卒業旅行のお金がない学生が資金を用意する方法!足りない時の調達方法等解説

卒業旅行は目的地移動手段宿泊施設旅行者のアクティビティで費用が変わります。
それに伴って卒業旅行までに、まとまった卒業旅行の金額を準備する必要があります。

卒業旅行のお金が準備できないと貴重な卒業旅行のチャンスを失い人生の大切な思い出作りができなくなります。事前に卒業旅行の内容をどのようにしたいかを熟慮し、旅行計画が実現できる金額をどのように準備するかが重要になります。

本記事では、卒業旅行費用の内訳お金を用意する方法適切な卒業旅行の断り方を中心に卒業旅行が如何にして大切なイベントなのかをお伝えします。

この記事でわかること
  • 卒業旅行の相場は高校生で3万円~程度大学生で5万円~程度海外旅行は10万円~程度を準備しておく
  • 卒業旅行のお金がない高校生は親にお金を出してもらう貯金を使う親からお金を借りる
  • 卒業旅行のお金がない大学生はアルバイトでお金を稼ぐローンでお金を借り入れする
  • 卒業旅行で利用できるローンは旅行会社のトラベルローン学生ローン消費者金融カードローの3種類
  • 卒業旅行はお金で買えない価値があり、お金を借りてでも卒業旅行は参加するべき重要なイベント

先読み【目次】>>

卒業旅行にかかる費用

卒業旅行費用は移動費宿泊施設費食費アクティビティ費が主な費用の内訳です。

旅行会社が提供するパック旅行バス旅行で卒業旅行をすると、ツアー料金となり移動費・宿泊施設費が団体割引で利用できます。

卒業旅行を個人でする場合に比べ移動費・宿泊施設費を抑えることができ、その分の予算を旅行中のアクティビティに充てることができます。

パック旅行・バス旅行には基本料金+オプション料金がツアー料金となり、個人的な理由による出費はアクティビティ料金となります。

卒業旅行を個人でする場合は基本的に移動費・宿泊施設費は通常料金になり、ツアー料金より高くなるケースが多いです。

しかし個人旅行でもプランの立て方によっては、卒業旅行費用の総額を抑えることも可能です。

アクティビティにかけるお金を抑えすぎると、レジャーや観光の楽しみが少なくなり、満足度の低い卒業旅行になってしまうので注意が必要です。

パック旅行・バス旅行のツアー料金

高校・大学卒業旅行をパック旅行バス旅行のツアーにすると、旅行費用を抑えることができます。

パック旅行・バス旅行では旅行会社が日程・宿泊施設・移動手段・旅行内容を企画し、団体旅行客に旅行サービスを提供しています。
団体で企画することで、宿泊費用やレジャー費用を団体割引で利用することができます。

パック旅行・バス旅行は旅行前にツアー料金が提示されるので、旅行に必要な費用がイメージしやすいというメリットがあります。
また旅行場所の人気スポットや観光地でガイドを受けることで、初めての場所でも迷わず効率的に観光することができます。

利用する旅行会社でツアー料金が違うため、旅費を安く抑えるには旅行会社の比較検討が重要です。

パック旅行・バス旅行のツアー料金目安を知るには、インターネットで旅行料金比較サイトを利用しましょう。
出発先・行き先・人数・キーワードを入力することで、最適な旅行プランを1番安いツアー料金で検索することができます。

オプションやアクティビティ料金

パック旅行・バス旅行では旅行内容に沿った金額が基本料金として設定されています。
宿泊施設の部屋・食事内容・レンタカーの回数など、決められたプランに対してツアー金額が決定されます。

オプションアクティビティ料金とは基本料金以外で、旅行者が支払う追加費用のことです。

例えばツアーで規定された宿泊施設以外での宿泊・個人的なレンタカー利用・フリータイムでの観光施設利用に発生する費用などが該当します。

パック旅行・バス旅行では旅行者が自由に観光を楽しめるように、旅行日程に自由時間を設けています。

旅行会社は自由時間に参加可能なイベント参加費施設入場費をオプション料金に定め、商品として旅行者に提供しています。
また旅行者が自由時間にレジャーなどで個別に支払う費用をアクティビティ料金といいます。

オプション・アクティビティ料金は旅行者がどんな旅行体験をするかで、必要となる費用が違ってきます。

個人旅行なら交通費・ホテルや旅館の宿泊費

高校・大学卒業旅行を個人で検討する場合、旅行プランを全て考えなければいけません。
目的地までの交通手段移動時間宿泊施設の選定旅行先でのアクティビティなど、費用がどれくらい必要かを慎重に検討する必要があります。

個人旅行でも十分な旅行計画を練れば、パック旅行・バス旅行と同じように費用を抑えて旅行することも可能です。
個人での卒業旅行では飛行機・電車・バスなどの選択肢がありますが、基本的に通常料金での利用になります。

パック旅行・バス旅行では団体人数割引で通常料金より安く移動できるため、遠方の旅行では移動費用に大きな差が生じます。
宿泊施設に決めたホテル・旅館の宿泊費も、旅行会社が割引料金で手配した部屋は利用できません。

個人での卒業旅行は自分達で旅行プランを立てる楽しみがある反面、しっかりとした旅行プラン・料金シミュレーションが必要になります。

旅行中の食費

高校・大学卒業旅行において食費は軽視できません。

観光地ならではのご当地料理を食べることは、旅行の目的のひとつです。
普段は食べない料理でも卒業旅行の記念に食べることは多く、旅行中に摂る食事というものは普段とは違い高価なことが多いです。

旅行計画時点では食費を少なく見積もっていても、旅行が始まれば旅行先で食べ歩きの回数が増えるなど出費が嵩むことも考えられます。

国内だけでなく卒業旅行を海外旅行で検討している場合は、食費の占める割合は大きなものになります。
旅行目的地の国によって食べ物の相場が違うので、食費だけでも予想外の出費になるケースがあります。

食費は卒業旅行計画段階から多めに準備しておく必要があります。

親や友達へのお土産代

卒業旅行ではお土産代も案外高くつくものです。
卒業旅行中に家族や友達に、旅行記念としてお土産を買う機会もあると思います。

旅費を親に出してもらっている高校生は、親に感謝の気持ちを伝えるためにお土産を購入する人が多くいます。
また友達に卒業旅行報告をしたときに、お土産を渡すケースもあります。

お土産は何を購入し誰に渡すか旅行前は未定のことが多いため、事前にお土産代を正確に見積もることは難しいです。

卒業旅行費用のなかで土産が占める割合は、他の費用に比べると小さくなります。
しかしお土産代をあまり低く見積もってしまうと、金銭的理由で購入したいものとは違うお土産を選ばざるを得ない状況にもなりかねません。

お土産は気持ちが大事だといわれますが、受け手に喜んでもらえると思えるお土産が購入できるように準備する必要があります。

レンタカー・駐車料金

卒業旅行の移動手段としてレンタカーを選択した場合、レンタル費用が必要になります。
卒業旅行の目的地によっては新幹線などの移動手段より、レンタカーで移動した方が移動費用を安く抑えることができます。

レンタカーの料金内訳
基本料金・ガソリン代・オプション代・保険代
旅行先で片道だけレンタカーを利用することも可能 その場合は別途乗り捨て手数料が必要

 

レンタカーの相場料金
軽自動車で6時間5,000円程度・24時間6,000円程度
ミニバンで6時間7,000円程度・24時間10,000円程度

レンタカーを利用すれば搭乗人数でレンタカー料金を割り勘できるので、大幅な移動費用削減が期待できます。
しかしレンタカーを利用する場合は、旅行先での駐車料金が発生することを忘れないでください。

卒業旅行を2人以上でする場合は、移動手段としてレンタカーを利用するのもひとつの方法です。

観光費用(入園料・拝観料・入場料など)

観光費用は卒業旅行費用のなかでも、大きな割合を占める費用です。
旅行前に観光費用をどれだけ準備できるかで、卒業旅行プランが大きく変化します。

観光費用は旅行地でのアクティビティで必要となる費用で、高校・大学卒業旅行が満足できる内容になるかどうかを決める重要なポイントになります。

遊園地などレジャー施設の入園料・神社・仏閣の拝観料など、観光費用は卒業旅行を充実させる目的で必要になります。
観光費用が十分に準備できないと、金銭的理由により旅行者のアクティビティが制限されてしまいます。

卒業旅行において観光費用は高額になりますが、費用を抑える目的で削減してしまうと卒業旅行が味気ないものになるリスクがあります。
自分の思い描く卒業旅行を実現させるために、観光費用は妥協せずしっかりと費用を準備することが重要です。

卒業旅行の予算・相場はいくらかかる?

卒業旅行の予算を決めるには旅行前にしっかりとした旅行プランを練り、プランに沿ってどれだけの費用がかかるかを熟慮する必要があります。

高校生・大学生で準備できる金額は違いがあり、国内であれば高校卒業旅行なら3万円程度大学卒業旅行なら5万円程度の旅行プランが多いです。
海外旅行を検討している場合は、目的地の国により食費・宿泊施設費などの相場が違うため20万円程度の予算を準備したほうがいいでしょう。

卒業旅行費用を安くしたいと考えるあまり予算を少なく見積もると、旅行先で金銭的な問題でアクティビティが制限され十分楽しめない危険性があります。
逆に卒業旅行プランを詰め込みすぎると費用が高額となり、卒業旅行実行のハードルが高くなります。

卒業旅行の予算決定はプランと費用のバランスを考えることが重要です。

卒業旅行のタイミング・行き先 卒業旅行にかかる費用の相場
高校生(国内旅行) 3万円~5万円
大学生(国内旅行) 5万円~10万円
大学生(海外旅行) 10万円~20万円

高校生の卒業旅行(国内旅行)の旅行費用の相場:3万円~5万円

高校生活の思い出作りとして、高校卒業旅行は大事なイベントのひとつです。
目的地・費用などを考え、春休みなど連休を利用し旅行プランを実行する高校生は多くいます。

高校卒業旅行は海外旅行に比べ、国内旅行が圧倒的に人気であるとの統計があり、北海道大阪沖縄東京金沢京都などが人気の旅行先になります。

北海道・沖縄は観光リゾート地として、東京・大阪は東京ディズニーランド・ユニバーサルスタジオジャパンが人気のレジャーとして旅行先に選ばれます。
金沢・京都は日本の伝統的な文化・建築物に親しむことができるため旅行先で人気があります。

一般的な高校卒業旅行の相場費用は1泊2日で3万円~5万円程度になります。(今すぐ一万円が必要な時はどうする?)

高校卒業旅行の費用は同じ日数でも交通費宿泊費食事費レジャー費などで変わり、2万円程度多めに用意することが推奨されています。

大学生の卒業旅行の予算の相場:5万円~10万円

大学生の卒業旅行となると、ホテルなどの宿泊施設や食事のグレードが上がる傾向にあります。

いい宿泊施設・有名でおいしい食事を求めれば、単価は上がります。
また、車も使うことができるようになるため、高校生の卒業旅行より移動距離も増えるケースが多いです。

そういった点が原因となり、高校生の時より大学生の卒業旅行の方が単価は高くなります。
相場としては1人あたり5万円~10万ほどになります。

国内の卒業旅行であれば、10万円も必要になることはあまりありません。
しかし、海外旅行になる場合は更に旅行費用が高くなっていきます。

大学生の卒業旅行は海外旅行に行くことも!旅行費用の相場は10万円を超える

大学生であれば旅行先を海外で計画する人は少なくありません。
大学生は高校生に比べ、海外旅行の金銭的なハードルが低い傾向にあります。

大学卒業旅行ではハワイイギリスフランス台湾韓国などが人気の旅行先として選ばれています。

海外旅行の代名詞ともいえる知名度を誇るハワイや、海外芸術・文化を色濃く体験できるイギリス・フランスが多くの日本人に人気です。
また比較的日本に近い場所にある台湾・韓国は、旅行費用を抑えながら海外旅行が楽しめる人気の旅行先になります。

一般的な大学卒業旅行の相場費用は、最低金額を5万円以上で旅行の準備している大学生が多いと考えられます。

大学卒業旅行の目的地が国内であれば5万円〜10万円程度海外であれば10万円〜20万円度が目安になります。

卒業旅行したいのにお金がない時の対処法

卒業旅行でお金がないときは親に出してもらうメルカリフリマを利用するアルバイトでお金を稼ぐローンを利用する知人や友人に借りるの5つの方法があります。

自分でお金を稼ぐことができない高校生は親に相談し、旅行費用を借りる・だしてもらうことで準備しましょう。
メルカリ・フリマを利用し不用品を売却する方法でもまとまったお金を確保することができます。

信頼しあっている友人や知人に相談してお金を借りて卒業旅行の費用を工面するのも一つの方法です。

大学生は多くの人がアルバイトをしており、バイトによって卒業旅行の費用を稼ぐ人が大半です。

大学生でアルバイトで修学旅行の費用を稼ぐことが難しい人は、トラベルローン学生ローン消費者カードローンなど、カードローンを利用する対処方法もあります。

アルバイトは費用を準備するまで時間が必要ですが、カードローンは最短即日で借入できるので、卒業旅行まで日数がない状況では有効な選択肢となります。

親に相談をしてお金を借りる・出してもらう

卒業旅行の費用を自分で準備できない問題は、親に相談することで解決できるかもしれません。

大学生であってもアルバイトでお金を稼ぐことが難しい人もいます。
家族に卒業旅行がしたいという想いを伝えれば、親に費用を出してもらえる可能性があります。

親に卒業旅行の費用を全額負担してもらうことに抵抗があるときは、一部だけでも負担してもらうことを検討することでお金を借りるハードルを下げることができます。

メインの費用は貯金を使い、足りない金額を親に出してもらえないか相談してみる価値があります。

また卒業旅行費用を準備する時間がなければ、親に相談してお金を借りるという選択肢もあります。
一時的に必要な費用を親から前借りし、卒業旅行が終わったらお金を稼ぎ返済すれば問題はありません。

メルカリやフリマを利用して要らなくなったものを売ってお金にする

自分でお金を稼がなくても持ち物をメルカリフリーマーケットで売却することで、卒業旅行費用を準備することができます。

買い替え前の電化製品・機種変更前のスマートフォン・タブレット・古着やアクセサリーなど、身の回りには要らなくなった物も結構あるものです。
自分に必要ない物でもメルカリ・フリーマーケットに出品すれば、買い手に売却することでお金に換金することができます。

メルカリ・フリーマーケットでは出品する商品価格を自分で設定でき、匿名配送にも対応しているのでプライバシーも保護できます。
手軽に売買できるため利用するユーザーが多く、買い手が見つかりやすいというメリットもあります。

メルカリ・フリーマーケットを上手く利用できれば、不用品を処分しながら旅行費用を準備することができます。

アルバイトをして卒業旅行費用を貯金する

アルバイトで卒業旅行費用を準備する確実な方法は、アルバイトでお金を稼ぐことです。

アルバイトができる環境にある高校生・大学生であれば、アルバイトで働くことで学生でも安定した収入を確保できます。
アルバイトの種類によっては時給・日給が高い案件も豊富にあり、短期間でも多くの収入が見込めます。

また社会人として働く前にアルバイトを経験することは、社会人マナーを学べる・就職活動に役立つなどのメリットがあります。

アルバイト求人サイトは頻繁に更新されるので、スマートフォンからこまめに確認し興味のあるアルバイトを探すことができます。

卒業旅行までの期間があまりない場合、高時給の夜間のアルバイト複数のアルバイトを掛け持ちすることで、通常より早くお金を稼ぐことができます。

友だち・知人に借りる

卒業旅行したいのにお金がないときは、友達や知人にお金を借りることで卒業旅行の費用を工面することができます。

例えば、卒業旅行に一緒に行く友人に正直にお金がないことを伝えることで、お金を貸してもらえるかもしれません。
また、信頼している知人に相談することでお金を借りることができる可能性があります。

しかし、友人・知人にお金を借りることは返さないと今後の信頼関係が壊れたり、信頼を失ってしまいます。

人によっては、お金を借りる相談をしただけで信頼関係に傷がつく可能性もあるため、相談する相手やお金を借りるときの頼み方には注意が必要です。

卒業旅行のお金がないときはローンを利用してお金を借りる方法もある

卒業旅行が差し迫り費用を準備する時間がない学生がお金を借りる方法にはいくつかありますが、ローンを利用してお金を借りることも検討する必要があります。

大学生が利用できるローンは旅行会社のトラベルローン学生ローン消費者金融のカードローンの3つの選択肢があります。

ローンを利用するには金融会社と契約が必須で、それぞれの金融機関で規定された審査に合格することが条件になります。
ローンは契約を遵守し正しく利用すれば大変便利な金融サービスですが、返済金額の遅延滞納をすると大きなリスクを伴います。

お金を借りるという行為を、安易に考えることは危険です。
ローン契約では大学生であっても契約内容をしっかり理解し、ローンを利用することが求められます。

学校では許されていた立場でも、ローン契約すると債務者となり返済義務を背負うことを覚えておきましょう。

旅行会社のトラベルローン

ローンの種類には旅行目的で借入できるトラベルローンがあります。
トラベルローンとは旅行会社が金融機関と提携し、旅行者に対して旅行に必要な費用を貸付する金融融資サービスのひとつです。

トラベルローンとは
旅行会社・旅行代理店の旅行目的の費用で借入可能
宿泊費用・交通費用などツアー料金の見積もりに対してローンが組める
金利(年利)の相場は年10〜12%
旅行者のアクティビティで発生する費用はローン対象外

旅行会社のトラベルローンは18歳以上であれば契約でき、旅行会社からツアー申し込みと一緒に契約申請ができます。

注意点としては、トラベルローンは見積もりで提示されたツアー料金となり、旅行者が個人的に利用するアクティビティ料金はローン金額に含まれません。
基本的にフリータイムでの食費お土産代などは、卒業旅行前に現金で用意する必要があるので注意してください。

学生ローン

大学生で卒業旅行を検討している人は学生ローンを利用しましょう。

学生ローンとは
親の同意書なしでローン契約可能
借入金の使用用途に制限はなく旅行以外の費用としても借入可能
金利(年利)の相場は年15〜18%
ローン契約には身分証の他に学生証が必須

学生ローンはアルバイトなど収入が安定しない学生でも、ローン審査に通りやすい傾向にあります。
借入目的が旅行以外でも申請できるため、幅広い目的でお金を借りることができるのがメリットになります。

学生ローンは借入しやすい反面、契約内容によっては旅行会社のトラベルローンより金利が高くなる場合があります。

一般的に学生ローンは自由返済方式のローン契約になります。
自由返済方式は毎月利息だけ支払う方法を選択すると、借入元本が減らないため返済期間が長期化する危険性があります。

銀行の多目的ローンやフリーローンで低金利で借りる

卒業旅行のお金をローンで借りて用意する方法の1つに、銀行からお金を借りる多目的フリーローン・フリーローンを利用する方法もあります。

銀行のローンはあらゆるローンの中で、比較的に金利が低いため借りたお金を返済するときも低い手数料で返済することができます。

銀行の多目的ローン・フリーローンとは

  • 銀行が提供する個人向けのローン
  • 旅行の費用・結婚・車の購入などあらゆる用途に利用可能
  • 多目的ローン・フリーローンともに急な出費に対応している
  • 銀行の多目的ローン・フリーローンの金利(年利)の相場は年5%~15%

上記でも述べたように、金利が低い点が銀行の多目的ローン・フリーローンのメリットです。
卒業旅行で借りたお金をすぐ返済することができれば、少額の利息だけで済む可能性があります。

しかし、銀行のフリーローンや多目的ローンは学生ローンや消費者金融のカードローンと比較すると審査が厳しいです。
銀行のカードローンを申し込みたいと思っても、学生でかつアルバイトしかしていない場合だと、ローンの審査に通らない可能性が他のローンよりも高いと考えられます。

卒業旅行でお金ない学生におすすめの消費者金融のカードローン

卒業旅行に行きたいけどお金がない」「卒業旅行の予定があるのにお金がない」とお金に悩む学生は大勢います。

卒業旅行の費用で悩んでいる人は、消費者金融のカードローンでお金を借りることがおすすめです。

消費者金融のカードローンとは

  • 銀行口座開設が不要・手続きがWebから申し込み可能で簡単
  • 借入金の使用用途に制限はなく最短即日でお金を借りることができる
  • 消費者金融の金利(年利)の相場は年15〜18%
  • 保証人・所得証明書不要

卒業旅行の費用を消費者金融のカードローンで借りることがおすすめな理由は以下の通りです。

卒業旅行に消費者金融カードローンがおすすめな理由
  • アルバイトをしている学生なら審査に通る可能性が高い
  • 消費者金融のカードローンの無利息期間のサービスを利用して利息ゼロでお金を借りることが可能
  • 家族や友人にバレずにお金を借りることができる
  • 最短即日でお金を借りることが可能

また、消費者金融カードローンには初回借り入れ時に無利息期間というサービスが設けられており、初めて利用する人には利息ゼロでお金を借りれる期間があります。
金利・利息ゼロで一時的にお金を借りて、次のアルバイトや社会人の給料のときに返済できれば、金利なしでお金を借りて返済することができるため卒業旅行の費用などにも向いています。

消費者金融はお金を借りるときに家族に連絡することもないため、家族や友人等にバレずにお金を借りられる・返済することが可能です。

また、最短即日でお金を借りることができるのも消費者金融カードローンのメリットです。
そのため、卒業旅行の前日までお金を工面する努力をすることができ、最後の手段として消費者金融でお金を借りるという方法でお金の工面をすることができます。

注意点として、消費者金融カードローンの金利(年利)の相場は15%〜18%と高い利息が発生します。
また、消費者金融カードローンの返済期日に支払い遅れると、遅延滞納金が発生するなど重いペナルティが課せられます。

そのうえ、学生ローンに比べて1度に借入できる金額が高いので、無駄遣いせず必要な分だけお金を借りて返済の計画をたてる必要があります。

卒業旅行に行くお金がない学生におすすめなカードローンであるプロミス・アコム・アイフルの3社を紹介し、表で比較します。

金利(年利) 無利息サービス期間 申し込みから融資までのスピード 郵送物の回避 WEB完結 最少借入額 最低返済額
プロミス 4.5%~17.8% 初回借り入れの翌日から30日間 最短20分(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり) 可能 可能 1000円~ 借入残高の3.61%
アコム 3.0%~18.0% 契約の翌日から30日間 最短20分 可能 可能 1000円~ 借入残高の4.2%
アイフル 3.0%~18.0% 契約の翌日から30日間 最短20分 可能 可能 1000円~ 4000円~

消費者金融カードローンの特徴である、即日でお金を借りるという点において上記の3社は申し込みから借り入れまで最短20分でお金を借りることができます。

また、初回の借り入れ時に無利息期間が最大30日間設けられており、次月のアルバイトや初任給で消費者金融の利息が発生する前に返済できれば、利息ゼロでお金を借りることが可能です。

プロミス・アコム・アイフルは在籍確認と呼ばれる、勤務先に本当に在籍しているかの確認を原則電話で行いません。基本的には借入申し込み時の書類で在籍確認を行います。
また、郵送物を送付することも避けることができるため、アルバイト先や実家暮らしの学生でも家族にバレずにお金を借りることができます。

以上のメリットから、卒業旅行という一時的にお金が欲しい人は、消費者金融カードローンで借りることが向いています。

プロミス

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが運営する消費者金融です。

三井住友グループという大きな金融機関に属しているため、安心してお金を借りることができます。

プロミス
金利(年利) 4.5%~17.8%
無利息期間 初回借り入れの翌日から30日間
審査時間 最短20分(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
申し込みから融資までの時間 最短20分
借入限度額 500万円
年齢制限 18歳~74歳
(申込時の年齢が18歳・19歳の場合:収入証明書類が必須※高校生(定時制高校生・高等専門学校生も含む)は申込不可)
(収入が年金のみの方は申込不可)
郵送物の回避 可能
在籍確認の方法 原則電話での在籍確認はなし
WEB完結 可能
在籍確認の方法 原則電話での在籍確認なし
最少借入額 1000円~
最低返済額 借入残高の3.61%

申込から借り入れまで早く借り入れを行うことが可能なため、卒業旅行のような急な出費にも対応することができます。

また、プロミスは提携ATMの三井住友銀行ATMを利用することで、借り入れや返済の時に発生するATM手数料を0円にすることができます。
普段から三井住友銀行を利用している人は、プロミスに向いていると考えられます。(プロミスで借り入れできない理由はなぜ?)

お金を借りるときに在籍確認と呼ばれるアルバイト先や職場に確認するフローがありますが、プロミスの在籍確認原則電話なしです。
そのため、職場や家族、知人にバレずにお金を借りることも可能です。

アコム

アコム株式会社は三菱フィナンシャル・グループに属している消費者金融です。

アコム
金利(年利) 3.0%~18.0%
無利息期間 契約の翌日から30日間
審査時間 最短20分
申し込みから融資までの時間 最短20分
借入限度額 800万円
年齢制限 20歳以上
郵送物の回避 可能
在籍確認の方法 原則電話での在籍確認はなし
WEB完結 可能
在籍確認の方法 原則電話での在籍確認なし
最少借入額 1000円~
最低返済額 借入残高の4.2%

アコムも他社と同じように借り入れから返済までWebで完結することができます。
また、アコムの自社のATM(むじんくん)の設置台数は、3社の中で一番設置台数が多く、自動契約機でお金を借りたいときは比較的外出時の急な出費に対応しやすいと考えられます。

また、アコムの在籍確認は原則電話なしため、家族や友人・アルバイト先にバレずにお金を借りることができます。

アコムはプロミスと違って、無利息期間はアコムを契約した翌日から30日間となります。

アイフル

アイフルも申し込みから借り入れまで最短20分という消費者金融で最速のスピードを誇る消費者金融です。

アイフル
金利(年利) 3.0%~18.0%
無利息期間 契約の翌日から30日間
審査時間 最短20分
申し込みから融資までの時間 最短20分
借入限度額 800万円
年齢制限 20歳~69歳
郵送物の回避 可能
在籍確認の方法 原則電話での在籍確認はなし
WEB完結 可能
在籍確認の方法 原則電話での在籍確認なし
最少借入額 1000円~
最低返済額 4000円~

また、3つの消費者金融を比較する中でアイフルはアコムと同じように、金利が3.0%~と消費者金融の中では比較的に低い金利です。

無利息期間も契約の翌日から30日間あるため、お金を借りてすぐ返済することを考えている人にはアイフルは向いていると考えられます。

アイフルも自宅への郵送物や電話での在籍確認を回避することができるため、家族や職場、同期にバレずにお金を借りることが可能です。

アイフルの無利息期間を利用すれば、卒業旅行の費用などの数万円の借り入れなら無利息期間中に返済し、利息ゼロで返済することも可能です。

お金がなくて卒業旅行を断る時の言い訳

高校・大学の卒業旅行は高額な費用が必要になります。

もし色々な要因から卒業旅行に参加することに前向きになれない場合は、卒業旅行を断るという選択肢もあります。

友達関係であればお金がないという理由を説明し、卒業旅行不参加の意思を伝えるという方法もひとつです。
正直に伝えることで友達の協力を得ることができ、金銭問題が解決する可能性があります。

正直に伝えることが難しい場合は別の目的でお金を残したいバイト習い事で卒業旅行に参加できないなどの言い訳を使い、卒業旅行を断ることもできます。

卒業旅行に誘ってくれた友達は、あなたと旅行したいと強く思っています。
言い訳の際はあとでバレたときお互いの信頼関係が傷つくことがないよう、慎重を期すようにしてください。

卒業後のことを考えるとお金を残しておきたい

卒業旅行費用にお金を使うことはできないと伝えることで、卒業旅行の誘いを断ることもできます。

卒業旅行に参加するお金がないという本音を、お金はあるけれどもっと別の目的で使いたいという建前で隠すことで、友達にやんわりと断りをいれることができます。

事実、卒業後は進学・社会人になり多くのお金が必要になるので、計画的にお金を工面する必要もあります。
正直にお金がないと断るのも大事ですが、友達に金銭面で無用の心配をかけてしまう可能性もあります。

今あるお金を将来にむけて備えたいからという想いを伝えることは、卒業旅行の誘いを断る理由としてスマートな選択肢です。
また周囲には計画性をもってお金を使う人という印象を与えることができます。

注意点として卒業旅行に誘ってくれた友達には、本当は参加したいのに断って申し訳ないという、フォローを入れることで、嫌な思いをさせずに断ることができます。

バイトや習い事など長期間の休みが取りにくい

バイト習い事など予定が入っていると伝え、卒業旅行を断る方法も存在します。

一般的に卒業旅行はある程度まとまった日数を確保する必要があり、バイト・習い事とバッティングしてしまうケースがあります。

卒業旅行に参加するお金を準備できない場合は、バイト・習い事で予定を埋めてしまうのも一つの手です。
実際に予定が何もないときは、バレない範囲で予定があると言い訳することもできます。

本当は卒業旅行に参加したいけれど、他に優先すべき予定があるから参加できないと伝えることで、お金がない事実を隠すことができます。
あまり大袈裟な理由で長期間の予定を埋めてしまうと、あとで言い訳がバレたときに友達の心象が悪くなる危険性があるので注意する必要があります。

お金が無いと正直に打ち明ける

卒業旅行費用が準備できないときは、お金が無いから卒業旅行に参加できないと正直に打ち明ける方法もあります。
友達に対し言い訳をするのではなく、ストレートに本当の理由を伝えることで参加できないことを理解してもらえる可能性があります。

少し勇気が必要かもしれませんが、正直に打ち明けることで具体的な解決策がみつかるかもしれません。

友達もあなたと卒業旅行に行きたいと思えば、力になってくれることもあります。

例えば足りない卒業旅行の費用を友達が出してくれる友達から借りることができれば、金銭問題が解決し卒業旅行に参加できます。

正直に打ち明けたことで、友達と一緒にアルバイトをして卒業旅行費用を稼ぐという選択をとることもできるのです。

卒業旅行代は親が払うもの?自分で用意する?

高校によってはアルバイトが禁止されていて、お金を稼ぎたくてもそれを許されない環境にいる高校生はいます。
大学進学を考える高校生の学業に支障がでないように、アルバイトは大学生になるまで許可しないという親もいるでしょう。

高校生で卒業旅行費用を準備するには親に頼んで費用をだしてもらう人が大半で、自分で旅行費用を準備する場合は貯金を使うことが多いようです。

一方大学生では卒業旅行費用はアルバイトでお金を稼ぎ、自分で払うという人がほとんどです。

ある統計では大学生で卒業旅行費用を親に頼んで払ってもらった人は15%程度で、残りの80%程度は自分で費用を用意するというデータがあります。

大学生は社会人になるための準備期間であり、大学卒業後は自立した生活を送ることになるため、大学生にとって卒業旅行は自分で払うべきという考え方が主流のようです。

高校生の卒業旅行は親に出してもらうかお小遣いを貯めて払う

高校卒業旅行の費用は親に出してもらうという高校生は多くいます。

高校によっては学業の妨げになるとの理由から、アルバイトを禁止している学校も少なくありません。
そのような環境下では高額な卒業旅行費用を準備するのが難しく、最終的に親に費用を出してもらう方法が主流となります。

子供が高校生活の記念に卒業旅行したいと相談してくれば、多くの親は前向きに検討してくれるものです。

しかし家庭環境によっては、卒業旅行費用を親に相談できない高校生もいます。

親に卒業旅行費用を出してもらうことが難しい場合、お小遣いを貯めて旅行費用を払うことを検討する必要があります。
毎月のお小遣いを計画的に貯金し、卒業旅行として利用することができれば、まとまった金額を準備することができます。

大学生の卒業旅行はバイトで稼いで自分で払う

大学生で卒業旅行を計画している人は、アルバイトで旅行費用を準備する必要があります。
大学生であればアルバイトに親・学校の同意書は必要なく、自由にお金を稼ぐことができます。

アルバイトの種類によっては、大学講義の隙間時間に働くことも可能で効率よく卒業旅行を貯めることができます。

タウンワークIndeedでは大学生に向けたアルバイト求人が豊富にあり、自分に適したアルバイトを探すことができます。
アルバイト未経験でも大学卒業旅行がきっかけとなり、アルバイトを始める大学生も多くいます。

アルバイトが原因で大学の講義に出席できず、単位を落とす大学生も少なからず存在します。
アルバイトは大学生活に支障がない範囲で前もって旅行費用を準備することが可能です。

卒業旅行にお金がないという理由で行かないのはもったいない

「お金ないのに卒業旅行に行くのはやばいですか?」

結論を述べると、お金ないのに旅行に行くことは悪いことではありません。

高校・大学の最後の思い出作りにでかける卒業旅行は、メンバーそれぞれが新しい環境へシフトする前の、今を記録する意味をもつ大切な旅行です。
卒業旅行は一般的な旅行と違い、旅行できるタイミング・メンバーも限られ、一生のなかで何度もできる旅行ではありません

卒業旅行に作った友達との出来事は、人生において大切な思い出となり、今後もあなたの人生を彩り続ける財産とよべるものになります。

金がないという理由で卒業旅行を諦めてしまうことは非常にもったいないことです。

卒業旅行はそのときにのみ体験できる重要なイベントであることを理解し、事前に卒業旅行費用を貯金しておくことを強く勧めます。
お小遣い・アルバイトなどで少しずつでも貯金を継続し、友達との卒業旅行を思いきり楽しむべきです。

過去の楽しい思い出や記憶に残る嬉しい出来事は、タイミングを逃すと後でいくらお金払っても同じ体験はできないのです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA