ドコモ料金の支払いに遅れたらどうなる?利用停止・強制解約はいつ?未払い時のリスク・対処法や確認・支払い方法等を解説

今回はドコモ料金支払い遅れで利用停止・強制解約になるまでの流れを解説していきます。

また未払い時のリスクや対処法、支払い方法などもしっかりと解説します。

携帯電話の料金を滞納しても問題ないと思っている方もいるかもしれませんが、料金を滞納すると大きなリスクがあります。

現代社会で生活するには、スマートフォンが必要不可欠な時代になりました。

スマートフォンを仕事で使う機会もありますし、SNSや家族と連絡をとるためにも必要です。

またキャッシュレス決済をする方もスマートフォンがないとできません。

料金を滞納することで、日常生活やご自分の将来にどのようなリスクがあるのかを、この記事を通して理解していただければ幸いです。

この記事でわかること
  • ドコモ料金の未払いが続くと最悪の場合、財産差し押さえになる可能性がある
  • ドコモ料金支払い遅れた場合はペイジーを使うと簡単な手続きで支払えるのでおすすめ
  • ドコモを滞納しているとブラックになって、ローンやクレジットを作ることができない
  • ドコモ支払いできない場合は督促状よりも前にお金を作って支払ったほうがいい
  • ドコモの未払いがあると他のキャリアとも情報共有されて、新規契約ができなくなる

先読み【目次】>>

ドコモ料金の支払いが遅れた時に利用停止・強制解約までの流れ

まずはドコモ料金の支払いが遅れたときに利用停止と強制解約されるまでの流れを解説していきます。

支払いが遅れたらすぐに停止するというわけではありません。

しかし支払いが遅れているのであれば、そのお金は1日でも早く支払うことが大切です。

利用停止・強制解約まではそれぞれ段階があります。

利用停止・強制解約までの流れ
  • 利用料金の支払通知書が届く
  • 支払われない場合、利用停止通知が届く
  • 支払い期日の20〜30日後に利用停止
  • 強制解約通知と請求書が届く
  • 支払期日から2ヶ月経過すると強制解約

基本的にはこのような流れです。

また事前に利用停止・強制解約の前にそれぞれの通知書と振込用紙も届きます。

その段階で払ってしまえば利用停止・強制解約を防ぐ事ができます。

ここからは強制解約までの流れを詳しく解説していきます。

支払日

まずはドコモの料金の支払日について解説します。

支払い期限は請求書が発行された月の末日になります。

注意
末日が土曜・日曜・祝日の場合は翌営業日になるので注意しましょう。

働いている方は月末は特に忙しいと思います。

支払日を忙しくて忘れてしまうということもあるかもしれません。

万が一にも忘れることがないように忘れそうな人は対策が必要です。

  • 支払日を手帳に書いておく
  • スマホのアラームやカレンダーで通知するように設定する

このようにしておくと支払日を思い出しやすくなります。

払い忘れが減るので心配な人はやってみて下さい。

銀行振替の場合

銀行振替の場合は、どの金融機関でも月末に引き落としになります。

引き落とし予定日が休日の場合は翌営業日となります。

引き落とし日に口座残高が不足している場合は、翌月15日に再引落となります。

月末の銀行はとても混みます。

ある程度余裕をもって口座の中にお金を入れておくのがおすすめです。

クレジットカード払いの場合

クレジットカード払いの場合は引き落とし日は各カード会社によって異なります。

ご自分の利用しているカード会社の引き落とし日と締日がいつになるのかをしっかりと把握しておきましょう。

大手のクレジットカードの引き落とし日と締日は以下の通りです。

クレジットカード種類締日引き落とし日
三井住友カード15日・末日翌月10日・26日
JCBカード15日翌月10日
楽天カード末日翌月27日
アメリカン・エキスプレス・カード個別設定個別設定
セゾンカード10日翌月4日
オリコカード末日翌月27日

ここに紹介した会社はほんの一部です。

ご自身で使っているカードがない場合もありますので、一度契約を確認してみて下さい。

支払期日を過ぎると督促メールが届く

そして支払期日をすぎると支払いの督促メールが届きます。

書かれている内容は2点です。

  • 再振替の予定日
  • 再振替でも支払いがされない場合は利用停止となる

再振替日は翌月の15日に設定されていることが多いです。

料金の支払い督促通知が来たら、15日までには支払いができるように準備しておきましょう。

支払期日から20日~30日で利用停止

支払期日から20日〜30日が過ぎてしまうと利用停止になります。

口座振替で支払いができなかった場合は再振替が翌月15日に設定されています。

しかしそこでも支払いがされない場合は、月末までの間にドコモ回線の利用が停止されます。

またそのときは事前に利用停止予告の通知があります。

請求書がついていますので、請求書の支払期限までに支払いができれば、利用停止を回避することができます。

その期日までに支払いがされない場合は利用停止となりますので注意して下さい。

ドコモ未払いで利用停止でできる事とできないこと

ドコモの料金未払いで利用停止になったときにできることできないことを解説していきます。

料金を払うことができず未払いになり、支払日まで時間があるという方もいると思います。

そのときに利用停止状態で何ができて何ができないのかをしっかりと把握しておきましょう。

まずは下の表をご覧ください。

できる Wi-Fiを使ったLINE通話、SNS、ゲームなど
時計や電卓などのスマホ本体の機能
できないことドコモ回線を利用する電話
ドコモメールアドレス(@docomo.ne.jp)での送受信
SMS(ショートメッセージ)の送受信

このことからわかるように、ドコモの回線を利用することはできません。

ですが、Wi-Fiを使ってSNSやLINEを使うことはできますし、スマホ自体の機能を使うことはできるようです。

今の時代はLINEや、SNSのメッセージで連絡を取る人も多いのでその点では安心です。

しかし連絡手段が電話しかない相手とは連絡が取れないので注意が必要です。

また当たり前ですが、Wi-Fiに繋げばSNSやLINEが使えるからといっても、滞納している料金を支払わなくていいということではありません。

滞納が続くことは大きなリスクがありますので、準備ができ次第すぐに支払いをしてしまいましょう。

支払期日から2ヶ月後には強制解約

請求書が届いても支払いがされない場合は、支払期日から2ヶ月が経過すると強制解約となります。

また強制解約となった場合は、信用情報がブラックとして登録されるという大きなデメリットがあります。

強制解約されても支払い義務は残ってしまいます。

また強制解約になっても支払いがない場合は、少額訴訟の後に財産差し押さえになる可能性も十分あります。

できれば強制解約になる前に支払をしていくことがベストです。

ドコモ料金を滞納した時のリスク

ドコモの料金を滞納したときのリスクを解説していきます。

今回紹介するリスクは8つです。

ドコモの料金を滞納したときのリスク
  • 同一名義であれば家族全員の利用が停止となる
  • d払いも使えなくなる
  • 延滞金・手数料などがかかり一括返済しなければいけなくなる
  • 未払金が払えないと他のキャリアでの新規契約ができない
  • 滞納が長く続くと強制解約となり、信用情報がブラック
  • 信用情報に傷がつくことで他の住宅ローンなどにも通らなくなる
  • 未払いがあることでフィッシングサイトへの誘導にものってしまう
  • 少額訴訟で訴えられ、最悪財産差押えとなる

どれも生活していく上でデメリットになることばかりです。

中には日常生活を送ることが困難になるリスクもあります。

しっかりとここで料金を滞納することのリスクを確認しておきましょう。

同一名義であれば家族全員の利用が停止となる

まず1つ目のリスクは同一名義であれば家族全員の利用が停止となることです。

停止通知はその携帯電話ではなく、契約している個人名義で考えられているためです。

そのため1人が他の家族の分も同じ名義で契約している場合、他の家族の携帯も利用停止になってしまいます。

自分だけではなく他の家族も利用停止になってしまうと、仕事や学校、習い事などで不都合が出てきてしまいます。

他の家族が苦労することがないようにしっかりと支払うことが大切です。

d払いも使えなくなる

ドコモの料金を滞納するとd払いが使えなくなってしまいます。

d払いはドコモのキャリア決済サービスです。

アプリなどを使うことで街にあるお店やネットでの買い物をするときに使うことができます。

ドコモユーザーでなくても、dアカウントを持っていれば使うことができます。

そのd払いの利用条件の中に、直近2ヶ月の利用料金をしっかりと払っていることが書かれています。

つまり滞納してしまった時点で、d払いを使うための条件を満たせなくなるので使えなくなります。

現代はキャッシュレス化が進んできています。

もしもキャッシュレス決済のメインとしてd払いを使用しているのであれば、使えなくなるのはかなり不便です。

延滞金・手数料などがかかり一括返済しなければいけなくなる

引落や支払いがされない場合は、延滞金や手数料などがかかり一括返済しなければいけなくなります。

料金を滞納していると延滞金が発生します。

延滞金や手数料が含まれている請求は一括支払いしかできないからです。

そのため未払いの期間が長引くと、それだけ支払うときにまとまった金額が必要になってきてしまいます。

お金がなくて支払いが難しいという人が多いかもしれません。

ですが、滞納になってしまったらできるだけ早めにお金を作って支払うのが最善です。

長引くとそれだけ支払いが困難になってしまいます。

キャッシングなどで一時的にお金を作って支払うというのも方法としてあります。

自分の状況を確認しながら行動することが大切です。

未払金が払えないと他のキャリアでの新規契約ができない

ドコモの料金が支払えないなら他のキャリアで新規契約すればいいと考えている人もいるかもしれません。

ですが、未払金を全額支払わないと他のキャリアでの新規契約をすることができません。

携帯電話会社は料金未払いで強制解約の処理をした人の情報をほかの会社とも共有しています。

そのため他のキャリアで新規契約をしようとしても、強制解約をしたという情報がわかれば契約をすることはできません。

この情報は5年間残りますので、5年間携帯を持たなくても大丈夫という人以外はしっかりと料金を支払いましょう。

滞納が続くと強制解約となり信用情報がブラックに

滞納が続くと強制解除になってしまい、信用情報にもキズがついてブラックになります。

信用情報がブラックになってしまうと、さまざまなデメリットがあります。

信用情報がブラックになるデメリット
  • 住宅ローンなどに通りにくくなる
  • 新しくクレジットカードを作ることができなくなる
  • 新規キャリアの契約も困難になる

またこの記録は5年は残ってしまいますので、滞納してしまうリスクをしっかりと考えて支払いをすることが必要です。

信用情報に傷がつくことで他の住宅ローンなどにも通らなくなる

料金が未払いだと、信用情報に傷がつき住宅ローンなどに通らなくなる可能性もあります。

信用情報にキズが付くということはブラック認定をされてしまうということです。

これは「この人は料金の滞納をする人です」という情報が各社で共有されてしまうということです。

当然このような情報がある人がお金を貸してほしいと来ても、ローンの審査をする人たちはこのように考えます。

  • 「滞納されてしまうかもしれない」
  • 「回収することができないかもしれない

そのような状況の人に住宅ローンなどの大金を融資することは難しいことです。

またクレジットカードなども、しっかりと支払いをしてもらえることが前提のサービスです。

滞納や未回収のリスクがあるとそのようなサービスを使うことは困難になります。

ブラックにならないようにするためには、しっかりと料金を払うしか選択肢はありません。

しっかりと支払いをしていきましょう。

未払いがあることでフィッシングサイトへの誘導にのってしまう

料金の未払いがあることでフィッシングサイトへの誘導にのってしまうというリスクもあります。

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、金融機関やショッピングサイトなどに偽装したサイトに、相手を誘導し、パスワードや個人情報を騙し取るという詐欺です。

そのときに誘導される偽のサイトが「フィッシングサイト」です。

未払いがあるとフィッシング詐欺に引っかかりやすくなります。

「未払いだと訴訟になります」などの文言が書かれているメールなどが来る場合があるからです。

普段は開かないようなメールも自分が滞納している状態だと、「もしも本当だったら?」と考えて開きやすくなってしまうかもしれません。

まずは偽のメールは開かないことを徹底し、そのようなメールが来ないように支払いをしていきましょう。

少額訴訟で訴えられ、最悪財産差押えとなる

少額訴訟で訴えられて督促状などが届いても料金の支払いがされない場合は、最悪財産差押えとなる場合があります。

督促状というのは裁判所から発行される公式な書類ですので、本来は支払いを拒否することはできません。

それでも支払いをしなかった人が財産等の差押えの対象になります。

ここで差押えられる財産とは以下のようなものです。

差押えの対象になる財産
  • 銀行口座の預貯金
  • 仕事の給料

基本的にはその人が持っているお金になりそうなものはすべて財産になります。

財産が差押えになってしまえば日常生活も困難になりますし、信用を取り戻すことも簡単ではありません。

また財産差押えになることで、家族や周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。

財産差押えになる前に支払えるようにお金を準備して支払いをしましょう。

ドコモ料金を滞納した時の支払方法

ここではドコモの料金を滞納したときの支払い方法を紹介していきます。

ドコモの料金を支払う方法は次の4つです

ドコモの料金を支払う方法
  • 残高不足で引落ができなければ、1回目は再引落
  • 請求書でコンビニから支払う
  • ドコモショップ・店頭で支払う
  • 銀行ATM・郵便局からペイジーで支払う

支払い方法も1つではないので、ご自分の状況に合わせて支払いやすい方法を選ぶことができます。

それでは順番に説明していきます。

残高不足で引き落としができなければ、1回目は再引落

残高不足で引き落としができなければ、1回目は再引落となります。

再引落がかかるのは、いつも引き落としをしている口座にお金を入れ忘れてしまったという可能性もあるからです。

引き落とし日に残高不足で引き落とせなかった場合、翌月15日に再度引き落としとなります。

注意

銀行口座からの再引落は1回だけなので注意が必要です。

また再引落もできなかった場合は請求書が届きますので、コンビニやショップ等で支払う必要があります。

そうなると手数料なども余計にかかってきます。

引き落とし日にお金を入れ忘れてしまった方は、翌月の15日までにしっかりとお金を入金しておきましょう。

請求書でコンビニから支払う

請求書が届いたらコンビニから支払うこともできます。

請求書でコンビニから支払うというのは多くの人が知っている支払い方法です。

またコンビニで支払うメリットは、どこにでもコンビニがあるということです。

店舗や銀行、ショップで支払う場合は場所によっては近くにない場合があります。

それでは払いたいと思ってもなかなか払うことができません。

でもコンビニならある程度どこにでもあります。

  • 自宅の近く
  • 職場の周辺
  • 通勤途中の駅
  • 最寄り駅の中や駅前

どこにでもコンビニがあるので、とても便利な世の中です。

もしも手元に請求書があるのであれば、コンビニで支払うのがハードルが低くおすすめです。

ドコモショップ・店頭で支払う

ドコモショップや店頭で支払うこともできます。

ドコモショップで支払うメリットは2つです。

ドコモショップで支払うメリット
  • 請求書がなくても本人確認書類があれば支払うことができる
  • 支払い後の回線復旧が早い

支払日に遅れてしまって、すぐに復旧したい場合はドコモショップで支払うことをおすすめします。

またドコモショップの窓口で支払う場合、クレジットカードでの支払いが可能です。

もしも現金がなくて、カードで払いたいという方はドコモショップで支払いをしましょう。

銀行ATM・郵便局からペイジーで支払う

銀行ATM・郵便局からペイジーで支払うのもおすすめです。

ペイジーを使うと支払いを簡単に行うことができるからです。

いままで請求書や公共料金の支払いは銀行のATMや郵便局の窓口やコンビニで支払う方法が一般的でした。

ペイジーとは?

ペイジーは請求書に印刷される番号をネットバンキングや各社ATMに入力することで、支払金額が自動で表示されて、簡単な操作だけで支払いができるというサービスです。

手数料が無料の場合もあるのでとてもお得に使えるサービスになります。

情報の入力などがめんどくさくて支払っていないのであれば、ペイジーを使うことで簡単にできるので試してみて下さい。

ペイジーは携帯料金以外に公共料金の支払いなどもできますので、使えるようになっておいて損はありません。

「【利用停止予告】ドコモ未払い料金お支払いのお願い」という件名のショートメールが届いたら詐欺

「【利用停止予告】ドコモ未払い料金お支払いのお願い」という件名のショートメールが届いたら詐欺の可能性があります。

それらのメールはフィッシング詐欺のリスクがあるので特に注意が必要です。

フィッシング詐欺とは偽のサイトに誘導した相手に、IDや個人情報を入力させて騙し取る詐欺です。

昔よりも偽サイトもクオリティが上がり、本物とそっくりになってきているようです。

騙されないためのポイントを3つ紹介します。

フィッシング詐欺に騙されないためのポイント
  • URLをクリック・タップしない
  • 記載URLを開いてしまっても入力しない、支払いに応じない
  • 指示内容に従って入力をしてしまったら、dアカウントID・パスワードを設定し直す

少し注意をすることで詐欺にあうリスクを減らすことが可能です。

自分は詐欺にかかることはないと油断することなく、しっかりと注意しておくことも大切です。

それでは順番に3つのポイントを解説していきます。

URLをクリック・タップしない

まずはメールが届いてもURLをクリック・タップしないようにすることが大切です。

メールが届いてもURLをクリックして情報を入力しない限り、詐欺の被害に合うことはありません。

料金の滞納などがあるときにそのようなメールが来ると確認したくなる気持ちもわかりますが、詐欺のリスクはとても高いので注意が必要です。

フィッシング詐欺のメールやメッセージは段々と巧妙になってきています。

  • 見に覚えのないもの・怪しいものは開かない
  • URLはクリックしない

これらの対策を徹底すればフィッシング詐欺は防げることがほとんどです。

記載URLを開いてしまっても入力しない、支払いに応じない

それでも誤ってメールを開いて、URLを開いてしまうこともあるかもしれません。

もしも誤ってURLを開いてしまったとしても入力しない、支払いに応じないということが大切です。

中にはURLを開くだけで情報を抜かれるタイプのウイルスもあるそうですが、URLを開いても情報を入力しなければ、抜かれる可能性は低くなります。

スマートフォンを使っていると誤ってURLをタップして開いてしまうことも珍しくはありません。

それでも間違えて開いてしまったことに気づいたらすぐにそのURLを閉じましょう。

指示内容に従って入力をしてしまったら、dアカントID・パスワードを設定し直す

もしもURLを開いてしまい、パスワードや個人情報などを入力してしまったら、dアカウントID・パスワードを設定し直しましょう。

情報を抜かれた状態で、同じIDやパスワードを使い続けていると、もっと大きなトラブルになったり、詐欺などで更に悪用されるなどおおきなリスクがあるからです。

基本的にIDやパスワードは定期的に変更したり、同じパスワードを使い回さないことが大切です。

パスワードっていちいち変えたり、覚えたりするのが大変で、同じパスワードを使い回す人が意外と多いです。

トラブルに巻き込まれないためにもしっかりと変更しておきましょう。

ドコモの支払いを待ってもらうことはできる?

ドコモの料金がどうしても支払うことができない場合、支払いを待ってもらうことはできるのでしょうか?

結論から言うと、相談してみても待ってもらうのは難しい場合が多いです。

ですが、電話で連絡をすることが大事になってきます。

支払いを待ってもらうことは難しいですが、その後にどのような手続きが必要か、何をしたらいいか教えてくれるからです。

例えば携帯プランの見直しなどのアイデアを教えてもらうこともできるかもしれません。

まずは遅れそうなときは一度連絡してみましょう。

ドコモ料金の支払いに遅れないためにできること・方法

ここではドコモ料金の支払いに送れないためにできることやその方法を紹介していきます。

今回は3つに絞って解説していきます。

ドコモ料金の支払いに遅れないための方法
  • 格安スマホやahamoに変更をする
  • アルバイトや副業、サイドビジネスで収入源を増やす
  • 消費者金融カードローンで一旦お金を借りて未払いを回避する

まずは料金の支払いに遅れることを防ぎましょう。

そして支払うためにはお金が必要になります。

収入を増やすことや、一時的にお金を借りて支払いに当てていくことが必要になります。

そしてこの3つの方法はとても効果的です。

それでは順番に解説していきます。

格安スマホやahamoに変更をする

今の携帯代が高くて払うのが大変ならば、格安スマホやahamoに変更するのも効果的です。

格安スマホやahamoに変更することで、携帯料金が数千円安くすることができるからです。

ahamoはドコモから登場した格安の契約プランです。

ですが安いながらも必要なサービスはしっかりと入っているので、携帯代で悩んでいる方は検討してみて下さい。

携帯代は毎月発生するお金です。

本当に必要な契約になのかを確認して、格安プランで平気であれば変更するのはとてもお得です。

また契約のときに余分なオプションを付けている場合もあります。

あとで解除すればいいかと考えていたけど忘れてそのままになっているものもあるかもしれません。

そこに毎月すこしでもお金を払っているとしたらもったいないので、そのようなものがないかも合わせて確認すると効果的です。

アルバイトや副業、サイドビジネスで収入源を増やす

アルバイトや副業、サイドビジネスで収入源を増やすのもとても効果的です。

料金の支払いに遅れないためには料金を下げることと、収入を増やすことが大切だからです。

すぐに収入を増やすためには副業などを始めるのが最も効果的です。

おすすめの副業は以下のようなものがあります。

おすすめの副業の例
  • ブログアフィリエイト
  • メルカリやラクマなどで不用品を売る
  • Webライターなどでクラウドソーシングで案件受注
  • SNSで情報発信

すぐにお金が手に入るものから、じっくり育てる必要があるものまでいろいろな仕事があります。

本業を頑張って収入を増やそうとすると、出世するか残業などで働く時間を増やすくらいしか方法がありません。

しかし、出世などはすぐにできるものではないですし、残業は心身ともに疲れてしまいます。

副業はしっかりと取り組むことで、お金だけでなく転職や独立にも役に立つスキルが身につくものもあります。

メルカリやラクマで不用品を販売するのは、即金性もありますし家の中もきれいになるのでおすすめです。

ただ残業をするくらいなら、しっかりと副業で稼ぎつつキャリアアップまで目指していくのが理想的だと思います。

消費者金融カードローンで一旦お金を借りて未払いを回避する

もしもどうしても支払いが間に合わない場合は、消費者金融カードローンで一旦お金を借りて未払いを回避するというのも検討してもいいかもしれません。

消費者金融カードローンを利用することに抵抗がある方もいると思います。

消費者金融で借りることのメリットは2つあります。

消費者金融でお金を借りるメリット
  • 即日融資可能なこと
  • 借入の理由を確認されないこと

すぐに返すことで金利が発生しない無金利期間が設けられている会社もあります。

大手の消費者金融会社がおすすめです。

おすすめの消費者金融会社の例
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

これらの会社がおすすめな理由は、無金利期間があること以外にもあります。

大きな会社であればホームページもしっかりしていますし、ネットで申込みが完結する場合もあります。

またわからないことや、疑問があっても大手の会社なので調べればネットで答えを見つけることも可能です。

お金を借りた場合は必ず返済が必要になります。

しっかりと返済計画を立てながら、未払いを回避していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA