みなと銀行「みなとカードローン」でお金を借りる条件や審査・金利や口コミ・評判を解説

契約まで来店不要、インターネット、電話、FAXなどからお手軽に申し込む事が出来るカードローン「みなとカードローン」(旧Qポートネオ)を提供しているみなと銀行は、兵庫県に本社を置く地方銀行ですが、金利の低さも特徴となっており、借入金額によっては大手銀行のカードローンよりも低い金利で融資を受ける事もあります。

手軽に申し込めるとはいうものの、心配なのは審査条件や、金利、家族や会社にばれてしまう可能性はあるのか気になりますよね。

この記事では、審査に必要な書類や金利などの融資を受ける際に必要な情報から、家族や会社にばれてしまう可能性などを徹底解説しています。

この記事でわかること

  • みなと銀行「みなとカードローン」の審査から契約までの流れを紹介
  • みなと銀行「みなとカードローン」はインターネット、電話、FAXで申し込み可能
  • みなと銀行「みなとカードローン」は大きな借入も期待ができる
  • みなと銀行「みなとカードローン」は使い道自由
  • みなと銀行「みなとカードローン」で必要な書類

みなと銀行「みなとカードローン」の申込み条件

みなと銀行の「みなとカードローン」の申し込み方法に関して解説していきます。

各銀行によってカードローンの申し込みに必要な書類や提出方法などが異なる場合があるため、きちんと確認しておきましょう。

 

下記の表にみなと銀行「みなとカードローン」の申し込み条件や特徴をまとめています。

申込条件満20歳以上65歳以下で安定した収入があり、保証会社の保証が受けられ兵庫県か大阪府に住んでいるもしくは就業している方
金利年4.5%~年14.0%
借入限度額10万円~800万円
申込方法HP・電話・FAX・郵送
融資までのスピード最短1週間程度
返済方法口座引き落とし・ATM
収入証明書の有無50万円以上の借入の場合は必要
取引手数料無し

 

借り入れ対応地域・営業エリア

みなと銀行は兵庫県に本社がある銀行です。

営業所の数は兵庫県内に101カ所、大阪府には3カ所のみです。

申し込みには兵庫県か大阪府に住んでいる方、もしくは就業している方のみ「みなとカードローン」をご利用いただけますが、ローンカードが手元に届けば、みなと銀行・全国の提携金融機関やゆうちょ銀行・イオン銀行・セブンイレブンなどコンビニATMの全国で借入可能です。

 

必要書類と提出方法

「みなとカードローン」を利用する場合、【A】の書類が2点必要です。

【A】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 外国人の方は、これらと永住許可を受けている事がわかる書類が2点必要です。

【A】の本人確認書類が一つしか準備できない場合は【A】の書類1点と【B】の書類1点の計2点が必要です。

【B】

  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス料金・NHK発行のもの)
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

※発行日から6カ月以内のもの

本人名義の領収書が無い場合は、同居のご家族(同一性の物に限る)の物でも使用できます。

 

借入希望金額が50万円以下の場合は、収入証明書を提出する必要はありませんが、限度額が50万円を超える場合は

  • 給与証明書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

が必要になります。

提出方法は郵送のみとなっております。

申し込み後にみなと銀行から送られてくる封筒に本人確認書類のコピーをいれて郵送しましょう。

みなと銀行「みなとカードローン」の審査

カードローンでは仮審査と本審査があり、本審査を通過しないと借入をする事が出来ません。

お金の目処が立たないのはとても不安になりますよね、ですので審査時間の短さはどのカードローンを利用するか判断する材料になるのではないでしょうか。

また、会社への在籍に連絡はくるのかも気になる所ですよね。

ここでは、審査に掛かる時間、会社への在籍確認はあるのか、詳しく解説していきます。

 

審査にかかる時間(仮審査・本審査)

審査の回答が得られるまでにかかる時間は最短で翌日となっております。これはカードローンの中でも短めとなっております。

ですが、あくまで最短になりますので、3~4営業日ほどかかる場合もあります。

在籍確認は必須、方法とタイミング

「みなとカードローン」の借入には会社への在籍確認は必須となっております。

お勤めの会社へ在籍の確認が取れない場合は審査が長引く、もしくは審査が通らない可能性がありますので、

電話応対を確実に受けれる時間帯を希望しましょう。

 

土日・祝日に申し込みはできるが審査は休日明けになる

みなとカードローンでは、インターネットからのお申込が可能なため、土日でも申し込みが出来ます。

ただし、審査は最短1営業日になりますので、土日に申し込みをしても月曜日以降の銀行営業日にしか審査結果を受け取る事はできません。

審査結果の通知方法※家族バレの危険性がある

みなとカードローンでは、契約時に申し込み書類やローンカードが簡易書留郵便にて自宅に郵送されてきます。

プライバシー保護のため「ローン」などの文言は記載されていません。

また契約時に利用明細などが送られてくることもありませんが、返済が遅れてしまうと、督促ハガキなどが自宅に届くため、家族に見つかってしまう可能性が出てきてしまいます。

返済の遅れなどが無ければ、家族にカードローンの利用がバレてしまう事は極めて低いでしょう。

 

審査結果が来ない時の問合せ先・問合せ方法

審査結果が届かない場合はみなと銀行に電話で問い合わせをしましょう。

「みなとカードローン」で検索をかけると「みなと銀行 カードローン」のページが出てきますので、アクセスし、右上の電話番号にお問い合わせをしてください。

担当の方が対応してくれますので、本人確認を済ませて要件を伝えてください。

 

保証会社

みなとカードローンを利用する場合は保証人や担保は不要となのですが、保証会社の保証を受けられる事も含まれています。

みなとカードローンの保証会社は「プロミス株式会社」です。親会社はカードローンや他社ローンの保証業務を請け負っているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

保証会社の審査が発生するという事は保証人を立てる必要がありませんが、過去に借金を滞納したなどの理由でブラックリストに載ってしまった経験がある方は審査に通らないので注意しましょう。

みなと銀行「みなとカードローン」の返済

みなとカードローンに限らず、借入を行った場合は必ず返済をしましょう。

返済できずに滞納してしまうと、信用情報に傷がつき、借入を行えなくなったり、クレジットカードを作れなくなったりしてしまいます。

返済をキチンと行うために必要な情報をまとめておりますので、必ず確認をしてください。

 

返済方法と返済日・返済額

みなとカードローンの返済日は毎月7日が返済日なので、指定の金額を銀行ATMもしくは提携ATMにて返済を行う、もしくは口座引き落としを利用する事ができ、基本的にはこの二択となっております。

返済額に関しては借入を行った残高に応じて変動しますので、きちんと確認をしましょう。

返済ができない・返済が遅れそうな時の対処法

返済が遅れそうな場合は出来るだけ早くみなと銀行に連絡を取りましょう。

連絡をする際は返済できない事を伝え、具体的に何日に返済可能なのか目途を立て、日程を伝える事が大切です。

自身の状況次第では、返済日の変更や返済額の変更などの処置を取ってくれる可能性があります。

借入金がどうしても返済できないようであれば、自身の生活を見直し、節約できる部分を見つけましょう。

返済を第一に考えておかないと、信用情報に傷がついてしまいます。

一括返済の方法

利息などを考えると、まず借入金の返済を優先しましょう。

金銭的な余裕ができ、一括で返済したい場合はみなと銀行の窓口でしか一括返済を行えません。

ATMなどで、一括返済を行えないのは少し不便ではありますが、金銭的な余裕が出来た場合は返済を優先させましょう。

返済時に使える提携ATM

返済時に使用が出来る提携ATMはみなと銀行はもちろん、全国の提携金融機関・ゆうちょ銀行・イオン銀行・セブンイレブンなどコンビニATM

を使用する事が出来るため、返済時に口座にお金が入っておらず、しかも出張などの場合でも全国に提携ATMがありますので、心配はいりません。

みなと銀行「みなとカードローン」の増額・増枠

みなと銀行のカードローン「みなとカードローン」を利用中で、お金がどうしても足りない場合に増額や増枠を行う事は可能なのでしょうか?

みなとカードローンでの融資限度額は800万円となっていますので、その範囲内であれば増枠・増額申請を行い審査を通過すれば増額・増枠は可能です。

増額により金利が下がる可能性などもありますが、利用状況や少し返済が遅れている場合などは減額されてしまう恐れもあるので注意が必要です。

また、増額・増枠の申し込みは電話受付にて可能です。

みなと銀行「みなとカードローン」の解約

みなと銀行「みなとカードローン」を解約する場合はどのような手続きが必要なのか、詳しく解説していきます。

「みなとカードローン」を利用しているがもう返済も終わりこれからの生活で必要なお金や急な出費に対応できる貯蓄もあるので使う予定が無い方は解約を考えると思います。

「みなとカードローン」の解約方法はみなと銀行に直接行って解約手続きをする以外はありません。

しかし、もしこれからも金銭的な余裕を持っておきたい人は解約する必要はありません。

カードを持っていれば、また困った時に借入も出来ますし、借入などを行わなければ金銭的な支払いは一切発生しません。

みなと銀行「みなとカードローン」の口コミや評判・体験談

みなと銀行が提供しているサービス「みなとカードローン」を利用する前に実際に利用しているかたの口コミを参考にした方も多いのではないでしょうか?

実際に利用している方のリアルな声を聞く事で実際に利用する際に安心して利用できますよね。

ここでは、良い口コミだけでなく、悪い口コミもあわせてご紹介いたします。

 よい口コミ

  • 銀行に行かずとも借入を行う前の全ての手続きが自宅で完結したのでかなり便利でした。金利も14.0%~4.5%なので若干安いと思います。
  • 借りる金額が50万円以下であれば、収入証明書が必要なくネットで申し込み出来る点はかなり便利、返済もコンビニATMが使えるのでかなり使いやすいカードローン。
  • 無担保・無保証人で金利以外に掛かる手数料などが無いので、安心。ATMもみなと銀行のATMを使えば、幅広い時間帯で手数料が無料なのはありがたい。
 悪い口コミ

  • やはり銀行のカードローンという事もあり、実際に融資を受けるまでに時間がかかる。
  • 会社の在籍確認があるので、職場の人にばれて何か言われるのではないかと心配になった。
  • 一括返済を行う場合、銀行に直接行かなければならない点が不便だった、ATMなどで行えればいいのに。

みなと銀行「みなとカードローン」以外のローン

ここまでは、「みなとカードローン」をご紹介しましたが、みなと銀行には、他にも500万円までは使い道自由なフリーローン「みなと<プレシャス>フリーローン」というものもあり、他社借り換えなど幅広い用途に使えますが、事業性資金は使用できません。

固定金利で年3.8%・年5.8%・年8.8%・年10.8%・年12.8%・年14.4%・年14.7%のいずれかを審査のうえで決定されます。

金利も低く、担保や保証人なども不要となっているので、とても使いやすいフリーローンとなっております。

みなと銀行の概要

みなと銀行は、兵庫県と大阪府に幅広く展開をしている銀行です。

1949年神戸で株式会社を設立し、70年以上の歴史がある銀行なのです。地域のみなさまとともに歩みます。を経営理念としており、地域密着の経営方針は

今後も変わらずに神戸に本店を置く唯一の銀行として活動をしております。

 

社名株式会社 みなと銀行
英語表記The Minato Bank, Ltd
金融機関コード0562
本社住所兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目1番1号

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA