みちのく銀行カードローン「トモカ」でお金を借りる条件や審査・金利や口コミ・評判を解説

みちのく銀行は青森県を中心に、岩手県・秋田県・宮城県・北海道・東京といった地域で展開している銀行です。

カードローン「トモカ」でお金を借りる条件や金利、返済方法などの情報をわかりやすくまとめて公表していますので、これからカードローン利用を検討されている方は是非参考にされてください。 

みちのく銀行カードローン「トモカ」の申込み条件

 

みちのく銀行のカードローン「トモカ」は、営業エリアに居住、勤務されていればどなたでも審査可能です。ただし、勤務先や収入額に応じて各種金利や借入限度額が決められたり、WEB申し込みか窓口申し込みによって融資スピードの時間が異なったりするなど、各条件により内容が変動しますのでご注意ください。

下記の表にみちのく銀行カードローン「トモカ」の申し込み条件や特徴をまとめています。

申込条件みちのく銀行の営業エリア(青森県・北海道・秋田県・岩手県・宮城県)に居住・勤務している方
金利年4.9%~年14.0%
借入限度額10万円~500万円
申込方法①みちのく銀行窓口にて申し込み

②WEBでの申し込み(ただし、みちのく銀行普通預金口座か、普通預金キャッシュカードを所持していることが条件)

融資までのスピードWEBカードローン「トモカ」であれば、2~3日で融資が可能
返済方法返済用口座からの自動引き落とし返済、みちのく銀行ATM、ローソンATM,ゆうちょATMなどからも返済が可能
収入証明書の有無所得(収入)証明書が必要
取引手数料無料

 

借り入れ対応地域・営業エリア

みちのく銀行カードローン「トモカ」は、青森県周辺の下記のエリアで借入・返済対応が可能です。

青森県(青森市、弘前市、八戸氏、五所川原市、平川市、黒石市、東津軽郡、中津軽郡、西津軽郡、南津軽郡、北津軽郡、むつ市、三沢市、十和田市、津軽市、上北郡、下北郡、三戸郡)、北海道(函館、札幌)、秋田県、岩手県、宮城県、東京都となっております。

必要書類と提出方法

WEBで申し込む場合

①みちのく銀行カードローン「トモカ」のサイトからアクセスします。

②本人確認資料は、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)、マイナンバーカードのいずれかを、スマホで撮影して画像送付します。 全ての画像に氏名、住所、生年月日および顔写真が記載されている必要があります。

③月10万、30万までの借用には所得証明書は必要ありません。ただし50万円以上の借用には所得証明書が必要です。

 

みちのく銀行窓口で申し込むの場合

①必要書類として、返済口座通帳、返済用口座の届出印、健康保険証、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)のいずれか1つ、所得証明書、健康保険証(利用額限度が500万円の場合)の5つが必要です。

②必要書類を直接窓口へ提出する

みちのく銀行カードローン「トモカ」の審査

みちのく銀行カードローン「トモカ」は審査が必要で、みちのく銀行に必要書類を提出して審査結果を待つことになります。

ここでは、審査にかかる時間や、土日を避けることで審査を早くするコツ、職場にカードローン審査がばれない為の在籍確認方法、審査結果の通達方法、審査結果の問い合わせなどについてご紹介していきます。

審査にかかる時間

カードローン「トモカ」では2種類の申し込み方法があります。

①ネット申し込みは24時間受付可能であり、審査結果を電話でなくメールで受け取ることができます。

申し込み時間や曜日によりますが、最短で1日~2日で審査結果がわかります。

②みちのく銀行窓口での来店申し込みは書類提出等のみで、即日審査はできません。

最短2~3日で電話連絡により審査結果がわかります。

在籍確認は必須、方法とタイミング

カードローン「トモカ」の審査において、返済能力があるかどうかの判断で「在籍確認」が必ず必要になります。在籍確認の方法は「勤務先への電話連絡」であり、審査担当者から審査対象者の勤務先に電話連絡があります。

ただし、「勤務先で銀行から名指しでの連絡は避けたい」と思われる方は、前もって取引店の審査担当者に相談しておくとよいでしょう。

出勤日や職場で電話をとれる時間帯などをあらかじめ伝えておき、いつ在籍確認の連絡をしてくれるのかを把握しましょう。

みちのく銀行のカードローン審査担当者は銀行名を出さず個人名だけを名乗り、カードローンの審査中であることが勤務先に漏洩しないよう配慮してくれます。

土日・祝日に申し込みはできるが審査は休日明けになる

WEBカードローン「トモカ」の場合は、窓口に行かなくても審査を受けることができ、提出書類画像の送信や登録内容の入力作業もすべてスマホやパソコンで完結できます。しかもカードローン審査申し込みは土日・祝日でも24時間対応可能なので、ゆっくり時間をかけながら入力作業ができます。

ただし、今すぐにカードローン「トモカ」の審査を受けてお金を借用したいのであれば、平日午前の早い時間にWEBにて審査申し込みすることをお勧めします。もし、金曜日の夜に審査申し込みしたとしても、審査や契約内容確認の電話を受けるのは休日明けになります。

審査結果の返信メールや、みちのく銀行からの契約内容の直接確認電話など、みちのく銀行が稼働している平日の時間帯が進みやすいので、早くお金を借りたいのであれば、審査申し込みは週明け平日の早い時間に行いましょう。

審査結果の通知方法※家族バレの危険性がある

審査方法の通知方法は2パターンあります。

①WEBでの審査申し込みであれば、審査結果はメール通知

②みちのく銀行窓口での審査申し込みであれば、審査結果は電話通知

審査結果の通知でいえば、①WEBでの審査申し込みのほうが、家族に知られることなく審査結果を受け取ることができます。

②みちのく銀行窓口での審査申し込みによる審査結果は電話通知となりますが、家族に知られたくないなどの理由があれば、あらかじめ担当者と相談し、一人で電話をとれる時間帯を教えておくなども一つの手でしょう。

審査結果が来ない時の問合せ先・問合せ方法

審査結果についてのお問い合わせは、直接近くの店舗窓口や電話で相談されるか、みちのくテレフォンセンターで問い合わせされるとよいでしょう。

みちのくテレフォンセンター 0120-86-3709

受付時間は平日9:00~19:00、土日祝日9:00~17:00 ※1月1日~3日は休業日です。

保証会社

みちのく銀行カードローン「トモカ」の保証会社はオリエントコーポレーションで、「オリコ」の略称で知られている老舗の株式会社です。

カードローン「トモカ」の保証料は、返済時に発生する金利にすべて含まれており原則不要となります。

もし、「トモカ」でお金を借りて借入金を返済ができなくなってしまった場合、保証会社であるオリコが借入者の代わりに、みちのく銀行へ代金を支払ってくれます。

ただし、みちのく銀行へ払うべきお金をオリコが建て替えたわけなので、借入者は金利を上乗せした額を、今度はオリコへ返済することになります。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の返済

ここまでは、「トモカ」の申し込み条件、審査について紹介してきました。審査が通ればお金を借入できるわけですが、

「トモカ」でお金を借入した場合、もちろん返済まで行わないといけません。

ここでは、返済方法や返済日、返済額、一括返済、随時返済、返済が遅れそうになる際の対処法や、実際に遅れた場合どうしたらいいのかなどを説明していきます。

返済方法と返済日・返済額

約定返済は毎月5日にみちのく銀行返済用口座から自動引き落としとなります(返済日である5日が休日の場合は、翌営業日に自動引き落とし)。

随時返済は、貸越専用口座に直接入金することで随時任意金額を返済することが可能です。

もし、返済額が貸越残高を超えた場合には、超えた金額分が返済用の口座へ自動に戻ってきます。

 

返済ができない・返済が遅れそうな時の対処法

返済を延滞したりすることは基本的によくありません。

ですが、どうしても返済に困った場合は、すぐにみちのく銀行へ連絡・相談しましょう。返済が滞り、契約者からの連絡が途絶えた状態は銀行側にとって一番の不安材料となります。

もし銀行窓口に出向くのが億劫だったり、自分一人で悩んでいるのであれば、下記のみちのくテレフォンセンターへ連絡しましょう。

カードローン担当者はなぜ返済に困っているかをヒアリングしてくれたり、返済に向けての改善策を打ち出すために親身になって一緒に考えてくれます。

みちのくテレフォンセンター 0120-86-3709   平日9時~19時 土日祝日9時~17時  ※1月1日~3日は休業となります

一括返済の方法

一括返済については、ホームページにも情報がないため、直接「みちのくテレフォンセンター 0120-86-3709 」へ連絡してみるのがよいでしょう。

また、「トモカ」では一括返済以外に「随時返済」という返済方法があります。お金の余裕があるときにみちのく銀行ATM、ローソンATM、ゆうちょATMなどから自由に返済できる方法です。

「毎月返済」だけを行っていると金利手数料が発生することになります。しかし、余裕があるうちに随時返済することで、借用している元金を減らすことができ返済期間の短縮化につながります。無駄な金利を払わずに「臨時返済」を利用しましょう。

返済時に使える提携ATM

みちのくカードローン「トモカ」では、提携しているATMでお金の返済や借入ができます。みちのく銀行ATMは青森県、岩手県、秋田県、北海道、宮城県仙台市、東京の300か所にて利用可能です。

他の提携銀行としては、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行の各ATMで借入や返済ができます。ただし、借入時と返済時手数料において各社銀行間で違いがあります。ご注意ください。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の増額・増枠

もし、みちのくカードローン「トモカ」での利用限度額が少ないと考えた場合は、利用限度額の変更及び再審査の申し込みができます。

カードローン初期審査はWEB上で完結することが可能でしたが、利用額の増額・増枠の再審査についてはみちのく銀行窓口へ直接出向くことが必要となります。

審査には様々な条件がありますが、現在利用している「トモカ」の利用額に対してきちんと返済ができていたり、みちのく銀行以外からお金を借入していなければ、審査は通りやすくなります。

しかし、無理な借用で返済が滞っていたり、他社からのお金の借入が多くなっていたりすると審査は通らず、逆に上限額を減額されてしまったり、カードを利用停止とされるなど、ペナルティが発生することもあります。

ペナルティを発生させないためにも、カードローン「トモカ」を利用する場合には計画的な借入と返済ができる金額設定を行う必要があります。

審査を通ることができれば、利用額の増額が可能となり、さらに大きな限度額の借入と返済を自由にできるようになります。

審査には時間がかかります。計画的に余裕を持ってみちのく銀行窓口へ相談し、増額の再審査を受けることをお勧めします。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の解約

カードローン「トモカ」により借入と返済がうまくいっている場合は、カードローンの契約を打ち切る必要性は少ないですが、「一定期間だけの金銭工面で使いたい」という理由でカードローンを利用しているのであれば、カードローン契約を解約したいと考える方も多いと思います。

どのカードローンでも、必要がなければ解約手続きが可能です。しかし、金利や借入金を含めた返済を完済できていなければ、解約手続きができません。

また、借入金と金利を全額「完済」したとしても、自動的に「解約」とはなりません。解約には手続きが必要になりますので注意しましょう。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の契約を解約したい場合は、みちのく銀行のカードローン受付窓口に直接出向くことが必要になります。

解約手続きに必要な書類等は、①みちのく銀行カードローン「トモカ」のカード、②みちのく銀行口座の通帳、③みちのく銀行への届け出印鑑、④本人確認ができるもの(保険証、免許証等)が必要になります。

また、一時的なカードローン利用履歴があるにも関わらず、カードローン借入金をしっかりと完済したことを証明する「借用完済証明書」があります。これらについては直接窓口に行き、発行できるかどうかの相談が必要となります。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の口コミや評判・体験談

「トモカ」に関する口コミを見て感じたことは、「金利が安い」「審査が早い」「審査の通りやすさ」に関する口コミが圧倒的に多いことです。

一方で「トモカ」の悪い口コミが思った以上に少なかったですが、デメリットとしても取られがちな、「カードが届くまでの期間が長い」「みちのく銀行の口座を持っていないとカードが作れない」「パート勤務などに対し借入上限額が低すぎる」などがありました。詳細については下記をご覧ください。

 口コミ

  • みちのく銀行は金利が低いとのうわさを聞いたので気にはなっていましたが、金利が低い分審査が厳しいのではないかと思い、なかなか手を出せずにいました。やはりお金が必要になり審査を受けてみたところ、すんなり通ってしまい、カードローンで融資を受けられました。
  • 審査スピードが速かったです。WEBから申し込んで翌日には審査結果がメールできました。すぐに審査結果がわかることがうれしいし安心しました。また、電話連絡ではなくメールなので、家族には黙って審査結果を受けることができてよかったです。
  • 平日は仕事で窓口に行けず困っていたら、家から少し離れた店舗ではありましたが、土日に窓口を開けてくれている店舗があり助かりました。おかげで仕事を休まずにカードローン審査までやることができました。

みちのく銀行カードローン「トモカ」以外のローン

みちのく銀行には、カードローン「トモカ」以外のローンもありますので、2点ほど紹介します。

①みちのくWEBフリーローン

みちのくカードローン「トモカ」は、限度額内であれば借入と返済が自由にでき、お金の小回りが利く所がメリットです。

これに対し、みちのくWEBフリーローンはまとまったお金が必要になった場合に一気に借入ができるというメリットがあります。

一括で大きな出費が予測される場合(引っ越しや子供の入学準備など用途は自由)に活躍するローンで、カードローンとは違い一括でお金を借入しますので借入金額が大きく設定されることがあります。

これも、みちのくカードローン「トモカ」と同様に、申し込みがWEB完結できるので便利です。

②みちのく銀行フリーローン「即断即決」

限度額分をまとめて借入でき、返済を続けていくタイプのローンで、ここまではみちのくWEBフリーローンと変わりはありません。

この「即断即決」の特徴は、限度額を高く設定され、一定条件をクリアすることで金利の引き下げ優遇を受けられる点です。

みちのく銀行に口座を持っていたり、公共料金をみちのく銀行からの引き落としにするなど、さまざまな条件をクリアすることで、金利が下げられます。

みちのく銀行ならではの優待が受けられるローンとなっています。

みちのく銀行の概要

みちのく銀行は青森銀行に次ぐ規模であり、青森県を中心に、岩手・秋田・宮城・北海道・東京に展開している銀行です。企業スローガンは「家庭の銀行 みちのく銀行」であり、日本ではじめて銀行名をひらがな表記したことでも知られています。1976年より発足し、当時から現在まで一貫して、トムとジェリーをマスコットとして起用し続けており、企業CMもアットホームで地域に寄り添うあたたかな雰囲気を感じる映像となっています。 

社名みちのく銀行
英語表記Michinoku bank
金融機関コード0118
本社住所青森市勝田一丁目3番1号

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA