親や知人にお金を借りるには理由が大切?頼み方やおすすめの切り出し方・言い訳!

お金の借りる方法はたくさんありますが、親や知人、友人からお金を借りるのが利息も必要ない場合も多く最も一般的な方法です。

この記事では親や知人などの親しい人からお金を借りる際の注意点や、切り出し方や言い方、お金を借りるための理由について解説します。

お金の貸し借りはトラブルになることも多いことから、トラブル回避術についてもまとめ、人間関係が悪くならないような方法についてもまとめます。

この記事でわかること
  • 親や知人にお金を借りる時は借用書を作るのがベスト
  • 親や友人からお金を貸して欲しいなら他の見方が重要!
  • 知人や親からお金を借りたら突然一括返済を求められる可能性がある
  • 親・知人から借金を申し込まれたら基本断る!

お金借りるEX:山口

🔰親や知人に言い訳しない心配させずに安心・安全に借りれるカードローンを紹介します。↓

先読み【目次】>>

親や知人からお金を借りる場合の状況別の理由

親や知人からお金を借りたい理由は様々だと思いますが、それぞれの状況別のお金の借り方についてまとめていきます。

以下が4つの状況別のタイプになります。自分が該当する部分からお読みください。

状況別お金を借りたい理由
  • 中学生・高校生
  • 大学生
  • 社会人
  • 主婦

大前提のお話ですが、お金の貸し借りはどんなに親しい人であったとしてもしない方が良いと言われるのです。

もし、お金を借りたいのであれば理由が重要になります。

中学生や高校生がどうしても欲しいゲームがあって、お金を借りるのであれば可愛いものです。しかし、社会人になって起業するなどの理由でお金の貸し借りが発生する場合は物凄い金額が動く場合もあります。

お金を貸したら返ってこないつもりで貸しましょうと言われますが、この考え方は最も本質的だと私は思います。自分の余剰資金もしくは返ってこないと思ってお金を貸すのが正しいお金の貸し方です。

と言ってもここまで割り切ってお金を貸してくれる人はなかなかおらず、返済が遅れただけで物凄くネチネチと色々と言われたり、結果的に人間関係が悪化する原因になります。

中高生は基本的にはお金の貸し借りをしない選択を!

中学生や高校生がお金を借りる理由は明確に決まっている場合が多いです。

勉強のための参考書の費用、友達と遊ぶためのお金、ゲームや趣味などの購入費用、旅行(卒業旅行)の費用、部活動での必要経費などです。

基本的には親にお金を出してもらうことがほとんどだと思うので、中学生や高校生でお金の貸し借りが発生する場合はほとんどないと思います。

しかし、支払いの際に誰か一人が立て替えたが、その立て替えた分を払ってくれないなど、ひょんなことからトラブルになるケースもあります。

大人でも貸したお金の催促をすることは非常に難しいので、お金を返してもらうのは難しいと言えます。

結論ですが、財布を落としたなどの非常事態にならない限りはお金を貸さないのがベストです。

もし、中高生がお金を借りる場合は当日中に相手の親もしくは自分の親を巻き込むことでトラブル回避につながります。

〇〇君が財布を落としたので、いくら貸してるなど親と共有することでトラブル回避に繋がる可能性が高いです。

どうしてもお金が欲しいのであれば短期アルバイトをするのがおすすめ!

中学生は基本的にアルバイトは出来ません。家業が農家などではない限り仕事をして収入を得るのは基本的には難しいと思います。

よって、中学生は1000円~3000円のお小遣いを、高校生は3000円~5000円の金額を月にやりくりしてそこから趣味や友達との交際費にあてます。

ですが、例えば任天堂が発売しているswitchやゲームソフトが欲しい場合などもありますよね。

switchは3万円以上するので中高生のお小遣いでは到底買える金額ではないです。誕生日やクリスマスのプレゼントに買ってもらえるケースももちろんあると思いますが、そのようなイベント事が近日にない場合はお金を作るしかありません。(関連:1・2・3万円借りる)

長期のアルバイトはしたくないって方も多いと思いますので、土日にできる短期のアルバイトをすることがおすすめです。

時給900円で1日8時間働いたら7200円の収入になるので、5日間働くことswitchの購入金額に当てることができます。

高校3年生であれば「Uber eats」の配達の仕事もすることが可能なので、空き時間にもうまく活用してお金を稼ぐことも1つの手段です。

また、お小遣いの前借りは厳しい場合もあると思うので、親に条件をつけて買ってもらうという選択をするのもおすすめになります。

定期試験で90点以上を取ったらなどゲームを買って欲しいなどとお願いをして、親が喜ぶような結果を条件にお金をもらう方法です。

バイトが禁止されている高校もしくは、中学生は基本的にはバイトができないのでこちらの方法は大変効果的になります。

親が喜ぶような条件を達成して報酬をいただく方法は、自分の成績も上がって一石二鳥の側面もあるので、中高生は積極的に活用しましょう。

大学生が親や知人からお金を借りる目的と理由!

大学生になったら基本的にはアルバイトをすることができるのでお金を借りる機会はあまりない人が多いです。

そんな大学生が友人からお金を借りる理由ですが、基本的には生活費などの支払いがピンチという場面が多くあります。

留学費用などであれば、教育ローンを組んだり親から出してもらう場合が多いです。ですが一人暮らしの大学生の場合は仕送りやバイト代で稼いでいるが、お金の管理がルーズで家賃などの支払いにお金が足りなくなって困ってしまった状態もありますよね!

大学生はお互い様な部分もあるので、1回目で少額であれば借りれる可能性が高いと思います。

アルバイトの給料日がいつかを伝え、給料日から3日以内にはきちんと返済をすることでトラブルの回避に繋がります。

ですが、何度もお金を借りるのをお願いするのは、いつかお金が返ってこないのではと思われます。よって、一人の友人に対して短期間で連続でお金を借りるのはやめた方が良い選択です。

社会人がお金を借りる目的と理由!

社会人がお金を借りる理由として多いのは、冠婚葬祭などの急な出費もしくは、怪我などをしてしまって急にお金が発生する場合です。

特に、東京などの家賃が高い地域で住んでいる方は、新卒から数年間はほとんどお金が貯まらないような生活をしている方も多くいらっしゃいます。

そうした状況の中で、大学卒業の年齢から3年くらい経過すると徐々に同級生も結婚して、ご祝儀を支払わないといけない場面に遭遇します。

しかし、普段の生活からギリギリの生活をしているので、なかなかお金を捻出するのが難しく親や友達からお金を借りなければならない状態になるかもしれません。(生活サポート基金という団体では生活が苦しい時にサポートもあります:生活サポート基金でお金を借りる)

家賃が高いことなども親は理解してくれていると思うので、現在の状況をきちんと伝えることでお金を借りることが出来る可能性が高いです。

主婦の方が親や知人からお金を借りる目的と理由!

主婦が親や知人からお金を借りる理由は、生活費の部分もありますが子供に関する教育費という場合が多いです。

小学校からお子さんを私立の小学校に入学させる家庭ももちろんございます。例えば慶應の初等部であれば6年間で1000万円近いお金が必要になるのです。

一般的なサラリーマン家庭であれば年間で教育費に150万円以上のお金をかけるのはとても厳しいです。さらに塾に通わせたりとなるとさらにお金がかかります。

このような教育費に捻出して生活費が足りなくなってしまた場合に、親からお金を借りる主婦の方が多いです。

パートやアルバイトなどをしている主婦の方もたくさんいらっしゃいますが、扶養の範囲内だと年間で約100万円しか稼ぐことが出来ないので制限があり厳しい状況です。

基本的に親からお金を借りることは、教育費が理由になるのであれば非常にお金が借りやすいと思います。

可愛い孫のためにお金を惜しみなく投資する祖父母の方は多いので、教育費という名目で一時的にお金を借りれる可能性は非常に高いです。

親や知人からお金を借りるのが言いにくい時の頼み方

知人からお金を借りる場合、言いにくかったりどのようなフレーズで頼めばいいのか難しいと感じる人もいらっしゃると思います。

次に、どのよなフレーズを使えば効果的にお金を借りることが出来るのかについて解説していきます。

親や知人からお金を借りるための切り出し方とフレーズ!

お金を借りる際はより深刻そうな雰囲気を出すことが大切になります。普段真面目な感じの人が、お金を貸して欲しいと言ったら借りれる可能性は非常に高いです。

真面目なあなたが言うのだから、相当困っていると判断してもらえます。

お金を借りる時の切り出し方ですが、「本当に申し訳ないのですがお願いがあります」と切り出すのが効果が良いです。

これは1つのフレーズですが、より下から相手に切り出すのが必要です。高圧的な方にはやはりお金を貸したくないので、あくまで下から切り出すのがポイントです。

また、「一生に一度のお願いになると思うのですが」、「今回限りのお願いになりますが」など限定的に切り出すのも有効です。

限定的に切り出す際は、これまでの信頼がどれだけ積み上げっているのかが重要になりますので、きちんと信頼の残高を積んでおくことも非常に重要な要素となります。

親や知人から借金する時のうまい言い訳とポイント

友達からお金を借りる場合に様々な理由が考えられますが、一般的に効果が高い言い訳と借りるためのポイントについて解説していきます。

まずポイントとしては、相手が納得する理由でお金を貸してもらう必要があります。

相手のニーズをきちんと把握することが必要です。

例えば、「酒、ギャンブル、女」の大人の男性がはまって沼に落ちてしまうと言われる3つの趣味が大嫌いの人がいます。

こうした人に、ギャンブルでお金を増やしたい!カジノに行くからお金を貸して欲しいと言ってもお金を貸してもらえる可能性はかなり低いです。

しかし、こうした真面目な方に冠婚葬祭で急にお金が必要になったなど、きちんとした理由でお金を貸して欲しいと言ったら貸してもらえる可能性があります。要は見極めが本当に大切です。

一方でギャンブルで増やすと言っても、ノリでお金を貸してくれる人もいるのも事実ですので、頼む相手がどのような人なのかを見極めましょう。

お金を貸して欲しいと切り出す前に、その人はどんな人なのかをきちんと把握することが本当に大切です。

事前にしっかりと準備をして、どう言う切り口だったらお金を貸してくれるかかを調査する必要があります。

お金を借りたい時のうまい言い訳一覧

お金を借りる時の言い訳としては、嘘っぽくならないことが大切です。

嘘をついているとわかった瞬間に相手からの信頼が失われて、お金を借りることができる確率がかなり低くなります。

お金を借りる効果的な言い訳
  • 急な冠婚葬祭が入ってお金が足りない
  • 交通違反をして違反金を支払われなければならない!
  • 税金の支払いが忘れていて支払う必要がある。
  • 財布を落とした

基本的には緊急性を要する理由でお金を借りるのを打診するのが効果的です。

給料日まで待てばいいと言う理由では、相手がお金を貸すのを回避する可能性が高まってしまいますので、お金を借りるのを打診しているのは緊急性があると言う点が重要です。

冠婚葬祭や交通違反、財布を落としたなどは緊急性が高い理由になります。

親や知人からお金を借りる際の借用書の書き方と注意点

親や知人からお金を借りる際は借用書を書くことがトラブルを回避するのに非常に有効になります。

そして、借用書についてですがきちんと法的効力を失わせない書き方をしてもらうことが必要です。

次に借用書に記載するべき内容についてまとめていきます。

親や知人から借りる際の借用書の記載すべき内容!

インターネット上で検索すれば借用書のフォーマットなどがありますので、基本的にはそのフォーマットを利用することが一番楽に借用書を作成する方法になります。

では、借用書で必要な項目についてになりますが、タイトル、宛名、お金の貸し借りを行った日付、実際に貸し借りを行った金額、お金を借りたと言う事実、返済方法についてです。

相手用と自分用で2枚同じ借用書を用意することになるので、パソコンで作成して複数枚印刷するのが不便なく良い方法になります。

借用書は借主・貸主どちらが用意しても大丈夫ですが、一般的には貸主が作成する場合が多いです。

出来るだけ長い期間で返済したいと言う理由や、利息などをつけられたくない場合などは自分で作成して納得してもらうことがおすすめです。

借用書の必要な項目借用書の記載例と注意点
タイトル借用書、金銭消費賃貸契約書など
宛名〇〇様、〇〇殿、貸主(甲)で借主(乙)など
お金の貸し借りを行った日付××××年×月×日
実際に貸し借りを行った金額〇〇円
お金を借りたと言う事実私は貴殿より〇〇円を借り入れましたなど。
相手の住所並びに名前相手の住所並びに名前(名前だけだと同姓同名の方はたくさんいらっしゃるので、住所も記載していたくことが必要です。)
返済方法〇〇年〇〇月〇〇日までに一括返済、〇〇年〇〇月〇〇日までに毎月10日に〇〇円を返済しますなど

そして、自分が貸主の場合は押印は必ずしてもらうようにするのが良いと思います。

もし借主が押印をしたくない場合は自分で借用書を作成をして、押印の欄を作らなければ押印をしなくても済みます。

押印をしていただいた方が借用書の効力は強くなるので、貸主の場合は必ず押印をしていただくことがおすすめです。押印がない場合は拇印をしていただくことも大切なので、必ず朱肉を持参するようにしましょう。

相手が印鑑を忘れてしまう場合がありますが、拇印については基本的には拒否することが出来ないためです。

親や知人からお金を借りる際のメリット・デメリット

続いて、親や知人からお金を借りるメリット・デメリットについて解説です。

大手の消費者金融や銀行からお金を借りるよりもメリットは非常に大きい部分もありますが、人間関係が壊れてしまったりと、金融機関ではない様々なデメリットもありますので順番にまとめていきます。

親や知人からお金を借りるメリット

親や友達からお金を借りるメリットは大きく3つです。

親や知人からお金を借りるメリット
  • もし延滞などがあった場合でも信用情報に傷がつかない!
  • 信用情報に傷があったとしてもお金の借りるのが可能
  • 無職でもお金を借りることが可能!
  • 利息の支払いが不要な場合が多い。
  • 長期での返済など返済の融通がきく場合が多い!

親や知人からお金を借りる際は信用情報の心配が不要!

親や友人からお金を借りる際は、銀行や消費者金融と違って信用情報の心配をする必要がありません。

もし、返済の延滞をした場合や過去に延滞をしていてブラックリストに載っている場合であっても、お金を借りることは可能なので非常にメリットが大きいです。

親や知人からお金を借りることができるかは、過去の信頼を積み上げてきたかと言う部分に起因します。きちんと信頼を積み上げているのであれば、最も最初に行うお金を借りる方法として選択して良い方法だと思います。

無職でもお金を借りることは可能!

大手消費者金融や銀行は無職であればお金を借りることは出来ません。

また、有担保となるものがなければお金を借りることは基本的に難しいことから、親や友人からお金を借りることが出来るのであれば無職の人にとっては非常にありがたいことだと思います。

お金の使い道などについて聞かれる場合が多いと思いますが、これまでこの記事でまとめたような切り出し方などをうまく活用してみてください。

返済面で非常に優遇が効きやすい!

親や友人からお金を借りる場合は利子が必要なかったり、返済を長期間待っていただけるなど融通がきくことも1つ特徴としてあります。

銀行や大手消費者金融であれば、毎月何日までに利息などを含めた返済金額を決められています。いつまでに全額を返済してくれればいいなど、大雑把に決めることも可能なので、返済計画に余裕を持たすことが出来るのは1つメリットになります。

親や知人からお金を借りるデメリット

次に親や知人からお金を借りるデメリットになります。

親や知人からお金を借りるデメリット
  • 人間関係にヒビが入ってしまう可能性がある
  • 相手の都合によって急に返済を求められてしまったりする!
  • 1つ弱みを握られてしまう!

親や知人からお金を借りる1番のデメリットは関係にヒビが入る可能性がある!

おそらく親や友達からお金を借りる際の一番のデメリットになってしまうのが、返済プランがうまくいかないと人間関係にヒビが入ってしまう可能性があることです。

お金の切れ目は縁の切れ目ともいいますが、お金は簡単に人の縁を壊してしまうものです。

自分の信頼に基づいて相手はお金を貸してくださっているので、その信頼が血の底まで落ちるので一度落ちた信頼を修復するのは不可能になります。

きちんとした返済計画に基づいて返済すれば大丈夫なので、毎月決めたことをきちんと実行することが必要です。

貸主が急にお金が必要になった場合に返済を求められる場合がある!

日々生活していると突然お金が必要になる場面が訪れます。

しかし、お金の貸主もお金に余裕があったはずだけど、今はお金に余裕がなくなって急遽お金が必要になる場合もありますよね。

そんな時に、一括返済を求められる可能性があるのです。借用書に返済計画などを書いていればそちらが有効になりますが、やはりこのような場合でも人間関係の悪化の可能性が考えられます。

突然何かが起こった時に人間関係で亀裂が生まれてしまう場合もありますので、お金の貸し借りの関係があるだけでもいつリスクが発生するのかわかりません。

お金を借りることで弱みを1つ握られるのがデメリットになる場合も!

銀行や大手消費者金融は返済さえきちんとしていれば何も言われる心配はありません。

しかし親や知人からお金を借りていると、立場が貸主の方が上と思ってコキを使ってきたり、何かを要求してくることも中には想定されます。

お金を借りたことで対等な関係でなくなるケースも存在しますので、親や友達からお金を借りる際にはこうした事態も起こりえると想定しておくことが必要です。

親や知人からお金を借りる際のトラブル回避のためのポイントは?

親や知人からお金を借りる際のトラブル回避のためのポイントにいて次にまとめていきます。

基本的に想定することは2点で、まずは支払い計画をきちんと守って返済をきちんとすること、そして2点目がトラブルになりそうなポイントについて事前に借用書に記載をしておくと言う点です。

親や知人からお金を借りる際のトラブル回避は返済計画の忠実な実行が全て!

親や友人からお金を借りる場合は、返済計画をきちんと守って実行することがトラブル回避のためのポイントです。

お金に余裕がある時は、多めに返済を行うなど毎月安定して返済する姿勢を見せることで信頼につながります。

一度の返済遅れでも人間関係の悪化に繋がってしまいますので、返済額の振り込み忘れなどにも注意して毎月のお振込を行う必要があります。

トラブルになりそうな項目を予測し借用書に記載!

親や知人からお金を借りる際には突然トラブルに巻き込まれる可能性があります。

例えば、貸主が突然一括での返済を要求してきたり利子を設けたいと言う場合などです。

こうした場合に備えて、きちんと借用書に「毎月〇〇円をお振込いたしますなどと記載することと、貸主の都合での返済額の変動はNGとする。もし、返済に遅れた場合は貸主は借主に一括での返済を要求できるものとする」と記載するなどです。

借主の場合は、トラブルを防ぐためにも貸主からの一括返済を出来ないように借用書に記載することが必要です。

親や知人からお金を借りたい方の心理

 

友人や親からお金を借りる際の心理は大きく違います。

次に親からお金を借りる際の心理と友人からお金を借りる場合の心理についてそれぞれまとめていきます。

親からお金を借りる時の心理は!

親からお金を借りる場合は、批判されないからこそ頼める真っ当な理由でのお金を借りる方が多いです。

理由が明確で真っ当なものだから、お金を貸してくれる可能性が高いだろうという心理で借主は親にお金を借りるのを打診します。

例えば、大学生であれば留学するのにまとまったお金が必要になるので、バイトで貯めたお金だとあと半分足りないので、半分を貸して欲しいなどです。

社会人であれば、急な冠婚葬祭に出席しないとならず、給料日前でお金が足りないので貸して欲しいなどになると思います。

真っ当な理由だからこそ、お金を気軽に貸して欲しいと頼むので、心理的には切迫はしていない場合が多いです。

知人からお金を借りる時の心理は!

知人からお金を借りる場合の心理は、切迫している場合が多いです。

友人よりも親に頼んだ方がお金を借りれる可能性が高いのに、それをしないということはかなり切羽詰まっている可能性が高いです。

大手消費者金融(関連:プロミスアイフル)や銀行カードローン(関連:三菱UFJ銀行カードローン楽天銀行カードローン)など、様々なお金が借りることが出来る方法がある中で、あえて友達に頼んでいるのですから、お金が必要な理由としては真っ当ではない場合も多いです。

例えば、借金の返済やクレジットカードの支払い額が足りないなど、多重債務を抱えている場合もあるのでお金を貸すかは慎重になったお方が良いです。

もし、少額の金額であれば給料日前で急な出費が必要になった場合もありますので、どえれくらいの借金の申し込みの金額かはとても大切だと思います。

利子がかからないのがメリットと思ってお金を借りてきているので、使用用途と返済期限、そして金額についてを確認をして、お金が返ってくる可能性が高いのであればお金を貸しても良いと思います。

貸すにしてもあくまで余剰資金で貸すことが大切です。

親や知人からお金を逆に申し込まれた際のうまい対処法

最後に親や友人からお金を逆に借りたいと言われた場合に、断りたい場合の対処法についてまとめていきます。

借金を申し込まれた場合の効果的な断り方
  • 親や知人以外からのお金の借りる方法を伝えて断る!
  • お金の貸し借りは禁止されていることを伝える!
  • 過去にトラブルになったことを理由に断る!

友達や親からお金を借りる際の注意点や切り出し方についてまとめてきましたが、あなたが逆に借金の申し込みをされる可能性もあります。

人間関係にヒビが入ってしまう可能性やお金が返ってこないリスクがあるので貸したくないって考える方も多いと思います。

ここからは、もしあなたが借金の申し込みをされた際にの効果的な断り方についてまとめていきます。

親や知人以外からお金を借りる方法を伝えて借金を断る!

親や友人から借金の申し込みをされた場合に、断る方法として良い1つの方法が他のお金の借り方を伝える方法です。

例えば、高齢者であれば年金を担保にお金を借りることが出来ること(関連:年金を担保にお金を借りるには)や、リバースモーゲージの制度を知らない高齢者の方もいらっしゃいます。

こうした制度を活用することでお金を借りることが出来ることを伝えることが有効です。

また、若者であっても公的融資制度も充実しており、無利子でもお金を借りることが可能な公的融資制度もありますので、そうした制度を紹介するのも借金を断る際にはとても有効です。

自分は貸せないが、他の制度を説明することで納得してくれる場合があります。

親や知人から借金の申し込みをされた場合はルールで禁止されていると効果的!

日本人はルールの遵守に対しての優先順位が高い人が多いです。

そのため、ルールで禁止されていることを安易にはしない傾向にあります。

もし、借金の申し込みをされた場合は、家族のルールや家庭のルールで禁止されていることを伝えることが効果があります。

それでもしつこくしてくる人もいるかもしれませんが、貸したくない場合は断固として拒否してください。

親や知人から借金の申し込みがあった場合は、過去にトラブルになったことを伝える!

ルールの部分からの発展系とも言えますが、過去に家族がお金を貸して返ってこなくて辛い経験をしたので、もうトラブルになりたくないので、お金の貸し借りをしてませんときっぱり言うことも大切です。

しつこく借金の申し込みをしてくる人は一度貸してしまうと、追加での借金の申し込みをしてくる人が多いです。

こうしたトラブルに巻き込まれないためにも、過去にトラブルにあったことを伝えてきっぱりと借金の申し込みを断りましょう。

まとめ

親や知人から借金をする際の注意点やメリット・デメリットについてまとめてきました。

基本的には金銭の貸し借りはトラブルになる可能性も非常に高く、もし少しでも貸したくないと気持ちがあるのであれば貸さない選択をすべきです。

ですが、借主としてはなんとしてもお金を借りたい状況ですので、どう言う切り出し方やフレーズをいったら、お金をその人は貸してくれるのかを把握することが必要になります。

金利が発生しない場合が多いことや、信用情報に傷があっても借りれるなどメリットがある一方で、人間関係が崩壊する危険性もあるので、親しい仲だからこその最新の注意が、親や友人からお金を借りる際には必要です。

4 COMMENTS

まほ

基本、身近な人からはお金を借りないほうがよさそうですよね。自分も頼まれたら貸したくないですし。記事に書かれている、どうしてもという時の頼み方はなるほどと思いました。参考になりました。

返信する
完済人

親からお金を借りるときにも借用書を書くというのは、なかなかできそうにもありませんが、高額の場合など後々のことを考えると、やはり作成すべきということを痛感しました。私は作成したくないので、まずは借りないようにしたいところです。

返信する
ニシカワカイジ

後々面倒くさいことになるので借りずにすむならそうしたいです。

返信する
まさお

親兄弟含めて関係を壊したくなければ、お金は借りないほうがいいということがよく理解できました。

返信する

完済人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA