山形銀行カードローンの審査や金利、増額・返済方法や口コミ・評判等を解説

山形県にお住まいの方が「急な出費が必要になった!」「銀行でお金を借りたい!」と思ったとき、選択肢の一つとして挙がるのが、山形銀行のカードローンです。

地域に根付いたいつもの銀行でお金を借りることができれば安心ですが、山形銀行カードローンの内容や審査はどのようなものなのでしょうか?

今回は、山形銀行カードローンの申し込みの流れや、申し込める人、お金を借りる時の審査の方法について解説していきます。

この記事でわかること

  • 山形銀行カードローンはローン専用カードあり
  • 山形銀行カードローンの保証会社はアコム㈱
  • 山形銀行カードローンはWEB完結できる
  • 山形銀行カードローンはパート・アルバイト・主婦もOK
  • 山形銀行カードローンの利用限度最高額は500万円

山形銀行カードローンの申込み条件

山形銀行カードローンは、山形銀行(やまぎん)に口座を持っている人が申し込めるカードローンです。

口座のない人、山形銀行での取引がない人には、「山形銀行カードローンNEO」というサービスもあります。

地域に特化した銀行のため、借り入れ可能な地域が限られていますが、ネットで申し込みが完結できたり、借り入れ前のシミュレーションができたりするなど、はじめてカードローンに申し込む方にもやさしい仕組みが整っています。

申込条件・契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満であること
・保証会社アコム株式会社の保証を受けられること
・山形銀行の所定基準を満たすことができること
金利年4.5%~14.6%(借り入れ残高により変化)
借入限度額500万円
申込方法ネット、電話、郵送、FAX
融資までのスピード最短2営業日
返済方法ATM、口座引き落とし
収入証明書の有無なし※利用限度額50万円以上を希望の場合は必要
取引手数料無し(ATM使用手数料、カード再発行手数料は発生)

借り入れ対応地域・営業エリア

山形銀行カードローンの借り入れ対応地域は、山形銀行の営業区域内(山形県全域の他、秋田県由利本荘市、宮城県仙台市、福島県郡山市、埼玉県大宮市、栃木県宇都宮市、東京都中央区)です。

インターネット支店もありますが、「お住まい」を選ぶ箇所があり、営業エリアでないと選択することができなくなっています。営業エリアにゆかりがあるという項目がありますので就職や進学などで関係があるほうがよいです。

金利

やまぎんカードローンの金利は、年4.5%~14.6%で、銀行カードローンの中でも一般的な金利です。利用限度額の最高額が500万円なので、低い方の金利は少し高めかもしれません。

最初の借入れでは、あまり高額では借りれません。希望借入額は低めにしておいた方が審査にも通りやすいのですが、その場合では金利の高い方の14.6%がかかってくる計算となります。

例えば、20万円を借入れ期間3年間、14.6%で借りた時の毎月返済額は6,893円で返済総額は248,148円という計算になり、48,148円の利息を払うことになります。

返済総額を知ることで、利息って大きいんだなという実感がわきます。

必要書類と提出方法

山形銀行カードローンに申し込むときに必要な書類は、申し込み方法によって変わります。

①インターネットで申し込む場合

必要書類→本人確認書類(免許証、保険証、パスポート、住民基本台帳カード、身体障害者手帳、マイナンバーカードの中から2点)

インターネットから申し込みをする場合には、入力フォームに必要事項を入力し、上記の本人確認書類の両面をカメラで撮影してアップロードする必要があります。

②郵送・FAX・TELで申し込む場合

必要書類→本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか)、個人情報の取り扱いに関する同意書、利用申込書、保証依頼書、暗証届出書

郵送で申し込む場合には、インターネット上で利用申込書等をダウンロードし、記入をして郵送またはFAXで山形銀行へ送付してください。

また、TELで申し込む場合には、仮審査通過後、郵送またはFAXで上記必要書類を山形銀行へ送付する必要があります。

このほか、利用限度額が50万円を超える場合には、所得を確認することができる資料(源泉徴収票、所得額証明書等)が必要になります。

契約社員・派遣社員の申込みはOK

山形銀行カードローンは、契約社員や派遣社員でも申し込むことができます。

銀行カードローンの審査の際に重要視されるところは、「返済能力があるか」という点です。
そのため、「定期的に収入があるのか」「過去に返済が滞ったことがないか」などをチェックされます。

契約社員や派遣社員の方であっても、定期的に安定した収入を得ることができていて、過去の返済滞納歴などもないのであれば、十分に審査に通ることが可能です。

パート・アルバイトの申込みもOK

パートやアルバイトの方であっても、山形銀行カードローンへ申し込むことが可能です。

正社員ではなくパートやアルバイトで働いている方であっても、利用限度額の返済をするにあたって十分な収入を定期的に得ていることを証明することができれば、審査を通過することはできます。

ただし、申し込みの際に収入額などを偽ってしまうと審査に通らなくなる可能性もあります。

未成年(20歳未満)・学生の申込みは不可

山形銀行カードローンに限らず、銀行のカードローンでは未成年や学生では申し込みをできない場合が多いです。

その理由としては、安定した収入が見込めず返済能力が乏しいとみなされてしまうことにあります。

未成年や学生でどうしても資金が必要になったという場合には、クレジットカードに付いているキャッシング機能学生ローンを検討することをおすすめします。

また、学費や生活費などをまかなうためであれば、親の申し込みや同意が必要になりますが、奨学金制度教育ローンも選択肢のひとつとして挙げられます。

未成年・学生がお金を借りるなら
>>学生がお金を借りる方法なら?本当に借りたい時におすすめの学生向けのカードローン
>>親や知人にお金を借りるには理由が大切?頼み方やおすすめの切り出し方・言い訳!

高齢者・年金受給者の申込みは可能か?

山形銀行カードローンは、70歳未満の方まで利用することができます。

また、年金を受給している方であっても申し込みができるので、リタイアをした後に急な出費が必要になったという場合にも利用することができます。

ただし、70歳になると追加の借り入れが難しくなるため、資金が必要になった場合には早めの申し込みが必要です。

専業主婦(主夫)の申込みはできる?

専業主婦・専業主夫の方であっても、山形銀行カードローンに申し込むことができます。

カードローンの審査では、配偶者の収入が審査に関わってくることがあります。

虚偽の申告をせずに、自身が専業主婦・専業主夫であること、配偶者の収入を正確に銀行側へ伝えることが大切です。

キャッシングが初めての人の申込み・新規契約キャンペーン

山形銀行カードローンでは、2021年4月1日~2021年9月30日まで、カードローンの利用が初めての人に向けて新規契約キャンペーンを開催しています。

キャンペーンの対象者は、以下の通りです。

  • 2021年4月1日~2021年9月21日までに山形銀行カードローンの新規申し込みをした人
  • キャンペーン期間中の月末日にカードローン残高がある人

この条件に当てはまる方には、2021年11月中旬頃に山形銀行のイメージキャラクターである深田恭子さんデザインのQUOカード1,000円分が送られてきます。

山形銀行カードローンの新規契約を考えている方は、このキャンペーン期間に申し込み・契約をすることをおすすめします。

女性の申込みはできる?

カードローンの中には、女性向けのレディースローンが設けられているところもありますが、山形銀行カードローンではそうした女性に特化したコースや特典はありません。

もちろん、女性の方であっても問題なく申し込み、カードローンを利用することができます。

ネットからでしたら誰にもバレずに申込みができますし、わかりにくいところがあったら、電話での相談もできます。

女性がお金借りる関連ページ

無職・ニートの人が申込みはできる?

山形銀行カードローンに限らず、カードローンを契約する際、無職やニートの人だと審査に通らない可能性が非常に高いです。

それは、銀行がカードローンの契約をするときに「収入の安定性」や「定期収入」を重要視しているからです。

無職やニートの方の場合、返済が滞る可能性が高いと判断され、たとえ申し込んだとしても審査で落ちてしまいます。

お金を借りることは極めて困難なため、パートやアルバイトで安定した収入を得ることが必要になります。

ブラックの人は申込みOK?

カードローンの審査では、銀行や保証会社は「信用情報」というものを照会します。

この信用情報には、カードローンに申し込みをした人の過去の金銭貸借に関する情報が記載されています。

他社でお金を借りた際の

  • 遅延・延滞の記録
  • 自己破産などの債務整理の記録
  • クレジットカードの強制解約の記録
  • 保証会社が代わりに支払った記録

などを見ることができるため、これらに該当する記載がある人はブラックリストに載っているものとされ、審査に通ることが困難となります。(関連:審査なしでお金を借りる)

ブラックリストに載っている間、審査が厳しい銀行ではお金を借りることが難しいですが、どうしても資金の捻出が必要になった場合には、町の貸金業者などを利用する選択肢があります。

即日融資はできる?

山形銀行カードローンでは、即日融資は行っておらず、最短融資でも2営業日経過後となります。

これは、2018年1月から銀行のカードローンの審査が厳格化され、即日融資ができなくなったことに理由があります。

審査が厳格化されたことにより、銀行カードローンの審査では「警視庁データベース」に問い合わせをするという工程が増えました。

この工程に時間がかかるため、山形銀行に限らず、どの銀行でも即日融資は行っていないのです。

今すぐお金が必要な人向け

土日祝日でもお金を借りられる?

山形銀行カードローンは、土日祝日でも申し込みをすることが可能ですが、審査は最短2営業日になります。

インターネット上では24時間いつでも申し込みができますし、電話での申し込みを受け付けるセンターは土日祝日であっても9:00~18:00の間営業をしています。

ただし、12月31日~1月3日の年末年始の間だけ、電話受付ができないので、注意が必要です。

遊びのお金でも借りれる?

山形銀行カードローンで融資をしてもらったお金は、使用目的が限られているマイカーローンや教育ローンとは違い、使用目的が限定的ではないので、何に使っても遊びに使っても問題ありません。

そのため、冠婚葬祭や旅費などの急な出費だけではなく、資格の勉強費用など将来の自分に対する投資や、プライベートを充実させるための買い物や遊びの費用にあてることができます。

ただし、事業性資金として使用することはできないので、事業を運営するために使いたいという場合には、山形銀行の事業者ローン「ビジサポ」の方が適しています。

ローン専用カード受取方法

山形銀行カードローンに申し込みをし、審査を問題なく通過した後には、お金を借りるためのローン専用カードが送られてきます。

このカードは簡易書留で郵送されてきますので、到達通知書が自宅に届いた後、受取場所を指定し、本人確認書類を見せた上で受け取ることになります。

簡易書留は基本的に本人でなければ受け取ることができない郵送方法であり、また、封筒に「カードローン」という表記はされていないので、自分以外の人にカードローンの契約をバレたくない場合でも、安心して受け取ることができます。(関連:誰にもバレずにお金を借りる)

山形銀行カードローンの審査

カードローンの契約を結ぶときには、必ず審査が行われます。

審査は、銀行や保証会社が本人や配偶者の収入過去の延滞歴などの信用情報勤務先の情報などを見て「申込者に借入金の返済能力があるのか?」を判断するためのものです。

銀行側にとって、返済をされないとその分赤字になってしまうので、この審査は時間をかけて行われます。

銀行によって審査項目は異なりますが、山形銀行カードローンの審査が特別厳格であるということはありません。カードローンの契約を結ぶときには必ず通る道なので、重く考えずに、今の自分の情報を正確に伝えることを心がけてください。

審査(仮審査・本審査)にかかる時間

審査にかかる時間の目安は、申し込みから2営業日以上です。

銀行は即日融資をすることはできず、また、山形銀行カードローンの最短での融資は2営業日後です。

また、審査には仮審査と本審査というものがあります。
仮審査にかかる時間は、機械で行う場合には数十秒から数分程度で終わることもありますが、本審査は人力での在籍確認などが必要になってくるため、1日以上はかかります。

また、申し込みをした日や、申し込み状況によっても審査にかかる日数が変わってきます。

なるべく早く審査を終わらせて融資を受けたいという場合には、電話で問い合わせをすることで優先的に審査を行ってもらえることもありますので、自身の借り入れの希望に合わせて行動をしてください。

在籍確認はある?

山形銀行カードローンの本審査では、在籍確認をされます。

そもそも在籍確認とは、銀行が勤務先などに問い合わせをし、「その勤務先に申込者が在籍しているか?」を確認することを言います。(関連:お金を借りるときに会社連絡なしにしたいなら)

この在籍確認をすることで、銀行側は申込者の申請事項と事実に相違がないこと、また、収入の安定性を担保する事実を得ることができるのです。

山形銀行では、在籍確認を電話で行っています。
申し込み時に申請した勤務先に、銀行名もしくは個人名で電話がかかって来ます。

電話口では、カードローンに申し込んでいるというところまでは言われないことがほとんどなので、「カードローンの申し込みを勤務先の人に知られたくない」という場合も、心配しないでください。

審査はいつ?土日祝日も可能か

審査をいつどのタイミングで行っているのか、正確な時間帯については記載はありませんが、申し込みから融資まで2営業日かかることを考えると、営業をしている時間帯のみ審査を行っていると考えられます。

土日祝日にお金を借りなければいけない場合には、なるべく早く審査が終わるように、週の半ばに申込をしたり、電話で優先的な審査を依頼することが必要になってきます。

審査結果の通知方法

審査結果の通知は、電話で来ます。

勤務先に電話がかかってくるのは在籍確認の時だけなので、審査結果の通知が勤務先にくるということはありません。

審査結果が来ない時は?

いくら待っても審査結果が来ないという場合には、山形銀行カードローンの受付センターへ問い合わせをするか、山形銀行の窓口へ行き相談をしてください。

問い合わせの際には、「カードローンの審査の結果待ちで○日経過したが、連絡がこない」ということを伝えてください。

山形銀行カードローン

0120-387-919

平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~18:00

保証会社は?

山形銀行カードローンの保証会社は、アコム株式会社です。

保証会社は、一定期間返済が滞ったときに、債務者に代わって銀行に返済をしてくれます。また、借り入れをはじめるときには保証会社の審査に通ることも必要です。

代位弁済をしてもらった後は、保証会社と債務者が直接やり取りをすることになりますので、保証会社の情報もチェックしておくことが必要です。

山形銀行カードローンの返済について

山形銀行カードローンでは、毎月3日に返済用口座から返済額が自動で引き落とされます。

また、お金があるときには、銀行ATMやコンビニATMで繰り上げ返済をすることもできる便利なシステムもあります。

返済額

返済額は、返済日前日の借入残高によって決定します。

例えば、返済日前日の借入残高が20万円超30万円以下であった場合には、返済日に引き落とされる額は6千円になります。

毎月3日(休日の場合は翌営業日)に口座から引落金額が返済されます。

返済方法と引落日

引き落とし日は、毎月3日(休日の場合は翌営業日)と決まっています。

債務者は引落日までに返済額を口座へ入れておく必要があります。
口座にある資金が返済額に満たない場合、遅延になってしまいますので注意が必要です。

返済に遅れたら

返済に遅れたとき、もしくは返済に遅れそうになったときには、分かった時点で山形銀行へ連絡をしてください。

連絡なしに延滞が長引くようなことがあると、年18%の利率で遅延損害金が発生してしまいます。

山形銀行カードローンの場合、引落日が毎月固定で決まっているため、リマインダーなどを使って返済日の前日までに口座の残高を確認するクセを付けておくと、より返済遅れを防ぐことができます。

繰り上げ返済

山形銀行カードローンでは、繰り上げ返済をすることも可能です。

繰り上げ返済とは、約定返済日(山形銀行カードローンの場合は毎月3日)の前でも、返済ができる仕組みです。
繰り上げ返済は銀行ATMやコンビニ提携ATMで手軽に行うことができます。

お金があるときには、積極的に繰り上げ返済を活用することで、早く完済することができます。

住宅ローンなどの繰り上げ返済には手数料がかかることがありますが、カードローンの場合はかかりません。

残高確認

借入残高によって月の返済額が変化してくるため、日ごろから残高を確認することが大切です。

残高の確認方法には、

  • ATMでの確認
  • アプリでの確認
  • 照会サービスでの確認
  • 電話での確認

という4つの方法があります。

山形銀行独自のアプリ「やまぎんアプリ」や、ネットでできる「照会サービス」は家にいながら残高確認ができる便利な方法です。(関連:お金を借りれるおすすめアプリ)

また、借り入れをATMで行うことが多いという方は、ATMで借り入れをしたついでに、残高を把握することが可能です。

山形銀行カードローンの利用限度額増額

山形銀行カードローンでは、利用限度の増額を行うことも可能です。

山形銀行の普通預金口座のキャッシュカードを既に持っている場合には、山形銀行のHPへアクセスして、インターネット上で申し込みをすることができます。(関連:来店不要(ネット完結(Web))でお金を借りる)

また、山形銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っていない場合には、電話で問い合わせをして、申し込みをすることになります。

山形銀行カードローンの提携ATM

山形銀行カードローンでは、銀行ATMのほか、提携ATMでも借り入れや繰り上げ返済を行うことができます。
提携しているATMは次の通りです。

  • イーネット銀行(ファミリーマート)
  • セブン銀行
  • ローソン銀行

これらのコンビニATMを利用する場合でも、銀行ATMを使用する場合でも、所定の手数料がかかります。
手数料は時間帯に応じて110円~220円ですが、なるべく費用を抑えたいという場合には、銀行ATMの時間内(9:00~18:00)利用をおすすめします。

山形銀行カードローンの口コミや評判

山形銀行カードローンの口コミを調べてみたところ、借り入れの簡単さや便利さでは高評価を得ており、一方で、利率については分かりづらいと言われていることが多い印象を受けました。

  • 突発的な事故でカードローンを借りることになった際、銀行に行って申し込みをすると、行員がカタログを使って丁寧に説明してくれて分かりやすかった
  • 口座型のカードローンに申し込んだが、自動的に引落がかかるため返済忘れを防ぐことができた
  • ギャンブルや旅行に行くための費用として山形銀行カードローンでの借り入れを申し込んだが、コンビニで好きな時に借入や返済をできるところが便利に感じた(関連:コンビニATMでお金を借りる方法)
  • カードローンの金利について、「お金を借りると利息がつく」という知識しかなかったため、計算方法を理解することが難しかった
  • 自動車ローンと同じくらいの利率だと思っていたが、カードローンの利率はそれより高くて驚いた

山形銀行のその他のローン

山形銀行では、カードローン以外のローンも取り扱っています。
特定ローンが多いですが、中には多用な用途に使うことができるフリーローンも用意されています。

  • フリーローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン(住宅ローンプラザあり)
  • リフォームローン

資金の使用目的が明確な方は、カードローンだけではなく、このような特定ローンに申し込むこともおすすめです。

申込みをする前にリアルは返済額をわかっておく為にも「ご返済シミュレーション」を利用しておくといいです。

電話で相談することもできるので、不安なことなど事前に聞いてみることもできます。

やまぎんテレフォンセンター

0120-170-585

平日受付時間:9:00~20:00
休日:土日祝、12/31~1/3

 

山形銀行の概要

山形銀行は、1896年に創立しました。
現在では山形県に70か所、県外に11か所の支店を持ち、地域とともに成長することを大切にしている銀行です。

CMには女優の深田恭子さんを起用しており、シンボルマークには山形県の県木であるさくらんぼを採用しています。

社名株式会社 山形銀行
英語表記The Yamagata Bank,Ltd
金融機関コード0122
代表者名長谷川 吉茂
本社住所山形県山形市七日町三丁目1番2号
連絡先代表電話:023-623-1221
カードローン受付:0120-387-919
営業時間9:00~15:00(窓口営業時間)

山形銀行には、貯蓄預金というサービスがあります。資金運用には興味があるけど、本格的な商品を始めるには少し勇気がいるなと思われている時には、普通預金に残高が10万円以上あれば始められるので、定期預金には入れられないけど少しでも増えないかなという時にはぴったりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA