣先・派遣元のどちらも在籍確認が難しい状況にある場合も、事前にプロミスにその旨を伝えておいてください。

プロミスの電話による在籍確認が行われるタイミング

プロミスの在籍確認の電話がいつ掛かるのか具体的な時間は教えてもらえませんが、おおよそのタイミングが分かっていれば、心の準備ができるので安心できますよね。

プロミスの在籍確認の電話は申し込み後、どのぐらいのタイミングで掛かってくるのか確認していきましょう。

審査の終盤に電話が掛かる

プロミスの場合、在籍確認が行われるのは審査の終盤です。

まず申込みをしたあと、すぐにプロミスでの仮審査が始まり、仮審査に通過すると、本人確認書類の提出を促すメールが届きます。

書類を提出すると本審査が開始され、このタイミングで勤務先への在籍確認が実施される流れです。

プロミスへの申込から契約までの流れを一覧でまとめると以下の通りです。

申し込みから契約までの流れ
  1. 電話やWebなどで申込みをする
  2. 申込みの確認の連絡がくる
  3. 仮審査に通過すると、本人確認書類提出のお願いメールが届く
  4. 本審査開始
  5. 在籍確認の電話が掛かる
  6. 審査結果の連絡がくる
  7. 契約手続き

上記の流れにもあるように、在籍確認の電話がかかる前に仮審査で落ちるケースもあります。

また、在籍確認が無事に終わったとしても、他の審査項目に引っかかり審査落ちすることもありますので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

思ったより早い時間に終わる可能性もある

プロミスでは、公式サイトにも審査時間は「最短30分」となっているので、申込みから早ければ30分程度で在籍確認の電話が掛かる可能性があります。

そのため、在籍確認について相談することを後回しにしていると、その間に在籍確認の電話が勤務先に掛かってしまう可能性があります。

在籍確認について相談したいことがある場合は、申し込み後できるだけ早くプロミスに電話連絡をするようにしましょう。

プロミスの電話による在籍確認のやり取りを紹介!

プロミスから勤務先に電話があると聞くと「在籍確認ってどんなことを聞かれるんだろう」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、プロミスの在籍確認の電話について、実際のやり取り例を紹介しますので、事前に知っておきたい人は参考にしてみてください。

本人が電話に出れた場合の対応

プロミスからの在籍確認の電話時に、申込者本人が席にいた場合は次のようなやり取りとなります。

申込者「お電話ありがとうございます。○○会社です。」

プロミス私、○○(担当者の個人名)と申しますが、□□(申込者)様はいらっしゃいますか

申込者「はい、□□は私でございます」

プロミスお世話になっております。プロミスの○○です。この度は、在籍確認のためにお電話を差し上げました

申込者本人が在籍確認の電話に出た場合は、上記のような流れで会話がすすみます。在籍確認が確認できれば終了なので、本人が電話に出れば在籍確認は終了します。

本人が不在時の対応

では、プロミスから在籍確認の電話が掛かった時に、申込者本人が席にいない、外出しているといった場合にはどうなるのか、やり取り例を確認してみましょう。

対応者「お電話ありがとうございます。○○会社です。」

プロミス私、○○(担当者の個人名)と申しますが、□□(申込者)様はいらっしゃいますか

対応者「申し訳ございません。□□はただいま席を外しております。よろしければ、私が代わりにご用件をお伺いいたしますがいかがでしょうか」

プロミスいえ、大丈夫です。こちらからまたご連絡させていただきます。失礼いたします

対応者が「□□は席を外している」と答えていることから、申込者の在籍が確認できます。

したがって、プロミスは申込者の勤務先に再度電話を掛けることもなく、これで在籍確認は終了したことになります。

土日祝日の在籍確認

プロミスでは土日祝日も審査の一環である在籍確認を実施しています。

そのため、勤務先の休みが土日祝日の場合は、その旨をプロミスに伝えておく必要があります。

土日祝日は休みの会社も多いため、在籍確認で連絡が取れないと、翌営業日の在籍確認になりますので、審査に時間が掛かることになります。

プロミスの在籍確認がバレにくいと言える理由

在籍確認の電話が掛かると「勤務先に借金がバレるのでは?」と不安に感じる人も多いようですが、プロミスの在籍確認はプライバシーに配慮してくれますので、会社にバレる心配は少ないです。

では、どのよう点に配慮してくれるのか、確認していきましょう。

担当者個人名で掛けてくれる

プロミスの在籍確認は会社名ではなく、担当者の個人名で行われます。

例えば、プロミスの担当者の名前が「田中」だった場合、在籍確認は「おそれいります。田中と申しますが、○○様(申込者の名前)はいらっしゃいますか」といった流れで実施されます。

もし、自分以外の人が電話に出ても、プロミスでお金を借りたということがバレる心配は少ないです。(関連:お金借りる至急)

電話番号は非通知で掛けてくれる

プロミスの在籍確認は、非通知で行われます。

万が一、電話に出た人が「今の電話はなんだろう…」と気になってリダイヤルを試みても電話が掛からないため、プロミスからの電話ということがバレる心配はありません。

このように、プロミスでは徹底してプライバシーに配慮してくれているので、基本的に勤務先に借金がバレることを心配する必要はありません。

バレるのが心配なら言い訳を用意しておこう

プロミスは申込者の周囲の人にバレないように様々な工夫をしてくれますが、中には「今の電話は誰から?」「どんな要件?」といったことを勘繰る人が職場にいるかもしれません。

万が一、職場の人から何か聞かれた場合に、咄嗟に回答できる言い訳を考えておくと安心ですよ。

例えば、「クレジットカードを作ったから、その審査だった」「分割払いのローンを組んだから、その確認だった」などの言い訳がおすすめです。

もし相手が深く聞いてきても対応できるように、どんなクレジットカードを作ったのか、ローンで何を購入したのかなど具体的に想定すると良いでしょう。

在籍確認を「電話ナシ」で契約できる消費者金融もある!

どの金融機関でも在籍確認は必ず行っていますが、在籍確認の方法を電話以外の方法にしてもらえる金融機関は存在します。

ここでは、在籍確認の「電話ナシ」の消費者金融を2社紹介します。

アイフル

アイフルの公式サイトには、基本的に自宅や勤務先に電話を掛けない旨が記載されています。したがって、アイフルの申込条件さえ満たしていれば電話による在籍確認を避けられます。

ただし、アイフルの判断で電話を掛けるケースもあるので、絶対なしというわけではないと考えておきましょう。

もし在籍確認の電話が必要な場合もいきなり電話を掛けるのではなく、事前に在籍確認をする旨の連絡があるので安心してください。

なお、アイフルの申込条件は満20歳以上69歳で、定期的に収入を得ていることです。返済能力があると判断されれば問題なくアイフルを利用できる仕組みになっています。

SMBCモビット

SMBCモビットは、申込方法を「Web完結申し込み」にすると電話によることで在籍確認の電話を「なし」にできます。その代わりに、社会保険証か組合保険証の提出が必要になります。

また、Web完結申し込みは、申込者名義で所定の銀行口座を持っていなければ利用できないので注意してください。

【Web完結申し込みで必要な銀行口座】

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

SMBCモビットのWeb完結申し込みはローンカードも発行されませんし、郵送物も来ないので周囲の人にバレたくない人におすすめです。

プロミスの在籍確認についてのまとめ

プロミスを利用するためには、必ず在籍確認が行われます。勤務先で在籍確認の対応が難しい場合は、あらかじめプロミスに相談することで柔軟に対応してもらえる可能性があります。

ただし、基本は電話による在籍確認が実施される仕組みになっていることは、理解しておきましょう。

プロミスの在籍確認は周囲の人にバレないように工夫して実施されますが、どうしても気になる人は勤務先への電話ナシで審査をしてくれる消費者金融の利用を検討してみてください。

1 COMMENT

タンタン

私も派遣時代に消費者金融のカードは作りましたが、気になる点があります。
派遣元の情報は契約書に書きますが、在籍確認は派遣先だったような気がします。
大手の派遣会社の場合、在籍しているか確認できない為、実際に働いている会社(派遣先)の電話番号を聞かれることが多かった気がしますし、派遣先で在籍確認の電話取次もして頂いた気がします。
ただこのケースで電話が派遣元にかかるケースは以前は日雇いと呼ばれた仕事に関しては派遣先となる場合はあると思います。
今は、日雇いも人材紹介、人材派遣として派遣元がスポット的に派遣している事が多く、仕事も定まらない為、派遣先に電話しようともコロコロ変わる為、借入先に説明できないケースを想定しているのかなと感じます。
リクルートスタッフィングやパソナ、アデコ等で月単位契約で派遣されている場合は、派遣先の電話番号が必要になり、在籍確認をされるケースがあるかもしれない点、利用される方は注意下さい。
ただ借入先がしっかりした担当さんだと自社名を名乗らず対応してくれる借入先もあるので安心です。
その点は借入先に状況を説明しどういう対応をするのかいついて確認する事をおすすめします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA