他社借入はバレる?通過基準と嘘の申込みがばれた時のリスクやどこまでなら審査に通るか等を解説

カードローンを契約するとき、審査の通過基準のひとつに他社借入があります。

金融融資で借入できる上限金額は総量規制で決まっており、借入状況は保証会社信用情報機関でリアルタイムで記録されます。
他社借入の件数が増えると返済金額が高くなるため、審査に通過することが難しくなります。

この記事ではカードローン審査での他社借入の通過基準と、嘘の申込みがバレた時のリスク他社借入が多い場合の審査通過の方法を詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 他社借入は途上与信・増額申請の審査のタイミングで100%嘘がバレる
  • 他社借入の審査での通過基準の目安は他社借入件数は2社金額は年収の1/3までとなる
  • 他社借入の嘘がバレたら規約違反で一括返済になる
  • 他社借入で嘘がバレると信用情報に傷が付き5年間信用情報機関に記録される
  • 他社借入はおまとめローンで返済総額を抑えることができる可能性がある

先読み【目次】>>

他社借入はどこまでなら審査に通るのか

消費者金融・銀行のカードローンには審査があり、申請者の他社借入状況が精査されます。

他社借入件数が多ければ返済総額が増え、金融融資で借入できる金額の枠が狭まります。

また返済総額が多い場合は申請者の返済リスクと判断されることもあり、審査では可能な限り他社借入件数・返済金額は少ない方が有利です。

審査の通過基準は、申込者の属性や申し込むローン会社によって異なりますが、他社借入件数は2社まで・金額は年収の1/3までが目安になります。

他社借入に住宅ローン自動車ローン奨学金個人間融資の金額クレカのショッピング枠リボ払いは含まれません。

他社借入件数は2社、金額は年収の1/3までであれば許容範囲内

借入れには審査があり、審査基準の許容範囲内であれば新規で借り入れすることができます。

一般的に銀行が融資するカードローンでは2社目以降から審査通過の難易度が高くなる傾向にあります。
契約者の返済能力は審査合否に大きく影響しますが、他社からの借り入れ件数が多いと契約者の借入総額も多くなり審査では不利に働きます

また銀行で新規でカードローンを契約する場合、借り入れ可能な金額は年収の1/3までになります。
銀行融資では2006年に施行された貸金業法に基づき、審査では総量規制のルールを遵守します。

この法律は過度な借り入れで返済不能となるリスクを減らし、契約者を破産から守る目的で施行されています。

新規でカードローンを契約するには、他社借入件数は2社、金額は年収の1/3までが審査通過の目安と考えるのがよいでしょう。

住宅ローン、自動車ローンは他社借入からは除外される

新規カードローン契約では、住宅ローン自動車ローンは他社借入からは除外されます。

住宅ローン・自動車ローンは銀行融資で融資金額も高額なため、貸金業法で規定されている総量規制において他社借り入れとは見做されません。
また住宅ローン・自動車ローンは借入れ金額が借入残高の年収の1/3までとなる借入上限に含まれません。

住宅ローン・自動車ローンは有担保ローンに分類されます。

銀行は有担保ローンとして契約することで、住宅・自動車を担保として契約者に金融融資をします。
銀行は担保となった住宅・自動車の抵当権を有し、万が一契約者が返済能力を失った場合に担保を換金し返済に充てることができます。

住宅ローン・自動車ローンは他社借入にはカウントされませんが返済金額が高く、新規借入が増えると返済総額も膨らんでしまうので注意が必要です。

奨学金や個人間融資は、他社借入には入らない

新規カードローン契約では奨学金個人間融資は、他社借入には入りません。

奨学金とは日本学生支援機構が提供している制度で、貸与型奨学金と給付型奨学金の2種類あります。

貸与型奨学金は連帯保証人・保証人が必要で、借入れた金額を有利子または無利子で返済する必要があります。

給付型奨学金は借入れた金額を返済する必要はありません

奨学金の対象者は高等学校・高等専門学校・大学などで、進学・在学において経済的な理由で勉強を継続することが困難と判断された場合に利用できます。

個人間融資とは銀行・消費者金融を通さず個人の範囲でお金の貸し借りをすることをいいます。
知人同士のお金の貸し借りの他にも、SNSを利用して見ず知らずの人同士での貸し借りも含まれます。

個人間融資は犯罪に巻き込まれることも少なくなく、証拠も残りにくくトラブルが起こりやすいので注意が必要です。

クレカのショッピング枠は〇、リボ払いは△

クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠の2種類があります。

ショッピング枠とはクレジットカードの利用限度額、キャッシング枠とはクレジットカードのキャッシングで借入可能限度額のことです。

クレジットカードで買い物をするとき、契約時に設定した利用限度額を超える金額は利用できません
ショッピング枠はクレジットカードで買い物した金額の支払いが完了しない限り、リセットされず利用限度額を圧迫し続けます。

リボ払いとは毎月の返済金額を決め、返済金額に利息などの手数料を上乗せした金額を完済するまで支払います。

カードローン契約ではクレジットカードのショッピング枠の利用金額は他社借入に含まれません

またリボ払いで返済残金が残っている場合も他社借入に含まれません
しかしリボ払いに関しては返済滞納などで信用情報に傷が付いている場合、審査を通過することが難しくなります。

消費者金融・銀行別診断内容

カードローン契約の審査では消費者金融銀行別診断内容で審査内容が違います。

前述しましたが新たにカードローンを契約するには、消費者金融・銀行両社で他社の借入状況を申請する必要があります。

借入状況は審査の合否に大きく影響するので、嘘をつかず正確に申請しましょう。

アコムアイフルレイクプロミスなどの大手消費者金融の診断では、インターネットで必要事項を確認することで数秒で借入可能か診断できます。
お試し審査とよばれる簡易審査で問題がなければ、収入証明書不要で即日借入できる可能性が高くなります。

銀行の場合は簡易審査で問題がない場合でも、借入まで最短翌日となります。
また審査に本人確認書類収入証明書類などの書類が必要になります。

一般的に消費者金融の方が審査に通りやすく、融資までの時間も短くなる傾向が高いです。

診断内容の詳細は下記の通りになります。

診断内容備考
アコム3秒診断
・年齢
・年収
・他社借入状況
クレジットカードでのショッピング、銀行での借入(銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなど)を除く
アイフル1秒診断
・年齢
・雇用形態
・年収
・他社借入金額
クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除く
レイクお借り入れ診断
・生年月日
・年収
・他社借入件数
・他社借入金額
住宅ローン以外の、銀行・信販・消費者金融の借入れ件数・金額
プロミスシミュレーション
・生年月日
・税込み年収
・他社借入金額
クレジットカードでのショッピング・銀行カードローン・住宅ローン・自動車ローンなどを除く借入金額
三井住友銀行お借り入れ10秒診断
・年齢
・年収
・他社カードローン借入金額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイックお借入1診断
・年齢
・性別・独身既婚
・他社借入状況

他社借入は少ない・無い方が審査には通りやすい理由

カードローンの審査では他社借入が少ない方が審査に通りやすくなります

カードローンの借入金額は総量規制内で決まり、申請者の年収の1/3までしか融資ができません。

契約前にすでに他社借入金額が多い場合、新たに融資できる金額が少なくなるため、審査では不利に働く可能性が高くなります
また他社借入が多いと借入金額が把握・管理できないと判断され、申請者の信用情報がマイナスに評価されるリスクがあります。

審査通過には審査前に可能な限り他社借入を減らすことが重要になります。

総量規制内でしかお金は貸せないから

他社借入が少ない・無い方が審査に通りやすいのは、総量規制内でしかお金は貸せないというのが理由になります。

カードローン契約で融資できる金額は、総量規制内である申請者の年収の1/3までに制限されます。

新規で借入を考える場合、すでに他社でカードローンの借入をしていれば、銀行はその金額を除く借入しか融資できなくなります。
他社借入件数が増えれば増えるほど総量規制内の融資金額の枠を圧迫してしまい、融資の対象外となってしまいます。

年収の1/3を超える過度の借入は契約者の返済負担を大きくするため、他社借入が多ければ審査を通過するのが難しくなります

上記の理由により他社借入は少ない・無い方が審査では有利に働くことを覚えておきましょう。

借入金額が把握・管理できていない人は信用ができないから

他社借入が増えると審査において借入金額が把握・管理できていないと判断される場合があります。

カードローンの審査は金融融資の条件に、契約者の信用を基準にして審査の合否を判断しています。

他社借入が増えることは望ましいことではなく、借入金額が把握・管理できていない人と判断されると契約者の信用に悪影響を及ぼします
消費者金融・銀行ともに信用ができない人との契約は大きなリスクとなるのです。

信用ができないと判断されると、審査を通過することはできません

他社借入が多くて審査が難しいときは、1社でも借入を完済し借入数を少なくすることが重要です。
借入金額が把握・管理できていない人という判断をされないように、可能な限り他社借入のない状態で契約に進みましょう。

借り過ぎの人は返済ができないことが予測しやすいから

カードローン契約前に他社借入が多い場合、審査に通ることが難しくなります。

審査では契約者の返済能力が判断の基準になり、借り過ぎて返済金額が膨れ上がっている状態は返済能力が低いと判断されてしまいます。

自分は借りすぎていないし、信用できる人間だと訴えたところで、審査で判断されるのは借入件数返済金額の事実のみです。
審査の合否には借入の理由や事情は考慮されません。

消費者金融・銀行ともに他社からお金を借り過ぎの人は、返済ができないことが予測しやすく審査に落ちやすいことが少なくありません。

契約では返済リスクを極力減らし、信用情報に悪影響がでないようにしてください。

客観的な審査の判断材料として他社借入は少ない無い方という事実が、審査を通過するためには必要な条件になります。

カードローンの審査で他社借入の嘘がばれた時のリスク

カードローンの審査で他社借入の嘘がばれると、申請前であれば申請を取り下げられ、契約中であれば規約違反で一括返済になります。

一括返済を放置すると滞納2ヵ月程度で内容証明書が郵送され、放置すると簡易裁判所から訴状・支払督促が郵送されます。
返済に応じず2週間以内に異議申立書をしなければ、仮執行宣言の法的措置をとられ財産差押えの強制執行となります。

また消費者金融・銀行での信用情報に傷が付き、向こう5年間は新たにカードローンを契約することが極めて難しくなるなどの大きなリスクがあります。

審査に通らないので融資が受けられない

カードローンの審査で他社借入の嘘がバレると、審査に通らないので融資が受けられません

他社借入が多い場合など、申請者も審査に不利に働くことを知っているので、契約時に嘘の申請をするケースがあります。

他社借入の件数や金額だけでなく、収入証明書・過去の滞納の有無なども、偽われば審査に通過することはありません。

嘘をついて申請しても100%嘘はバレるので、嘘をつくメリットは何一つありません

そればかりか故意に虚偽の申請をしたと判断されると、法律で裁かれる危険性もあります。

消費者金融・銀行は嘘をついた申請者を審査で落とし、信用情報をブラックにして5年間保管します。
ここで保管される申請者の信用情報に、特記事項として申請虚偽の有無は記載されません。

しかし1度嘘の申請をした事実は消えないので、同じ消費者金融・銀行での再審査を通過することは極めて難しいといえるでしょう。

審査に通ってお金が借りられても契約途中でバレると規約違反で一括返済になる

全ての申請者で他社借入の嘘をついた場合、カードローン契約では嘘が最終的に100%バレます。

例外は1人もなく、違いはバレるタイミングだけです。

もし嘘の申請で審査を通過したとしても契約途中でバレるとともに、規約違反で一括返済のペナルティを受けます。
仮に悪意がなく故意ではない申請間違いでも、規約違反で一括返済になる可能性が高いので注意してください。

必要に迫られてまとまったお金を借入れたにも関わらず、嘘がバレて一括返済を求められては本末転倒です。
一括返済が可能ならまだしもそのお金が用意できない可能性もあり、一括返済するために借入先を探さなければいけない状況になります。

契約違反により信用情報に傷が付くことでブラックとなり、闇金融業者などの融資しか借入先がないという最悪の展開になるリスクがあります。

契約するときは記入間違が起こらないようしっかり確認して申請しましょう。

一括返済に応じなければ裁判となり、それでも払えないと財産差押え

他社借入の嘘がバレて一括返済に応じなければ裁判となり、それでも払えないと財産差押えになります。

一括返済ができないからといって、放置することは許されません

一括返済のペナルティを放置すると、滞納2ヵ月程度で契約会社から内容証明書が郵便されます。
内容証明書には一括返済の最終期日・返済されない場合には裁判の措置をとる旨の警告が記載されています。

この段階で自力で返済が難しい場合は、放置せず債務整理などの解決方法をとるべきです。

内容証明書を放置し一括返済に応じない場合、裁判所から訴状または支払督促どちらかが郵送されます。

支払督促とは簡易裁判所の書記官が返済滞納者に支払いを命じる略式の手続きで、2週間以内に異議申立書しなければ仮執行宣言の法的措置をとられます。
簡易裁判所での仮執行宣言が施行されれば、財産差押えが強制的におこなわれます。

財産差押えになる前にできる限り早く問題解決にむけて、弁護士などに相談するなどの行動開始が必要になります。

審査で他社借入の嘘がバレる理由

他社借入状況は金融機関の独自データ・保証会社内のデータで精査され嘘をついても100%バレます。

他社借入状況は信用情報機関(CIC・JICC・JBA)でリアルタイムで更新され、契約者の他社借入件数・借入金額を記録しています。

また契約者の他社借入状況は信用情報機関を通じて、違う金融機関のカード会社とも共有されます。
過去に借入金を滞納した場合、カード会社を変えて申請しても、滞納情報は違うカード会社にも知られてしまうので審査に通るのが難しくなります

カードローンの審査では、万が一にも嘘が見過ごされることはありません。

銀行、金融機関の独自データ・保証会社内データで確認するから

審査で他社借入の嘘がバレるのは銀行、金融機関の独自データ保証会社内データで確認するからです。

審査では申請者の借入履歴現在の借入状況を、銀行・金融機関・保証会社内に記録されているデータから確認します。
過去に銀行、金融機関でカードローンを契約した情報は、独自データとして社内で保管されています。

社内での保管期間は公表されていませんが、長期保管されていると考えて間違いないでしょう。

また保証会社には他社との契約内容借入状況など情報が共有されるので、借入状況を偽って申告してもすぐにバレてしまいます。
過去にカードローンで返済遅延・滞納などトラブルがない場合でも、契約情報として記録されていることを覚えておきましょう。

信用情報機関(CIC・JICC・JBA)で照合するから

カードローン審査では信用情報機関(CIC・JICC・JBA)で照合するため、申請時の嘘がバレます。

信用情報機関にはCIC・JICC・JBAの3種類あります。

CIC
日本クレジット協会・日本信用情報センター・全国信販協会により設立
各クレジットカード発行企業・信用保証会社・自動車や機械等のローンなど943社が加盟
原則月1回の信用情報更新を義務付けている

 

JICC
古くは全国信用情報センターとして設立・現在は日本信用情報機構に名前を変更
専業・商工ローン会社が主な会員
貸付額・支払状況が会員会社の情報からリアルタイムで更新

 

JBA
全国銀行個人信用情報センターとして設立
国内の銀行協会が会員
主に銀行で扱われる信用情報照合で利用

過去にカードローンを利用して何かトラブルを起こしたことがある人は、信用情報機関に情報が記録されます。

契約期間に返済遅延・滞納などが起こると、カードローン契約者の信用情報に傷が付きます
傷が付いた信用情報は信用情報機関に集められ、信用情報が必要な他の金融サービスを提供している会社が照合します。

信用情報機関の記録は5年間保存されるので、5年間はブラックリストに名前が残り信用情報が契約に必要なサービス利用は極めて難しくなります

他社借入の金額・件数の嘘をついても後でバレるタイミングは複数ある

他社借入の金額・件数の嘘は途上与信増額申請の審査のタイミングでバレます。

嘘をついてインターネットのクイック審査を通過しても、その後にある途上与信で虚偽の申請をしていたことが判明します。
途上与信はカードローン契約期間中は随時おこなわれます。

また増額申請の審査では保証会信用情報機関での精査があり、申請者の返済能力を判断するため嘘がバレます。

嘘をついてカードローン契約ができたとしても、あくまで一時期だけで途中で100%バレます。その上、契約無効になり大きなペナルティを背負うことになります。

途上与信時

他社借入の金額・件数の嘘をついても、途上与信時にバレます。
途上与信時はカードローン利用後に随時おこなわれる審査のことです。

インターネット上のクイック審査などは比較的に審査基準が甘く、仮に他社借入の金額・件数の嘘を申請したとしても通過する場合があります。
しかしあくまで入会審査であり、本審査となれば話は違います

カードローンの契約者となった場合、途上与信として入会後も審査は継続しておこなわれます。

契約者の他社借入の金額・件数は保証会社内データ・信用情報機関でリアルタイムに記録されています。
途上与信のタイミングは正式には公表されていませんが、カードローン契約更新のタイミングでは途上与信を実施しているようです。

申請で借入件数・金額の嘘をつくと、途上与信に引っかかりカードローン契約更新ができない可能性があります。

増額申請の審査時

他社借入の金額・件数の嘘をついても、増額申請の審査時にバレます。

カードローン契約者がカードローンの増加を申請するとき、増額審査の難易度は高くなる傾向にあります。

カードローン審査では契約者の返済能力の範囲で増額の限度額を決定するため、返済能力の判断を詳細におこないます。
カード会社は「なぜ増額が必要なのか」「今の借入では足りない理由は何か」など、契約者の収入と支出が正しくされているか、増額理由について精査する可能性があります。

また契約者がカードローンの増加をする目的のひとつに、借入の1本化をしたいからという理由があります。
メリットは他社の金融機関で利息の違う借入をするより、1本化してまとめることにより利息を安くできる可能性があります。
また他社借入を1本化することで、管理が簡単で返済金滞納などのトラブルも少なくなります

増額申請の審査は契約者の現在の年収家庭環境カードローンの利用状況など、細かく精査され他社借入の金額・件数の嘘がバレます。

カードローンの返済を滞納した時

他社借入の金額・件数の嘘は、カードローンの返済を滞納した時にバレます。

カードローンの契約期間内で滞納がった場合、滞納金額を支払うまでカードローン利用が停止します。

それと同時に滞納情報がカードローン契約している会社に記録されます。
支払い忘れなどすぐに返済した場合でも記録は残り、滞納放置すると法的措置をとられ一括返済を求められます。

滞納は途上与信になる可能性が高く、契約者の現在の他社借入金額・件数がリアルタイムで照合されます。
このとき他社借入の金額・件数の嘘がバレます。

一般的に返済金の滞納を3ヶ月間放置すると、契約者の傷が付いた信用情報が5年間信用情報機関に記録されます。

返済金滞納は今契約してるカードローンが利用できないだけでなく、新規でカードローン契約ができなくなるリスクがあります。

他社借入は多いが、お金を借りたいなら

他社借入は多いが、お金を借りたいときはおまとめローンで複数の借入を1本化することでカードローンを契約できる場合があります。

おまとめローンを上手く利用できれば、借入をまとめることで利息を抑え、返済総額を抑えることができます

また返済リスクを減らし審査を通過するために、副業などでできる限り他社借入の返済金額を減らすことが重要です。
返済金額を減らすことは新たに借入できる金額の枠の増加に繋がり、審査で有利に働くメリットとなります。

カードローン契約では信用情報が必須になるので、他社借入の件数・金額が多い場合でも申請で絶対に嘘をつかないことが大前提です。

おまとめローンを検討する

他社借入は多いが、お金を借りたい場合は、おまとめローンを検討しましょう。

おまとめローンとは違う金融機関での借入をまとめて、ひとつの金融機関で借入する方法です。
消費者金融が取り扱うおまとめローンは、返済専用となり総量規制の例外として扱われます。

おまとめローンにはそれぞれメリットデメリットがあります。

メリット
まとめて借入することで返済の利息を抑えることができる場合がある
1本化することで支払い方法・支払い期日がひとつにして管理できる
まとめることで月々の返済金額を低くできる場合がある

 

デメリット
おまとめローン以外の契約は解除されるため利用する場合は再契約が必要
おまとめローンの契約は返済専用となり、追加借入できない
まとめて借入することで逆に利息が高くなる場合がある
新規カードローン審査に影響する可能性がある

おまとめローンは返済専用の契約となり、上手く利用できれば利息を抑えながら毎月の返済が可能になります。
しかし逆に利息が高くなるおまとめローンがカード審査で不利に働く可能性があるなどのデメリットもあります。

メリット・デメリットをしっかり比較して効率よく借入の返済をしてください。

とにかく返済をして借入総額を減らす

他社借入は多いが、お金を借りたい場合は、とにかく返済をして借入総額を減らしましょう

矛盾していると感じるかもしれませんが、新規で借入を検討する場合はできる限り現在の借入を減らすことが有効になります。
お金がないから借入が必要であることは、裏を返せば借入した後の返済リスクが高いと判断される可能性があります。

カードローンを契約するときは、まず現在の借入を見直し、可能な返済から支払い借入総額を減らすことが重要です。

総量規制では借入総額が減ればその分、新たに借入できる金額が増えます

借入できる金額の上限は年収の1/3までが上限なので、今後も収入の増額が見込めない場合は現在の借入金額を減らしましょう。
同時に返済して借入総額を減らすことで、返済リスクの減少に繋がりカードローン審査で有利に働きます。

他社借入の件数・金額で嘘をつかない

他社借入は多いが、お金を借りたい場合、他社借入の件数・金額で嘘をつかないことが重要です。

最も基本的なお話ですが、カードローン契約で嘘の申請をする人間と契約したいと思う銀行・金融機関はありません。
信用が最重視される金融取引において、信用できない人間との取引はリスクしかなく顧客の対象外なのです。

また嘘をつくことで申請が取り下げられるだけでなく、他の契約も解約される可能性が高くなります。

他社借入の件数・金額で嘘をつくことは、自分で最悪の選択をしていると同義だということを忘れないでください。

一括返済が無理な場合でも、副業などで臨時収入をつくり繰上げ返済するなど、借入総額を減らす行動を開始するのが有効です。
他社借入が多い場合でも、正直に申請する方が審査を通過できる可能性があり、よほど現実的な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA