お金の管理ができない人の特徴や男女別の原因やおすすめの改善方法を解説

この記事ではお金の管理ができない人の特徴や男女別の原因やおすすめの改善方法を解説しています。

人生100年時代になり、昔と比べて副業や転職も当たり前の時代になりました。

長い人生を安心して過ごすためにも、一人ひとりがしっかりと資産形成をしていくことも求められる時代です。

バブル期であれば銀行にお金を預けるだけで貯金を増やすことができましたが、現代ではそれも難しいです。

しっかりとお金の管理をする能力が求められますが、なかなか難しいと感じている人も多いのではないでしょうか?

この記事を読んで、もしも当てはまることがあれば、しっかりと向き合い改善しましょう。

この記事でわかること

  • お金の管理ができない原因から改善方法まで紹介
  • お金の管理ができない人は「見える化」を意識するだけで変わる
  • お金の管理は無駄な支出を見直すことがポイント
  • お金の管理が1人でできないなら家族やお金のプロを頼ると改善しやすくなる
  • お金の管理は便利な家計簿アプリで簡単にできる

先読み【目次】>>

お金の管理ができない原因

お金が管理できない原因はどのようなものがあるでしょうか?

ここで紹介する原因は以下の4つです。

お金の管理ができない原因
  • お金の管理の仕方がわからない
  • 生活スタイルや自分の性格に合わない管理方法
  • 発達障害(アスペルガー)の可能性
  • 高齢で認知症になってしまった

お金が管理できないと悩んでいる人は、まずなにが原因かを把握してみると改善しやすいと思います。

1人で改善できる原因もあれば、家族や行政、専門家のサポートがないと改善できない原因もあります。

この記事で詳しく解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の管理の仕方がわからない

お金の管理の仕方がわからないというのも管理ができない大きな原因です。

そもそも方法がわからないのにしっかりと管理をするというのは難しいでしょう。

お金の管理方法は現代人に合わせてどんどん増えてきていますし、キャッシュレス派か現金派かなどで大きく変わってきます。

たくさんある管理方法を学び、自分自身でいろいろなタイプを試すことで、自分にあった管理法を知ることが大切です。

 

生活スタイルや自分の性格に合わない管理方法である

生活スタイルや自分の性格に合わない管理方法であることも管理ができないことにつながります。

自分の性格や生活スタイルに合わない方法だとストレスも溜まり、挫折してしまうからです。

そんなときは自分の生活スタイルなどを見直してみましょう

見直すポイント
  • キャッシュレス派か現金派か
  • レシートの撮影などは続けられそうか
  • 外食やものを買う頻度は多いか
  • 計画を立てるのは好きか

上記は一部ですが、自分の生活や性格に合う管理方法であれば、管理も継続も楽になります

お金を管理するのに便利なツールやアプリもたくさん出てるので、自分に合うものを探してみてください。

発達障害(アスペルガー)である可能性も

お金の管理がどうしてもできない方の中には発達障害(アスペルガー)の可能性がある方もいます。

アスペルガーの人がお金の管理ができないのは、管理することが苦手だったり、自分以外のことに興味がないという特徴があるからです。

アスペルガーの人が全員管理が苦手というわけではありませんが、悩んでいる方がいるのも事実です。

アスペルガーであるのならば周囲の協力を受けることや理解も必要になります。

家族に相談をしたり、専門機関を受診するなどしてみましょう。

 

高齢である・認知症になってしまった

高齢であることや、認知症になってしまうこともお金の管理ができない原因につながります。

認知症になってしまうと短期記憶の機能が低下してしまいます。

短期記憶の機能が低下すると様々な問題が出てきます。

  • 買い物をしたことを忘れる
  • 通帳の暗証番号を忘れたり、しまってある場所を忘れる
  • 必要ではないものを購入する
  • いらない工事や修理の契約をしてしまう

このような問題が起きると、気づいたらお金が減ってしまいます。

認知症かもしれないと思ったらすぐに病院を受診し、家族に相談することが大切です。

人生100年時代とも言われているので、しっかりと認知症に向き合う必要が出てきます。

 

お金の管理ができない人の特徴

ここではお金の管理ができない人の特徴を解説していきます。

ここで紹介する特徴は4つです。

  • 収入と支出の管理がずさんである
  • 部屋が片付けられない
  • 時間の管理もできない
  • 口癖が「使ってないのに、いつのまにかお金がない」

もしも当てはまる項目があったらぜひ改善してください。

改善することでしっかりと管理ができるきっかけになるはずです。

収入と支出の管理がずさんである

収入と支出の管理がずさんな人はお金の管理が難しいです。

収入は把握している人は多いと思いますが、支出は把握できていないという人は多いはずです。

こんな人は特に注意が必要です。

  • なんとなくコンビニで買い物をしている
  • とりあえず何でもカードで決済をする
  • 気になったものや新しいものはすぐに購入する

上記は一例ですが、お金を使いすぎてしまっている人によく見られる傾向です。

当然のことですが、支出が多くなれば貯金はうまくいきません。

そして日本は1990年代から年収が上がっていないという事実もあります。

そんな状態でも収入を増やすことはなかなか大変ですが、支出を減らすことは簡単にできます

副業で1万円稼ぐよりも無駄な出費を1万円減らすほうがハードルは低いです。

見極めができれば無駄を削ることができるので、お金もためやすくなります。

家計簿アプリなどを使い、「自分がどんなことにお金を使っているのか」「無駄な支出はないか」を見極めることが大切です。

部屋が片付けられない

部屋が片付けられない人はお金の管理が苦手な場合があります。

部屋の中が片付けられないということは無駄なものやいらないものが多いということ。

お金を管理するためには、無駄な出費を抑えて、自分のお金の流れをしっかりと把握する必要があります。

部屋が片付けられない人は、自分に不要なものがなにか、またいらないものを処分することが苦手です。

まずは部屋の片付けを通して、お金を管理するための能力も一緒に鍛えていきましょう。

時間の管理もできない

お金の管理ができない人は時間の管理もできない傾向にあります。

時間の管理は仕事のスケジュールや、プライベートの予定など、いろいろな情報を把握して管理する力が必要になります。

お金の管理も同じで、収入だけでなく様々な情報を総合して管理しないといけません。

  • 今月の支出は?(いつ・どこで・何に・いくら使ったのか?)
  • 今月はいくら使えるのか?(残金)
  • 今月の目標貯金額はいくらか?

時間の管理ができない人は、お金を管理するのに必要な能力も不足しています。

お金の管理をするためにも、時間の管理から始めましょう。

口癖が「使ってないのに、いつのまにかお金がない」

口癖が「使ってないのに、いつのまにかお金がない」といっている人はお金を管理ができていません。

この口癖を言うということは、自分が何にお金を使ったのか把握できていないということだからです。

自分で何にお金を使ったのか把握できていない人がお金の管理ができるわけがありません。

まずは自分のお金の流れを見える化することから始めましょう。

なんとなくでクレジットカードやQRコード決済などを使用していると、思っている以上に使ってしまいます。

しっかりと家計簿などを使って管理していきましょう。

手書きの家計簿はめんどくさいという人は、家計簿アプリなどを使うと簡単に管理できます。

「使ってないのに、いつのまにかお金がない」という口癖が出なくなるくらいしっかりと管理していきましょう。

お金の管理ができない男性の特徴

ここではお金の管理ができない男性の特徴を紹介していきます。

今回紹介する特徴は以下の3つです。

お金の管理ができない男性の特徴
  • お金に執着がない
  • ギャンブルが好き
  • プライドが高く人によくおごる

これらの特徴はお金の管理ができない人に多く見られます。

もしも当てはまる方は意識して修正しましょう。

それでは順番に解説していきます。

お金に執着がない

お金が管理できない男性の特徴として、「お金に執着がない」ということがあげられます。

お金に執着がないということは、お金の対応が適当になることにつながります。

お金に執着しすぎてしまうのは問題ですが、執着がなさすぎるのも問題です。

お金の管理は、お金の流れや使い方を把握することから始まります。

自分がお金をどのように使っているのかをしっかりと把握しましょう。

 

パチンコ、競馬、競輪などギャンブルが好き

ギャンブルが好きな男性はお金の管理ができないことが多いです。

ギャンブルが好きな人は、投資や貯金ではなく浪費にお金を使ってしまうからです。

お金を使うときは貯金・投資・浪費のどれに当てはまるのか考えるのが大切になります。

その3つの中で浪費にお金を使うのが最も避けるべき使い方です。

浪費にお金を使ってしまうと、貯金もできないですし、投資して資産を増やすこともできないからです。

ギャンブルは浪費の中でも大きなものなので、そこに使うお金を貯金に回せるようにしましょう。

ギャンブルにお金をつぎ込むことは損しかないのでやめましょう。

プライドが高くまわりの人におごってしまう

プライドが高くてまわりの人におごってしまう男性はお金の管理ができていないです。

他の人に見栄を張ったり、いい格好をしたいという考えのある人はおごったりすることが多いです。

人におごるという行為は気前がよくいい印象を受けるかもしれません。

しかし、出費が増えてうまく貯金はできなくなりますし、管理することも難しくなります

おごらないためには食事に行く機会を減らしたり、現金で決済をするなどして改善していく必要があります。

よくおごってしまう人は注意が必要です。

お金の管理ができない女性の特徴

次にお金の管理ができない女性の特徴を紹介していきます。

紹介する特徴は以下の3点です。

お金の管理ができない女性の特徴
  • 自分へのご褒美やストレス発散をよくする
  • ブランドやコスメにお金をかけることに抵抗はない
  • コンビニに行くことが習慣になっている

どれも改善するとお金をためやすくなります。

自分でやってしまっているなと思う特徴がある場合は、ぜひ改善に取り組んでください。

「自分にご褒美」や「ストレス発散」をよくする

「自分にご褒美」や「ストレス発散」をよくする女性はお金の管理ができていません

「自分にご褒美」や「ストレス発散」をしてしまうと、自分がスッキリするために無意識に使いすぎてしまうからです。

頑張った自分や乗り越えた自分へのご褒美だと、つい財布の紐が緩みがちです。

  • たくさん買い物をする
  • いいレストランで食事をする
  • デパートなどで高い化粧品などを買う
  • ネットで買物をする

上記のような行動はとにかくお金をたくさん使います。

またカード決済をすることが多いので、お金の流れも見えにくくなります。

ご褒美をしたい気持ちもわかりますが、お金の管理のためにはよくないので気をつけましょう。

でもどうしてもご褒美がないと辛いという人もいると思います。

そんな方はお金の管理の段階で「ご褒美で使うお金」も項目に入れて準備してみましょう。

事前に準備することで使いすぎを防げますし、貯金しながらでもストレス発散ができます。

 

ブランド・コスメにお金をかけることに抵抗がない

ブランドやコスメが好きでお金をかけることに抵抗がないという女性もお金の管理ができていません。

ブランドものやコスメはとても高価な商品です。

購入することで満足感を得られることもあると思いますが、生活に必ずしも必要なものというわけではありません。

コスメは女性は必要だと思いますが、必要以上に効果な商品が必要かというと疑問です。

まずはあなたが買いたい商品が本当に必要なのかを冷静に考えましょう。

ブランドやコスメを自由に好きなだけ買っていれば、それだけ大きな出費が重なりますので貯金は難しくなります

できるだけ衝動買いをせず、本当に必要なものなのかを落ち着いて考えてみるのがおすすめです。

 

コンビニに行くことが習慣になっている

コンビニに行くことが習慣になっている女性もお金の管理ができていません。

コンビニはどこにでもあり、いつでも開いているのでつい入ってしまいがちです。

また特に用がなくても簡単に入ってしまうので、不要な出費も増えてしまいます

例えばこのような使い方をしていませんか?

  • 会社に出勤するときはコンビニでコーヒーを買っていく
  • お昼ごはんはコンビニでサラダやサンドイッチを買って食べる
  • 帰宅するときは自炊が大変だからコンビニで夕食を買う

このような使い方をする人はかなり多いと思います。

例えばコンビニのコーヒーはSサイズが100円で買えますが、1日1杯買うと月3,000円です。

年間36,000円もコーヒーにかけることになります。

1回の金額は少なくても毎日のように利用していると積もり重なり大きな出費になります

コンビニに入る回数を減らすことで出費も減りますので、試してみてください。

もしもコンビニに入るのが無意識なら、通勤のルートをコンビニがないルートに変更するのもおすすめです。

 

お金の管理ができない人におすすめの改善方法

ここではお金の管理ができない人におすすめの改善方法を紹介していきます。

おすすめの方法は以下の5点です。

おすすめの改善方法
  • 家計簿をつける
  • 袋やファイルに分けて管理する
  • 貯金用の銀行口座を作る
  • 現金支払いのみにする
  • お金の専門家に相談する

他にもお金の管理方法はありますが、今回は始めるハードルが低いものを紹介しています。

日常生活で簡単に取り組めるものが多いですので、まずは自分が無理なくできることから取り組んでみてください

 

家計簿をつける・家計簿アプリを使ってみる

お金の管理をしていくために家計簿をつけたり、家計簿アプリを使ってみるのがおすすめです。

なぜなら自分がどれくらいお金を使っているのか「見える化」することができるからです。

お金の管理ができない人は、お金をいくら使っているのか把握できてないことが多いです。

まずは家計簿をつけて、自分が何にいくら使っているのかを把握しましょう。

それができれば、「買ったものは本当に必要なのか?」「無駄な買い物だから次回から省くことができないか?」などを考えることができます。

無駄な出費を削るために、お金の流れの「見える化」から始めましょう。

手書きの家計簿が苦手な人は家計簿アプリを使ってみるのもおすすめです。

以下に代表的なアプリを3つ紹介しているので確認してみてください。

アプリ名特徴
マネーフォワード ME・銀行口座やクレジットカードに連携することでお金の流れが見える化できる
・ポイントや電子マネー、マイルなども連携して管理できる
・3ステップで簡単に始められる
Zaim・レシートを撮るだけで簡単に家計簿を作れる
・学割プランで学生さんは有料プランが1年間無料で使える
・キャッシュレス派にも現金派にも対応できる
Moneytree・マイルやポイントなどの有効期限を通知してくれる
・無料版でも広告が表示されないから快適
・AIが自動的に支出をカテゴリ別に分けてくれる

 

ファイル仕分け・袋分け管理をする(週で分ける・目的別で分ける)

ファイルや袋を使って管理する方法もおすすめです。

週ごとや、使う目的でお金を袋などに分けることで管理がとても楽になります。

例えば週ごとに分けるのであれば、1週ごとに必要な生活費をあらかじめ袋にいれておきます。

その袋の生活費のみで生活することで、無駄な出費を抑えることができます。

1週間の生活費が10000円の場合で説明してみます。

  1. まずは週数分の封筒を用意します。
  2. それぞれに10000円を入れていきます。
  3. あとは各週を封筒1つ分で生活していきます。
  4. 残ったお金は月末に通帳に戻します。

ポイントは必ず封筒の中にあるお金を使うというところです。

このやり方だと支出と残金が見える化できるので、管理がしやすくなります。

封筒に分けるのが少し手間だと感じるかもしれませんが、しっかりと管理をするためにも習慣になるまでがんばりましょう。

 

銀行口座を目的別で分ける、貯金だけの口座を作る

銀行口座を複数用意して、貯金専用の口座を作るのもおすすめです。

貯金専用の口座を作ることで、何のためのお金なのかはっきりして管理がしやすくなるからです。

少し手間かもしれませんが、使っている口座以外にもう1つ口座を用意します。

貯金口座のポイント
  1. 貯金用口座→事前に貯金したい金額を入金し、決して出金しないようにする。
  2. 生活費用口座→今までの口座は生活費用の口座にする。貯金用口座に入金した以外のお金で生活。

給料から貯金用口座に毎月入金するというのがポイントです。

収入−支出=貯金ではなく、収入-貯金=支出という形にお金の流れを変えましょう。

1ヶ月生活して残ったお金を貯金に回そうとすると、月によって残る金額がバラバラになります。

先に貯金ようにお金を確保することで、毎月決まった金額を貯金に回せるようになります。

先取り貯金を徹底することで貯金用口座にお金が貯まるようになるので試してみてください。

 

クレジットカードを使わず現金支払いだけにする

クレジットカードを使っている人は現金支払いに変更することでお金の管理がしやすくなります。

クレジットカードは便利ですが、手元のお金が減るわけではありません。

そのためお金をどれくらい使っているのか把握しにくいというデメリットもあります。

現金支払いにすることで、いくら使ってあといくら残っているのかを把握しやすくなります。

使いすぎていることも「見える化」しやすいのでお金の管理がしやすくなります

またクレジットカードはリボ払いなどにすると金利が高く返済もなかなか終わりません。

リスクも大きいのでお金の管理が苦手な人は現金支払を徹底しましょう。

 

FPなどお金の専門家に相談する

どうしても1人では管理できないと悩んでいる方は、FPなどお金の専門家に相談するのもおすすめです。

お金のプロに相談することで、あなたにあった管理法や、収入と支出の見直しなども相談に乗ってくれます。

プロのサポートを受けて、自分に最適なお金との付き合い方を見つけましょう

プロの方にいい意味で見張ってもらうことで、サボることなく誘惑に乗る可能性を減らすこともできます。

自分にあった管理法を知ることで、圧倒的に貯金がしやすくなります。

 

子どものころから金銭感覚を養いお金の管理をさせる

お子さんがいる方は、子どものころから金銭感覚を養うようにするのも大切です。

お金の管理や感覚は生まれもっての性格もありますが、身の回りの環境や大人の言動も影響を与えるからです。

日本では家庭内でお金の話をしている家庭はあまりないはずです。

学校でもお金についての勉強は外国ほど行ってはいません。

お金についてしっかり学ばないまま大人になると、急に管理しろと言われてもうまく管理ができるはずがありません。

子どものころから「正しい金銭感覚を身につける教育」を各家庭で行うことが大切になります。

お金の勉強の例
  • あなたが買いたいものは本当に必要なものか
  • 同じものでも金額が違うことがある
  • お金を稼ぐことはとても大変
  • 貯金だけでなく投資の重要性
  • おこづかい帳などを使って管理の癖をつける

上記以外にも家庭で取り組めるお金の勉強方法はたくさんあるはずです。

とはいえ親御さんの中には、「学校や家庭でお金の勉強をしてこなかったから教えられない」と悩んでいる人もいるかもしれません。

そんなときは親も子どもと一緒に勉強をしていけばいいのです。

一緒に勉強してお金の知識や金銭感覚を身につけることは、家庭の貯金にも繋がり一石二鳥です。

金銭感覚を身につけるのは早くて損することはないので、ぜひ今日からでも始めてみましょう。

お金の管理ができない主婦・妻なら夫婦で一緒に管理する

お金の管理ができない主婦の方は、夫婦で一緒に管理をすることがおすすめです。

家計の管理を妻が行っている家庭も多いと思いますが、1人では管理ができずに困っている人もいます。

そんなとき夫にも協力してもらい、夫婦で一緒に管理するとうまくいくことがあります。

一緒に管理するメリットはいろいろあります。

夫婦で一緒に管理をするメリット
  • お互いがしっかりルールを守れるように支え合える
  • お金の管理で悩んだときに相談できる

なにも管理するのは妻(夫)だけの役目というわけではありません

協力して管理することで貯金を進めていきましょう。

夫婦で相談しながら管理をすることで、家庭内のトラブルも回避できるのでおすすめです。

高齢でお金の管理ができなくなる前に家族や親戚と話合いをしておく

高齢になりお金の管理ができなくなる前に家族や親戚としっかり話合いをしておきましょう。

認知症になるリスクは誰にでもあるからです。

認知症になってしまうと記憶もあやふやになってしまいますし、意思表示やコミュニケーションも困難になります。

認知症と診断されてしまうと、銀行や役所の手続きも簡単にはできなくなります

また認知症にならなくても、身体の調子が悪くなり、手続きや管理ができなくなるリスクもあります。

高齢になりお金の管理が難しくなってから家族と相談しようとしても、うまくいかないことも考えられます。

しっかりと動けて冷静な判断ができるうちに、お金の管理について家族や信頼できる親戚に相談をしましょう。

しっかりと準備をすることで安心して生活することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA