初めてお金借りる方法ならどこがいい?今すぐ借りたい初心者もおすすめの借り方

初めてお金を借りる場合、こんな悩みありませんか・・・

「初めてのピンチ。どこで借りればいいかわからない」

「金融業者もたくさんあってどんな会社か不安」

「身内にはどうしても内緒でお金を借りたい」

「バイトだけど審査は大丈夫なんだろうか」

色々と心配や不安がありますよね。

この記事で分かること
  • 初めてお金を借りる。どこで借りればいいか?
  • 銀行カードローンと消費者金融の違い
  • 消費者金融でお金を借りる条件
  • お金を借りるメリットとデメリット
  • 初めてお金を借りるまでの流れ
  • お金を借りる際に必要な書類
  • 自分にあった条件で比較
  • 審査を通すポイント
  • 借金してる人は意外と多い

お金借りるEX:山口

初めてお金を借りる人に安心・安全なカードローンを紹介します。↓

 

先読み【目次】>>

初めてお金を借りるなら、おすすめは大手消費者金融カードローン

初めてお金を借りるなら、おすすめは大手消費者金融カードローンになります。
とはいえ、消費者金融カードローンを利用した事がない方にとっては、不安の方が大きいと思います。

だからといってお金を借りずに、支払いに遅れるなんて事になる方が大変ですよね。

ここでは、初めてお金を借りるあなた向けに、どうやって今すぐお金借りるのか?どこがおすすめなのか具体的に解説していきますね。

消費者金融は安全なの?

消費者金融に対して、ネガティブなイメージを持たれている方も多いかもしれません。このイメージはどこから来るのでしょう?

銀行は一般市民に使途自由で融資はできません。そこで、一般消費者向けに誕生したのが、消費者金融でした。当時は、街金サラリーマンローンと呼ばれ、利等の法整備がまだ追いついていませんでした。

中には法外な金利で、貸付を繰り返す悪質な業者もあった為に、返済が出来ない多重債務者が多発し、サラ金地獄と呼ばれ大きな社会問題になった時代もあったのです。50代以降の世代の方には、そういったイメージがまだ残っているかもしれません。

現在では、法整備が整い(グレーゾーン金利撤廃等)、呼称も消費者金融に統一されています。

CMも流れているのでご存知の方も多いかもしれませんが、大手消費者金融の多くは、銀行グループ傘下に入っています。

クリーンな金融業者であることは間違いありません。

安い金利でお金を借りれるところ関連ページ

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行も独自でカードローンをやっていますよね。
では、消費者金融とどこがちがうでしょうか?

法律の面でいうと、銀行銀行法消費者金融貸金業法、で運営されています。

融資スピードが早い

細かい説明はここでは割愛しますが、大きな違いは融資までのスピードです。

融資スピードの違い
消費者金融
融資までのスピード 最短1時間
銀行カードローン
融資までのスピード 最短2日(2週間程度かかる事も)

銀行の審査は、個人の信用情報に加えて、警視庁の犯罪歴データベースへの確認も必要になります。この審査の工程が融資までの差になっているのです。

急にお金が必要になった!という場合に、消費者金融をおすすめしている一番の理由は、融資までのスピードが早いという理由からなんですね。

初めてお金かを借りる時の条件は消費者金融ならハードルが低い

初めてお金を借りる時に、一番気になるのがお金を借りる条件だと思います。どういう条件で融資を受けられるのかをここでは見ていきましょう。

年齢の条件は20〜69歳

貸金業法では、未成年には融資が出来ない事になっています。ですので、お金を借りられるのは、満20歳以上となります。
上限年齢は、金融業者によって少し違いがありますが、おおよそ69歳までが一般的です。

定期的かつ安定した収入があること

貸金業では、定期的な収入があればお金を借りる事ができます。
基本的に安定した収入があれば雇用形態は不問です。

注意点として、金融業者によっては夜のお仕事や風営法関連のお仕事が審査にかかる事があります。
これは差別では無く、スポットで働くスタイルの方も多い為「定期的で安定した収入」という点で、確認が入る事があるようです。定期的で安定した収入の証明ができれば問題ない筈ですので、気になる場合は先に確認しておきましょう。

まとめると、20〜69歳定期的かつ安定した収入があれば、誰でもお金を借りる事が可能です。

次に、初めてカードローンでお金を借りる場合をメリットデメリットに分けてみていきましょう。

初めて消費者金融でお金を借りるデメリット

カードローンは大変便利な金融商品ですが、少なからずデメリットもあります。
まずは、デメリットを理解していきましょう。

年収による裁量規制で借入額に上限がある

収入によって、借入できる金額に上限があります。

消費者金融をはじめとする貸金業者は「貸金業法」に準拠しています。
貸金業法では、収入によって業者が融資出来る金額が定められいます。これが「総量規制」というものです。

融資を受けられる金額は、複数借りている場合も、全ての貸金業者からの借入額を合計して、収入の1/3までが上限となります。(住宅ローン自動車ローン等は含みません)

このページでは、初めてお金を借りる方を対象としていますので、貸金業者から複数借入しているという方は少ないと思います。

ですので、ざっくりと「年収の1/3がお金を借りられる最大額」と覚えておいて下さい。

んーでも不安。という方は簡単にチェックする方法があります。
それは、大手消費者金融サイトの簡易審査です。

簡易審査で調べよう
数項目の入力で、だれにも知られる事無く、自分で簡単にチェックができますよ。所要時間は1分程度です。
借りられるか不安な方は、申込みの前に簡易審査を試す事で不安を解消できますよ。

銀行等に比べて金利が高い

消費者金融金利は最大で年利18%です。
住宅ローン自動車ローンと比べると高い金利に感じますよね。
この金利の高さが最大のデメリットでもあります。

金利をパーセントだけで見ると、わかりにくいので金額に変換してみましょう。

最大で18%という事なので、借入可能額が多ければ金利は下がります。ここでは、最大金利の年利18%で計算してみますね。

年利の計算方法
利息 =
利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

という計算式になります。

年利を金額にすると・・・

年利18%で10万円を30日借りる利息1,479円です。

そして、返済は3,000円

金額にすると案外、安いと思いませんか?

もちろん、年利18%で住宅や車等の高額商品を購入したとしたら、莫大な金額になります。

ですが、50万円ぐらいまでの借入なら額にすると、利息は手頃な額になるのです。

1,479円友達に10万円借りたら(関連:10万円借りたいなら)、お礼のランチ代だけで、もっとかかりますよね。

親や知人にお金を借りる関連ページ

しかも、初めてお金を借りるあなたの場合は、無利息キャンペーンを賢くつかえば、金利0円で30日間お金を借りる事ができます。

初めて消費者金融でお金を借りるメリット

消費者金融カードローンには、初めてお金を借りるなら、安心出来るサービスメリットが沢山あります。
次にメリットをみていきましょう。

即日最短25分で申込から融資実行まで早いのですぐに借りれる

消費者金融の最大のメリットとしては、「即日融資」です。銀行や保険の契約者貸付制度、国や市役所でお金を借りれる制度、信用金庫・信用組合などでは、最短でも翌営業日~3日審査にかかります。突然の病院・事故や急な飲み会などの出費でも素早く対応できるのが消費者金融です。

無利息で借りられる

初めての借入の場合、

初めての人なら・・・
プロミスアイフル30日間の無利息期間があります。
つまり、約1ヶ月お金を借りても金利が0円という事です。
これは、初めてお金を借りる人だけが受けられる、最大のメリットですね。

女性専用窓口のある貸付サービスがあって心配がない

「怖いおじさんが出てきたらどうしよう・・・」
実際は、コールセンターのスタッフが丁寧に対応してくれるので、その様な事は無いのですが、女性の方で初めて金融業者からお金を借りるとなると、不安に思われる方も多くいらっしゃいます。
そんな時に安心なのが、女性専用ダイヤルや女性専用カードローンです。
プロミスレーディースなら、オペレーターも全て女性。不安なあなたにも安心のサービスです。

借りる時の理由・使いみち自由

カーローン住宅ローン等、目的が決まっているローンもたくさんありますが、消費者金融カードローンは使途自由です。

フリーローン」と呼ばれる自由形ローンですから、生活費やお子さんの学費もOKですし、「旅行に行くけど少し資金が足りない」といったレジャーにも使えます。

友達にお金を借りる時も「何に使うか?」聞かれますよね(笑)。

その点でも、カードローンを作っておけばいざという時に誰にも気兼ねなくお金のピンチを切り抜けられますよ。

担保・保証人が不要で借りれる

  • 保証人がいないから、お金が借りられない
  • 数十万借りたいけれど、何も担保が無い

そんな不安を抱えているなら安心してください。
消費者金融のカードローンは、保証人担保必要ありません
身分証があれば、大丈夫です。

自宅や職場にバレずに借りれる

銀行等でお金を借りると、契約書が郵送されてきたり、カードが自宅に届いたりしますよね。

家族や身近な人にお金を借りる事を知られたく無い・・・大半の方がそうだと思います。。

そんな方も、大手消費者金融なら安心です

家族にバレない
WEB完結で申し込みすれば、契約書も電子化されますので郵送物が一切ありません。

大手消費者金融の場合、WEBやアプリで操作ができますので、カードの発行もありません(呼び方はカードローンですが)。カードレスなので自宅に郵送が物が届く事がないのです。(関連:お金借りるアプリ)

WEB完結できる大手消費者金融は、利用したコトがバレにくいので、家族に内緒にしたい!という事情がある方にも安心です。

初めてお金を借りるまでの流れ

初めてお金を借りる時、どう流れになるの?という心配があると思います。

Webやスマホからの申し込み〜お金を借りるまでの流れを解説します。

申し込み

Webの申し込みページから必要事項を入力

WEBからは24時間365日いつでも申込みできます。(所要時間 約5分)

審査

審査は最短30分

Web・お電話・店頭、すべて同様の審査なので、スマホやPCで申し込みするのが一番効率的ですよ。

審査通過

メール又は電話(自分で選択できる)で審査結果の通知がきます。

審査が通ると「○○円までご利用可能です」という様に、利用限度額の案内もあったりします。

契約手続き

必要書類を提出して、審査が終われば契約手続きになります。

契約時に本人確認資料が必要になります。(次の項目で解説します)
WEB完結なら必要書類もスマホで写真を撮って送信するだけです。
カードレスにすると、郵送物も一切届きませんよ

初めてお金を借りる

利用限度額の範囲内なら、自由に借入れできます。

銀行振込なら、最短1分程度で指定金額が振り込まれますよ!
その他、ATMや店頭でもお金を引き出せます。

お金を返す

設定した返済日に銀行から引き落とされます。

その他に、振込やATMからも色々な返済方法が利用できます。
余裕がある時は、多めに返す事もできます。

またお金を借りる

完済しても利用限度額の範囲内でいつでもお金が借りられます。

一度契約しておくと、追加で借りたい時やお金がピンチになっても、いつでもお金が借りられる。カードローンの最大の利便性ですね。
利用限度額を増額したい
利用限度額を増額したい場合は、増額申し込みが出来ます。
こちらは審査がありますが、増額できるかは利用状況によって決まってきます。
ですので、返済日に遅れない様に返しておきましょう。
遅れる事なく利用を続けていると、たいていの場合「増額可能ですよ」という案内が届きます。

初めてお金を借りる際の必要書類は何がありますか?

審査が通ると、契約手続きに入ります。
初めてお金を借りる場合、どの様な書類が必要なのでしょうか?

本人確認必要書類について解説します。

まず審査申し込みをして、審査結果を待っている間に必要書類を前もって用意しておくと、スムーズにお金を借りる事ができますよ。

ここでは、追加資料が必要な場合も想定して解説します。使わない場合もありますが慌てない様に、必要な書類を把握しておきましょう。

サラリーマンOL自営業自由業学生主婦の方に共通する書類は下記になります。

本人確認書類

本人確認の書類が必要です。A〜Cのいずれかを用意しておきましょう。

  • A.運転免許証
  • B.パスポート
  • C.健康保険証+住民票(両方必要です)
本人確認書類の注意点
  1. 本人確認書類は必ず今住んでいる住所が記載されているものを用意しましょう。
  2. 2020年2月4日以降に申請したパスポートは住所の記載が無い為、本人確認書類として認められない場合があります。その場合は別の本人確認書類を用意しましょう。
本人確認書類の住所と住んでいる場所が違う場合

免許証の住所更新をしていない等、どうしても現住所と記載住所が異なる本人確認書類しか用意できない場合は、追加資料の提出が求められますので、予め住所を証明する書類を複数用意しておきましょう。

現住所と名前が記載されている

  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 納税証明書・社会保険料の領収書
  • 簡易書留
  • 年金手帳
  • 各種保険証
状況によって、追加で必要になる書類
    • 50万以上の借入を考えている方
    • 複数社から借入をしている方
    • 自営業・自由業・学生・主婦の方

は、収入証明が必要になりますので、前もって準備しておきましょう。

>>学生がお金を借りれるおすすめのカードローン

収入証明が必要な場合に利用できる書類

  • 最新の源泉徴収票
  • 直近2ヶ月分の給与明細書(賞与がる場合は賞与明細書も)
  • 最新の確定申告書
  • 最新の税額通知書
  • 最新の所得(課税)証明書

自分にあった条件で消費者金融を選ぼう

Web完結融資スピード等、初めてお金を借りる方に最適な大手消費者金融厳選3社の比較表です。自分にあった条件で比較してみましょう。
※表は横にスクロールできます

カードローンWEB完結無利息期間審査時間融資スピード実質年率借入限度額
アイフル郵送物なし30日最短30分1時間3.0~18.0%800万円
プロミス郵送物なし30日最短30分最短30分4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット郵送
電話なし
なし最短30分1時間3.0%~18.0%800万円
来店不要(ネット完結(Web))でお金を借りる関連ページ

初めてなら審査は通りやすい? 審査落ちしない為の注意点

初めてお金を借りる時に一番気にかかるのは審査かもしれません。審査を通す上でのポイントを解説します。

基本的に初めてお金を借りる場合は、

初めて借りる
  • 初めてのカードローン審査
  • 複数社から借入もしていない
という状況であると考えられる為、比較的審査に通りやすい傾向にあります。

それでも心配というあなたは、審査前に自分でチェックする事もできます。
それが、簡易審査です。

簡易審査って何?
簡易審査とは、審査が通るか心配・・・という方向けの、事前チェックツールです。
4項目〜数項目の質問に応えるだけで、審査に通過するかどうかを簡易的に判断できます。

総量規制の項目で、収入の1/3までが借入上限という説明をしましたが、それを踏まえて審査予測をしてくれるので、自分で計算するよりも簡単な簡易審査を試してみましょう。

簡易審査に入力したら営業電話とかかかってくるんじゃ無いの?」

そんな心配をしているあなたも安心してください。

簡易審査はWeb上のチェックツールなので、信用情報機関へアクセスする事はありませんし、貸金業者へ情報が渡る事もありません。

あくまで、自分だけで判断するツールです。

簡易審査で「ご融資が可能です」等の表示がでれば、審査に通る可能性は大きくなります。※あくまでも簡易なので本審査で諸事情により審査落ちする事もあります。

無料ですし、今スグ試してみましょう。

クレジットカードの利用状況も考慮される場合がある

初めての方は、あまり気にする必要は無いと思いますが、総量規制だけでなく、審査には金融業者独自のプロセスがあります。クレジットカードの利用状況も考慮される事もありますので、カードローンの申し込み前は、クレジットカードの申し込みは控えておきましょう。

※クレジットカードに付帯している「キャッシング機能」は、ショッピングローンでは無いので、総量規制の対象です。不安な方は利用していないか確認しておきましょう。

在籍確認の電話に関する留意点

無事審査に通過した!

審査に通過すると次は契約手続きに進みます。

契約手続きの注意点
Web完結で申し込むと郵送物等は一切届きませんが、勤務先に在籍確認の電話がはいります。(関連:お金を借りるときに会社連絡なしにするには?)
どんな電話がかかってくるの?
  • 会社名で無く、個人名で電話してくれる
  • 本人が電話に出なくてもOK
  • 本人が休みでも在籍がわかればOK

ですので、カードローン会社である事はわかりません。

それでも不安なら、「保険の加入で在籍確認の電話があるかもしれません。」等と前もって勤務先に伝えておきましょう。

どうしても、在籍確認は困る!という場合は、smbcモビットなら一定の条件を満たせば郵送電話連絡も無しにする事が可能です。条件に関しては、smbcモビットのページを確認してください。

短期間に複数申し込まない

審査で落ちてしてしまった・・・

1社審査に落ちてしまっても、焦らないでください。当サイトでは複数の消費者金融やカードローンを紹介していますので、再チャレンジできます。各貸金業者で審査に独自のプロセスがありますので、1社審査に落ちたからといって、他の貸金業者の審査に落ちるとは限りませんよ。

ここで、審査を通すポイントがあります。審査の時に貸金業者がアクセスする信用情報機関には、審査の履歴も掲載されています。

もし複数同時に審査をしたなら「この人は同時に5社も申込みしているな」となります。
もちろん心象は良くありませんよね。

審査を通すポイント
  • 申込みは複数同時にしない
  • 審査は1社つづしよう
  • 短期間に連続して審査は避けよう

短期間に何十社も申し込みされる方もいますが、信用情報を閲覧された場合「申込みブラック」と判定される場合がありますので、この点は気をつけておきましょう。

ブラックでもお金を借りる関連ページ

恥ずかしいはもう古い?借金してる人は意外と多い

10人に1人はお金を借りた経験者

貸金業者でお金をかりた人はどれぐらいいるのでしょう。気になりますよね。
金融庁の「貸金業利用者に関する調査・研究」によると、貸金業者の利用経験者は1083万人になるそうです。現在の日本の人口から考えると、10人に1人は貸金業者からお金を借りた経験があるという事になります。意外と多いんですね。

では、どんな人が借りているのでしょう?
同調査の資料では、

どんな人が借りてる
1位 会社員
2位 パート・アルバイト・フリーター
3位 専業主婦/主夫
という結果でした。

では、利用金額はどれぐらいなのでしょう?
日本貸金業協会によると

どんな人が借りてる
1人あたりのカードローン
利用平均数は1.5件

1契約あたりの
利用額の平均は49.7万円

という結果でした。

カードローンは計画的に活用すれば、非常に便利な金融サービスです。上手に活用したいですね。

初めてお金を借りたら、徹底しよう

カードローンが契約できてお金を借りる事ができたら、毎月きっちり返済する事が一番大事です。

契約した消費者金融のサイトにログインすると「次回返済日」が記載されています。スケジュール管理して、2日前にには引き落とし口座に準備しておきましょう。

余裕のある時には、多く返す事もできます!

カードローンは返済しても再審査無しで、また借りる事ができますので、早めに完済を目指して返済していきましょう。

クレジットカードの現金版と考えると解りやすいかもしれませんね。せっかく手に入れた便利なカードローンですから、賢く活用していきましょうね。

毎月の返済を遅れる事無く、良好な取引と続けていれば融資枠の増額も可能です。

お金を借りたら徹底する事
  1. 毎月きっちり返済
  2. 2日前には口座にお金を準備
  3. 余裕があれば多めに返して元金を減らす

初めてお金借りる方法のまとめ

ここまで、初めてお金を借りる方法として、大手消費者金融がおすすめ、そのメリットやデメリットを解説してきました。

初めての人におすすめの理由をまとめると
  • 最短1時間で借入ができる
  • 初めての場合、無利息期間がある
  • 女性専用の貸付サービスがある
  • お金の使用用途が自由
  • 保証人や担保が不要
  • 利用がバレにくい

この記事を参考にして、まずは支払い等のお金のピンチを切り抜けて、悩みを解決しましょう。

5 COMMENTS

mmm.

大企業でも将来どうなるかわからない時代だからこそ、お金に関する知識は幅広くつけた方がいいと思っていたので、知れてよかったです!見やすくまとまっているのでわかりやすいです。

返信する
貴賤ロン

借金と言うとあまりいいイメージはなく、ハードルも高い印象でしたが、
想像より借りるハードルは高くないことが分かり少し身近に感じました。
銀行カードローンと消費者金融の差異が分かりやすく書かれていて、自分に合っているのはどちらなのか認識することができました。

返信する
hunasan

お金を借りる時によく分からなかったことが丁寧に説明されていて良かったです。
また借り先の特徴も整理されていたのでちょっと入用になった時は考えてみようと思いました。

返信する
soomomo

消費者金融に対して怖いイメージがあったのですが、女性専用ダイヤルがあったり、自宅や職場にバレずに借りることがことができるのは安心だなと勉強になりました。

返信する
mknsf910

初めての人でも無利息での利用可能もあり、負担の少ない返済額も示してあり、利用しやすさもありそうだと感じました。

返信する

mmm. へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA